本文へジャンプします。



回顧など

2019年4月22日 (月)

ダノンプレミアムには及ばずも(マイラーズC)

【 S評価馬は5番人気で2着 】

日曜は京都で「マイラーズC・GⅡ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのがグァンチャーレ。今回は3/27に帰厩すると、4/3には「栗・坂路」で「A評価順位10位」となる高指数をマーク。そして、これを皮切りに1週前には「栗・CW」で秀逸な動きを披露し「S評価順位1位」、次いで当週には再び「栗・坂路」で「A評価順位2位 」と高指数を連発して、レベルの高い「3週連続の好調教」。7歳にしてデキは生涯最高と云える同馬がGⅠ馬たちを撃破し、4年3か月ぶりとなる重賞制覇を成し遂げるシーンに期待した次第。

2_8


レースでは、主張せずに主導権を握ると、直線半ばでダノンプレミアムにはかわされてしまったものの、目一杯に粘って2着は確保。

そして、「相手候補」の1頭に取り上げたのがA評価馬のパクスアメリカーナ。

1_6

レースでは、好位内を立ち回ってジリジリと迫り、ゴール寸前で3着に浮上。

尚、勝ったダノンプレミアムは中間に好調教馬に該当する追い切りがありませんでした。それでいて圧巻の勝ちっぷりには恐れ入った次第。元より稽古駆けするタイプでもあり、次走に向けての上積みも十分に期待が持てますので、ご注目下さいマセ。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年4月18日 (木)

ダノンプレミアムは安田記念を見据えた仕上げ(マイラーズC)

【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がセブン-イレブンでも 】

Eps201605a


3月1日(金)からこれまでのローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクスに加えまして、セブンーイレブンでも設置されていますマルチコピー機を利用して「調教サイト 高中式」(PC版携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。


Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



【 開幕週の絶好のコンディションで勝ち星量産! 】

Tk0413


先週の勝ち星数は「28勝」と目標としている「30勝以上」を達成することが出来ず。

先週は好調教馬(S~T評価馬)の出走頭数が全部で「312頭」と多く、しかも、勝ち負けが大いに期待できる好調教馬が勢揃いでしたので、木曜日の夜に枠番確定前のデータが出来上がった際は『大台(40勝)』間違いなしや!」とほくそ笑んだ次第です。

ところが、結果のほどはその期待に反して「30勝割れ」となってしまいましたので、これの原因を探ったところ次の事実が判明。

① 好調教馬たちが出走した全71レース中(土日で好調教馬の出走が"0"のレースが1つだけあり)好調教馬が勝てなかったのが「43レース」(71-28=43)。そのうち「20レース」で勝ち負け必至の1番人気に支持された好調教馬が出走していましたが、そのいずれもが2着以下に敗退。
② 好調教馬が勝てなかったのが43レースのうち1番人気の好調教馬は出走していなかった「17レース」では2番人気と3番人気の好調教馬が全部で「22頭」出走していましたが、そのいずれもが2着以下に敗退。

先週は中山、阪神が2連続開催の最終週にあたり(しかも週中の雨・雪の影響もあり)悪化した馬場状態の中で「道悪適性」が問われることとなり、その適性を欠いた人気の好調教馬たちが攻め通りの走りをすること出来ずに事前の「星勘定」通りの結果が得られなかったものと思料されますので、開催替わりとなるこの週末は「絶好のコンディションの中で勝ち星量産!」となるよう(毎度お馴染みにフレーズで恐縮ですが・汗)データの上からながら好調教馬たちに発破をかけておくことにいたしましょう!




【 当週の調教指数に大きな差(マイラーズC) 】

日曜の阪神では「マイラーズC・GⅡ」が行われます。

上位人気の一角であるインディチャンプは「栗・坂路」で1週前に A評価 をマーク。そして、今週も同コースでの追い切り。尚、基準となる「20番時計」は4F52.0秒。4Fは基準を下回る52.7秒でしたが、1F12.5秒は上々で「2週連続好調教」に該当の可能性あり。


インディチャンプ
(1週前)
栗・坂路 4F52.1-1F13.3 ⇒調教指数《85》・A評価
(当週)
栗・坂路 4F52.7-1F12.5 ⇒調教指数《??》・?評価


グァンチャーレは基準を1秒以上も上回る4F50.9秒をマークしており、1F12.1秒も優秀でA評価以上は確実。他馬との比較次第では穴で一考も。1週前の調教指数にもご注目下さいマセ。

モズアスコットは1F12.5秒こそ上々ですが、4F54.5秒が示す通り全体としては軽めで、"危険な人気馬"の可能性あり。


グァンチャーレ
栗・坂路 4F50.9-1F12.1 ⇒調教指数《??》・?評価
モズアスコット
栗・坂路 4F54.5-1F12.5 ⇒調教指数《??》・?評価


「栗・CW」組では中内田厩舎の2頭が追い切りを消化。

ダノンプレミアムは1F11秒前半が秀逸ですが、6F85秒前半が示すように全体としては軽めの内容で今週は該当せず。中間の調教指数をご確認下さいマセ。

パクスアメリカーナは6F81秒後半が上々で、1F11秒前半は優秀なので 好調教馬に該当の可能性大。A評価 に届く可能性も。


ダノンプレミアム
栗・CW 6F85秒前半-1F11秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
パクスアメリカーナ
栗・CW 6F81秒後半-1F11秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


有力馬・実績馬は当週の追い切り内容に大きな差がありますので、中間の調教指数を併せてご注目下さいマセ。

尚、「マイラーズC・GⅡ」 を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年4月17日 (水)

次走では「坂路王」の実力を発揮し(ファンタジスト)

 結構な払戻金と儲けを手にし「新緑の京都」へ 

先週の「コラム推奨馬」は次の2頭。

一昨日は気心の知れた競馬仲間と共に「祇園(京都)→お初天神(大阪)」で約1ケ月ぶりとなる"息抜き"を。そして、明日も北新地で豪華な宴席の予定が入っていますが、立て込んでいるお仕事(競馬関係外)もその影響により遅滞することなく至って順調。

ただ、平成から令和へ移り変わる4/27から5/6までの「恐怖の10連休」を前にし、"週明けから"(←ここがポイント!週が明けその当日なってから着手せざるを得ない案件ばかりで事前の下準備等が不可・汗)「納期は4/26(金)」と云う仕事が何件も待ち構えており、それを考えただけでも背筋が凍り付く思いですが(大袈裟・笑)、「明日の事を思い煩うなかれ」との言葉通りまずは週中、次いで週末(新緑の京都開催)へ向けた諸作業に身も心も埋めることにいたします。

《土曜日》

Co0413


《日曜日》

Co0414


(土曜・阪神11R アーリントンC・GⅢ 10番 カテドラル 7番人気 

コラム内で「距離短縮で持ち前のスピードを活かし」と書いたくらいですから、これまでのように逃げor先行するものと思い込んでいましたが、何とスタートで大きく出遅れ思わず「万事休す(涙)」と天を仰いだ当方。

ところが、直線半ばからいきなり目を見張るほどの見事な末脚を繰り出した同馬は残念ながら勝ち馬だけは捉えられなかったものの2着に入線。

この予想外の走りにより馬券の方では"それなり"の払戻金&儲けを計上することが出来ましたが、今回の結果に関しては「怪我(出遅れ)の巧妙」と云った感もあれば、S評価馬らしさを発揮したのも最後の200~300mだけでしたので、次走ではしっかりとスタートを決めてキッチリと「S評価馬の巻き返し」を。

Ha041311

 

単勝
9
3590円
12人気
複勝
9
940円
12人気
10
760円
11人気
11
720円
8人気
馬連
9-10
36120円
枠連
5-5
28780円
馬単
9-10
71530円
3連複
9-10-11
208320円
3連単
9-10-11
1361140円
Ha041311a


複勝 760円 馬連(9-10) 36120円
購入額 7万7000円 払戻金 58万9200円


(日曜・中山11R 皐月賞・GⅠ 3番 ファンタジスト 5番人気 13

前走のスプリングS・GⅡは1番枠に入りながらも道中は外目を追走し、そのうえ直線では大外をブン回しての惜しい2着(←「1800m戦」でしたが実質的に「2000m」くらいは走ったのでは?)。よって、調教師先生は「今回は更に1F延びるが全く心配していない。チャンスはある」と強気のコメントを発信。

また、厩舎スタッフも「仕上りには本当に自信がある」とデキの良さを強調されており(坂路で超抜の指数を連発していることから当然のコメント?)、ノーザン系の1~4番人気馬を相手にしても「何するものぞ」と云ったところでしたが…。

にも拘わらず結果のほどは13着に大敗と、鞍上も「終わってみれば距離かもしれませんね」と不可解な?コメントをせざるを得ず、次いでNHKマイル・GⅠへ向かうに際し調教師先生までもが「2000mは長かった感じ。改めて」と前言撤回。

勿論、強敵相手の厳しい戦い故に距離適性が問われた面もあったでしょうが、それでも重賞2勝馬でもある同馬が本来の力を発揮さえしていれば勝ち馬から「1秒6」も負ける訳はありませんので、次走では若き「栗東の坂路王」としての実力も遺憾なく発揮して巻き返しを。

Na0414111

 

Na0414112

 

単勝
12
170円
1人気
複勝
12
110円
1人気
7
200円
4人気
4
160円
2人気
馬連
7-12
950円
枠連
4-6
670円
馬単
12-7
1140円
3連複
4-7-12
1480円
3連単
12-7-4
4390円

 

Na041411a

 

Na041411b


購入額 9万7500円 払戻金 0円


そして、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」は6頭が馬券圏内を確保し、↓の3頭では結構な払戻金と儲けを手にすることに。

それでもって、この週末からスタートする「新緑の京都開催」へは足取りも軽く気分良く向かうことが出来ますので、残り2週となった「平成の戦い」をキッチリと締め括るべく冒頭↑でも書きましたとおり調教指数の作成から始まる一連の諸作業に注力している次第です。

(日曜・阪神7R 4歳上500万下 11番 ウラガーノ 2番人気 1着

Ha041407

 

単勝
11
430円
2人気
複勝
11
170円
1人気
3
340円
6人気
10
240円
4人気
馬連
3-11
3080円
枠連
3-7
1660円
馬単
11-3
5130円
3連複
3-10-11
6770円
3連単
11-3-10
37710円
Ha041407a


単勝 430円 複勝 170円 馬連(3-11) 3080円
購入額 5万8000円 払戻額 16万6200円


(日曜・中山8R 袖ヶ浦特別 10番 ハーグリーブス 7番人気 1着

Na041408

 

単勝
10
2900円
7人気
複勝
10
1220円
7人気
1
330円
2人気
2
820円
6人気
馬連
1-10
6310円
枠連
1-7
5590円
馬単
10-1
16950円
3連複
1-2-10
22180円
3連単
10-1-2
184220円
Na041408a

 

Na041408b


単勝 2900円 複勝 1220円 馬連(1-10) 6310円
購入額 5万5500円 払戻額 91万8650円


(日曜・福島10R 医王寺特別 3番 グッドジュエリー 3番人気 1着

Fu041410

 

単勝
3
610円
3人気
複勝
3
160円
3人気
1
140円
2人気
7
130円
1人気
馬連
1-3
1170円
枠連
1-2
880円
馬単
3-1
2590円
3連複
1-3-7
1360円
3連単
3-1-7
7300円

 

Fu041410a


単勝 610円 複勝 160円 馬連(1-3)1170円
購入額 5万5000円 払戻額 16万5700円



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年4月15日 (月)

得意の「3歳重賞」で大儲け(アーリントンC)

【 A評価馬→S評価馬で馬連3万円超え 】

今週は中山で牡馬クラシックの初戦、「皐月賞・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが3番・ファンタジスト。今回は「栗・坂路」で1週前に《95.6》・S評価 を、当週にもS評価 に迫る《93.5》・A評価 をマークして、ともに順位1位となる超ハイレベルな「2週連続好調教」に該当。


1_5 


レースでは、好位勢の直後でラチ沿いを進んだものの直線では伸びきれず。鞍上は敗戦コメントで「距離」とあっけなく述べており、適条件でS評価馬の巻き返しに期待するのみ。

そして、「相手候補」の筆頭に取り上げたのが、A評価馬の12番・サートゥルナーリア。GⅠをノー・ステッキで圧勝した実力派言うまでもなく、今回の仕上がりにも不安はなしと判断した次第。次いで、1番・アドマイヤマーズと7番・ヴェロックスのA評価馬 を指名。


2_7

レースでは、好位の外を進み堂々たる競馬ぶり。先に先頭に立った7番・ヴェロックスとの壮絶な叩き合いを制して、まずは一冠目を制覇。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


尚、土曜の阪神ではNHKマイルCの前哨戦、「アーリントンC・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」へ指名したのが10番・カテドラル。今回は1週前に「栗・CW」S評価順位1位となる高指数をマーク。2戦続けて重賞では大敗が続いたものの、皐月賞の有力馬(ヴェロックス)に競り勝った経験からも、同馬の能力は高く評価。放牧効果により動きが一気に良化した同馬の巻き返しを期待した次第。


12

レースでは、スタートで大きく出遅れて万事休すかと思いきや、直線は最後方一気の豪脚を発揮してクビ差の2着にまで追い込み。

そして、勝ったのが9番・イベリス。同馬は1週前に「栗・CW」A評価 をマーク。

さらに3着の11番・トオヤリトセイトは当週に「栗・CW」 で《90.6》・A評価 の高指数をマーク。


23


3連複でも20万、3連単は136万馬券となりましたが、終わってみればA評価S評価A評価 の好調教馬によるワン・ツー・スリー。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年4月11日 (木)

ホープフルS以来で仕上がりがどうか??(皐月賞)

【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がセブン-イレブンでも 】

Eps201605a


3月1日(金)からこれまでのローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクスに加えまして、セブンーイレブンでも設置されていますマルチコピー機を利用して「調教サイト 高中式」(PC版携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。


Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



【 「平成最後の月」を「右肩上り」で締め括るべく 】

Tk0406


先週の勝ち星数は「35勝」

先の2週はよもやの「2週連続の30勝割れ」となりましたが
、先週は早速の「V字回復」。ただ、勝率と連対率と複勝率に関しては勢いのあった3月の第1~3週と比べると見劣るものがありますので、「平成最後の月」も先月に続く「右肩上り」で締め括るべく残り3週で登場する好調教馬たちに奮起を促します。


さて、今年に入って3ケ月少々が経過しましたが、調教師部門のリーディング争いは次のとおり↓。

■ 2019年4月7日終了時点 ■

Ttop100407


まずはこのブログでは毎度お馴染みの中内田厩舎が遂にリーディングのトップに立ち「勝率・連対率・複勝率」と併せて「4冠王」の座に着いていますが(賞金獲得額も第2位と「5冠一歩手前」)、そのうち勝率と連対率に関しては他厩舎を圧倒する高率を維持していますので、引き続き「馬券検討の第1歩は中内田厩舎の管理馬の有無」と云ったところです。

そして、安田隆行厩舎池江厩舎が「勝利数・勝率・連対率・複勝率・賞金獲得額」の5部門全てでトップ10入りを果たし好調を持続しており、堀厩舎も「勝利数・勝率・連対率・複勝率」の4部門でトップ10を果たしその実力を遺憾なく発揮。

それ以外では大竹厩舎が「勝利数・勝率・複勝率」の3部門、昆厩舎が「勝率・連対率・複勝率」の3部門でトップ10を果たし、今年に入ってからの活躍が目立ちますので、今後も注目です。

なお、勝率部門で第7位に入っている上村厩舎は今年の3月に入って開業した"新人厩舎(新人調教師)"。現時点での出走頭数は僅か「16」ですが、その中で3勝を挙げると共に勝率だけでなく連対率も「25%」(第18位)、複勝率も「37.5%」(第11位)と優秀な成績を収め、その単勝回収率が「257%」、複勝回収率が「129%」と人気薄馬の好走・激走も目につきますので、同厩舎の管理馬に関しては人気が無くとも要注意です(←騎手時代も"穴"をよく開けていたようなイメージが!?)。




【 1週前・好調教馬→当週は軽めで走れる態勢( 皐月賞) 】

今週は中山で牡馬クラシックの初戦、「皐月賞・GⅠ」が行われます。

今年の主役はサートゥルナーリア。ホープフルSでは「栗・CW」で2週前にB評価を、そして1週前にA評価をマーク。能力のみならず仕上げの面でも他馬をリードし、レースでも圧巻の内容で2着以下を完封。


3


今回は、ホープフルS以来の競馬となり仕上がりが重要な一戦。

今週は「栗・CW」 で5F追い切りを消化。1F11秒後半は優秀ですが、5F70秒前半が示すように終いだけサッとやった程度の内容。ただし、1週前に「栗・CW」A評価 。仕上がりに大きな不安はなさそうですが、併せて2週前以前の調教指数もご確認下さいマセ。


サートゥルナーリア
(1週前)
栗・CW 6F81秒前半-1F11秒前半 ⇒調教指数《86》・A評価
(当週)
栗・CW 5F70秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価


その他の「栗・CW」組ではメイショウテンゲンが6F追い切りをやっている中では最速の82秒後半をマーク。1F12秒後半はまずまずといったところで、B評価以上に該当するかどうか。

毎日杯を勝ったランスオブプラーナも終い重点で軽めの内容。


クラージュゲリエ
栗・CW 6F83秒後半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
サトノルークス
栗・CW 5F--秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
ブレイキングドーン
栗・CW 6F85秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
メイショウテンゲン
栗・CW 6F82秒後半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
ランスオブプラーナ
栗・CW 6F85秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


関西馬は全体的に今週は軽めの馬が多く、中間の調教指数に要注目。「栗・坂路」組「2週連続好調教」該当馬はいるのか!?については、明日のブログにて。

尚、「皐月賞・GⅠ」 を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年4月10日 (水)

勝ち馬の強さと敏腕外厩の凄さが際立ち(桜花賞)

 特選?相手候補が激走するも(阪神牝馬S) 

先週の「コラム推奨馬」は次の2頭。

昨年の9月に北新地の「名物洋食屋さん」と大阪駅前ビルの「名物うどん屋さん」が相次いで閉店。また、当方がほぼ毎日利用している最寄り駅の構内でひっそりと営業されていたコーヒーショップが先月に閉店↓。

Cs201903x


そして、この3つのお店に関しては当方が仕事の拠点を現在の大阪・西天満へ移した「平成元年」から利用し始め、その後、30年に亘って定期的に通っていましたので、この「平成の終わり」とほぼ同時期の閉店には感慨深いものが。

特に洋食屋さんとうどん屋さんは偶々お店の前を通りがかった際に貼り紙を見て閉店したことを知っただけに「前もって分かっていれば閉まる前に足繁く通ったのに~(涙)」と大いに悔やみつつ嘗てよく食べたハンバーグ、オムライス、生醤油うどん、釜玉うどん等々の味を懐かしんだ次第です。


そして、"閉店絡み"でお知らせを1つ。

今般、競馬サイトの老舗「競馬@nifty」さんが先の3月末日をもってサービス提供を終了することとなり、これに伴いまして同サイト内における「高中式調教指数」のサービス提供もこの5月末日をもって終了いたします(なお、新規の申し込みに関してはこの4月1日で終了させていただいております)。

長きに亘り同サービスをご利用いただきましたことにつきまして厚く御礼を申し上げます共に、皆様におかれましては今後も引き続き下記にて「高中式」をご愛顧賜れば幸いでございます。何卒よろしくお願い申し上げます。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


《土曜日》

Co0406


《日曜日》

Co0407


(土曜・阪神11R 阪神牝馬S・GⅡ 4番 ラッキーライラック 1番人気 8

先行力としっかりとした末脚を兼ね備える同馬ですが、前走と同じく好スタートを切りながらも意味不明?の待機策。

結果、鞍上も「うまく誘導できずに可哀想なレースをしてしまいました」と反省一頻りのとおり見せ場すら作れず8着に敗退。

よって、今回は全くの「参考外」と云えるものでしょうが、繊細な牝馬故にレース中に馬群の中で揉まれ込だうえに直線では不自然な体勢で追い続けられたことが今後に影響しないか少々心配。

そして、コラム内で「大駆けに要注意」と特記した特選?相手候補の14番・アマルフィーコーストが攻め通りの走りを披露して14頭中12番人気と云う低評価を覆して2着に激走してくれただけに「推奨馬が"普通"に走ってくれてさえいれば」との想いが余計に募り…。

Ha0406111

 

Ha0406112

 

単勝
8
1170円
4人気
複勝
8
730円
4人気
14
1920円
11人気
12
1230円
8人気
馬連
8-14
26760円
枠連
5-8
10320円
馬単
8-14
44990円
3連複
8-12-14
149940円
3連単
8-14-12
727770円
Ha040611a

 

Ha040611b


複勝 14番 1920円 馬連(8-14) 26760円
購入額 10万0200円 払戻金 45万9600円


(日曜・阪神11R 桜花賞・GⅠ 15番 ダノンファンタジー 1番人気 4

4コーナーに差しかかる前に8番・グランアレグリアが早くも先頭に立った時は「早仕掛けや!やっぱり今年のルメールは乗れてへんわぁ。これでダノンの餌食や!!」とほくそ笑んだくらいでしたが、直線に入ってからグランとダノンとの差は詰まるどころか開く一方。そして、懸命に前を追いかけたことによりゴール前で力尽きたダノンは後続の2頭に差し込まれて4着。

今回は勝ち馬の強さ、そして、日経新聞までもが記事↓に取り上げたように約4ケ月ぶりとなる今年の初実戦でクラシック制覇を成し遂げた敏腕外厩・ノーザンF天栄の凄さが際立ったレースでしたが、次走(オークス)では距離適性で分のあるダノンファンタジーが敏腕・中内田厩舎と敏腕・ノーザンFしがらきの強力タッグ(+絶好調の川田騎手)で巻き返してくれるはずですので、早くも1ケ月半後のレースを大いに楽しみしている次第です。

Nft20190407x_2

 

Ha0407111

 

Ha0407112

 

単勝
8
340円
2人気
複勝
8
170円
2人気
16
400円
6人気
4
200円
3人気
馬連
8-16
4410円
枠連
4-8
3110円
馬単
8-16
5700円
3連複
4-8-16
5990円
3連単
8-16-4
31810円
Ha040711a_2

 

Ha040711b_2


購入額 8万1500円 払戻金 0円


そして、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」では↓の3頭でもって"そこそこ"の払戻金&儲けを計上(「単複各2万円」を購入したつもりが何故か「単勝・2万円、複勝・1万円」になってたりもしましたが・汗)。

ただ、先週はの全部で6頭もの「調教から~」たちが"馬券圏内まであと一歩"のところで敗れ(←4着、5着の掲示板止り)、レースを見ながら歯軋りにより随分と奥歯を磨り減らしましたので(涙)、地元・阪神開催が最終週となるこの週末ではこの鬱憤をキッチリと晴らしたうえ(=馬券でしっかりと儲けて)再来週からの「新緑の京都」(=平成最後の戦い?)へ気分良く向かいたいと存じます。

(日曜・阪神10R 大阪-ハンブルグC 1番 ヤマカツグレース 6番人気 2着

Ha040710

 

単勝
3
210円
1人気
複勝
3
140円
1人気
1
350円
6人気
9
290円
5人気
馬連
1-3
2150円
枠連
1-3
2490円
馬単
3-1
3160円
3連複
1-3-9
7600円
3連単
3-1-9
28560円
Ha040710a_2

 

Ha040710b_2


複勝 350円 馬連(1-3) 2150円
購入額 6万円 払戻額 11万3000円


(日曜・中山5R 3歳未勝利 6番 グランツリヒター 3番人気 1着

Na040705

 

単勝
6
510円
3人気
複勝
6
190円
3人気
1
170円
2人気
16
3110円
13人気
馬連
1-6
900円
枠連
1-3
380円
馬単
6-1
1950円
3連複
1-6-16
29210円
3連単
6-1-16
134380円
Na040705a_2

 

Na040705b_2


単勝 510円 馬連(1-6) 900円
購入額 5万4500円 払戻額 11万1000円


(日曜・中山11R 春雷S 13番 ビップライブリー 8番人気 1着

Na040711

 

単勝
13
1540円
8人気
複勝
13
390円
7人気
11
180円
1人気
12
390円
8人気
馬連
11-13
4330円
枠連
6-7
1370円
馬単
13-11
10660円
3連複
11-12-13
12620円
3連単
13-11-12
94170円
Na040711a_2


単勝 1540円 複勝 390円 馬連(11-13)4330円
購入額 4万5000円 払戻額 39万0300円



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年4月 8日 (月)

T評価馬のグランアレグリアの圧勝劇(桜花賞)

【 外枠でデキのよさを活かし切れず 】

日曜は阪神で牝馬クラシックの第一弾、「桜花賞・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが15番・ダノンファンタジー。好調教馬が13頭と多い中で、今回の追い切りで高指数をマークしている馬は少数。その中にあって一週前に「栗・CW」で「A評価&順位5位」となる高指数を叩き出している同馬を最上位に評価。敏腕厩舎によりキッチリと仕上げられた2歳女王が頼りになる鞍上を背にクラシックの開幕戦を制するシーンに期待した次第。


1_4


レースでは、序盤から掛かり気味になり壁が作れず消耗。グランアレグリアを見ながら動いたものの、突き放されてしまい、最後は2着争いにも敗れて4着という結果に。前に馬を置きにくい外枠になったことが仇となり、デキの良さを活かしきれない残念なレースとなりました。

そして、「相手候補」の1頭に挙げたのがT評価馬であり、これまで馬券圏内を外したことのない8番・グランアレグリア。


2_6

レースでは、スムーズに先行すると4コーナーでは先頭に並びかけて一気に抜け出し。さらに後続の追撃を振り切って2着に2馬身半差、アーモンドアイの記録した桜花賞レコードを更新する完勝劇。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年4月 4日 (木)

今年の「栗・坂路」組は平凡??(桜花賞 )

【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がセブン-イレブンでも 】

Eps201605a


3月1日(金)からこれまでのローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクスに加えまして、セブンーイレブンでも設置されていますマルチコピー機を利用して「調教サイト 高中式」(PC版携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。


Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



【 「3月攻勢」は"尻窄み"ながらも全部門で「右肩上り」を達成 】

Tk0330


先週の勝ち星数は「19勝」
でしたが、先週は2場開催につきこれを3場開催ベースに換算すると「28勝」(19勝÷2場×3場=28.5勝)。

残念ながら先々週に続き目標として掲げている「30勝以上」を達成することが出来ず、3月に入り「41勝→35勝→41勝」と正に「3月攻勢」と云える活躍を見せた好調教馬たちも最後の2週が「29勝→28勝」"尻窄み"

ただ、3月終了時点の「勝利数・勝率・連対率・複勝率」に関しては全て前月の実績を上回り↓、先月末の公約?である「全部門での『右肩上り』を達成しましたので、今月以降もこの「右肩上り」を継続させながら好調教馬たちの活躍をしっかりと馬券に繋げていきたいと存じます。

■ 2019年2月24日終了時点 ■

Tds20190224

■ 2019年3月31日終了時点 ■
 

Tds20190331





【 ノーワン以外は軽めの調整(桜花賞 ) 】

今週は阪神で牝馬クラシックの初戦となる「桜花賞・GⅠ」が行われます。

今年の注目はダノンファンタジー。今週は負荷の軽い「栗・芝」での最終追い切りとなり該当せず。ただし、1週前に「栗・CW 」で 《88》・A評価をマークしており、既に態勢は整っている様子。あとは他馬との比較次第。


ダノンファンタジー
(1週前)
栗・CW 6F78秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《88》・A評価



「栗・坂路」組では多くの関西馬が最終追い切りを消化。尚、基準となる「20番時計」は4F51.6秒と速め。

その中ではノーワンが基準並みの4F51.7秒をマーク。1Fも12.3秒でまとめており、B評価以上は確実。A評価に届く可能性もあります。前走は人気薄でしたが、調教指数的にはフロックではありません。

メイショウショウブは4Fこそ52.3秒と基準を下回っていますが、1F11.7秒が秀逸でB評価以上は確実。除外でNZTに向かうようですが、注目の1頭。

上位人気の1頭となるビーチサンバは終い重点で軽めの内容になっており今週は該当せず。エルフィンSから直行のアクアミラビリスも同様で、中間の調教指数をご確認下さいマセ。


アウィルアウェイ
栗・坂路 4F53.4-1F12.5 ⇒調教指数《??》・?評価
アクアミラビリス
栗・坂路 4F53.1-1F12.3 ⇒調教指数《??》・?評価
エールヴォア
栗・坂路 4F53.3-1F12.1 ⇒調教指数《??》・?評価
シゲルピンクダイヤ
栗・坂路 4F53.6-1F12.3 ⇒調教指数《??》・?評価
ノーワン
栗・坂路 4F51.7-1F12.3 ⇒調教指数《??》・?評価
ビーチサンバ
栗・坂路 4F54.9-1F12.8 ⇒調教指数《??》・?評価
プールヴィル
栗・坂路 4F54.2-1F12.3 ⇒調教指数《??》・?評価
メイショウショウブ
栗・坂路 4F52.3-1F11.7 ⇒調教指数《??》・?評価
レッドアステル
栗・坂路 4F53.2-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価


ノーワン以外は、全体的に今週は軽めの調整に留めた陣営ばかり。1週前までの調教指数をご確認下さいマセ。

尚、「桜花賞・GⅠ」 を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年4月 3日 (水)

実力を発揮すべく積極的な競馬で巻き返しを(ブラストワンピース)

 S評価馬が2戦2勝 

先週の「コラム推奨馬」は次の2頭。

昨日はプロ野球の試合が激しい雪で中断となるほど全国的に真冬の寒さで震えることになりましたが、関東(東京)では既に2週間前くらいから「お花見」に興じる様子(お決まりの乱闘シーンや泥酔シーンも・汗)がニュースやワイドショーで繰り返し報じられています。

それに対して関西(大阪)と云えば「そもそも桜は咲いてへんし、何でこんな寒い中で…」と云った状況。

(地下街の桜は咲き誇っていますが…)

Skr20190403c


(漸く大阪市内の桜も"それなり"に咲いてきましたが)

Skr20190403d

 

Skr20190403e


(枝の先の方は固い蕾のままで"まだまだ"と云ったところ)

Skr20190403f


そして、この日曜日は阪神競馬場で今年のクラシック第1弾となる「桜花賞」が行われますが、「在宅」を返上して出陣した先週の土曜日時点では何処も彼処も桜のさの字すら感じることが出来ず。

(向正面の桜並木も)

Skr20190403a


(陽当たりが抜群の1コーナー辺りも)

Skr20190403b


毎年、桜花賞の1~2週前には満開を迎え「この状態を如何に桜花賞まで持たせるか」が造園課の皆さんの腕の見せ所となるのですが、今年は
それとは真逆の事態。ただ、九州にまで雪を降らせた寒波も明日から弛んで気温も一気に上昇するようですので、日曜日は見頃を迎えた桜の下で「可憐な乙女たち」(その中には将来「女傑」と呼ばれる馬がいるかも知れませんが・笑)の戦いに興じたいと存じます。

《土曜日》

Co0330


《日曜日》

Co0331


(土曜・中山11R ダービー卿CT・GⅢ 2番 フィアーノロマーノ 2番人気 1着

南半球生まれの「遅れて来た大物」S評価を叩き出した攻め通りの走りを披露し、"あの"モーリスがマークしたレースレコードをコンマ5秒更新する好タイムで快勝。

「無事ならば安田記念を目指したい」(高野調教師先生の談)とのことですが、現在のマイル界にはモーリスの如く「マイル王」と呼ぶに足りる確たる馬がおりませんので、攻め駆けする同馬へは大いに期待を寄せる次第です。

Na0330111

 

Na0330112
単勝
2
600円
2人気
複勝
2
250円
2人気
12
260円
3人気
13
400円
9人気
馬連
2-12
2350円
枠連
1-6
1390円
馬単
2-12
4550円
3連複
2-12-13
13120円
3連単
2-12-13
59280円

 

Na033011a



Na033011b


単勝 600円 複勝 250円 馬連(2-12) 2350円
購入額 9万4500円 払戻金 27万8500円


(日曜・阪神11R 大阪杯・GⅠ 7番 ブラストワンピース 1番人気 6

スローペースに泣かされたこともありますが、スタート直後に両サイドの馬に寄られて後方からの競馬となり、4コーナーでは他馬に思い切り外へ振られて実力を発揮できずに6着に敗退。

鞍上が「うまく乗れなくて申し訳ありません」と素直に?反省の弁を述べているとおり、今回に関しては致し方ない面があったと云え菊花賞時と同じく少し大事に乗り過ぎた感がありますので、次走は池添騎手本来の積極的な競馬で巻き返しを(←菊花賞時の回顧記事とモロ被りのフレーズですが・笑)。

Ha0331111

 

Ha0331112

 

単勝
3
2220円
9人気
複勝
3
450円
9人気
6
180円
2人気
2
320円
5人気
馬連
3-6
3680円
枠連
3-4
1750円
馬単
3-6
10940円
3連複
2-3-6
10740円
3連単
3-6-2
93560円

 

Ha033111a


購入額 8万2000円 払戻金 0円


そして、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」は5頭が馬券圏内を確保し、S評価馬たちの頑張りもあり上々の”儲け”が(先週のS評価馬2戦2勝)。「月末・期末」を締め括るに相応しい「最後の3月攻勢」と云えるほどのものではありませんでしたので、「月替わり・年度替わり」となる今週末は身も心も刷新?してキッチリと仕切り直しして”大儲け” を。

(土曜・阪神11R コーラルS 9番 スマートダンディー 2番人気 1着

Ha033011

 

単勝
9
490円
2人気
複勝
9
150円
2人気
3
140円
1人気
15
190円
3人気
馬連
3-9
710円
枠連
2-5
690円
馬単
9-3
1650円
3連複
3-9-15
1630円
3連単
9-3-15
8660円
Ha033011a


単勝 490円 複勝 150円 馬連(3-9) 710円
購入額 5万5000円 払戻額 13万5100円


(日曜・中山11R 船橋S 4番 ライトンキュー 1番人気 1着

Na033111

 

単勝
4
360円
1人気
複勝
4
190円
2人気
2
1290円
11人気
11
270円
6人気
馬連
2-4
12200円
枠連
2-3
9380円
馬単
4-2
18360円
3連複
2-4-11
27760円
3連単
4-2-11
144230円
Na033111a


単勝 360円 馬連(2-4) 12200円
購入額 6万2000円 払戻額 30万2000円



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年4月 1日 (月)

有馬記念に続いての好走とはならず(大阪杯)

【 「相手候補」のキセキが2着 】

日曜は阪神で古馬中距離路線の大一番、「大阪杯・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが7番・ブラストワンピース。

2/28に関東の「名門外厩」(ノーザンF天栄)から戻り「美・坂路」で乗り込まれながら、一週前、当週と「美・南W」で「A評価&順位1位」となる高指数を連発し、3ケ月ぶりでも仕上げ利は万全。ここは年長馬相手に戴冠を果たし、「世代最強馬」から「現役最強馬」となるシーンに期待した次第。


1_3 

レースでは、後方待機から徐々に進出したものの遅い流れの中で大外を回る競馬では直線でも差を詰められず。今回は展開が味方せず6着。

そして、「相手候補」の1頭に取り上げたのがT評価馬のキセキ。

2_2

レースでは、2番手を追走して直線半ばで抜け出しを図ったものの、アルアインにクビ差及ばずの2着。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年3月28日 (木)

関東馬は輸送を考慮してか軽めの調整(大阪杯)

【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がセブン-イレブンでも 】

Eps201605a


3月1日(金)からこれまでのローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクスに加えまして、セブンーイレブンでも設置されていますマルチコピー機を利用して「調教サイト 高中式」(PC版携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。


Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



【 川田騎手&中内田厩舎。そして、新人・斉藤新騎手 】

Tk0323


先週の勝ち星数は
「29勝」。3月に入ってからは「41勝→35勝→41勝」と正に「3月攻勢」と云える活躍を見せた好調教馬たちですが、先週はその勢いも一服し、目標として掲げている「30勝以上」については達成出来ず

ただ、先々週と比べ勝ち星数が「41勝29勝」、
好調教馬全体の(S~T評価馬)の勝率が「17.7%→9.6%」とそれぞれ大きく落ち込んだのに対し、連対率は「28.4%21.5%」、複勝率は「35.3%31.0%」と"それなり"に踏み留まり多くの好調教馬たちが馬券圏内を賑わせてくれていましたので(←先週の好調教馬たちには勝ち味に遅い馬が多かった?)、「月末・期末」にあたるこの週末では「最後の3月攻勢」を!


さて、今年も約3ケ月が経過しましたが、騎手のリーディング争いは↓のとおりの状況。

■ 2019年3月24日終了時点 ■

Jtop1020190324_1


まずは今年に入ってから好調を持続する川田騎手「勝利数・勝率・連対率・賞金獲得額」でトップに立ち「複勝率」も第2位と「5冠王寸前」となっていますが、同騎手は調教師部門で「5冠王」を狙う中内田厩舎の管理馬に騎乗する機会が多く、しかも、そこでキッチリと結果を出していますので(今年に入って10勝を挙げ、その勝率は「41.7%」、連対率は「54.2%」、複勝率は「62.5%」!)、この「強力タッグ」からは目が離せません。

それに対し、ここ数年はお決まりの如く「2トップ」に君臨してきたルメール騎手とMデムーロ騎手が出遅れ気味。
 ただ、この2人に関しては大レースになると当たり前のように?本領を発揮してきますので、春競馬、そして、GⅠ戦線が本格化するこの週末からの巻き返しには"要警戒"です(ルメール騎手はドバイへ出張し、日本での騎乗はありませんが)。

そして、もう1つ注目なのが新人の斉藤新騎手が連対率でベスト10入りを果たしていること。3/2のデビューにつき騎乗数は「42」と少ない同騎手ですが、「成績云々よりもまずは初勝利」と云う新人ジョッキーにあって既に4勝を挙げ、勝率も「9.5%・第21位」、複勝率も「33.3%・第11位」と大変優秀な成績を収めていますので(これまでは「御祝儀」の騎乗依頼も結構あったとは思いますが)、再来週からスタートする福島開催での活躍を大いに期待する次第です(←主場では騎乗機会と騎乗馬に恵まれませんので)。




【 関東馬は1週前・好調教→当週は軽め(大阪杯) 】

今週は阪神で春の古馬中距離路線の覇を争う「大阪杯・GⅠ」が行われます。

今年の注目はブラストワンピース。

有馬記念では1週前に「美・南W」で「A評価順位1位」となる好指数をマーク。当週もB評価で、「2週連続好調教馬」に該当。満を持して「コラム推奨馬」に指名した次第。そのデキの良さでもって古馬の王者・レイデオロを撃破したのは記憶に新しいところ。

「相手候補」に指名したシュヴァルグラン(B評価)が3着に好走し、馬券は単勝と本線の3連複を的中。約37万円の払い戻しを得た次第。


(有馬記念・GⅠ 8番 ブラストワンピース 1番人気 1着


Co1223

Na1223111_2

 

 

単勝

 

 

8
890円
3人気

 

 

複勝

 

 

8
270円
4人気

 

 

 

12
130円
1人気

 

 

 

 

15
370円
6人気

 

 

 

 

 

 

 

馬連

 

 

 

 

8-12
940円

 


枠連

 

 

 

 

4-6
970円

 

 

馬単

 

 

8-12
2400円

 

 

 


3連複

 

8-12-15
4910円

 


3連単

8-12-15
25340円

 



 


Na1223112_2

Na122311a

Na122311b

単勝 890円 複勝 270円
馬連(8-12) 940円 3連複(8-12-15) 4910円
購入額 10万4000円 払戻金 37万3050円


今回は有馬記念以来の実戦。最終追い切りは「美・南W」で終いだけサッとやった程度の内容。ただし、1週前に同コースで《90》・A評価の高指数をマーク。既に態勢は整っており、久々の実戦でも好仕上がりであることが伺えます。


ブラストワンピース
(1週前)
美・南W 6F81秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《90》・A評価
(当週)
美・南W 5F--秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価


その他では、同じく関東の4歳馬であるステルヴィオがスタンバイ。こちらも今週は輸送を考慮してか軽めの内容に留めていましたが、1週前にはS評価にも迫る《93》・A評価をマーク。中山記念を叩いて仕上がりは上向きの印象も。


ステルヴィオ
(1週前)
美・南W 6F78秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《93》・A評価
(当週)
美・南W 5F--秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


関東馬の上位人気候補は既に整っている様子。対する関西馬については明日以降。

尚、「大阪杯・GⅠ」 を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。




「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年3月27日 (水)

"父の後ろ姿"を追いかけ(ダノンスマッシュ)

 平成最後の天皇賞へ(メイショウテッコン) 

先週の「コラム推奨馬」は次の2頭。

以前に「アポ電強盗」や「振込詐欺」に関する記事を書きましたが、未だ未だこの手の犯罪が沈静化する気配はなく、某国営放送までもがこれを題材としたドキュメンタリー風のドラマを制作・放送するなど社会問題として深刻化。

そして、先般も書きましたとおりその詐欺の手口は常に進化を遂げ高度化・巧妙化しているのは確かですが、様々な話を聞くにつけ「基本的には大昔?からあった古典的とも云える『消火器詐欺』(※1)と変われへんやん」と思うのは当方だけ!?

ちなみに当方が幼少の頃、実際にうちの家にも"消火器売り"の人が尋ねてきたことがあったのですが、それに対応したオカン(母親)はさすが不動産屋を営んでいたオトン(父親)にせんど苦労をかけられてきただけのことはあって「いや~どないしよ。ウチは貧乏やからその消火器、買うお金があらへんわぁ。何せ先月から水道も止められてしもて前の池(※2)から水を汲んでるんよ。よかったらお茶でも飲んでいきはる?」と消防署の方から来た人を一蹴。そして、その様子を見聞きしていた当方が「消火器を置いとかへんかったら警察に捕まるんとちゃうの?」と尋ねると、オカンは「今のは人を欺して物を買わせる押し売りみたいな悪いヤカラや。まぁ、うちのオッサン(オトンのこと)がやってることもあんまり変われへんけどな」と事も無げに言い放った次第(汗)。

よって、そんなオカン故に80歳の半ばでもしっかりと一人暮らしをしており(オトンは亡くなりましたが)、今日日の詐欺師に引っかかることはまずないかと思いますが、たまには不詳の息子として実家を訪れ、玄関先に消火器が並んでいないかどうか確認することにいたしましょう(笑)。


※1 「消防署の"方"から来ました」と云って消火器を売りつける商法?。これに関しては「消防署から」ではなく「消防署の"方"から」と云うのがポイント("方"と云うのは方角の意味)で「これなら訴えられても詐欺にならない」などと誠にしやかに云われていました(←そんな訳あれへんやろ・怒)。

※2 当方の生家の前にあった大きな池ですが、夏になると一面に水草が生い茂って今にも河童が出てくるのではないかと思うくらいに沼状態と化し、さすがの当方もその水を飲もうとは…(笑)。

《土曜日》


Co0323


《日曜日》


Co0324



(土曜・中山11R 日経賞・GⅡ 1番 メイショウテッコン 3番人気 1着

課題のスタートをキッチリと決めスンナリとハナを奪うとマイペースの逃げ。2着馬の7番・エタリオウが競りかけてきても終始、余裕の手応えで難なく振り切り完勝。

同馬は平成最後?の天皇賞へ目指すとのことですが、菊花賞2着馬を完封したこともあり楽しみな1頭に。ちなみに、鞍上は未定とのことですが、今回と同じく武豊騎手が騎乗すれば「平成の盾男が平成の最後を締め括り」と云った"結構なシナリオ"が出来上がるのですが…。


Na032311



























単勝


1

490円

3人気


複勝


1

160円

3人気




7

110円

1人気




4

180円

4人気
























馬連


1-7

610円


枠連


1-6

610円


馬単


1-7

1330円


















3連複


1-4-7

1390円


3連単


1-7-4

6940円





Na032311a



単勝 490円 3連複(1-4-7) 1390円 馬連(1-7) 610円
購入額 7万7000円 払戻金 18万7000円


(日曜・中京11R 高松宮記念・GⅠ 13番 ダノンスマッシュ 1番人気 4着

「千二路線」へシフトしてからの充実ぶりをもってすれば「初GⅠ制覇はお父さん(ロードカナロア)よりも早く」と思えたこのレースでしたが、そのお父さん(4歳時のこのレースで3着)にも及ぶことなく4着に敗退。

確かに鞍上や調教師先生がコメントしているようにこの日の馬場状態からすれば「外枠が災いした」と云った面もあったでしょうが、(13-5-1-0)とどんな状況でも1度も馬券圏内を外すことがなかったお父さんからすれば同馬は未だ未だ力不足(そもそも現時点でも同馬をロードカナロアと同列視するのはちょっと…と云ったところでしょうが・汗)。

ただ、攻めに関してはお父さんに勝るとも劣らない抜群の動きをする同馬ですので、今後もこれまでと同様のしっかりとした稽古を積みながら"父の後ろ姿"を追いかけて貰いたいところです。


Cy0324111

 


Cy0324112
























単勝


3

780円

3人気


複勝


3

320円

4人気




4

2210円

14人気




7

6410円

17人気
























馬連


3-4

30530円


枠連


2-2

33310円


馬単


3-4

49630円


















3連複


3-4-7

870740円


3連単


3-4-7

4497470円





 


Cy032411a




Cy032411b


購入額 8万9500円 払戻金 0円


そして、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」は5頭が馬券圏内を確保し、↓の2頭では"そこそこ"の儲けがありましたが、先週のブログで目標に掲げた「再びの3月攻勢」とまではいかず。

よって、3月の最終週となるこの週末は「最後の3月攻勢」でもってクラシックもスタートする4月へ弾みをつけることに。

(土曜・中京8R 4歳上500万下 3番 アールスター 1番人気 2着


Cy032308x
























単勝


6

3600円

6人気


複勝


6

670円

7人気




3

140円

1人気




2

150円

2人気





















馬連


3-6

6750円


枠連
馬単


6-3

22450円


















3連複


2-3-6

6550円


3連単


6-3-2

82120円





 


Cy032308a


3連複(2-3-6)6550円 馬連(3-6) 6750円
購入額 5万9000円 払戻額 20万0500円


(日曜・中山3R 3歳未勝利 2番 オルクリスト 2番人気 1着


Na032403

 

























単勝


2

420円

2人気


複勝


2

160円

3人気




7

150円

1人気




14

170円

4人気
























馬連


2-7

690円


枠連


1-4

550円


馬単


2-7

1120円


















3連複


2-7-14

1240円


3連単


2-7-14

5270円





 


Na032403a


単勝 420円 馬連(2-7) 690円
購入額 5万2500円 払戻額 13万6350円



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年3月25日 (月)

「2週連続好調教」のセイウンコウセイが激走

【 「コラム推奨馬」は惜しくも4着 】

日曜は中京で春のスプリント王決定戦、「高松宮記念・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのがダノンスマッシュ。

元来攻め駆けする同馬だが、今回は1週前に「栗・坂路」で4F49.7-1F12.5と自己ベストを更新する好時計をマークするなどA評価となる高指数を連発し、好調を持続。「千二路線」を歩み始めてから"底"を見せていない同馬が父譲りのスピードと瞬発力で4歳の春にして父を超える足ための大きな一歩を踏み出すシーンに期待した次第。


1_1



レースでは、スタートを決めて好位4番手で流れに乗ったものの、直線の脚比べでは内を通った馬たちと脚色が同じになってしまい4着が精一杯という残念な結果に。上位馬とは枠順の差、道中で通った位置の差も大きかったとは云え、まだ力でねじ伏せる存在には至らず。

3連単449万馬券、3連複すら87万馬券の超特大波乱となって「相手候補」も軒並み撃沈となり今回は完敗。

尚、2着に好走してこの超特大波乱の片棒を担いだセイウンコウセイは、「美・南W」で2週前にA評価を、そして1週前にもB評価をマークして「2週連続好調教」に該当。


1_2

 


レースでは、抜群のスタートから3番手を追走して一旦は先頭に立つ見せ場十分の競馬ぶり。手が付けられないほどの大波乱であったと同時に、同馬に関しては「2週連続好調教」で復活の兆しを見せていただけに、馬券に生かせれば・・・という思いも。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年3月21日 (木)

"お手馬"達が「栗・坂路」で好調教(高松宮記念)

【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がセブン-イレブンでも 】

Eps201605a


3月1日(金)からこれまでのローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクスに加えまして、セブンーイレブンでも設置されていますマルチコピー機を利用して「調教サイト 高中式」(PC版携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。


Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



【 最高記録を大幅に更新する「勝率・17.7%」 】


Tk0316



先週の勝ち星数は
「41勝」。3月に入ってから2度目となる「大台(40勝)乗せ」を達成し、これで目標として掲げている「30勝以上」3週連続してクリア。

先週は登場した好調教馬(S~T評価馬)が全部で「232頭」と2/2(土)・2/3(日)に記録した「239頭」を更に下回り、2016年以降での最小出走頭数を更新することになりましたが(ちなみにこの3年における1週当たりの平均出走頭数は「310頭」)、それに拘わらず先週の好調教馬たちは少数精鋭?の頑張りを見せて「大台(40勝)乗せ」となる勝ち星数を叩き出し、その勝率は「17.7%」と2016年以降の最高記録だった「13.9%」を大幅に更新。

ただ、そのような状況の中で先週はA評価馬の成績がイマイチだったこともあって↑馬券的には先々週の
「1週遅れの3月攻勢」(この件はコチラを)に続くことが出来ませんでしたので(反省)、「春のGⅠ戦線」もいよいよ開幕するこの週末は高いレベルで好調を持続する好調教馬たちの活躍でもって「再びの3月攻勢」を!




【 「2週連続好調教」候補が多数(高松宮記念) 】

今週は中京で春GⅠの開幕を告げる一戦、「高松宮記念・GⅠ」が行われます。

昨年は、超ハイレベルの「3週連続の好調教」A評価×2、S評価 ×1)に該当していたファインニードルを「コラム推奨馬」に指名。2週前・当週の「栗・坂路」での2本に加えて、1週前には「栗・CW」S評価 をマークしたことで、仕上がりは元より大幅なパワーアップによる戴冠を確信した次第。

2着には「相手候補」の1頭に指名したレッツゴードンキは「2週連続好調教」A評価×2)に該当。


(昨年の高松宮記念・GⅠ 9番 ファインニードル 2番人気 1着

Cy0325111

Cy0325112

単勝
9
550円
2人気
複勝
9
240円
3人気
8
220円
2人気
7
750円
8人気
馬連
8-9
1690円
枠連
4-5
1300円
馬単
9-8
3170円
3連複
7-8-9
15910円
3連単
9-8-7
60450円

Cy032511a

Cy032511b

単勝 550円 複勝 240円 3連複(7-8-9) 15910円 馬連(8-9) 1690円
購入額 9万6000円 払戻金 29万3950円


今年の注目はダノンスマッシュ。

前走のシルクロードSでは「栗・坂路」で2週前にA評価を、1週前にS評価 をマーク。当然、「コラム推奨馬」に指名した次第。


(日曜・京都11R シルクロードS・GⅢ 2番 ダノンスマッシュ 1番人気 1着

4コーナーから直線では進路が危うく万事休すと云ったところでしたが、直線半ばで外に出されると偉大なる父を彷彿させる伸びを披露して一瞬で突き抜けて完勝。


Ky012711


今回は1週前に「栗・坂路」で《91》・A評価の高指数をマーク。そして今週も同コースでの最終追い切り。尚、今週の基準となる「20番時計」は4F50.9秒。先週ほどではないものの、4F・1Fともに水準並みの時計をマーク。「2週連続好調教」に該当するかご注目下さいマセ。


ダノンスマッシュ
(1週前)
栗・坂路 4F49.7-1F12.5 ⇒調教指数《91》・A評価
(当週)
栗・坂路 4F51.3-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価


その他の「栗・坂路」組ではレッツゴードンキが基準を大きく上回る4F50.0秒をマーク。1F12.3秒も上々で、「2週連続好調教」に該当は確実。先週の《90》・A評価 と同程度か、或いはそれ以上の調教指数が出る可能性も!?


レッツゴードンキ
(1週前)
栗・坂路 4F49.4-1F12.5 ⇒調教指数《90》・A評価
(当週)
栗・坂路 4F50.0-1F12.3 ⇒調教指数《??》・?評価


その他ではロジクライも「栗・坂路」での最終追い切り。1F12.3秒は上々ですが、4F55.2秒が示す通り今週は終い重点の内容。ただし、1週前には《92》・A評価 の高指数をマークしており仕上がりの不安はありません。


ロジクライ
(1週前)
栗・坂路 4F49.4-1F12.4 ⇒調教指数《92》・A評価
(当週)
栗・坂路 4F55.2-1F12.3 ⇒調教指数《??》・?評価



尚、「高松宮記念・GⅠ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版携帯版)内にて公開させて頂きます。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年3月20日 (水)

一叩きの上積みで1F延長を克服(ファンタジスト)

 リニューアル 

先週の「コラム推奨馬」は次の2頭。

このブログを運営しているココログさんが「開設以来で最大規模の全面リニューアル」を実施されたことにより、昨日の未明から本日の夕方まで新規のブログを作成するための「管理画面」へログインすることが出来ず(当初の予定では昨日のお昼過ぎにはこのメンテナンス作業が終了しているはずでしたが…)。

そして、そのメンテナンス作業が完了し「管理画面」へ入り込んでみると約10年に亘って慣れ親しんできた画面が劇的に様変わりしており、諸々の作業にも変更が…。

何せこの手の変化に対する対応力が著しく乏しい「還暦目前」の当方ですので、いざ"ニュー画面"に向かってブログの作成を開始した途端、画像を1つ貼るにしても悪戦苦闘。

つきましては、本日分を含め当方がこの「リニューアル作業」に十分に慣れ親しむまでの間(おそらくこの間はI氏K氏に多大なご迷惑をおかけすることに思われますので、よろしくです・汗)、ブログの方は簡潔になりますことをご容赦下さいマセ。

歳は取りたくないものです(泣)。

《土曜日》

Co0316


《日曜日》

Co0317


(土曜・中山11R フラワーC・GⅢ 7番 エールヴォア 1番人気 2着

勝ち馬がスタートを決めてスンナリとハナに立ったのに対し、同馬はモッサリとしたスタートから中団寄りの競馬に。

そして、それも勝ち馬に楽な「一人旅」を許す一因となり(後方から有力馬にプレッシャーをかけられることもなく)、最後は良い脚で前との差を詰めるも2着を確保するのが精一杯。

「思ったよりも後ろの位置になった」と鞍上もコメントしていますが、同馬は跳びが大きく瞬発力を活かすタイプでないだけに今回のような競馬では持ち味が活かせませんので、次走は「前々(まえまえ)の競馬」でもって巻き返しを。

Na031611



単勝
4
280円
2人気
複勝
4
120円
2人気
7
110円
1人気
10
240円
5人気
馬連
4-7
340円
枠連
4-5
310円
馬単
4-7
700円
3連複
4-7-10
1400円
3連単
4-7-10
4850円

Na031611a


3連複(4-7-10) 1400円 馬連(4-7) 340円
購入額 8万1000円 払戻金 1万0200円


(日曜・中山11R スプリンターズS・GⅡ 1番 ファンタジスト 1番人気 2着

初の「千八」故に鞍上はインの好位で脚を溜める競馬をするものと思っていましたが、実際のレースでは中団のやや外目を追走し直線では大外から上り最速の末脚を繰り出す王道?の競馬。

残念ながら勝ち馬に頭差及ばず2着に敗れましたが、「距離は全く問題がなかった」と鞍上がコメントしているとおりレースぶりからは今後も距離自体を云々する必要はありませんので、「一叩きの上積み」(今回は「+10kg」でしたので、鞍上によると「次は身体も絞れてよくなりそう」とのこと)も見込める「皐月賞・GⅠ」では更なる1F延長を克服しノー○ン系の良血馬たちをなぎ倒して貰いたいところです(何と云っても同馬も若き栗東の「坂路王」ですから!)。

Na031711


単勝
9
2710円
10人気
複勝
9
590円
10人気
1
230円
2人気
10
410円
9人気
馬連
1-9
10290円
枠連
1-5
1670円
馬単
9-1
23610円
3連複
1-9-10
32400円
3連単
9-1-10
235870円


Na031711a
Na031711b


馬連(1-11) 10290円
購入額 8万6000円 払戻金 10万2900円


そして、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」は5頭が馬券圏内を確保。↓の1頭では"それなり"の儲けが。先週の好調教馬たちも「3月攻勢」を維持して「大台(40勝)乗せ」を達成すなど近年稀に見る?大変優秀な成績を収めていましたので(少々偏りがありましたが。これについては明日にでも)、この週末は馬券の方で「再びの3月攻勢」を。

(日曜・阪神3R 3歳未勝利 2番 メイショウランセツ 2番人気 1着

Ha031702



単勝
2
680円
2人気
複勝
2
160円
3人気
5
500円
7人気
8
100円
1人気
馬連
2-5
12000円
枠連
2-5
12760円
馬単
2-5
28810円
3連複
2-5-8
2470円
3連単
2-5-8
54240円

Ha031703a


単勝 680円 複勝 160円 馬連(2-5) 12000円
購入額 4万8000円 払戻額 28万8000円



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年3月18日 (月)

A評価馬のワン・ツーで馬連万馬券(スプリングS)

【 「コラム推奨馬」は2重賞とも2着 】

日曜は中山で「スプリングS・GⅡ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが1番・ファンタジスト。

今回は2/13に外厩から戻り「栗・坂路」で乗り込まれた後、2/27にはいきなり「S評価 & 順位1位」となる高指数をマーク。次いで先週(3/6)が「S評価 & 順位1位」、そして、今週(3/13)がS評価 一歩手前の「A評価 & 順位1位」と苦もなく高指数を連発して超ハイレベルの「3週連続の好調教」。3歳の春にして「栗東の坂路王」を襲名した同馬が名手に導かれて初距離も克服し3つ目の勲章(重賞勝ち)を獲ると判断した次第。


1

レースでは、抜群のスタートを決めながらも直ちに折り合って中団に控えると、馬場の良い外へスムーズに進出。直線では差し切るかにも見えましたが、頭差及ばず2着。

そして、「相手候補」に指名したのは2番・クリノガウディーと3番・ユニコーンライオンの《90》超の高指数をマークしているA評価馬2頭でしたが、勝ったのは指名漏れとなったもう一頭のA評価馬だった9番・エメラルファイト。

2

レースでは、先行各馬を見ながらスムーズなレース運びで直線を迎えると、上がり3位タイの末脚で抜け出して見事に1着でゴール。

好調教馬同士の決着ながら本線で仕留めることができず痛恨の結果となった次第。


土曜の中山では「フラワーC・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのがエールヴォア。

2/14に関東の名門外厩(社台F山元TC)から戻り、「栗・坂路」で乗り込まれながら先々週と先週は「栗・CW」B評価 となる好指数をマーク。そして、今週は坂路で4F51.8-1F12.5と自己ベストを1秒短縮する好時計をマークし、指数は全てB評価 ながら「3週連続の好調教」。3ケ月ぶりの実戦となるが仕上りに関しては文句なく、力上位・実績上位(2勝馬は同馬を入れても3頭のみ)の同馬が初重賞制覇を飾るシーンに期待した次第。


3

レースでは、前走と一転して好位に控える競馬。直線では猛追して2着は確保したものの、快調に逃げた勝ち馬には遠く及ばず。

「相手候補」は2番・シャドウディーヴァ(T評価馬)、3番・エフティイーリス(B評価馬)、4番・コントラチェック(B評価馬)、10番・ランブリングアレー(T評価馬)の好調教馬4頭。

このうち、コントラチェックがスピードに任せて楽々逃げ切る完勝劇を披露。

4

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年3月14日 (木)

好調教馬+中内田厩舎=必勝??

【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がセブン-イレブンでも 】

Eps201605a


3月1日(金)からこれまでのローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクスに加えまして、セブンーイレブンでも設置されていますマルチコピー機を利用して「調教サイト 高中式」(PC版 携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。


Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



【 5冠王寸前(中内田厩舎) 】


Tk0309

先週の勝ち星数は
「35勝」。先々週に続く「大台(40勝)乗せ」はなりませんでしたが、先週の好調教馬たちも正に「3月攻勢」と言える大変優秀な成績を収め↑、目標として掲げている「30勝以上」2週連続してクリア。

そして、昨日のブログでも書きましたとおり先週は好調を持続する好調教馬たちの活躍により馬券の方でも
「1週遅れの3月攻勢」を達成することが出来ましたので、重賞レースが4つもあるこの週末でもこの"攻勢"を持続すべく、現在、調教データの作成から始まる一連の作業に注力しているところです。


さて、先週のブログでは「馬券検討に入る際はいの一番に?馬柱の中に同厩舎の名前が有るか否かをチャックです」と持ち上げた(失礼・笑)中内田厩舎ですが、先週も「金鯱賞・GⅡ」をダノンプレミアム号で制するなど4勝を挙げ、その勢いは止まりません。

それでもって先々週が終了した時点では「勝率・連対率・複勝率」の3部門でトップに立つ「3冠王」だった同厩舎が↓、

■ 2019年3月3日終了時点 ■

Nud20190303
先週終了時では「賞金獲得額」でもトップに立つと共に「勝利数」も第1位に1勝差まで迫る第2位に躍進して「5冠王寸前」へと。

■ 2019年3月10日終了時点 ■

Nud20190310
これまでは重賞勝ちのほとんどが2歳、3歳の限定戦だったこともあり「若駒や下級条件馬は活躍するけど、古馬勢は…」とのイメージがある中内田厩舎でしたが、今年は京都金杯・GⅢと金鯱賞を制し古馬勢もしっかりと活躍しておりますし、3歳勢に関しても変わることなく有力馬を多数抱えて「下から上まで満遍なく」となっていますので、これまでに増して同厩舎の管理馬には要注目です。




【 "お手馬"がS評価に届く可能性も(スプリングS) 】

今週は中山で皐月賞トライアルの「スプリングS・GⅡ」が行われます。

今年の注目は"お手馬"のファンタジスト。今週は例によって「栗・坂路」での最終追い切り。尚、基準となる今週の「20番時計」は4F51.0秒。基準を大きく上回る4F50.1秒に加えて、1F12.1秒も優秀。A評価 以上は確実で、S評価 に届く可能性も。朝日杯FS以来の実戦に向けて、好仕上がりを見せています。


ファンタジスト
栗・坂路 4F50.1-1F12.1 ⇒調教指数《??》・?評価


その他の関西馬ではユニコーンライオンが基準を上回る4F50.8秒をマーク。1F12.0秒も秀逸で、こちらもA評価 以上の可能性が濃厚。キャリアは浅いものの調教指数的には見所のある一頭。


タガノディアマンテ
栗・坂路 4F53.8-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価
モズベッロ
栗・坂路 4F52.6-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価
ユニコーンライオン
栗・坂路 4F50.8-1F12.0 ⇒調教指数《??》・?評価
リーガルメイン
栗・坂路 4F53.2-1F13.1 ⇒調教指数《??》・?評価
リバーシブルレーン
美・坂路 4F54.4-1F12.9 ⇒調教指数《??》・?評価
ロジャーバローズ
栗・坂路 4F53.5-1F12.2 ⇒調教指数《??》・?評価


その他は輸送を考慮してか、軽めの内容や終い重点の時計が並んでいますので、中間の調教指数をご確認下さいマセ。

尚、「スプリングS・GⅡ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年3月13日 (水)

"桁違い"の能力を発揮し、いざGⅠ獲りへ!(ダノンプレミアム)

1週遅れの3月攻勢 

先週の「コラム推奨馬」は次の3頭。

昨夜遅くに↓の映画出演されている方に関するビックリなニュースが飛び込んできましたので、本日のブログでは「この件についてよもやま話でも…」と考えながら事務所へ来てみると、明後日が申告期限である「例の件」で少々バタつく事態が発生していましたので(「間際になってトラブルが」と云う訳ではありませんが・泣)、このお話については"追って"と云うことで(汗)。

Or201710a

《土曜日》
Co0309

《日曜日》
Co0310

(土曜・中山11R 中山牝馬S・GⅢ 9番 ウラヌスチャーム 3番
人気 2着

スタート直後に隣の馬に思い切りぶつけられ後方2番手からの競馬となりましたが、直線に入ってスムーズに外へ持ち出されるとその後の伸び脚は鋭く(上がり最速タイ)、ゴール前で勝ち馬と叩き合いに。

結果は残念ながらハナ差及ばずの2着に敗れてしまいましたが、レースぶりは力のあることを示す見所タップリなものでしたので、次走こそは「最初から最後までスムーズな競馬」で待望の重賞初制覇を。

Na030911

単勝
7
1050円
5人気
複勝
7
320円
5人気
9
300円
4人気
4
650円
10人気
馬連
7-9
3920円
枠連
5-6
2760円
馬単
7-9
8180円
3連複
4-7-9
30730円
3連単
7-9-4
163380円

Na030911a

複勝 300円 馬連(7-9) 3920円
購入額 7万3000円 払戻金 12万9200円


(日曜・阪神11R フィリーズR・GⅡ 5番 アウィルアウェイ 1番人気 7着)

前日のブログで同馬について「攻め強化で自慢の末脚に磨きをかけ」と書いたところ、好スタートから逃げ馬をピッタリとマークして2番手を追走。

当日の馬場状態を考えると「これも有りかな!?」と自分で自分を納得させながらレースを見守りましたが、「前に壁がなく後ろからはつつかれ、いつも違う競馬で…」(鞍上の談)とのことで案の定?直線半ばで失速して7着敗退。

よって、特別な競馬?をした今回は「参考外」ですので、次走こそは「自慢の末脚を活かす競馬」で巻き返しを。

Ha031011

単勝
1
2060円
12人気
6
350円
3人気
複勝
1
940円
11人気
6
240円
3人気
15
330円
5人気
馬連
1-6
14320円
枠連
1-3
2530円
馬単
1-6
16610円
6-1
10640円
3連複
1-6-15
60300円
3連単
1-6-15
264800円
6-1-15
154980円

Ha031011a

購入額 6万9000円 払戻金 0円


(日曜・中京11R 金鯱賞・GⅡ 1番 ダノンプレミアム 2番人気 1着

9ケ月以上のブランクがありGⅠ馬4頭を含む初の古馬を相手にしたGⅡ戦となった今回は諸々の不安要素が考慮されての"1番人気ではなく2番人気"

ただ、"桁違い"の能力を誇る同馬を信頼に足りる敏腕厩舎(コチラの記事をご参照下さいマセ)がキッチリと仕上げていれば「何の問題もあれへん!」と推奨馬に指名したところ、攻め通り&実力通り&期待通りの走りを披露して完勝。

この勝利でもって昨年までの御難続きを払拭して「いざ、GⅠ獲りへ!」と云ったところですが、まだまだ爪の具合も完全でないとの話も聞き及んでいますので、今後については「2走目の反動」(2走目のポカ?)も考慮したうえで敏腕厩舎の判断に委ねたいところです(「大阪杯・GⅠをスキップして安田記念・GⅠへ」との話も出ていますが…)。

Cy0310111

Cy0310112

単勝
1
350円
2人気
複勝
1
160円
2人気
11
190円
4人気
8
130円
1人気
馬連
1-11
1700円
枠連
1-7
840円
馬単
1-11
2490円
3連複
1-8-11
1880円
3連単
1-11-8
11040円

Cy031011a

Cy031011b

単勝 350円 3連複(1-8-11) 1880円 馬連(1-11) 1700円
購入額 7万9000円 払戻金 20万1400円


そして、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」は8頭が馬券圏内を確保し、↓の5頭では"結構な払戻金と儲け"が。

先々週は好調教馬たちが「3月攻勢」をかけてくれたにも拘わらず、馬券の方ではそれに見合う結果を出せずに反省一頻りでしたが、先週はその馬券の方でも「一週遅れの3月攻勢」を達成。

なお、先週の好調教馬たちも先々週に負けず劣らずの大変優秀な成績を維持していますので(この件は明日にでも)、この週末も引き続き乞うご期待です!

(土曜・阪神10R うずしおS 9番 クイーンズベスト 5番人気 2着

Ha030910

単勝
7
4780円
10人気
複勝
7
1090円
10人気
9
220円
4人気
10
160円
2人気
馬連
7-9
16060円
枠連
6-7
2930円
馬単
7-9
30180円
3連複
7-9-10
16800円
3連単
7-9-10
215210円

Ha030910a

複勝 220円 馬連(7-9) 16060円
購入額 5万8500円 払戻額 36万5200円


(土曜・中山5R 3歳未勝利 5番 ランペドゥーザ 6番人気 1着

Na030905

単勝
5
1210円
6人気
複勝
5
230円
6人気
14
140円
2人気
11
140円
1人気
馬連
5-14
2260円
枠連
3-7
1400円
馬単
5-14
5610円
3連複
5-11-14
1550円
3連単
5-14-11
15660円


Na030905a

単勝 1210円 複勝 230円 馬連(5-14) 2260円
購入額 5万5000円 払戻額 31万0600円


(土曜・中山6R 3歳500万下 14番 キタイ 4番人気 2着

Na030906

単勝
2
18220円
13人気
複勝
2
3380円
13人気
14
230円
4人気
10
130円
1人気
馬連
2-14
94850円
枠連
2-8
5200円
馬単
2-14
121230円
3連複
2-10-14
61440円
3連単
2-14-10
1051560円



Na031006a_2

複勝 230円 馬連(2-14) 94850円
購入額 5万3000円 払戻額 99万4500円


(土曜・中京10R フローラルウォーク賞 9番 ミッキースピリット 2番人気 3着

Cy030910

単勝
1
630円
3人気
複勝
1
240円
4人気
3
480円
8人気
9
180円
2人気
馬連
1-3
6400円
枠連
1-3
8260円
馬単
1-3
8750円
3連複
1-3-9
9160円
3連単
1-3-9
57600円

Cy030910a

3連複(1-3-9) 9160円
購入額 5万9000円 払戻額 9万16000円


(日曜・中山6R 3歳500万下 10番 ザダル 5番人気 1着

Na031006

単勝
10
900円
5人気
複勝
10
170円
5人気
2
150円
3人気
7
110円
1人気
馬連
2-10
1950円
枠連
2-8
1540円
馬単
10-2
4510円
3連複
2-7-10
1310円
3連単
10-2-7
13560円

Na031006a

Na031006b

単勝 900円 複勝 170円 馬連(2-10) 1950円
購入額 5万6500円 払戻額 26万2750円




「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年3月11日 (月)

土日ともに重賞の「コラム推奨馬」が好走

【 金鯱賞が1着、中山牝馬Sが2着 】

日曜の中京では「金鯱賞・GⅡ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのがダノンプレミアム。

久々の実戦となる今回は1月に入り「栗・坂路」での乗り込みに続いて、2月半ばからは「栗・CW」での追い切りをこなし、2週前・1週前と「A評価順位1位」→「A評価順位2位」と高指数を連発して臨戦態勢に抜かりなしと判断できた次第。

Photo

レースでは、スタートを決めると逃げ馬をやり過ごして好位内の絶好位を確保。そして、直線半ばで抜け出すとあっさりと後続を突き放して、最後は鞍上が振り返る余裕を見せる完勝劇。

そして、「相手候補」の1頭が11番・リスグラシュー。今回は「栗・坂路」で1週前・当週と立て続けにA評価をマークして「2週連続好調教」に該当。


Photo_2

レースでは、スタートこそ出遅れたものの徐々に挽回して中団を追走。直線では鋭い末脚を繰り出して2着に浮上。結果として、本線で的中することができた次第。


土曜の中山では「中山牝馬S・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのがウラヌスチャーム。

今回は厩舎に残り、「美・坂路」でじっくりと乗り込まれながら追い切りは「美・南W」で速い時計を三本。そして、1週前のB評価に続いて当週には「A評価順位4位となる高指数を叩き出してメンバー中、唯一の「2週連続好調教」に該当。初重賞制覇に期待した次第。


Photo_5

レースでは、最後方付近から進出しての末脚勝負。ゴール前では際どく迫ったものの、惜しくもハナ差に泣く2着。


Photo_6

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年3月 7日 (木)

昨秋を充電に充てた効果は絶大(金鯱賞)

【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がセブン-イレブンでも 】

Eps201605a


3月1日(金)からこれまでのローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクスに加えまして、セブンーイレブンでも設置されていますマルチコピー機を利用して「調教サイト 高中式」(PC版 携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。


Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f




【 「3月攻勢」で「大台(40勝)乗せ」 】


Tk0302

先週の勝ち星数は
「41勝」と、「大台(40勝)乗せ」で2週続きの「30勝割れ」を払拭。

そして、好調教馬たちは事前の予告通り「3月攻勢」でもって勝率、連対率、複勝率のいずれでも優秀な成績な成績を収め、取り分けA評価馬は単勝回収率が「268.68%」、複勝回収率が「134.5%」と共に100%を大幅に超える活躍を見せてくれましたが、昨日のブログで反省の弁を述べましたとおり先週はこれを馬券の方へ十分に反映させることが出来ませんでしたので、この週末は好調教馬たちの頑張りをキッチリと馬券へ結びつけて「一週遅れの3月攻勢」を達成したいと存じます(←来週から「送別会」等々で物入りなことが続きますので・汗)。

さて、今年の入って早2ケ月が経過しましたが、調教師部門のリーディング争いは↓のとおりとなっており、先月に続き安田隆行厩舎池江厩舎中内田厩舎藤原英昭厩舎が「勝利数・勝率・連対率・複勝率・賞金獲得額」の5部門でおいて全て「ベスト10入り」を果たす優秀な成績を持続させています(緑色で表示している厩舎)

■ 2019年2月3日終了時点 ■

Ttop1020190203
■ 2019年3月3日終了時点 ■

Ttop1020190303_2

その中でも中内田厩舎は勝率が「32.5%」(=約3頭に1頭が勝利)と第2位の池江厩舎(26.4%)を6%以上も上回る高率をマークしており、また、今年に入ってから既に重賞2勝と賞金獲得額でも「第4位」(昨年は「第12位」とベスト10入りならず)につけるなど期待通り?の活躍を見せておりますので、馬券検討に入る際はいの一番に?馬柱の中に同厩舎の名前が有るか否かをチャックです!




【 人気馬の多くは初戦から仕上がり良好(金鯱賞) 】

今週は中京で豪華メンバーが集う「金鯱賞・GⅡ」が行われます。

「栗・CW」組ではダービー以来の実戦となるダノンプレミアムが最終追い切り。1F11秒前半は秀逸ですが、5F69秒前半が示すように全体としては軽めの内容。ただし、1週前に A評価 の高指数を記録。今週は最終調整程度でしたが、態勢は整っている模様。


ダノンプレミアム
(1週前)
栗・CW 6F81秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《92》・A評価
(当週)
栗・CW 5F69秒前半-1F11秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


ペルシアンナイトは1週前に「栗・CW」B評価 に該当。そして、今週も同コースでの最終追い切り。1週前に比べると6F・1Fともに劣りますが、今週の馬場状態は「稍重」。「2週連続好調教」に該当する可能性もありますので、ご確認下さいマセ。


ペルシアンナイト
(1週前)
栗・CW 6F82秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《82》・B評価
(当週)
栗・CW 6F83秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


その他の「栗・CW」組ではエアウィンザーが人気となる一頭。ただし、5F71秒後半が示すとおり今週は軽めの内容。1週前までの調教指数を参考に仕上がりを判断。

ギベオンは基準を上回る6F80秒前半の好タイムをマーク。さらに1F11秒後半も優秀で、好調教馬に該当は確実。A評価 以上に届くかどうか、注目している次第。

ムイトオブリガードもほぼ同水準の6F・1Fを記録しており、状態そのものは良好。他馬との比較次第では穴で一考も。


エアウィンザー
栗・CW 5F71秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
ギベオン
栗・CW 6F80秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
ムイトオブリガード
栗・CW 6F80秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価


GⅠ馬・GⅠ連対馬が多く集まる一戦ですが、その多くが休み明けであり海外帰りとなる馬も。仕上がりが重要となりますので、中間の調教指数を併せてご確認下さいマセ。


尚、「金鯱賞・GⅡ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年3月 6日 (水)

慌てることなく先を見据え(ドナウデルタ)

「相手候補」たちが馬券圏内を賑わすも 

先週の「コラム推奨馬」は次の2頭。

先般、東京で手足を縛られたままの姿で高齢の女性が死亡していたと云う痛ましい事件がありましたが(ご冥福をお祈り申し上げます)、これは「アポ電強盗」と呼ばれる新たな手口の犯罪によるものであり、同様の事件が相次いでいるとのこと。

そして、冒頭の事件ではこれに「殺人」が加わる訳ですが、強盗一味にとってこの殺人は当初から予定したものでなくあくまでも狙いは金銭であり、事前に電話でもって被害者へ現金の有無等を聞き出していることから「オレオレ詐欺」や「振込詐欺」から派生(進化?)したものだと云われています。

ただ、「詐欺」「強盗」は全く別物(べつもの)であってこれを同列視するかのような報道には???と云ったところですが、どちらもまずは「犯人が被害者へ電話をかけてくる」と云う点は同じですので、兎にも角にも「不審な電話がかかってきたら要注意」と云うことでしょう。

ちなみにこの手の話にやたらと詳しい自称・裏事情通の知人によれば強盗でなく詐欺の方は「その手口が事ある毎に高度なものへと進化を遂げている」とのことであり、その首謀者たち(企画・立案・必要資金の調達等はするが決して実行犯には加わることなく後ろに身を潜めている者=そうすることにより犯罪が発覚しても警察に逮捕されることはない)は莫大な儲けを手にし、「今、新地のクラブで一番羽振りよく飲んでるのはその手の連中や」とまで誠しやかに囁かれているほど(ホンマかいな!?)。

そして、その裏事情通氏曰く「(詐欺を)他人事のように思てたらアカンで」とのことですので、「オレはそんなアホな詐欺にはひっかかれへんわぁ」と豪語されている方もご用心あれ(←仮にご自分が大丈夫であってもご両親やご家族の方が詐欺犯たちの"的"にされるケースもありますので)。

《土曜日》
Co0302

《日曜日》
Co0303
(土曜・阪神11R チューリップ賞・GⅡ 12番 ドナウデルタ 6番人気 4着)

抜群の手応えから勢いよく先頭に立った時は「楽勝や!」と思ったくらいでしたが、「坂の上りで苦しくなった」(鞍上の談)とのことで2歳女王にアッサリと交わされた後、更に「2着は確保」との勝手な安堵を嘲笑うかの如くゴール前で2着馬、3着馬に差されて4着敗退。

今回は前走時から「-12kg」(デビュー以来、自己最低体重を記録)とハードな攻めによりシャープになった分、パワーや持続力を欠き「坂の上で…」との鞍上のコメント↑に繋がったように思えますので、ここは慌てることなく馬体の成長を促すことにより先(秋?)を見据えて貰いたいところです(←「3着以内」を逃したことで桜花賞出走も厳しくなりましたので)。

なお、相手候補筆頭の1番・ダノンファンタジーが女王の貫禄を示して完勝し、相手候補の1頭である13番・シゲルピンクダイヤが2着を確保しただけに馬券的には痛恨。

Ha030211

単勝
1
130円
1人気
複勝
1
110円
1人気
13
290円
5人気
7
320円
6人気
馬連
1-13
1080円
枠連
1-8
620円
馬単
1-13
1310円
3連複
1-7-13
4330円
3連単
1-13-7
10890円


Ha030211a

購入額 8万1000円 払戻金 0円


(日曜・阪神11R 弥生賞・GⅡ 2番 ニシノデイジー 1番人気 4着)

クラシック本番(皐月賞→ダービー)ではサートゥルナーリアを筆頭とするノー○ン系の良血馬たちが集結することもあり、追い切りで自己ベストを更新する高指数を叩き出しのは失礼ながら「同馬にとってはここが本番」と読んで推奨馬へ。

しかも雨でシブった馬場がハービンジャー産駒の同馬に大いに味方するものと思えましたし、更に勝負所ではうまく前が開いて最高の形(距離ロスもなく)で追い出されたのですが、そこからの伸びを欠いて4着を死守するのが精一杯。

朝方から降り続いた雨が前日までの状況を一変させ、馬場の内目が著しく悪化していたのかも知れませんが(上位3頭が外目を通っていることもあり)、このメンバーの中にあっては重賞2勝馬(+GⅠ3着)の同馬は格上的存在だっただけに今回のレースぶりからは暫く様子見が正解。

なお、前日↑に続きここでも相手候補に取り上げた10番・メイショウテンゲン(8番人気)が勝利し、8番・ブレイキングドーン(4番人気)が3着と人気薄の2頭が馬券圏内を賑わしてくれたのですが…。

Na030311

単勝
10
3910円
8人気
複勝
10
780円
8人気
5
600円
6人気
8
250円
4人気
馬連
5-10
32600円
枠連
5-8
14470円
馬単
10-5
69140円
3連複
5-8-10
38960円
3連単
10-5-8
457370円


Na030311a

Na030311b

購入額 7万3500円 払戻金 0円


そして、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」では↓の2頭が勝利したものの好調教馬たちが事前の予告通り?「3月攻勢」をかけてくれたにも拘わらず(この件については明日にでも)、馬券の方ではそれに見合う結果を出せませんでしたので(反省)、この週末では(馬券の方で)「一週遅れの3月攻勢」を実現すべくデータ作成から始まる一連の作業に注力している次第です。

(土曜・中山12R 4歳上1000万下 11番 テーオージーニアス 1番人気 1着

Na030212

単勝
4
280円
1人気
複勝
4
140円
1人気
5
160円
2人気
3
210円
4人気
馬連
4-5
960円
枠連
2-3
460円
馬単
4-5
1860円
3連複
3-4-5
2100円
3連単
4-5-3
8810円


Na030212a

単勝 280円 馬連(4-5) 960円
購入額 5万7000円 払戻額 9万3600円

※ 6号馬が競走除外につき計2千円の返還有り。


(日曜・小倉11R 太宰府特別 11番 カレンシリエージョ 5番人気 1着

Ko030311

単勝
11
810円
5人気
複勝
11
290円
5人気
10
270円
3人気
9
470円
8人気
馬連
10-11
2700円
枠連
6-6
3260円
馬単
11-10
5030円
3連複
9-10-11
11960円
3連単
11-10-9
56040円


Ko030311a

単勝 810円 複勝 290円 馬連(10-11) 2700円
購入額 5万4000円 払戻額 24万7000円



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年3月 4日 (月)

大きなアタマ差(弥生賞)

【 回顧 】


日曜は中山で「弥生賞・GⅡ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのがニシノデイジー。
今回は1月末に帰厩し、「美・坂路」で入念に乗り込み。レース前の3週は「美・南W」で追い切りをこなし、1週前には「A評価&順位3位」となる高指数をマーク。ここは重賞2勝馬(+GⅠ3着)として実力・実績の違いを見せつけると判断した次第。

1




レースでは、好位の内を進んだものの道中は掛かり気味。そして、直線では伸びを欠いてしまい、外を通った差し馬に後れをとる4着に敗戦。

2




そして、「相手候補」に指名していたのが1番・ラストドラフト(B評価馬)、8番・ブレイキングドーン(B評価馬)、10番・メイショウテンゲン(A評価馬)の好調教馬3頭。

8番人気の低評価を覆して勝ったメイショウテンゲンを指名していただけに、3・4着争いの頭アタマ差は大きなものに…。


一方、土曜の阪神では「チューリップ賞・GⅡ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのがドナウデルタ。今回は、「栗・坂路」で当週に自己ベストとなる好時計を叩き出し、「2週連続の好調教」A評価×2)に該当。ハードな攻めにより、良血馬の才能が開花するシーンに期待した次第。

3



レースでは、攻めの勢いを見せるかのように力強く抜け出した同馬でしたが、やや抜け出すの早かったのか、相次いで後続に捕まってしまい惜しくも4着に敗戦。


勝ったダノンファンタジーは当週に「栗・CW」で《88》・A評価 をマーク。2歳女王が春の大一番に向けて好発進を決めました。

また、2着のシゲルピンクダイヤも久々の実戦となった今回はA評価に該当していた1頭で、結果はA評価馬のワン・ツー。

4




馬券の詳細に関しては週中にでも。

| | コメント (0)


2019年2月28日 (木)

全部門で「右肩上り」を目指して

【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がセブン-イレブンでも 】


Eps201605a

3月1日(金)からこれまでのローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクスに加えまして、セブンーイレブンでも設置されていますマルチコピー機を利用して「調教サイト 高中式」(PC版 携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。

Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



【 A評価馬&B評価の単勝回収率は100%超え 】

Tk0223

先週の勝ち星数は
「29勝」と、先々週に次いで2週連続して目標「30勝以上」をクリアすることが出来ませんでした。

昨日のブログでもネタをふりましたとおり2月に入ってから勝ち切れずに2、3着止りに終わる好調教馬が多く、先月末時点の実績と比較すると勝利数で「2勝」、勝率で「0.7%」のダウン↓。

ただ、その分、連対率と複勝率は先月末を上回る数字をマークし多くの好調教馬たちが馬券圏内を賑わせてくれていましたし、また、勝率についても昨年実績を上回る数字をキープしていますので↓、この"2週連続の30勝割れ""勝率の低下"は一過性のものと思料されます(=調教データ自体に何らかの"異変"が生じてた訳でなく)。

よって、この週末から登場する好調教馬たちには早速の「3月攻勢」でもって、月末には4部門全て(勝利数・勝率・連対率・複勝率))において「右肩上り達成」を目指して貰うことにいたしましょう。

■ 2019年1月27日終了時点 ■

Tds20190127

■ 2019年2月24日終了時点 ■

Tds20190224



【 輸送を控えてか関西勢は全体的に軽め(弥生賞) 】

今週は中山で皐月賞トライアルの要衝である「弥生賞・GⅡ」が行われます。

「栗・坂路」組では朝日杯FSの2着馬クリノガウディーが追い切り。4F52.2秒は基準を下回っており、1F12.6秒もまずまずといった程度。中間の調教指数も併せてご確認下さい。


クリノガウディー
栗・坂路 4F52.2-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価


「栗・CW」組ではブレイキングドーンがメンバー中で最速の6F81秒前半をマーク。ただし、1F13秒前半は平凡。ヴァンケドミンゴは1F11秒後半こそ優秀ですが、6F85秒後半が示すとおり終い重点の内容。

総合的に判断すると、1Fが11秒後半の好タイムで6Fも83秒後半でまとめたカントルが、3頭の中では最も高い調教指数になる可能性があります。


ヴァンケドミンゴ
栗・CW 6F85秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
カントル
栗・CW 6F83秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
ブレイキングドーン
栗・CW 6F81秒前半-1F13秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


メイショウテンゲンは「栗・CW」で1週前に A評価 となる指数をマーク。そして、今週は6F82秒前半とまずまずの時計に加えて、1F12秒前半も上々。今週もB評価以上となって「2週連続の好調教」に該当するようなら穴で一考も。


メイショウテンゲン
(1週前)
栗・CW 6F81秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《88》・
A評価
(当週)

栗・CW 6F82秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


関西馬は初の長距離輸送を控えている馬もいて、全体的に軽めの印象も。中間の調教指数も併せてご確認下さいマセ。

尚、「弥生賞・GⅡ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年2月27日 (水)

7歳牝馬と思えぬ攻めとレースぶり(レッツゴードンキ)

諸々のことがスタートする月替りで好調教馬たちも気分一新!? 

先週の「コラム推奨馬」は次の2頭。

ここ数週間、世間から隔離された状況にあったこともありますが、知らぬ間に?本日と明日、昨年に続いて2回目となる米朝の首脳会談がベトナムで開催されます。

そして、当方が一段落したのを見計らったかのように自称・政治評論家の○○さんから電話があったのですが、親・安部派の筆頭格である彼には会談そのものよりもこの件で日本(安倍首相)が蚊帳の外に置かれていることが気にくわない模様。

○○さんにとっては徴○工の判決やレーダー照射の件等々で隣国からやりたい放題・言いたい放題にされているにも拘わらずキチッとした対応ができず、また、親密な関係にあると一方的に?思っている某大統領からも「シンゾーからノーベル平和賞候補に推薦された」とリーク(=「アイツやったら名前を出しても怒りもでけへんやろ」とコケにされたようなもの)されるなど一国一城の主としての威厳が急速に失われつつあることが耐え難いようであり、「アベちゃんのことをとやかく云う連中がおってもこれまでやったら『他に変わるモンがおるんかぁ!?』の一言で一蹴できたけど、この頃はそれもなぁ・・・」とのこと。

彼以外でも「野党は勿論のこと、自○党内でも今のアベちゃんに取って代われる者はいない」との決め台詞を伝家の宝刀如くに使う人は結構いましたが、どうやらその宝刀も錆び付いてきたみたいです。

よって、そうし現状も踏まえて今後の政局が少々バタついてきましたが(4月には統一地方選、7月には参議院選があり)、それよりも当方にとって気が気でないのがこの10月の実施が決まってる消費税の増税(何せ今年の確定申告ではこの消費税の会計処理を巡ってエラい目に遭いましたので・泣)。

と云うのはこれまで2回に亘って実施が延期されてきた故に今回の増税は確実視されてきましたが、ここに来て「3度目の延期の可能性が…」との噂をチラホラと耳にするようなったから。

勿論、増税による支出増も大変痛いものがありますが、それ以上に期中での税率変更は会計処理を更に煩雑にさせ、来年の確定申告では今年以上に苦労をさせられることは必至ですので、この件に関してだけ?は諸先生方のお話にしっかりと耳を傾けながら朗報(=3度目の延期)を期待したいと存じます。

《土曜日》
Co0223

《日曜日》
Co0224

(土曜・小倉11R 周防灘特別 4番 メジャーレート 3番人気 4着)

飛び上がるようにゲートを出て「2、3番手から競馬をしようと思っていましたが、後ろからの競馬になってしまいました」(鞍上の談)とのことで、「上り3F」でメンバー中、最速の末脚を繰り出すも4着止まり。

これで2走続けて同じパターンで敗れていますので、次走は「ゲートの出(で)」に細心の注意を払い稽古通り、力通りの走りでもってキッチリと巻き返しを。

Ko022311

単勝
1
1850円
8人気
複勝
1
420円
9人気
3
150円
1人気
8
210円
3人気
馬連
1-3
2570円
枠連
1-2
1180円
馬単
1-3
6680円
3連複
1-3-8
4630円
3連単
1-3-8
31340円


Ko022311a

購入額 7万6000円 払戻金 0円


(日曜・阪神11R 阪急杯・GⅢ 1番 レッツゴードンキ 4番人気 2着

「内回りで最内枠が仇になり…」を最も危惧していたのですが、好スタートから絶好位をキープした時点で「後は直線半ばで前を交わすだけや!」とほくそ笑んだ当方。

そして、実際にその通りの展開となったのですが、逃げる14番・ダイアナヘイローを交わし去った次の瞬間、当方の視野の右端から勝ち馬が"ブッ飛んで来て"(鞍上の談)残念ながらの2着

ここで約2年ぶりの勝利を収め、次走に予定している「高松宮記念・GⅠ」で2つ目の勲章を目指したかったところですが、攻めの動きやレースぶりには7歳牝馬と思えぬものがありますので、混迷を極まるスプリント界の中にあって引き続き注目に値する1頭です(←後塵を拝してスマートオーディンが別路線を歩むこともありますので)。

Ha0224111

Ha0224112

単勝
17
3230円
11人気
複勝
17
790円
12人気
1
230円
2人気
3
240円
3人気
馬連
1-17
13100円
枠連
1-8
1040円
馬単
17-1
28580円
3連複
1-3-17
21950円
3連単
17-1-3
207070円

Ha022411a

Ha022411b

複勝 230円 3連複(1-3-17) 21950円 馬連(1-17) 13100円
購入額 7万9500円 払戻金 28万6750円


そして、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」は5頭が馬券圏内を確保し、↓の2頭では"それなり"の払戻金が。

ただ、2月に入ってから多くの好調教馬たちが馬券圏内を賑わしてくれた反面、勝ち切れずに2、3着止まりに終わる馬も目立ち(この件は明日にでも)、馬券的にもフラストレーションを募らせましたので(取りガミも多く・汗)、月替わりとなり諸々のこと(新人ジョッキーたちがデビューし、菜七子ちゃんの斤量が…)がスタートするこの週末からは好調教馬たちも気分を新たにして(先般も発破をかけたとおり)「勝ち味の遅さ」を払拭して貰うことにいたしましょう。

(土曜・阪神1R 3歳未勝利 11番 ピアシック 1番人気 1着

Ha022301

単勝
11
310円
1人気
複勝
11
130円
2人気
8
120円
1人気
9
150円
3人気
馬連
8-11
590円
枠連
4-6
520円
馬単
11-8
1000円
3連複
8-9-11
930円
3連単
11-8-9
3580円


Ha022301a

単勝 310円 馬連(8-11) 590円
購入額 5万5000円 払戻額 12万9900円


(土曜・阪神12R 4歳上1000万下 6番 メイショウオーパス 5番人気 1着

Ha022312

単勝
6
890円
5人気
複勝
6
240円
5人気
10
180円
3人気
8
140円
1人気
馬連
6-10
3460円
枠連
6-8
950円
馬単
6-10
7060円
3連複
6-8-10
3200円
3連単
6-10-8
28000円


Ha022312a

単勝 890円 複勝 240円 馬連(6-10) 3460円
購入額 5万5000円 払戻額 27万7900円



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年2月21日 (木)

新興勢力の勢いに屈するも(ゴールドドリーム)

「2着に惜敗」×2(先週の推奨馬) 

遅々として進まぬ「例の件」の影響により先の土曜日はやむなく「在・事務所競馬」となりましたが、そこで思わぬ「落とし穴」(売上高の関係上、今年度から消費税の会計処理が…)にはまってしまった当方。

そして、その"穴"が予想以上に深く(そこから派生して別の問題も生じて・涙)、当初は「地元・阪神開催がスタートする前にケリにつけ(=申告をお願いしている税理士先生へ資料一切を持ち込んで)、スッキリした気分で競馬場へ」と考えていたところが、先週に続きこの土曜日も「在・事務所競馬」とせざるを得ない事態に(←よって、これまた先週に続き回顧記事が簡素になりますことをご容赦をば。併せまして税理士先生には深くお詫び申し上げます・汗)。

ただ、先週末は2着に惜敗したものの推奨馬2頭が共にゴール前で接戦を演じる様子に、取り分け新興勢力の最右翼であったインティの一人旅を許すまじと唯1頭だけ異次元?の末脚を繰り出して勝ち馬にクビ差まで詰め寄ったゴールドドリームの鬼気迫る走りにはアドレナリンが随分と放出されましたので(勿論、勝っていればその倍以上は放出されたでしょうが・泣笑)、週が明けからの"連日の午前様"も元気に凌いでいる次第です。

(土曜・京都11R 京都牝馬S・GⅢ 15番 リナーテ 7番人気 2着

Co0216

Ky021611

Ky021611a

複勝 460円 馬連(10-15) 20300円
購入額 7万6000円 払戻金 34万1000円


(日曜・東京11R フェブラリーS・GⅠ 3番 ゴールドドリーム 2番人気 2着

Co0217

To021711

To021711a

To021711b

馬連 430円 3連複(2-3-6) 2310円
購入額 7万3000円 払戻金 2万7400円




【 目標は達成できずも多くが馬券圏内を賑わし 】

Tk0216

先週の勝ち星数は「29勝」と、残念ながら目標「30勝以上」を達成出来ず。

好調教馬の出走頭数が「239頭」と著しく少なかった3週前は兎も角(この3年の平均出走頭数は「310頭」)、先々週は「274頭」、先週は「297頭」と出走頭数が"それなり"であったにも拘わらず勝ち星数が伸び悩んでいますが(=勝率が今月に入って若干低下)、連対率と複勝率に関しては昨年実績を共に2%以上も上回る高率を維持し、多くの好調教馬たちが馬券圏内を賑わしてくれていますので、この週末に登場する好調教馬たちにはこのところの"勝ち味の遅さ"を払拭し勝ち星を量産するよう(データ上からですが)発破をかけておくことにいたしましょう。




【 GⅠウィナーの関西勢が好仕上がり(中山記念) 】

今週は中山で豪華メンバーが集うGⅡ、「中山記念・GⅡ」が行われます。

今年の注目はスワーヴリチャード。今回は「栗・CW」での1週前にB評価 に該当。そして、今週も同コースでの追い切り。「2週連続好調教」に該当するかご注目下さいマセ。


スワーヴリチャード
(1週前)
栗・CW 6F83秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《80》・B評価
(当週)
栗・CW 6F83秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


皐月賞馬エポカドーロは「栗・CW」での最終追い切り。1F11秒後半は優秀ですが、5F85秒後半が示すとおり今週はは終い重点で軽めの内容。ただし、1週前に同コースで B評価 をマーク.。態勢は整っている様子。


エポカドーロ
(1週前)
栗・CW 6F81秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《84》・B評価
(当週)
栗・CW 5F85秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価


ラッキーライラックは1週前に《92》・A評価 の高指数をマーク。そして、今週は「栗・坂路」での追い切り。尚、基準となる今週の「20番時計」は4F51.7秒。基準を上回る4F50.8秒をマークしており、「2週連続好調教」に該当は確実。今週もA評価 以上となるか、注目している次第。


ラッキーライラック
(1週前)
栗・CW 6F79秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《92》・A評価
(当週)
栗・坂路 4F50.8-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価


関西ではGⅠ馬が好仕上がりをアピール。豪華メンバーが集い取捨が重要な一戦になることは間違いなし。対する関東馬の仕上がりは?

尚、「中山記念・GⅡ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃からPC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年2月18日 (月)

儲けはフェブラリーS<京都牝馬S

【 S評価馬が7番人気で2着(京都牝馬S) 】


日曜は東京で今年最初のビッグレース、「フェブラリーS・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが3番ゴールドドリーム。

今回は1/23に名門外厩(ノーザンFしがらき)から戻り、1/30には「栗・坂路」B評価となる指数をマーク。そして、先週は「栗・CW」、次いで今週は再び「栗・坂路」に戻ってA評価となる好指数を連発して「3週連続の好調教」。新興勢力(6番・インティ、11番・コパノキッキング、14番・オメガパヒューム)の台頭も著しいが、ここに狙いを定めてキッチリと仕上げられた一昨年のダート王が3つ目の勲章を奪取し威厳を示すと判断した次第。

2




レースでは、不安定なスタートもそれなりにクリアして好位馬群の中を追走。直線で外に出すと、逃げ込みを図る一番人気馬との決定的な差を、クビ差まで詰め寄ったものの惜しくも2着まで。

そして、「相手候補」の1頭が2番ユラノト。

今回は中2週にもかかわらず、「栗・坂路」で1週前・2週前と立て続けにA評価となる好指数をマークして「2週連続の好調教」に該当。

1




レースでは、前走と同様に好位内を進むと、直線でもジリジリと伸びて3着を確保。馬券の方は単勝こそ獲り逃してしまったものの、3連複を本線で的中。


一方、土曜は京都で「京都牝馬S・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが15番・リナーテ。

3




今回は1/17に外厩から戻り、「栗・坂路」での乗り込みは入念。そして、1週前にA評価となる好指数をマークしたのに次ぎ、当週は4F50.4-1F12.0と自己ベストを更新する好時計を叩き出し、指数の方は自身初となるS評価順位1位)をマーク。

2走前から攻めの動きが格段に良化した同馬が、その後も止まることなく上昇一途。良血馬(半兄にはサトノダイヤモンド)が「4千勝ジョッキー」に導かれて重賞初制覇を達成するシーンに期待した次第。


4



レースでは、中団外を進んでの直線勝負。期待通りの末脚を発揮して伸びてきた姿は、完璧に突き抜けたと思わせたものの、内を伸びた伏兵デアレガーロに及ばずこちらも惜しい2着。

尚、勝ったデアレガーロは当週に「美・南W」B評価 をマーク。そして、3着に粘ったアマルフィコーストは13番人気の低評価ながら、今回は1週前に「栗・CW」A評価 を、そして当週には「栗・坂路」B評価 をマークして「2週連続の好調教」に該当。

3連複28万馬券、3連単153万馬券の特大波乱となったものの、終わってみれば好調教馬によるワン・ツー・スリー。


馬券の詳細に関しては週中にでも。


| | コメント (0)


2019年2月14日 (木)

一昨年の勝ち馬ゴールドドリームが好ムード(フェブラリーS)

【 今年のGⅠ初戦は好調・A評価馬で! 】

Tk0209

先週の勝ち星数は
「32勝」。先々週は好調教馬の出走頭数が著しく少なかったことにより(この3年の平均出走頭数が「310頭」のところ先々週は「239頭」)、目標として掲げている「30勝以上」を達成出来ませんでしたが、先週はその出走頭数も「274頭」と"それなり"だったことで「30勝以上」に関しては無事にクリア。

そして、今週は馬場状態がよほど良かったのか栗東・坂路で好時計・好指数をマークしている馬が先週以上に多数おり、それに伴いこの週末に登場する好調教馬も大幅に増加することでしょうから更なる勝ち星の量産が大いに見込める次第。

ところで、第2週目以降(1/12・1/13・1/14~)のことながら今年に入りA評価馬が好調を持続し、その勝率は「15.0%→26.4%→17.9%→14.6%→21.9%20%超(=5頭に1頭以上が勝利)を2回マークするなど高率を維持。また、この間の単勝回収率も「134.3%→205.7%191.0%41.7%→132.8%」と5週のうち4週で100%超

そして、今年のGⅠ初戦となる「フェブラリーS」にも馬券的に食指が動くA評価馬が数頭出走していますが、何事も最初が肝心ですので、まずは彼らの活躍でもって「始め良ければ終わり良し」を目指すことにいたしましょう!




【 一昨年の勝ち馬が「2週連続好調教」に該当??(フェブラリーS) 】

今週は東京で今年最初の大レース、「フェブラリーS・GⅠ」が行われます。

今年、注目を集めるのは6連勝中のインティ。今週は「栗・坂路」での追い切り。尚、基準となる今週の「20番時計」は4F51.1秒。1F12.1秒こそ優秀ですが、4F53.0秒が示すように終い重点の内容。1週前までの調教指数を参考に仕上がりを判断する必要あり。


インティ
栗・坂路 4F53.0-1F12.1 ⇒調教指数《??》・?評価


ゴールドドリームは一昨年の勝ち馬にして昨年の2着馬。今回は1週前に「栗・CW」で1F12秒前半の好タイムでもって《86》・A評価 に該当。そして、今週は「栗・坂路」で追い切って、4F52.1秒は基準を下回っていますが、1F12.0秒は秀逸。よって、「2週連続好調教」に該当する可能性も大いにあり。


ゴールドドリーム
(1週前)
栗・CW 6F82秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《86》・A評価
(当週)
栗・坂路 4F52.1-1F12.0 ⇒調教指数《??》・?評価


藤田菜七子騎手とのコンビが話題となっているコパノキッキングは「栗・CW」での5F追い切り。前走から間隔が詰まっておりますので、好調教馬に該当するかご注目下さいマセ。


コパノキッキング
栗・CW 5F66秒前半-1F13秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


尚、「フェブラリーS・GⅠ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。




【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がコンビニでも 】


Eps201605a

コンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス)に設置されています
マルチコピー機を利用いたしまして「調教サイト 高中式」(PC版 携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。

Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年2月13日 (水)

重賞制覇を手土産に「桜」獲りへ(クロノジェネシス)

気になるニュースも飛び込んできましたが 

↓のように色々なニュースが飛び込んできた昨日。

① JRAは今度における新規騎手免許の合格者8名を発表し(免許交付は3月1日付)、その中にはこれまで海外や地方で腕を磨き、6度目の挑戦で念願の合格を果たした藤井勘一郎騎手(年齢は35歳とのこと)も。「ここがゴールではない」と決意を新たにする同ジョッキーの今後に注目です。
② 範囲限定ながら当方がファンである旨を公言していた競泳の池江璃花子選手が白血病と診断されたことを公表。兎にも角にも今後は治療に専念され、いつの日か(=焦ることなく)「さらに強くなった池江璃花子の姿」(ご本人のコメント)が見られることを唯々願うばかりです。
③ 傍目からは「コーチと共に『二人三脚』で頂点へ」と思われていたテニスの大坂なおみ選手がそのコーチとの契約を解消。
④ 昨年のセレクトセールで高額馬を相次いで購入したことにより競馬界でも一躍名をはせることになった「青○王子」氏(勿論、俗称です)が約1億8千万円の脱税容疑で逮捕。

そして、当方と云えば降雪による「開催中止→代替競馬」が最小限の被害で止まったことに安堵したのも束の間、スタッフ(競馬関係外)にご不幸があり(御母堂様がご逝去・合掌)、その影響により再び諸々の予定を大幅に変更せざるを得ないことに。

よって、それぞれのニュース↑を気にしつつも遅々として進まぬ「例の件」焦燥感を通り越して危機感すら感じる事態に陥っておりますので(更にこの週末には今年のGⅠ戦線が開幕すると云うのに)、先週の回顧記事が簡素になりますことをご容赦下さいませ。


■ コラム推奨馬 ■

(日曜・京都11R 京都記念・GⅡ 11番 タイムフライヤー 5番人気 8着)

Co0210

Ky021011

単勝
8
850円
6人気
複勝
8
220円
6人気
10
140円
1人気
12
180円
4人気
馬連
8-10
1510円
枠連
6-7
610円
馬単
8-10
3540円
3連複
8-10-12
2190円
3連単
8-10-12
17060円

Ky021011a

購入額 8万4500円 払戻金 0円


(月曜・東京11R クイーンC・GⅡ 9番 クロノジェネシス 1番人気 1着

Co0211

To021111

単勝
9
210円
1人気
複勝
9
110円
1人気
6
120円
2人気
4
340円
7人気
馬連
6-9
260円
枠連
6-8
260円
馬単
9-6
420円
3連複
4-6-9
1820円
3連単
9-6-4
4850円

To021111a

3連複(4-6-9) 1820円 馬連(6-9) 260円
購入額 7万7000円 払戻金 4万9400円


■ 「調教から狙える好配当馬」&「単複で狙えるT評価馬」 ■

(土曜・京都11R 洛陽S 3番 グァンチャーレ 1番人気 1着

Ky020911

単勝
3
290円
1人気
複勝
3
110円
1人気
8
150円
3人気
10
130円
2人気
馬連
3-8
820円
枠連
3-6
750円
馬単
3-8
1410円
3連複
3-8-10
880円
3連単
3-8-10
4580円

Ky020911a

単勝 290円 馬連(3-8) 820円
購入額 6万1000円 払戻額 15万3200円


(日曜・小倉3R 3歳未勝利 3番 ショウナンタイガ 1番人気 1着

Ko021003

単勝
3
390円
1人気
複勝
3
220円
2人気
8
730円
10人気
12
390円
8人気
馬連
3-8
7380円
枠連
2-4
3960円
馬単
3-8
11510円
3連複
3-8-12
31740円
3連単
3-8-12
118090円


Ko021003a

単勝 390円 複勝 220円 馬連(3-8) 7380円
購入額 5万7000円 払戻額 19万5800円



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年2月12日 (火)

人馬ともに初のGⅠ初制覇を目指して(クイーンC)

【 クイーンCの回顧 】


今週は東京で当方が得意とする「3歳重賞」の「クイーンC・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのがクロノジェネシス。

1/18に帰厩して翌日から「栗・坂路」で乗り込まれ、追い切りは「栗・CW」で早い時計を2本。そして、先週は6Fで自己ベストを更新する好時計をマークしており、指数の方はB評価止まりだが、攻め駆けしない同馬としては上々の仕上り。

他馬より重い斤量を背負うが、ここは「GⅠ2着馬」として力の違いを見せつけ、レースだけでなく稽古でも手綱を取り続ける鞍上(北村友一騎手)と共にGⅠ初制覇を目指すと判断。

2




レースでは、中団外でスローの流れを我慢して、直線勝負。最後方から迫る2番人気馬を待って追い出すと、クビ差凌いでキッチリと人気に応える勝利。

そして、「相手候補」の1頭が6番・ビーチサンバ。今回は目に見えて速いタイムこそ計時していなかったものの、T評価馬として推奨していた一頭。


1





レースでは、出遅れて最後方からの競馬となってしまったものの、上がり最速タイムで追い込んで2着は何とか確保。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


| | コメント (0)


2019年2月 7日 (木)

2歳王者が好仕上がり(共同通信杯)

【 好スタートを決めた中内田厩舎に対し… 】

Tk0202_2

先週の勝ち星数は
「27勝」と、残念ながら目標「30勝以上」を達成出来ず。

ただ、この数字に関しては先週は好調教馬(S~T評価馬)が全部で「239頭」と、この3年における1週当たりの平均出走頭数である「310頭」を大きく下回ったことが影響したものであり(←少なさではここ3年で断トツの第1位。ちなみに何故これほど極端に少なかったのかは不明???)、勝率(11.3%)連対率(20.9%)及び複勝率(33.1%)はいずれも昨年実績を上回る優秀な数字を引き続きマークしていますので、(好調教馬たちの)出走頭数の大幅増が見込まれるこの週末ではそれに伴って「勝ち星量産」が大いに期待できる次第です(取り分け昨日は栗東・坂路で好時計・好指数をマークしている馬が非常に多かったので)。


さて、調教師部門のリーディング争いですが、昨年は藤原英昭厩舎が2位以下の追い上げを振り切って初のリーディングを獲得し、「勝利数・勝率・連対率・複勝率・賞金獲得額」の5部門においては↓のとおりの厩舎が優秀な成績を収めましたが、

■ 2018年の実績 ■

Ttop1020181228x
(注1)太い赤字で記載した「角居厩舎」は2018/7/6~2019/1/6まで「休業」しており、その間は管理馬全頭が赤字で記載した「中竹厩舎」へ転厩していました
(注2)緑色で表示している厩舎は
「勝利数・勝率・連対率・複勝率・賞金獲得額」の5部門で全て「ベスト10」入りしている厩舎。

まだ1ケ月少々が経過した時点のことながら今年に入ってから状況は様変わり↓。

■ 2019年2月3日終了時点 ■

Ttop1020190203
現時点で5項目の全てでベスト10入りしているのは4厩舎ですが、その中では池江泰寿厩舎藤原厩舎が昨年に続いて優秀な成績を収めており、前者は"リーディング奪回"、後者は"リーディング連覇"に向け意欲満々と云ったところでしょうか。

そして、この2大厩舎に割って入ろうしているのが現在「3冠王」(勝率・連対率・複勝率)の中内田充正厩舎。一昨年辺りからブレイク?した同厩舎ですが、今年は「関西の若手の雄(ゆう)」として更なる飛躍を予感させますので引き続き大注目です。

その一方で今年大きく出遅れたのが昨年のJRA賞における「最高勝率調教師&優秀技術調教師」にして「関東の若手の雄」である木村哲也厩舎

同厩舎は現時点での勝ち星が何と「1勝止り」であり(全国リーディングの第120位)、勝率(4.8%)、連対率(9.5%)及び複勝率(23.8%)も昨年実績からすれば惨憺たるものですが、昨年のブログでも書きましたとおり木村厩舎は「ノーザンFの申し子」と云われるほど同ファームとの関わりが非常に深いことから有力馬を多数抱えており、早々にこの状況を脱してV字回復することは必至ですので、成績が落ち込んでいる今こそが絶好の狙い目です!




【 クラシックにも関連の強い得意の「3歳重賞」(共同通信杯) 】

週末の東京では「共同通信杯・GⅢ」が行われます。

今年の注目は2歳王者のアドマイヤマーズ。今週は「栗・坂路」での最終追い切りを行っていますが、4F・1Fともに平凡で該当せず。ただし、1週前には「栗・CW」で6F追い切りを行い、B評価に該当。態勢は整っている様子。


アドマイヤマーズ
(1週前)
栗・CW 6F81秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《80》・B評価
(当週)
栗・坂路 4F54.3-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価


対抗馬の筆頭となるクラージュゲリエは「栗・CW」で6F追い切り。84秒前半は平凡ですが、1F11秒後半は秀逸。厩舎の2週連続重賞勝利となるか、調教指数にご注目下さい。


クラージュゲリエ
栗・CW 6F84秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価


関東馬は「美・南W」で追い切りを消化。

フォッサマグナ、マードレヴォイスがともに5F追い切りで68秒前半をマーク。全体時計は互角ですが、1Fは12秒前半をマークしているフォッサマグナの方が優秀。B評価以上に該当となるかどうか、注目している次第。


ゲバラ
美・南W 5F--秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
フォッサマグナ
美・南W 5F68秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
マードレヴォイス
美・南W 5F68秒前半-1F13秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価


尚、「共同通信杯・GⅢ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。




【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がコンビニでも 】


Eps201605a

コンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス)に設置されています
マルチコピー機を利用いたしまして「調教サイト 高中式」(PC版 携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。

Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年2月 6日 (水)

同期の「マイル王たち」に挑戦状を叩きつけ(インディチャンプ)

次走はオッズと相談!?(ブランノワール) 

先週の「コラム推奨馬」は次の2頭。

未曾有の大寒波に見舞われているアメリカですが、一部の地域では気温がマイナス30℃~40℃まで下がり、その影響でお亡くなりになった方も。

そして、日本では大阪が最高気温が13℃前後とこの時期にしては暖かな日が続いているに対し、東京では月曜日の最高気温が20℃近くまで上がった後、昨日今日はそこから10℃以上も急降下し(最高気温が9℃前後)、明日は再び16℃くらいまで上昇すると云う正に乱高下状態(こうした「寒暖差」は当方のような高血圧症の者にとっては要注意なのですが、持病がなくとも「寒暖差疲労」と云うものがあるそうですのでご留意を)。

更に週末はアメリカほどでないにせよ、寒波の襲来するとのことで土曜日は都心でも降雪が予想されるとのこと。

この週末は3連休になっていますが、11日(月祝)は競馬開催もなく当方にとってはお正月の三が日以来となる完全オフ。

よって、この日は「例の件」の追い込み作業に備えてタップリと休養を取る予定にしているのですが、万一降雪により開催が中止となろうものなら…。

(雪が舞ったりチラつく程度なら大丈夫だとは思いますが)

Tow20190206x
《土曜日》
Co0202

《日曜日》
Co0203

(土曜・京都10R エルフィンS 6番 ブランノワール 4番人気 2着

レースをご覧いただくとご理解いただけるでしょうが(レースの映像はJRAのホームページかたでも)、今回の2着敗退に関しては唯々「勝った馬(アクアミラビス)が強かった」の一言(しかも「落鉄」していながらあの勝ち方。桜花賞へ直行するとのことですが、この馬の末脚は脅威)。

よって、勝ち馬を別にして?見所タップリな走りを披露した6番・ブランノワールは次走でも狙い目十分ですが、今回は4番人気で多少なりとも配当妙味があったものの次は人気必至でしょうから馬券に関してはオッズと相談!?

Ky020210

単勝
1
330円
1人気
複勝
1
130円
2人気
6
160円
4人気
4
120円
1人気
馬連
1-6
1320円
枠連
1-6
1260円
馬単
1-6
2140円
3連複
1-4-6
1200円
3連単
1-6-4
7070円


Ky020210a

複勝 160円 馬連(1-6) 1320円
購入額 7万5000円 払戻金 7万4400円


(日曜・東京11R 東京新聞杯・GⅢ 2番 インディチャンプ 1番人気 1着

伸び上がるようにゲートを出て出遅れを喫した時はヒヤッとさせられましたが、直線に入ってから鋭い末脚を繰り出し3連勝目を重賞初制覇で飾ることに。

これで「強い4歳世代」として出世の遅れをキッチリと取り戻しましたので、今後も今回並みのしっかりとした稽古を積みながら、まずは同期の「マイル王たち」(昨年「NHKマイル・GⅠ」を制したケイアイノーテックや「マイルCS・GⅠ」を制したステルヴィオ)に挑戦状を叩きつけ「春のマイル王」(安田記念・GⅠ)を目指して貰いたいところです。

To020311

単勝
2
270円
1人気
複勝
2
140円
1人気
6
240円
5人気
1
240円
4人気
馬連
2-6
1840円
枠連
2-4
1740円
馬単
2-6
2840円
3連複
1-2-6
4300円
3連単
2-6-1
18190円

To020311a

Ky020311b

単勝 270円 3連複(1-2-6) 4300円 馬連(2-6) 1840円
購入額 8万2000円 払戻金 17万4900円


そして、"開催替わり"となった先々週、次いで"月替わり"となった先週と目標に掲げた"これまでと一線を画すような儲け"は適いませんでしたが(猛省)、好調教馬たちは引き続き馬券圏内を賑わせてくれていますので(この件については明日にでも)、この週末では"リスタート"改め"再々スタート"を!

Tk0202



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年2月 4日 (月)

「栗・坂路」で培った瞬発力+過去最高のデキで(東京新聞杯)

【 「3週連続の好調教」(B評価→B評価→A評価) 】

日曜は東京で「東京新聞杯・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが2番・インディチャンプ。

今回は1/8に帰厩してから「栗・坂路」で乗り込まれており、1/17から2回自己ベストを更新する好時計をマークし、指数の方は「3週連続の好調教」B評価B評価A評価)と攻め駆けする同馬にしてもこれまで以上に絶好の動きを披露。

昨春の「毎日杯・GⅢ」では後の有馬記念馬にして最優秀3歳牡馬のブラストワンピースと好戦していることからも同馬の持てる能力は高く、ここで出世の遅れを取り戻すべく重賞初制覇を成し遂げると確信した次第。


1

レースでは、スタートこそ出遅れたもののラチ沿いを通って徐々にポジションを挽回。直線で空いたスペースへと導かれ、ゴーサインが出ると一瞬で抜け出して勝負を決める完勝。

まさに「栗・坂路」で培った瞬発力と過去最高のデキを如何なく発揮しての勝利。

2

そして、「相手候補」の1頭に取り上げたのが、1番・サトノアレス(B評価馬)。決して攻め駆けするタイプではない同馬が、今回は「美・坂路」好調教馬に該当していた点に注目していた次第。


レースでは、後方のラチ沿いを進むと直線では2着に好走した昨年をなぞるような競馬で鋭く伸び、2着争いに加わる走りを披露。結果は3着でしたが、馬券圏内は確保。


一方の京都では「きさらぎ賞・GⅢ」が行われました。

こちらでは「栗・CW」「3週連続の好調教」B評価×3)に該当していたダノンチェイサーが完勝。3着にも人気薄ながらB評価に該当していたランスオブプラーナが入り、8頭立てながら3連複は23670円の高配当に。

3

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年1月31日 (木)

少頭数でも波乱の可能性は十分(きさらぎ賞)

【 年間目標の達成に向け順調な滑り出し 】

Tk0126_2

先週の勝ち星数は
「35勝」と、先々週に次いで目標「30勝以上」をクリア。

昨日のブログでふれましたとおり先週の好調教馬たち(S~T評価馬まで)は「勝率・13.1%」「連対率・25.9%」「複勝率・36.7%」とそのいずれもがここ3年(2016~2018年)で「ベスト10」に入る大変優秀な成績を収め馬券圏内を大いに賑わせてくれていましたので、月替わりとなる今週末からこの好調教馬たちの活躍をキッチリと馬券の方へ直結させ「2月攻勢」と参りたいと存じます。


そして、今年に入って早や1ケ月が過ぎましたが、「勝利数・勝率・連対率・複勝率」に関しては昨年の実績をすべて上回る順調な滑り出しとなりました。

昨年は勝利数が一昨年の実績を「1勝」下回り(一昨年が「34勝」で昨年が「33勝」)、残念ながらこれまで年間の目標として掲げてきた「昨年は『一昨年以上』。そして、今年は『昨年以上』」を達成することが出来ず、今年の目標を「今年は『昨年以上』。但し、勝利数は『一昨年以上』」へと変更せざるを得ませんでしたが、まずはこの目標もクリアするスタートを切ることを出来ましたので(勝利数はギリギリセーフでしたが・汗)、次月以降ではこれを「右肩上がり」で更新していくよう蔓延するインフルエンザや迫り来る確定申告にも負けることなく日々の諸作業に勤しむことにいたします。

■ 2019年1月27日終了時点 ■

Tds20190127



【 "危険な人気馬"が多数か??(きさらぎ賞) 】

今週は京都で、当方が得意とする「3歳重賞」の「きさらぎ賞・GⅢ」が行われます。

昨年は「コラム推奨馬」に指名したS評価馬 のサトノフェイバーが逃げ切り勝ち。約27万円の払い戻しを手にした次第。


(日曜・京都11R きさらぎ賞・GⅢ 3番 サトノフェイバー 4番人気 1着

Ky020411

単勝
3
690円
4人気
複勝
3
190円
4人気
8
140円
2人気
4
250円
5人気
馬連
3-8
1440円
枠連
3-7
1250円
馬単
3-8
3110円
3連複
3-4-8
3750円
3連単
3-8-4
23040円

Ky020411a

Ky020411b

単勝 690円 複勝 190円
3連複(3-4-8) 3750円 馬連(3-8) 1440円
購入額 8万円 払戻金 27万1900円


今年の注目はダノンチェイサー。1週前には「栗・CW」B評価 となる指数をマーク。そして、今週も同コースでの最終追い切り。1F12秒前半は上々で「2週連続好調教」に該当する可能性あり。


ダノンチェイサー
(1週前)
栗・CW 6F82秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《82》・B評価
(当週)
栗・CW 6F83秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


その他の「栗・CW」組では伏兵の各馬が追い切りを消化しており、その中ではランスオブプラーナが5F追い切りで66秒後半をマーク。B評価 以上の可能性あり。


タガノディアマンテ
栗・CW 6F85秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
メイショウテンゲン
栗・CW 6F88秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
ランスオブプラーナ
栗・CW 5F66秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


人気のアガラスは「美・南W」での最終追い切り。ただし、5F68秒後半は基準となる「10番時計」を下回っており、1F13秒前半も平凡。今週は該当しない可能性大。

ヴァンドギャルドは「栗・坂路」での最終追い切り。1F12.4秒は上々ですが、4F53.9秒は平凡で該当せず。

デビューから2連勝中のエングレーバーは負荷の軽いポリトラックでの追い切り。

3頭とも上位人気候補ですが、いずれも"危険な人気馬"の可能性あり。


アガラス
美・南W 5F68秒後半-1F13秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
ヴァンドギャルド
栗・坂路 4F53.9-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価
エングレーバー
栗・ポリ 4F70.8-1F11.7 ⇒調教指数《??》・?評価


尚、「きさらぎ賞・GⅢ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。




【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がコンビニでも 】


Eps201605a

コンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス)に設置されています
マルチコピー機を利用いたしまして「調教サイト 高中式」(PC版 携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。

Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年1月30日 (水)

お父さんを彷彿させる鋭い伸びを披露し(ダノンスマッシュ)

"月替わり"でリスタート 

先週の「コラム推奨馬」は次の2頭。

1週間ほど前に東京で会社員の女性が駅のホームから転落し電車にはねられてお亡くなりなると云う事故がありましたが、先般、その方が当方もよく知る会社(取引先ではありませんが)の方であることが判明(謹んでお悔やみ申し上げます・合掌)。

そして、その転落に至った原因としては転落時の状況や司法解剖の結果からインフルエンザウイルスに感染していたことによる影響とされており、テレビ等のニュースによれば現在、そのインフルエンザが半端ないくらい大流行している模様。

今のところ自身を含め当方の周りではインフルエンザにかかった人は出現していませんが、皆が口を揃えて言うにはインフルエンザと診断された際は「お医者さんへ『ゾフルーザ』を処方してって言わなアカンで」とのことであり、その薬はこれまでのものと比べてウイルスを放出しなくなる期間や解熱するまでの時間が非常に短くなるとのこと。

よって、「この薬があればインフルエンザにかかっても大丈夫や!」みたいな雰囲気が結構蔓延していますが、当方がネットで調べて見た限りでは(この薬が)「そこまで言うほどの…???」といったところであり、しかも、既にこの薬に耐性を持つウイルスが出現しているとの話(更に言えばこれまでの薬以上に耐性ウイルスの出現率が高いとのこと=一度、この薬を使用すると以後は投薬効果が期待できなくなる可能性が高い)。

このような人間(薬)とウイルス・細菌類の戦い(イタチごっこ)は今に始まったことでなく、今後も果てしなく続くことになるでしょうから、皆の話を聞きながら嘗て見たこの映画を想い出し「薬云々よりもなんちゅうてもウイルスにも負けへん強靱な肉体と精神(病は気から?)を作る方が大事やで」と思う今日この頃です。

《土曜日》
Co0126

《日曜日》
Co0127

(土曜・中京12R 知多特別 12番 アリア 3番人気 8着)

スタートはイマイチだったものの二の脚を使って直ぐに中団まで押し上げ、道中は鞍上が手綱を抑えるほど行きっぷりは抜群。

ですので、勝負所からどれだけ弾けるかワクワクしながらレースを注視していたのですが、その勝負所から外と内から相次いで他馬によられて進路を確保することが出来ず、最後は鞍上も追うことなく雪崩れ込んだだけの9着。

鞍上が次走を考えて無理をさせないレースをしてくれたことにより?疲れもなく余力十分だと思いますので、好調期にあるうちに「S評価馬の巻き返し」を(←連闘をかけてでも!)。

Cy012612

単勝
1
1800円
7人気
複勝
1
370円
7人気
4
400円
8人気
15
120円
1人気
馬連
1-4
13290円
枠連
1-2
4060円
馬単
1-4
30060円
3連複
1-4-15
8020円
3連単
1-4-15
94290円


Cy012612a

購入額 7万5000円 払戻金 0円


(日曜・京都11R シルクロードS・GⅢ 2番 ダノンスマッシュ 1番人気 1着

前走の「京阪杯・GⅢ」は最内の絶好位を進み、勝負所でも前が開いて「勝って当然」と云ったレースぶりでしたが、今回も同じような位置取りだったものの最大のライバルと目されたGⅠ2着馬にして相手候補の10番・ラブカンプーが前でモタモタしたことにより一時は"万事休す状態"

ただ、鞍上が内を突くのを諦め外へと進路を切り替えたところ(この時点でも当方は「時既に遅し」と天を仰いでいたのですが・汗)、そこからはお父さん(ロードカナロア)を彷彿させる鋭い伸びを披露し完勝。

この重賞連勝でもって「春のスプリント王」の座へ向け大きな前進を遂げることになりましたので、今後もS評価を連発するしっかりとした稽古を積みながらお父さんを超える活躍を期待する次第です(お父さんは明け4歳時の「高松宮記念・GⅠ」で1番人気に支持されながら3着に敗れていますので)。

なお、月曜日のブログでも書きましたとおり残念ながら相手候補に取り上げた3頭がいずれも馬券圏内を確保することが出来ずに馬券の方は馬連のみの的中となり、"お手馬"が快勝したにも拘わらず痛恨の取りガミ。

Ky012711

単勝
2
200円
1人気
複勝
2
130円
1人気
8
700円
10人気
18
890円
12人気
馬連
2-8
4530円
枠連
1-4
1410円
馬単
2-8
6610円
3連複
2-8-18
73350円
3連単
2-8-18
248250円


Ky012711a

馬連(2-8) 4530円
購入額 7万0500円 払戻金 4万5300円


そして、"開催替わり"となった先週は"先の3週とは一線を画すような儲け"を目指すも目標通りの結果を出せませんでしたが(反省)、↓のとおり好調教馬たちは大いに馬券圏内を賑わせてくれていましたので(この件については明日にでも)、"月替わり"となるこの週末でリスタートを目指すことにいたします。

Tk0126


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年1月24日 (木)

短距離重賞には珍しく(シルクロードS)

【 A評価馬は"ベタ買い"しても儲けが 】

Tk0119

先週の勝ち星数は
「34勝」

先々週は人気薄の好調教馬の好走・激走が目立った反面、人気の好調教馬たちが勝ち切れずに残念ながら目標「30勝以上」を達成出来ませんでしたが、「変則開催明け」のため調教の方も「変則日程」(通常ならほとんどの馬が「水曜追い」であるところ「木曜追い」が中心)となった先週は"指数化の強み"を活かし早速の「V字回復」

そして、その原動力となったのが「勝率・26.4%」(4頭に1頭以上が勝利)、「連対率・41.5%」(5頭に2頭以上が連絡み)、「複勝率・47.2%」(2頭に1頭近くが馬券圏内を確保)と大変優秀な成績を収めたA評価馬

なお、そのA評価馬に関しては単勝回収率が「205.7%」、複勝回収率が「128.5%」と共に大きく100%を超え"ベタ買い"しても儲けが得られるくらい。、昨日のブログでも書きましたとおり、今週も好調教馬の"取捨選択作業"にしっかりと注力したいと存じます。




【 昨年は好調教馬のワン・ツー・スリー(シルクロードS) 】

今週は京都で「シルクロードS・GⅢ」が行われます。

今年の注目はアレスバローズ。今回は「栗・坂路」で4F51.5秒の好タイムでもって、《81》・B評価に該当。今週は終い重点の内容ですが、1F12.2秒は上々。尚、基準となる「20番時計」は4F51.7秒。「2週連続好調教」に該当するか、ご注目下さいマセ。


アレスバローズ
(1週前)
栗・坂路 4F51.5-1F12.6 ⇒調教指数《81》・B評価
(当週)
栗・坂路 4F53.5-1F12.2 ⇒調教指数《??》・?評価


その他も関西馬の多くが「栗・坂路」での最終追い切り。

4Fはラインスピリットの4F52.2秒が最速。ただし、同馬の1Fは13.3秒。

1Fはアンヴァルの1F12.3秒が最速。4F52.8秒もまずまずと云ったところ。

高中式では、全体時計とラスト1Fを考慮して調教指数を算出している他、以下の4つのポイントを考慮して、数値化しています。 どちらの調教指数が高いかご注目下さいマセ。


アンヴァル
栗・坂路 4F52.8-1F12.3 ⇒調教指数《??》・?評価
エスティタート
栗・坂路 4F58.0-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価
コウエイタケル
栗・坂路 4F54.2-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価
ダイメイプリンセス
栗・坂路 4F55.5-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価
ダノンスマッシュ
栗・坂路 4F53.4-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価
ティーハーフ
栗・坂路 4F54.1-1F12.7 ⇒調教指数《??》・?評価
ナインテイルズ
栗・坂路 4F53.0-1F12.0 ⇒調教指数《??》・?評価
ビップライブリー
栗・坂路 4F54.0-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価
フミノムーン
栗・坂路 4F53.6-1F12.7 ⇒調教指数《??》・?評価
ラインスピリット
栗・坂路 4F52.2-1F13.3 ⇒調教指数《??》・?評価
ラブカンプー
栗・坂路 4F55.1-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価


全体的には、短距離重賞には珍しく、「栗・坂路」組の当週の追い切りで目を引く時計が少ない印象。1週前や、中間の調教指数が勝敗を大きく左右する可能性大。

昨年は「コラム推奨馬」好調教馬によるワン・ツー・スリー。加えて3連複5万馬券&3連単23万馬券の高配当。 2年連続の的中を狙っている次第。


(日曜・京都11R シルクロードS・GⅢ 1番 ファインニードル 4番人気 1着

Ky012811

単勝
1
770円
4人気
複勝
1
330円
5人気
7
370円
6人気
4
1740円
15人気
馬連
1-7
3200円
枠連
1-4
490円
馬単
1-7
5830円
3連複
1-4-7
54280円
3連単
1-7-4
237290円

Ky012811a

単勝 770円 複勝 330円 馬連(1-7) 3200円
購入額 7万7000円 払戻金 36万2000円


尚、「シルクロードS・GⅢ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。




【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がコンビニでも 】


Eps201605a

コンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス)に設置されています
マルチコピー機を利用いたしまして「調教サイト 高中式」(PC版 携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。

Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年1月23日 (水)

一線級の強豪相手でも楽しみ十分(インティ)

今年のS評価馬の1番星(ライトオンキュー) 

先週の「コラム推奨馬」は次の2頭。

今年いただいた年賀状で目についたのが学生時代の同期(同学年)からの「今年で遂に『還暦』や!」と云った添え書き。

当方は2月生まれ(所謂「早生まれ」)につき還暦(60歳)に到達するまでにはまだ1年以上もありますので、彼らの事は他人事のようにしか思えませんが(冗談ですよ。数え年で云えば当方も十分に還暦ですので・笑)、上場企業及びそれに準ずる大手企業に勤めている多くの者は60歳を期に社内での立場や仕事の内容に変化が訪れるようで、既に数年前からそのような状況(第一線の仕事から退き…)となっている者も結構いる模様(取り分け大手の金融機関では50過ぎから関連企業へ出向したり転籍したり)。

それでもって、嘗ては早朝深夜を問わず場合によっては休日返上も厭わず仕事に打ち込んできた連中も今や定時の午後5時に退社し、持て余す?時間を潰すため「立ち飲み屋さん」に寄って帰るのが日課となり数多の?立ち飲み屋さんは同じような境遇の人たちで早い時刻から大繁盛とのこと(そう云えば一昨日の新年会でご一緒した取引先の方も「週に2回は一人で立ち飲みに」と言うてたし)。

勿論、当方らのような自営業者にとっては全く無縁の話である故に、仮にそれ相応の苦労があるとしてもこれまでの激務から解放されたセミリタイア生活を少し羨ましく思うところもありますが(その後に訪れるであろう完全リタイア生活も)、当方の"競馬の師匠"(昨日は新年会にお招きいただき、ありがとうございました!)が中央競馬が開催されている限り休むことなくパドックに立ち続けられておられるように当方らが目標とするのは「終生現役」です。

《土曜日》
Co0119

《日曜日》
Co0120

(土曜・中京12R 庄内川特別 1番 ライトオンキュー 2番人気 1着

約8ケ月の休養を経たことでガレていた?馬体も戻り、これまで以上にしっかりとした稽古をこなした今年3頭目のS評価馬が攻め通りの走りで快勝。

次走では一度使われたことによる上積みも見込めますので、今回と同等の超抜の指数を叩き出していれば昇級初戦でも絶好の狙い目です。

Cy011912

単勝
1
520円
2人気
複勝
1
190円
3人気
9
130円
1人気
16
170円
2人気
馬連
1-9
950円
枠連
1-5
950円
馬単
1-9
1870円
3連複
1-9-16
2130円
3連単
1-9-16
8380円

Cy011912a

単勝 520円 複勝 190円 馬連(1-9) 950円
購入額 7万7000円 払戻金 22万2500円


(日曜・中京11R 東海S・GⅡ 4番 インティ 1番人気 1着

条件戦で圧勝劇を重ねていても「いきなりのGⅡ戦では…」との多少の危惧もありましたが、それも全くの杞憂に終わる完勝劇。

そして、今回は攻めの動きに関してもこれまでを一変させ、5歳馬ながら成長著しい同馬ですので、次走として視野に入れている「フェブラリーS・GⅠ」に参戦し一線級の強豪たちを相手にしても楽しむ十分です。

Cy012011

単勝
4
150円
1人気
複勝
4
110円
1人気
3
120円
2人気
5
180円
4人気
馬連
3-4
310円
枠連
3-4
280円
馬単
4-3
400円
3連複
3-4-5
750円
3連単
4-3-5
1610円

Cy012011a

Cy012011b

3連複(3-4-5) 750円 馬連(3-4) 310円
購入額 8万円 払戻金 2万7400円


そして、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」では↓の2頭が高指数に見合う走りを披露し"それなり"の払戻金(儲け)を手にしましたが、先週はA評価馬たちが抜群の成績を収めていたことを鑑みると(この件は明日にでも)馬券的には少々物足らないものがありましたので、早くも開催替わりとなるこの週末ではここ3週と"一線を画すような儲け"を目指すことにいたしましょう(←当サイトの得意分野でもある短距離及び牝馬限定の重賞が3つありますので)。

(土曜・中京9R 4歳上500万下 4番 ハーグリーブス 2番人気 1着

Cy011909

単勝
4
350円
2人気
複勝
4
210円
3人気
14
830円
10人気
3
1030円
13人気
馬連
4-14
8910円
枠連
2-7
4380円
馬単
4-14
11020円
3連複
3-4-14
80280円
3連単
4-14-3
195010円

Cy011909a

単勝 350円 馬連(4-14) 8910円
購入額 5万5000円 払戻額 22万9100円


(日曜・京都6R 3歳新馬 6番 アンドラステ 5番人気 1着

Ky012006

単勝
6
1320円
5人気
複勝
6
230円
5人気
5
130円
2人気
13
120円
1人気
馬連
5-6
2000円
枠連
3-3
2010円
馬単
6-5
5080円
3連複
5-6-13
1580円
3連単
6-5-13
14940円

Ky012006a

単勝 1320円 複勝 230円 馬連(5-6) 2000円
購入額 5万5000円 払戻額 33万円



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年1月21日 (月)

「栗・坂路」組の人気薄に要注目

【 初重賞挑戦&初重賞制覇  】

日曜は中京で「東海S・GⅡ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが4番・インティ。

今回は12/13に外厩から戻ると、「栗・坂路」で入念に乗り込み。12/26には4F52.2-1F12.6と自己ベストを1秒短縮する好時計で指数の方はB評価。その後、1週前には「栗・CW」B評価をマークし、当週には「栗・坂路」で、「A評価 & 順位4位」となる高指数をマーク。

同馬はこれまで攻めの動きがイマイチながらも大差勝ちを重ねてきたが、今回は"重賞仕様の攻め"が施された「いきなりのGⅡ勝ち」(+「破竹の6連勝」)も可能と判断した次第。

11
レースでは、楽にハナを奪うと息の合った人馬は後続になし崩し的に脚を使わせるペースを演出。重賞初挑戦とは思えぬ走りでもって余裕たっぷりに優秀なタイムで逃げ切り勝ち。

そして、「相手候補」に取り上げていたのがチュウワウィザード(T評価馬)とスマハマ(T評価馬)。


1

チュウワウィザードは唯一、勝ち馬に迫る脚を披露。スマハマも長期休養明けながら3着を確保して素質の一端を見せました。馬券の方は大本命決着で低配当ながら的中。


一方、今週は中山で「AJCC・GⅡ」が行われました。

こちらで「調教から狙える好配当馬」に指名したジェネラーレウーノは残念ながら4着。


2

土曜には「コラム推奨馬」に指名したライトオンキューが快勝。

同馬は中間に「栗・坂路」で自己ベストを3秒3も更新してS評価&順位1位

レースでもデキの良さを如何なく発揮して逃げた1番人気馬を捻じ伏せるように勝利。単勝配当520円は調教指数を踏まえれば好配当と呼べるものとなりました。

4
「栗・坂路」組では当週にA評価をマークしていたサングラスが、すばるSにて13番人気ながら3着に好走。上位人気の2頭で決まったレースで、3連単8万馬券を演出。


3

ただでさえ寒いうえに変則日程続きのこのシーズンでは、順調に調教をこなせている馬による激走が頻発します。この点については、今後の変則日程時や来年以降にもご注目下さいマセ。

馬券の詳細に関しては週中にでも。
 

Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年1月17日 (木)

変則開催後の「木曜追い」にも対応可

【 指数化の強みを活かして正月気分を一掃! 】

Tk0112

先週の勝ち星数は
「26勝」。先週は2場開催ながら「3日連続開催」につき総レース数については「3場・土日開催」と同じ72R(12R×2場×3日=72R)でしたが、「2場・土日開催」で総レース数が48R(12R×2場×2日=48R)だった先々週の「勝ち星・27勝」を実数(3場開催ベースに換算前の数字)においても下回ることになり、目標「30勝以上」についても6週連続でストップ。

この結果を招いた原因の1つとしては先週は人気薄の好調教馬の好走・激走が目立った反面↓、事前の"星勘定"にも入れていた人気の好調教馬たちが勝ち切れないたことが多かったから。

(土曜・中山6R 3歳新馬 4番 ザダル 7番人気 1着

Na011206x

単勝 3050円 複勝 520円


(土曜・京都8R 4歳上500万下 16番 プラチナアッシュ 13番人気 1着

Ky011208x

単勝 7530円 複勝 1760円


(日曜・京都7R 4歳上500万下 6番 アニエーゼ 12番人気 1着

Ky011307x

単勝 5580円 複勝 790円


(月曜・中山12R 4歳上1000万下 13番 クインズサリナ 11番人気 1着

Na011412x

単勝 8350円 複勝 1210円


よって、今週は「変則開催明け」のため調教の方も「変則日程」となっていますが(通常ならほとんどの馬が「水曜追い」であるところ、今週は「木曜追い」が中心)、昨日のブログでも書きましたとおりこの辺りは"指数化の強み"を活かしてキッチリと結果を出すべく諸々の作業に鋭意取り組んでおりますので、「松の内」(関西では"1/15まで"とするのが主流?)も過ぎたことですし好調教馬たちには正月気分を一掃する走り(取り分け先週不振だった人気馬たちには"人気に見合った走り")を大いに期待する次第です。




【 菊花賞から直行の2頭は好状態(AJCC) 】

日曜の中山では古馬による別定GⅡの「AJCC・GⅡ」が行われます。

人気を集めるフィエールマンは「美・南W」で1週前に A評価に該当。そして今週は、木曜に6F84秒後半、1F12秒前半の好時計で「2週連続好調教」に該当する可能性あり。


フィエールマン
(1週前)
美・南W 5F67秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《85》・A評価
(当週)
美・南W 6F84秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


ジェネラーレウーノは、今週は終い重点で軽めの内容に終始。ただし、1週前に B評価に該当。菊花賞以来ですが、態勢は整っている様子。


ジェネラーレウーノ
(1週前)
美・南W 6F80秒後半-1F13秒後半 ⇒調教指数《84》・B評価
(当週)
美・南W 5F--秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価


その他ではマイネルミラノが「美・南W」での最終追い切り。一見すると6F83秒後半は平凡にも見えますが、今週の同コースは時計の掛かる馬場状態。最終的な調教指数にご注目下さいマセ。


マイネルミラノ
美・南W 6F83秒後半-1F13秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


尚、「AJCC・GⅡ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。




【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がコンビニでも 】


Eps201605a

コンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス)に設置されています
マルチコピー機を利用いたしまして「調教サイト 高中式」(PC版 携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。

Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年1月16日 (水)

今後も「CW巧者」ぶりを発揮して巻き返しを(リーガルメイン)

「外厩→自厩舎」でしっかりと攻められたはずが…(ムイトオブリガード) 

先週の「コラム推奨馬」は次の3頭。

某自動車メーカーの元会長が金融商品取引法違反で起訴されたのに次いで特別背任罪でも追起訴されましたが、裁判所が同元会長に対する保釈を認めず逮捕されて以降の身柄拘束期間が長期化しているため、欧米のメディア等からは日本における所謂「人質司法」が批判されることになっています(この事件に関する記事はコチラコチラを)。

ただ、この日本の司法制度のあり方、そして、本題であるべき元会長が金融商品取引法違反や特別背任罪で有罪になるか否かよりも、当方の周りの諸先生方(自称・時事評論家等々)が話題の中心に据え批判の的にしているのが某自動車メーカーの現役員たち(及び彼らの姿勢)。

事件発生の当初から「『(元会長の)不正が阻止できなかったのは権力が集中し過ぎていたから』なんて言い訳ばっかりしやがってアンタらも同罪や」と現役員を厳しく批判してきた先生は勿論のこと、「外国から来た経営者が日本の企業を喰いモノにしとる」(しかも某国の自動車メーカーとそれを後から操る某国とツルんで)と反・元会長の先鋒のような先生までもが「これまで親分が言うたら黒いモンでも白やと云うて来た連中が己らの不始末を棚に上げて親分を的にかけるとは男の風上にも置けん」とまるで某業界での出来事であるような物言いで方針転換!?

兎に角、これまでの経済事件がそうであったようにこの事件についても恐ろしく長期化することは必至ですので、時間の経過と共に世間の関心が薄れゆく中にあっても自身の中で事件自体を風化させないように心掛けたいと存じます(←今のところこの事件が当方の競馬外の仕事へ直接的に影響することはありませんが、間接的には…)。

《土曜日》
Co0112

《日曜日》
Co0113

《月曜日》
Co0114
(土曜・京都11R 羅生門S 13番 サヴィ 2番人気 5着)

「スタートは決まりましたが、内に力がある馬がいて、行き切るのか、下げるのか判断に失敗しました。状態が良かっただけに残念です」と鞍上がコメントしているとおりの結果。

昨年は積極的な競馬で勝ち星を一昨年から倍増(36勝→74勝)させたその鞍上の藤岡佑介騎手ですが、本人が自らで反省の弁↑を述べているとおり今回は中途半端なレースとなってしまいましたので、次走は積極的な競馬で攻め良さを活かして巻き返しを。

ただ、毎度申し上げていますとおりこのクラス(1600万下)に関しては番組的にレース自体の数が極めて少なく、ましてや適条件のレース(同馬にとっては「ダート・千四」)となると…(泣)。

Ky011211

単勝
1
220円
1人気
複勝
1
130円
1人気
2
210円
4人気
7
560円
7人気
馬連
1-2
840円
枠連
1-2
850円
馬単
1-2
1240円
3連複
1-2-7
7990円
3連単
1-2-7
19900円


Ky011211a

購入額 7万3000円 払戻金 0円


(日曜・京都11R 日経新春杯・GⅡ 16番 ムイトオブリガード 2番人気 6着)

鞍上は「直線で内へ倒れ込むような走り。久しぶりの右回りと重たい馬場が合わなかった」と敗因を語っています。

ただ、そうした事態を招いたのは外厩(ノーザンFしがらき)、そして、自厩舎でもって年末年始を跨みしっかりと攻められていたにも拘わらず前走から「+14kg」と明け5歳にして自己最高体重を更新するに至ったからでは(=太めが残ったからでは)?

よって、まずは敵と戦う前に太めをキッチリと解消し、そのうえで再び初重賞制覇にチャレンジして貰いたいところです。

Ky0113111

Ky0113112

単勝
2
270円
1人気
複勝
2
140円
1人気
10
200円
4人気
5
190円
3人気
馬連
2-10
1320円
枠連
1-5
1280円
馬単
2-10
1950円
3連複
2-5-10
2640円
3連単
2-10-5
10530円

Ky011311a

購入額 8万円 払戻金 0円


(月曜・中山11R 京成杯・GⅢ 11番 リーガルメイン 6番人気 5着)

「ゲートでそわそわして立ち遅れた」(鞍上の弁)とのことで4コーナーに差しかかるまで最後方からの競馬となり、その後はメンバー中、上り最速の末脚(3F34秒8)を繰り出すも掲示板止り(5着)が精一杯。

ただ、その4コーナーからは見せ場タップリであり、コラム内で書いたように能力の高さは十分に示す走りを披露しましたので、今後もこれまでのような「CW巧者」ぶりを発揮しながら次走ではキッチリとスタートを決めて巻き返しを。

※ ちょっとした"手違い"により馬券(PATの「投票内容照会」)の方が…(汗)

Na011411

単勝
7
510円
4人気
複勝
7
180円
4人気
5
150円
1人気
2
440円
7人気
馬連
5-7
970円
枠連
5-6
670円
馬単
7-5
1690円
3連複
2-5-7
5490円
3連単
7-5-2
22140円



そして、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」については先々週と同じようなパターンで終盤になってから↓の2頭が頑張りを見せててくれたましたが、やはり「始め良ければ終わり良し」と言える状況には至りませんでしたので(反省)、この週末に向けては「3日連続開催」に次ぐ「変則調教日程」"指数化の強み"で克服すべく諸々の作業に注力している次第です。

(月曜・京都5R 3歳未勝利 11番 ハーシェル 3番人気 1着

Ky011405

単勝
11
580円
3人気
複勝
11
180円
3人気
13
240円
4人気
1
170円
2人気
馬連
11-13
2880円
枠連
6-7
2240円
馬単
11-13
4800円
3連複
1-11-13
4740円
3連単
11-13-1
23310円


Ky011405a

単勝 580円 複勝 180円 馬連(11-13) 2880円
購入額 5万4000円 払戻額 15万0800円


(月曜・京都11R 淀短距離S 10番 ナインテイルズ 5番人気 1着

Ky011411

単勝
10
910円
5人気
複勝
10
260円
4人気
4
160円
2人気
7
800円
10人気
馬連
4-10
1540円
枠連
4-7
1390円
馬単
10-4
3550円
3連複
4-7-10
19100円
3連単
10-4-7
95060円


Ky011411a

単勝 910円 複勝 260円 馬連(4-10) 1540円
購入額 5万6500円 払戻額 25万7100円



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年1月10日 (木)

新年は「大台(40勝)到達」でスタート

【 目標の「30勝以上」を6週連続でクリア 

Tk0105_2

先週の勝ち星数は
「27勝」でしたが、先週は2場開催につきこの27勝を3場開催ベースに換算すると「40勝」(27勝÷2場×3場=40.5勝)となり、これで目標「30勝以上」については6週連続してクリア。

昨年は1週当たりの「勝利数」「33勝」と一昨年の「34勝」を1つ下回り、今年の目標を従前の「昨年は『一昨年以上』。そして、今年は『昨年以上』」から「今年は『昨年以上』。但し、勝利数は『一昨年以上』」へと切り替えただけに、新年の初っ端を「大台(40勝)到達」と云う目標達成に向け良いスタートを切ることができました。

ただ、先週は残念ながら今年最初のS評価馬が結果を出すことが出来ず、また、A評価馬の勝率が低かったこともあり、昨日のブログでもふれましたとおり馬券的には「『始め良ければ終わり良し』と言うにはちょっと…(汗)」と云ったところでしたので、1週遅れながらもこの週末でもって「始め良ければ~」の再スタートを切るすべく、週明け早々から正月気分を一掃してデータ作成等々の諸作業に勤しんでいる次第です。

(今晩は作業終了に「商売繁盛」を祈願しに"えべっさん"へ行く予定にしていたのですが、懇意にしている取引先の方からのお誘いがあり…)

Hebs2018a

Hebs2018b

Hebs2018c



【 4戦連続連対中の勢いそのままに(日経新春杯) 】

日曜は京都で「日経新春杯・GⅡ」が行われます。

今年の注目はムイトオブリガード。1週前には「栗・CW」A評価 をマーク。そして、今週も同コースでの最終追い切り。尚、基準となる「20番時計」は6F81秒後半。6F80秒前半は基準を上回っており「2週連続好調教」に該当は確実。


ムイトオブリガード
(1週前)
栗・CW 6F80秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《87》・A評価
(当週)
栗・CW 6F80秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


その他の「栗・CW」組ではアフリカンゴールドの6F82秒後半が速い部類。ただし、このタイムも基準を下回っております。他馬も含めて、1週前までの中間の調教指数をご確認下さいマセ。


アフリカンゴールド
栗・CW 6F82秒後半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
ウインテンダネス
栗・CW 6F85秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
ダッシングブレイズ
栗・CW 6F85秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
ノーブルマーズ
栗・CW 5F--秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価


「栗・CW」組で該当が確実なのはムイトオブリガードのみ。中間の調教指数をくれぐれもご確認下さいマセ。

尚、「日経新春杯・GⅡ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。




【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がコンビニでも 】


Eps201605a

コンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス)に設置されています
マルチコピー機を利用いたしまして「調教サイト 高中式」(PC版 携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。

Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年1月 9日 (水)

攻め通りの走りで巻き返しクラシック路線へ(ドナウデルタ)

「始め良ければ終わり良し」となるか!? 

先週の「コラム推奨馬」は次の2頭。

大阪へ仕事の拠点を移してからはタクシーを利用することが劇的に増えましたが、日中の短距離・短時間の移動は別としても深夜に帰宅する際の約30分間は馴染みの運転手さんとの会話に興じたり(特に競馬好きの方とは)爆睡したりと自宅の居間や布団の中にいるような寛いだひと時を過ごしています(←身を委ねているのが「運転のプロ」であると云う安心感もあり)。

ところで、昨年末、忘年会の2次会へ移動中のタクシーが衝突事故に遭い運転手さんと乗客4名のうち3名の方々がお亡くなりなる痛ましい事件が発生したのですが(もう1名の乗客の方も重傷)、この事故の主たる原因は「加害者(加害車両)であるベンツが制限速度60kmの一般道を推定・120km以上で走行していたから」とのこと。

確かに1年に数回程度ながら乗車中には「なんちゅー運転するんや(怒)」と思わず声が出るような無謀な車線変更(割り込み)等によりヒヤリとするだけでなく身を強張らせることさえもあります。

↑の「一般道・120km超」もそうですが、報道で見聞きする常軌を逸した昨今の「あおり運転」の実情をも鑑みれば、当方がこれまでに遭遇した出来事も場合によっては(相手車両が凶暴であったなら)大きな事故に繋がっていたかもしれませんので、これからはこの方に叱られないようボーっとすることなく気を引き締めながら乗車していることにいたします。

《土曜日》
Co0105

《日曜日》
Co0106

(土曜・京都11R 京都金杯・GⅢ 4番 グァンチャーレ 4番人気 6着)

スタートを決めインの絶好位をキープした時は「勝ったも同然や!」と思ったくらいでしたが、月曜日のブログでふれたとおり直線入り口で進路取りにモタつき(外回りコースの"切れ目"からスッと最内を抜け切ることが出来なかったのは鞍上が言うとおりハンデがキツかったからか?それとも「+16kg」と太め残りが影響したからか?)、後続勢に差し込まれて6着敗退。

ただ、勝ち馬とはコンマ3秒差と着順ほど大きく負けた訳ではなく、また、常に攻めは動き常に相手なりに走る同馬ですので、次走ではスムーズな競馬で巻き返しを。

Ky010511

単勝
12
220円
1人気
複勝
12
140円
1人気
15
410円
6人気
7
1130円
11人気
馬連
12-15
2060円
枠連
6-8
1180円
馬単
12-15
2530円
3連複
7-12-15
34980円
3連単
12-15-7
98580円

Ky010511a

購入額 7万6000円 払戻金 0円


(日曜・京都11R シンザン記念・GⅢ 6番 ドナウデルタ 6番人気 9着)

これまた月曜日のブログでも書きましたが、今回の敗戦は「直線でスペースがなく可哀想なことをしてしまいました。申し訳ありません」(鞍上による反省の弁)と云うのが全て。

よって、次走では攻め通りの走りで早々に巻き返しクラシック路線へと。

Ky010611

単勝
2
680円
4人気
複勝
2
230円
4人気
1
640円
10人気
10
220円
3人気
馬連
1-2
11220円
枠連
1-2
11350円
馬単
2-1
17720円
3連複
1-2-10
16270円
3連単
2-1-10
112900円

Ky010611a

購入額 7万8000円 払戻金 0円


そして、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」に関しては日曜日の終盤になって↓の2頭(中山11Rでは13頭中12番人気のB評価馬のアシストもあり)で"そこそこ"の払戻金&儲けは得たものの「『始め良ければ終わり良し』と言うにはちょっと…(汗)」と云ったところでしたので、この週末の今年一発目となる「3日連続開催」でもって「遅ればせながらの"始め良ければ"!」を。

(日曜・京都9R 寿S 2番 ケイティクレバー 2番人気 1着

Ky010609

単勝
2
310円
2人気
複勝
2
120円
3人気
8
110円
1人気
4
400円
5人気
馬連
2-8
300円
枠連
馬単
2-8
770円
3連複
2-4-8
2450円
3連単
2-8-4
9300円

Ky010609a

単勝 310円 馬連(2-8) 300円 3連複(2-4-8) 2450円
購入額 5万6000円 払戻額 15万4500円


(日曜・中山11R ポルックスS 1番 ホーリーブレイズ 4番人気 2着

Na010611

単勝
6
140円
1人気
複勝
6
110円
1人気
1
190円
3人気
13
1770円
12人気
馬連
1-6
600円
枠連
1-5
670円
馬単
6-1
730円
3連複
1-6-13
25070円
3連単
6-1-13
57300円


Na010611a_2

複勝 190円 馬連(1-6) 600円 3連複(1-6-13) 25070円
購入額 6万3000円 払戻額 29万4700円



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年1月 8日 (火)

変則日程続きで人気馬は信用できず

【 今週の3重賞の1週前・好調教馬 】

今週は京都で「日経新春杯・GⅡ」が行われます。

昨年は、4頭のみだった好調教馬のうちT評価馬のロードヴァンドールが2着、当週に「栗・坂路」A評価をマークしていたガンコが3着に好走。調整の難しい厳寒期だからこそ、好調教馬にご注目下さいマセ。

3

今年の注目はムイトオブリガード。

1週前には「栗・CW」での追い切りを消化。6F80秒後半は目立ちませんが、1F11秒後半が秀逸。でもって調教指数の方は《87》・A評価

昨秋は強敵相手に苦戦が続いたウインテンダネスは6F79秒後半が上々で《84》・B評価

人気薄のマサハヤドリーム・エーティーサンダー・アイトーンらは「2週連続好調教」に該当するようなら穴で一考も。


アイトーン
栗・CW 6F80秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《80》・B評価
ウインテンダネス
栗・CW 6F79秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《84》・B評価
エーティーサンダー
栗・CW 6F79秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《88》・A評価
マサハヤドリーム
栗・CW 6F79秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《84》・B評価
ムイトオブリガード
栗・CW 6F80秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《87》・A評価


一方、土曜の中山では「フェアリーS・GⅢ」が行われます。

関東馬は「美・坂路」でレディードリーが4F51.0秒の好タイムをマークしてA評価 に該当。
ルガールカルムも《82》・B評価 をマークしており、反撃態勢を整えている様子。

登録馬多数で出走が叶うかどうか?という点が最初のポイントとなりますが、それだけに態勢を整えているかどうかにも注目している次第。


ルガールカルム
美・坂路 4F52.3-1F12.3 ⇒調教指数《82》・B評価
レディードリー
美・坂路 4F51.0-1F12.5 ⇒調教指数《86》・A評価


今週は三日間開催、月曜の中山では「京成杯・GⅢ」が行われます。

リーガルメインは「栗・CW」で《86》・A評価 となる調教指数をマーク。1勝馬の身ではありますが、当週の追い切りも含めて楽しみな1頭。

1番人気が予想されるシークレットランは1週前に「美・南W」で《83》・B評価 に該当。人気に応えるべく好仕上がりをアピール。


シークレットラン
美・南W 5F67秒後半-1F12秒後半 ⇒調教指数《83》・B評価
リーガルメイン
栗・CW 6F80秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《86》・A評価


変則日程続きでの出走となるだけに、好調教馬に注目している次第。その他の人気馬が当週にどのような追い切りを披露するか楽しみにしています。


「日経新春杯・GⅡ」「フェアリーS・GⅢ」「京成杯・GⅢ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2019年1月 7日 (月)

逃げ馬を捌ききれず(京都金杯)

【 初週の重賞は的中ならず 】

土曜は京都で「京都金杯・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのがグァンチャーレ。

攻め駆けする同馬は、今回も1週前(12/26)に「栗・坂路」で4F51.2-1F12.0と好時計をマークし、指数は「A評価&順位2位」。当週(1/2)もB評価をマークして「2週連続の好調教」


1

レースでは、好位内を立ち回って抜群の手応えで直線に向いてきたのですが、逃げ馬を捌ききれず…。新年早々、モヤモヤするゴール前となってしまいました。


そして、日曜は京都で「シンザン記念・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのがドナウデルタ。

12/7に名門外厩(ノーザンFしがらき)から戻って「栗・坂路」で入念に乗り込まれ、今週は4F52.0-1F12.2と自己ベストを1秒以上も短縮する好時計を叩き出し、「A評価&順位3位」となる高指数をマーク。

2

レースでは、好位を追走して直線に向いたもののバテて後退した先行馬を捌ききれず自身も失速。調教指数を見る限り、この結果が実力ではないので敗因が距離にあるのか、はたまた力を要する馬場だったのか。いずれにせよ今後は別の条件で巻き返すシーンに期待。

「相手候補」の筆頭に取り上げたのが2番・ヴァルディゼール(B評価馬)。


1

レースでは、枠なりにピタリとラチ沿いをキープして直線へ。追われてからも反応良くスムーズに伸びて、最後は外からの強襲を凌いで完勝。まだ伸びしろもあり楽しみな1頭。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年12月31日 (月)

今年も大変お世話になり、ありがとうございました

【 来年は「今年は『昨年以上』。但し、勝利数は『一昨年以上』」を目指して 】

12/22(土)・12/23(日)の週の勝ち星は「20勝」でしたが、この週は中山・阪神の2場開催でしたので、この20勝を3場開催ベースに換算すると「30勝」(20勝÷2場×3場=30勝)となり、これで新目標「30勝以上」については4週連続してクリア。

Tk1222

次いで一息つく暇もなく「中4日」での開催となった「12/28(金)」の勝ち星数は「11勝」でしたが、この「2場1日開催」における11勝を昨年と同じく少々強引ながら「3場2日間開催ベース」に換算すると「33勝」(11勝÷2場×3場×2日=33勝)となり、新目標「30勝以上」については5週連続に。

Tk1228

今年は旧目標であった「25勝以上」が1年間(52週)継続したことを機に4/14・4/15の週から目標を現在の「30勝以上」へとレベルアップしましたが、その後の最高記録は「12週止り」と中々数字を伸ばすことが出来ませんでしたので、来年はこれを更新するのは勿論のこと、新目標へ変更する以前に記録していた「25週連続」(2017/6/3・6/4~2017/11/18・11/19)の更新を目指したいと存じます。

そして、今年の「勝利数・勝率・連対率・複勝率」ですが、勝利数が昨年実績を「1勝」下回り↓、残念ながら毎年目標として掲げてきた「昨年は『一昨年以上』。そして、今年は『昨年以上』」を達成することが出来ず。

よって、来年はこれまでの目標を少々変更して「今年は『昨年以上』。但し、勝利数は『一昨年以上』」の達成を目指してデータの精度向上に日々努力することにいたします。

■ 2018年12月28日終了時点 ■

Tds20181228



【 今年も大変お世話になり、ありがとうございました 】

本ブログ並びに調教サイト「高中式」(PC版 携帯版をご覧いただいている皆さま、今年1年、本当にありがとうございました。

これからも皆様方からご支援・ご指導・ご鞭撻を賜りながら精進を積み重ねる所存でございますので、来年も何卒よろしくお願い申し上げます。

皆様方におかれましては、健やかな新春を迎えられますよう心からお祈り申し上げます。


「平成最後の難関」?を乗り切って漸く一段落した一昨日の夜は極々小規模ながら「慰労会」を開催し、来年に向けて怪気炎を!)

■ 「鮨処一心 はなれ」さん ■

(ネタによっては大将が握りたてのお鮨を手から手へ。よって、写真の方はK氏に暫し"お預け"して貰って撮影。ご協力、ありがとうございました・笑)

Isn201812a

Isn201812b

Isn201812c

Isn201812d

Isn201812e

Isn201812f

Isn201812g

Isn201812h




「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年12月30日 (日)

相手が悪かった!?(アドマイヤジャスタ)

"ノーステッキ"でGⅠ制覇!?(サートゥルナーリア) 

12/27(木)のブログで泣き言を書きましたが、今年の日程はホンマにキツかったですわぁ。

(木曜日から金曜日にかけてほぼ"飲まず食わず"でしたので、土曜日の朝メシ兼昼メシはその反動で思わず「ドカ食い」

Mg201812a

Mg201812b

来年も12/28(土)に開催があるものの、12/30(月)が金融機関の営業日であることもあって今年と比べると随分と余裕がある日程にはなっていますが↓、そもそも有馬記念の後に競馬開催があること自体が…。

201912x

(金曜・中山11R ホープフルS・GⅠ 8番 アドマイヤジャスタ 2番人気 2着

Co1228
今回は11/21に外厩から戻って「栗・坂路」で入念に乗り込まれながら、12/6には「栗・CW」で「S評価 & 順位1位」となる高指数をマーク。その後も「栗・CW」で12/13がB評価、12/19がA評価 となる好指数を連発した後、今週は"金曜開催"に対応して日曜日に「栗・坂路」で4F52.2-1F12.3と自己ベストに迫る好時計をマークし(指数未算出につきT評価)、2ケ月半ぶりでも仕上りは万全。

S評価
を叩き出す能力上位の同馬がぶっちぎりのリーディングジョッキーを背に今年の大とりを「戴冠」で締め括ると判断した次第ですが、レースではスタートを決めて先行し、断然人気馬をピタリとマーして3コーナーでは先に動いて直線の坂上まで先頭でしたが、そこから勝ち馬の強烈な決め脚に屈して惜しくも2着

そして、その勝ち馬の「相手候補」にも挙げた5番・サートゥルナーリア(A評価馬)ですが、こちらも2週前・1週前と「栗・CW」B評価A評価をマークし、人気に見合う仕上がりをアピールしていました。

それでもってレースではスピードの違いで先頭に立ちそうになったものの、外から先手を主張する馬に譲って2番手。3~4コーナーから直線にかけては進路を確保するのに手間取ったものの、僅かに空いたスペースを先の2戦と同様に"ノーステッキ"で突き抜け完勝。

少頭数(7~9頭)を楽なレース(=ノーステッキ)で勝ち上がってきたサートゥルナーリア故に「相手関係を含め厳しさが一気に増すGⅠでは…」との見立てもあってアドマイヤジャスタを上位に取ったのですが、同馬にとって今回は「相手が悪かった」と云ったところでしょうか(←ただ、サートゥルナーリアの勝ちっぷりからして、今後もこの差は…)。

Na122811

Na122811a

複勝 150円 3連複(1-5-8) 1130円 馬連(5-8) 640円
購入額 9万3000円 払戻金 5万5200円



【 注目の調教師のリーディング争いは? 】

先日来、このブログで再三に亘り取り上げてきました調教師のリーディング争いですが、藤原英昭厩舎が2位以下の追い上げを振り切って初のリーディングを獲得(祝)。

年明けからの凄まじいスタートダッシュにより一時は「勝利数・勝率・連対率・複勝率・賞金獲得額」の5部門全てで独走態勢に入り、長きに亘って「5冠王」の座をキープしていた同厩舎。

その後、関東の木村厩舎、関西の中内田厩舎と云う若手成長株の台頭もあって最終的には勝利数と複勝率の「2冠」のみに終わってしまいましたが、多くの管理馬が馬券圏内を賑わす同厩舎は馬券検討の際に欠かせない存在ですので、当然のことながら来年もリーディングトレーナーとして要注目です(この若手2名も併せて)。

Ttop1020181228
(注1)↑の表において太い赤字で記載した「角居厩舎」は現在「休業中」であり、その管理馬全頭が赤字で記載した「中竹厩舎」へ転厩しています

(注2)「JRA賞」の調教師部門については(昨年の受賞者はコチラを)、「地方・海外の指定レースの成績を含む」とのこと。よって、JRAでの成績のみを記載した↑の表と違った結果(数字)になりますのでご注意下さい。




「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年12月26日 (水)

終わり(有馬)よけれすべてよし!?(あと1日残ってますが・汗)

余韻に浸る間のなく「最終開催日」に向け 

追いかけ続けてきたブラストワンピース号がダービー、菊花賞での雪辱を果たして「戴冠」

そして、「調教から狙える好調教馬」たちの頑張りにより馬券の方でも"それなり"の儲けを手にした先週末(馬券に絡んだ6頭のうち↓で紹介する3頭が100万円以上の儲けを叩き出し!)。

それでもって本来であれば「終わり(有馬)よければすべてよしやぁ!」などと怪気炎を上げ、有馬の余韻に浸りながら今年を振り返ってゆっくりとお酒でも飲みたいところですが、明後日には「最終開催日」が控えており、しかも、この日が「金融機関最終営業日」と重なったことにより(正に「平成最後の難関」!?)、"クリスマスイヴ&クリスマス"も当然の如く返上して「必死のパッチ」状態。

よって、先週の回顧記事が簡素になりますことをご容赦下さいませ。

なお、その明後日から「数年に一度の寒波」が襲来するとのことですので、降雪により交通機関に影響が出るなど「泣きっ面に蜂」と云った事態にならないことを願って止みません。


■ コラム推奨馬 ■

(土曜・阪神11R 阪神C・GⅡ 15番 ジュールポレール 1番人気 5着)

Co1222
Ha1222111

Ha1222112

単勝
3
3830円
11人気
複勝
3
780円
10人気
2
270円
2人気
5
860円
11人気
馬連
2-3
10160円
枠連
1-2
4610円
馬単
3-2
25640円
3連複
2-3-5
50850円
3連単
3-2-5
345820円

Ha122211a

購入額 8万円 払戻金 0円


(日曜・中山11R 有馬記念・GⅠ 8番 ブラストワンピース 1番人気 1着

Co1223

Na1223111_2

単勝
8
890円
3人気
複勝
8
270円
4人気
12
130円
1人気
15
370円
6人気
馬連
8-12
940円
枠連
4-6
970円
馬単
8-12
2400円
3連複
8-12-15
4910円
3連単
8-12-15
25340円


Na1223112_2

Na122311a

Na122311b

単勝 890円 複勝 270円
馬連(8-12) 940円 3連複(8-12-15) 4910円
購入額 10万4000円 払戻金 37万3050円



■ 「調教から狙える好配当馬」&「単複で狙えるT評価馬」 ■

(日曜・阪神3R 2歳未勝利 3番 グッドレイズ 1番人気 1着

Ha122303_2

単勝
2
300円
1人気
複勝
2
160円
1人気
5
6310円
15人気
12
250円
5人気
馬連
2-5
48390円
枠連
1-3
1390円
馬単
2-5
56700円
3連複
2-5-12
78000円
3連単
2-5-12
536490円


Ha122303a_2

Ha122303b

単勝 300円 馬連(2-5) 48390円 3連複(2-5-12) 78000円
購入額 5万8500円 払戻額 96万3900円


(日曜・阪神7R 3歳上500万下 10番 グロワールシチー 4番人気 1着

Ha122307

単勝
10
620円
4人気
複勝
10
180円
4人気
14
130円
1人気
13
140円
2人気
馬連
10-14
1190円
枠連
5-7
630円
馬単
10-14
2640円
3連複
10-13-14
1230円
3連単
10-14-13
7630円

Ha122307a

単勝 620円 複勝 180円 馬連(10-14) 1190円
購入額 6万5000円 払戻額 21万1900円


(日曜・中山6R 3歳上500万下 13番 ダイワドノヴァン 1番人気 1着

Na122306

単勝
13
320円
1人気
複勝
13
130円
1人気
11
150円
2人気
8
160円
4人気
馬連
11-13
950円
枠連
6-7
580円
馬単
13-11
1450円
3連複
8-11-13
1540円
3連単
13-11-8
5630円


Na122306a

単勝 320円 馬連(11-13) 950円
購入額 4万5000円 払戻額 10万5500円




【 京都2歳S組が好状態(ホープフルS) 】

今週は中山で2歳の中距離王を決める一戦、「ホープフルS・GⅠ」が行われます。

ブレイキングドーンは「栗・坂路」での最終追い切り。1F12.4秒はまずまずですが、4F57.0秒が示すとおり今週は終い重点で軽めの内容。ただし、1週前に A評価 に該当。既に状態は整っていると見て問題なし。


ブレイキングドーン
(1週前)
栗・CW 6F81秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《87》・A評価
(当週)
栗・坂路 4F57.0-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価


その他の「栗・坂路」組ではミッキーブラックが追い切りを消化。尚、今週火曜の基準となる「20番時計」は4F53.1秒。ミッキーブラックの4F52.5秒は優秀ですが、1F13.1秒が平凡。

ヒルノダカールは4F52.8秒こそミッキーブラックを下回っているものの基準を上回っており、1F12.2秒も優秀。A評価以上に該当の可能性も十分。


ヒルノダカール
栗・坂路 4F52.8-1F12.2 ⇒調教指数《??》・?評価
ミッキーブラック
栗・坂路 4F52.5-1F13.1 ⇒調教指数《??》・?評価


変則日程でサートゥルナーリア、ヴァンドギャルドは月曜に追い切りを消化。会員ページ(PC版 携帯版)内にて「T評価馬」に該当しているか、ご確認下さいマセ。

尚、「ホープフルS・GⅠ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、木曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年12月24日 (月)

"カタカナ騎手旋風"に終止符を(有馬記念)

【 「A評価&順位1位」+B評価=「2週連続好調教」 】

昨日の中山では「有馬記念・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのがブラストワンピース。

今回は、11/29に関東の「名門外厩」(ノーザンF天栄)から戻って「美・坂路」で乗り込まれながら、先週に「美・南W」で「A評価 & 順位1位」となる高指数を叩き出したのに次いで、今週もB評価をマークして「2週連続の好調教」。これまで6戦して4着、5着と2回の敗戦を喫しているが、そのいずれもが力を出し切れずに終わった結果。

今年に入って重賞戦線を席巻した勝負服を纏った勝負強い鞍上が、未冠ながら3歳世代最強馬により"カタカナ騎手旋風"に終止符を打つと確信した次第。

1

レースでは、中団外の位置を確保して折り合うと、まさに相棒の力を信じ抜いていることが明らかなる早めのスパートを披露。渾身の仕上げが施された同馬はその檄に応えて坂上で先頭に立つと、猛追する1番人気馬をクビ差凌いで1着でゴールへ。


そして、「相手候補」の1頭に指名したのが15番・シュヴァルグラン(B評価)。

レースでは、スタートを決めると1番人気のレイデオロをピタリとマークして虎視眈々。そのまま直線でも食らいつき、外枠の不利を覆して見事に3着を確保。このあたりは当方の見立て通り、注目したカタカナ騎手の手腕に依るところ。

得意の有馬記念を最高の結果で終えることができ、充実した気持ちで新年を迎える態勢が整った次第。ただし、これで終わりではなく、もう一つ最後の2歳GⅠがありますので、粛々と準備していきたいと考えております。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年12月20日 (木)

レイデオロは"危険な人気馬"??(有馬記念)

【 有馬を制する者が「賞金王」を制す?(調教師部門) 

Tk1215

先週の勝ち星数は
「32勝」

これで新目標「30勝以上」については3週連続してクリアしましたが、昨日のブログでもふれましたとおりこのところ不調だったT評価馬が復調したのに対し↓、好調をキープしてしたA評価馬B評価馬が"そこそこ"の成績に終わってしまいましたので、又しても勝ち星数が伸び悩むことに。

ついては「昨年は『一昨年以上』。そして、今年は『昨年以上』」を達成するためにも「残り3日」(12/22、12/23、12/28)S評価馬T評価馬まで「総力戦」でもって勝ち星量産を目指すことにいたしましょう(←現時点で「勝利数」のみが昨年実績を下回っていますので・汗)。

さて、このところ毎週の如く取り上げている調教師部門のリーディング争いですが、勝利数に関してはトップの藤原厩舎を2番手から追う中竹厩舎が先週に1つ差を縮め「3勝差」としましたので、残り3日でその中竹厩舎が「連合軍」(↓の"注1"を参照)を強みを活かし藤原厩舎に何処まで迫れるか注目です。

そして、もう1つ注目なのが、「賞金王」(最多賞金獲得調教師)争い。現時点では国枝厩舎が第2位の藤原厩舎に約7千5百万円の差をつけてトップの座に着いていますが、残り3日で行われる4つの重賞に藤原厩舎が↓のとおり有力馬を出走させるのに対し、国枝厩舎は「0(ゼロ)」ですので、これら高額賞金レースの結果によっては藤原厩舎が逆転する可能性は十分。

【 藤原英昭厩舎の出走馬 】

有馬記念・GⅠ   パフォーマープロミス
中山大障害・GⅠ ルペールノエル
阪神C・GⅡ     ミスターメロディ
ホープフルS・GⅠ ヴァンドギャルド

また、1着賞金が「3億円」の有馬記念を制すれば、友道厩舎(総賞金第3位、シュヴァルグラン・マカヒキ)、池江厩舎(同第5位、サトノダイヤモンド)、音無厩舎(同第6位、ミッキーロケット)、中竹厩舎(同第7位、キセキ)、藤沢厩舎(同第8位、レイデオロ)にも"一発大逆転"の目が出てきますので、トップの国枝先生としては管理馬が出走していなくても肝を冷やしながらの?"目が離せないレース"になるのでは!?

■ 2018年12月9日終了時点 ■

Ttop1020181209

■ 2018年12月16日終了時点 ■

Ttop1020181216

(注1)↑の表において太い赤字で記載した「角居厩舎」は現在「休業中」であり、その管理馬全頭が赤字で記載した「中竹厩舎」へ転厩しています

(注2)「JRA賞」の調教師部門については(昨年の受賞者はコチラを)、「地方・海外の指定レースの成績を含む」とのこと。よって、JRAでの成績のみを記載した↑の表と違った結果(数字)になりますのでご注意下さい。




【 関東勢は全体的に平凡??(有馬記念) 】

今週末は、この1年を締め括るグランプリ、「有馬記念・GⅠ」が行われます。

過去5年で4度、的中している当方の得意レース。過酷な秋のGⅠロードの最終戦ですので、出来の良し悪しが最大のポイント。

今年、注目を集めるのはレイデオロですが1週前は好調教馬に該当せず。そして、今週は「美・南W」での最終追い切りですが、5Fは基準を下回る68秒前半止まり。1F12秒後半も目立たず、調教指数次第では"危険な人気馬"の可能性あり。


レイデオロ
美・南W 5F68秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価


その他の関東馬ではオジュウチョウサンが同じく「美・南W」での5F追い切り。5Fはレイデオロを上回る67秒後半でしたが、1F13秒前半ではB評価以上に該当するか微妙。

ミッキースワローは6F追い切りで83秒後半の好タイムをマーク。1F12秒後半も上々で、こちらはB評価以上の可能性大。サクラアンプルールも含めて、好調教馬に該当すれば穴で一考。


オジュウチョウサン
美・南W 5F67秒後半-1F13秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
サクラアンプルール
美・南W 6F84秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
ブラストワンピース
美・南W 5F--秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
ミッキースワロー
美・南W 6F83秒後半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価


関西馬に関しては明日、あさってのブログででも。

尚、「有馬記念・GⅠ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。




【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がコンビニでも 】


Eps201605a

コンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス)に設置されています
マルチコピー機を利用いたしまして「調教サイト 高中式」(PC版 携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。

Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年12月19日 (水)

コンマ6秒差の4着(ファンタジスト)

コンマ3秒差の7着(リナーテ) 

先週の「コラム推奨馬」は次の2頭。

「不均衡の是正」を理由にアメリカが中国からの輸入品に対して高率の関税を課す政策に打って出れば、中国もその報復としてアメリカからの輸入品に同様の措置を講じ米中間で「貿易戦争」が勃発。

そして、先日はアメリカがカナダで中国の某巨大通信会社の№2を詐欺の容疑で逮捕し、同社の製品の国内から排除するとしたうえで日本をはじめとした同盟国へもその旨の追随を呼ぶかけたところ、一私企業のことながら中国は国を挙げて猛反発の姿勢を示し、民間レベルではアメリカ製品(iPhone)だけでなく逮捕履行地のカナダ製品についても不買運動が起こり、この2大大国の関係は悪化の一途を辿ることに。

これについて当方の周りにいる政治評論家や時事評論家(すべて自称ですが・笑)の先生方の意見としては「これはアメリカの大統領と中国の国家主席による"出来レース"や。既に両国(と云うよりも大統領と国家主席の両者?)がそれぞれメリットを享受できるような解決策が用意されているんや」とする方もいれば「この世界レベルの主導権争いの結果により日本が現在の『アメリカの1つの州』(この決めつけ自体がそもそも…???)から『中国の1つの省』となる可能性は十分や」とする方も。

ただ、当方と云えば天下国家を語るよりも"超目先のこと"で頭の中は一杯。

ちなみにその"超目先のこと"とは
①まずはこの週末の「年末の大一番」(=有馬記念)
②継いで12/28の「中央競馬の最終日&銀行の最終営業日」

Dec2018x

であり、これらを無事にクリアし、心穏やかにお正月を迎えたいところですが、①は兎も角としても(有馬記念は毎年の"行事"ですから)②に関してはこれまで前例のないだけ未経験の事態だけに正直云ってかなり心配(汗・この年末の日程についてはコチラの記事も)。

《土曜日》
Co1215

《日曜日》
Co1216

(土曜・中山11R ターコイズS・GⅢ 2番 リナーテ 9番人気 7着)

馬群の中を手応え良く追走し、直線半ばでは上手く外に持ち出せましたが、その直後に内外の馬にはさまれたこともあり最後の伸びを欠いて7着。

ただ、時計的には勝ち馬とコンマ3秒差と着順が示すほど大きく負けた訳ではありませんし、古馬となってから初のオープン(重賞)、また、久々の「千六」であったこと(この1年は「千二&千四」のみ)を鑑みれば今後も大いに期待が持てるレース内容でしたので、同馬のことはしっかりと記憶に止め次走ではキッチリと今回の"損失補填"を!

Na121511

単勝
3
990円
5人気
複勝
3
400円
6人気
7
700円
10人気
6
1180円
13人気
馬連
3-7
15220円
枠連
2-4
6790円
馬単
3-7
29440円
3連複
3-6-7
131780円
3連単
3-7-6
690180円

Na121511a

購入額 7万5000円 払戻金 0円


(日曜・阪神11R 朝日杯FS・GⅠ 14番 ファンタジスト 3番人気 4着)

抜群のスタートを切りましたが、内枠勢が負けじと先行体制を取ったことで中団寄りの"外外(そとそと)"を回ることに。

そして、3コーナー過ぎから動いて前との差を詰めにかかるも(上り2位タイの末脚を駆使するも)、結局は内の絶好位を上手く立ち回った1~3着馬を捉え切れずに4着。

勝ち馬とはコンマ6秒差、そして、2着、3着馬とはコンマ2、3秒の差でしたが、この差については枠順及びそれに伴う道中の位置取りの差によるところが極めて大きかったと思われますので(これまでの3戦が「千二→千二→千四」と短距離戦だったこともあり、ユタカ騎手も初のマイル戦となる今回はスタートが決まっても距離を考慮し控えざるを得なかった?)、次走は好枠を引き当て?巻き返しを(マイル戦についてはこの1戦で目途を立てましたので)。

Ha121611

単勝
6
460円
2人気
複勝
6
130円
2人気
1
490円
9人気
2
110円
1人気
馬連
1-6
9710円
枠連
1-4
10060円
馬単
6-1
14240円
3連複
1-2-6
3340円
3連単
6-1-2
45180円

Ha121611a

Ha121611b

購入額 7万7000円 払戻金 0円


そして、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」ですが、8頭が馬券圏内を確保し、取り分け先々週まで不調に喘いでいたT評価馬が復調し「単複で~」に指名した6頭のうち5頭が馬券に絡むなど好調教馬たちは"それなり"の頑張りを見せてくれましたが(この件は明日にでも)、如何せん配当が殊のほか厳しかったこともあり多くの"取りガミ"を喰らってしまいましたので、この週末は年末の大一番となるレースを含め数多くのレースで「大物(おおもの)」をヒットさせ"大漁旗"を掲げることにいたしましょう。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年12月17日 (月)

「相手候補」のクリノガウディーが2着好走(朝日杯FS)

【 距離克服に期待も(朝日杯FS) 】

日曜は阪神で「朝日杯FS・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが14番・ファンタジスト。

攻め駆けする同馬は、1週前に「栗・坂路」で「4F49.5」と自己ベストを1秒更新する破格の時計をマーク。よって、強い牝馬も退け「JRA全GⅠ制覇」を目指す鞍上に導かれ「2歳王者」の座をもぎ取るシーンに期待した次第。


2

レースでは、スタートを決めると外枠の不利を埋め合わせるために極限のロスカットとも見て取れる位置をキープ。直線でもジワジワと迫ったものの、ロスなく立ち回った内枠の有力馬には及ばず4着まで。

そして、「相手候補」に指名したのが1番・クリノガウディー(A評価馬)、2番・グランアレグリア(B評価馬)、11番・ケイデンスコール(A評価馬)の好調教馬 3頭。


1

レースでは、2番手を進んだグランアレグリアの直後、枠なりにロスのない競馬運びを敢行したクリノガウディーが、9番人気の低評価を覆す走りでもって2着に健闘。調教指数がフロックではないことを証明してくれました。(故に「コラム推奨馬」の4着が痛恨でしたが…)

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年12月13日 (木)

1週前の「南・ポリ」追いから一転(朝日杯FS)

【 中内田厩舎の逆襲!? 

Tk1208

先週の勝ち星数は
「33勝」

これで新目標「30勝以上」は先々週に続きクリアしましたが、このところA評価馬B評価馬の好成績を挙げているのに対し、T評価馬の成績がイマイチで勝ち星数が伸び悩む状況が続いていますので、この週末に登場するT評価馬には今年最後となる中京開催でもって「ローカルを得意とするT評価馬が面目躍如!」となるよう発破(データ上のことですが)をかけておくことにいたしましょう。


さて、先週のブログでも書きましたとおり大詰めに差し掛かり調教師部門のリーディング争いが激化してきましたが、勝利数に関してはトップを走り続けている藤原厩舎を2番手から追う圧倒的な出走頭数を誇る矢作厩舎が先週、未勝利に終わって第2位の座を中竹厩舎へ明け渡すことになり、トップと第2位の差は先々週までと変わらず依然として「4勝」。よって、残る開催が「2週半」(開催日ベースで5日間)と少なくなりましたので、リーディングに関しては「藤原厩舎の逃げ切り濃厚」と云ったところでしょうか?

そして、その藤原厩舎を「5冠王」の座から引きずり下ろし、勝率部門でトップの座を守り続けてきたのが中内田厩舎ですが、10月に入ってから一時の勢いに陰りが見え、先々週終了時点でその勝率も木村厩舎に抜かれて第2位へ陥落。

それでもってこのブログでは上昇一途の木村厩舎や巻き返しをはかる池江厩舎を注目厩舎として取り上げてきたのですが(中内田厩舎はノーマーク・失礼)、又しても当方の愚行を嘲笑うかのようにその中内田厩舎はダノンファンタジー号で「阪神JF・GⅠ」を制し、勝率もトップへと返り咲き。

同厩舎は賞金獲得額こそ第12位ですが、それ以外の4部門では「勝利数・第8位、勝率・第1位、連対率・第2位、複勝率・第2位」と「トップ10入り」を果たす極めて優秀な成績を収めており、やっぱり?馬券検討には必要且つ欠くべからざる厩舎ですので、改めまして中内田厩舎の管理馬には今後も要注目です。

■ 2018年12月2日終了時点 ■

Ttop1020181202
■ 2018年12月9日終了時点 ■

Ttop1020181209
(注)↑の表において太い赤字で記載した「角居厩舎」は現在「休業中」であり、その管理馬全頭が赤字で記載した「中竹厩舎」へ転厩しています。




【 関東勢ではサウジアラビアRC組に注目(朝日杯FS) 】

今週は阪神で当方が得意とする2歳戦の「朝日杯FS・GⅠ」が行われます。

牡馬の頂点を決める一戦ながら、注目を集めるのは牝馬のグランアレグリア。

1週前は負荷の軽い「南・ポリ」での追い切り。最近は同コースでの追い切りを主体としている藤沢和雄厩舎はチャレンジCのレイエンダ、阪神JFのシェーングランツで馬券圏外。

注目の今週は「美・南W」での追い切り。同コースに変更した点は評価できますが、5F68秒前半では軽い印象。好調教馬に該当するかご注目下さいマセ。


グランアレグリア
美・南W 5F68秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価


その他の「美・W」組ではドゴールが5F追い切りを消化。1F12秒後半は上々ですが、5F68秒前半も含めて、調教指数はグランアレグリアと互角。

関東馬は全体的に軽めの時計が並んでおり、中間の調教指数に要チェック。


エメラルファイト
美・南W 5F68秒前半-1F13秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
ドゴール
美・南W 5F68秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
マイネルサーパス
美・南W 5F69秒後半-1F13秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


尚、「朝日杯FS・GⅠ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。




【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がコンビニでも 】


Eps201605a

コンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス)に設置されています
マルチコピー機を利用いたしまして「調教サイト 高中式」(PC版 携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。

Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年12月12日 (水)

2歳牝馬らしかぬ根性で「戴冠」(ダノンファンタジー)

S評価馬&元・S評価馬の活躍で90万円弱の払戻 

先週の「コラム推奨馬」は土曜日のオールイズウェル(阪神9R)が出走取消となったため次の1頭。

「あおり運転」に起因して東名高速道路上でご夫婦が亡くなられ娘さんたち2人が怪我をした事件について、その被告人が「危険運転致死傷罪」などの罪に問われている裁判(裁判員裁判)の判決がこの14日(金)にあります。

そして、この件に関して若干の"私見"を交えた記事を正に"ここ"で書いたのですが、アップする前に少し腑に落ちないことがあったので、時事評論家(自称ですが)の○○さんへ意見を求めることに。

勿論、"私見"と云っても報道でしか事実関係を知る由もない当方ですので(その報道でさえ正確であるのか、また、場合によっては真実であるのかさえも確認しようがありませんので)、深く突っ込むことなく自分ではかなり「距離を置いた意見」と思って書いたのですが、○○さんからは「仲間内で話をする分には何の問題もないと思うけど、これに類する案件については誰でもが読んだり聞いたりすることの出来る場で意見を述べるのは控えるべき」とのご指示・ご指導を賜った次第(←その理由については少々差し障りがありますので…汗)。

ただ、当方の私見云々はさておいてもこの事件に関しては14日の判決がどのようなものであろうとも高等裁判、更に最高裁判所の判断を仰ぐことになるのは必至だと思われますので、誰に語らずとも当方なりの考えを内に秘めながら今後の推移を見守りたいと存じます。

《日曜日》
Co1209

(日曜・阪神11R 阪神JF・GⅠ 13番 ダノンファンタジー 1番人気 1着

直線入り口で2着馬に被せかけられた時はヒヤリとしましたが、そこから2歳牝馬らしかぬ根性を見せ、長く続いた競り合いの間も一度とたりともその2着馬に前へ出られることなくゴール前ではもう一伸びして1着

ただ、通常であれば「これで『2歳女王』(最優秀2歳牝馬)に輝き…」となるはずなのですが、もし、新馬戦で後塵を拝したグランアレグルアがこの週末の「朝日杯FS・GⅠ」で牡馬を蹴散らして「戴冠」となれば…!?

Ha1209111

Ha1209112

単勝
13
260円
1人気
複勝
13
120円
1人気
9
140円
2人気
11
160円
3人気
馬連
9-13
640円
枠連
5-7
520円
馬単
13-9
1190円
3連複
9-11-13
1310円
3連単
13-9-11
5020円


Ha120911a

Ha120911b

単勝 260円 3連複(9-11-13) 1310円 馬連(9-13) 640円
購入額 8万9500円 払戻金 14万2950円


そして、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」には3頭のS評価馬と4頭の元・S評価馬がいましたが、その成績は(1-3-2-1)

残念ながら勝ち切ったのは1頭だけでしたが、↓の4頭の活躍により馬券の方では"それなり"の儲けを手にすることができましたので(払戻が90万円弱で儲けが65万円弱)、この勢いでもって年末年始を優雅に過ごすべく週末に向けてデータ作成等の諸作業に注力することにいたしましょう(←忘年会で体力を消耗し過ぎないよう留意してながら・汗)。

(土曜・中京10R 浜名湖特別 5番 エオリア 3番人気 1着

Cy120810

単勝
5
510円
3人気
複勝
5
220円
3人気
12
970円
12人気
8
530円
9人気
馬連
5-12
15630円
枠連
3-6
3420円
馬単
5-12
25320円
3連複
5-8-12
89220円
3連単
5-12-8
396580円


Cy120810a

単勝 510円 複勝 220円 馬連(5-12) 15630円
購入額 6万5000円 払戻額 33万8800円


(土曜・中京11R 中日新聞杯・GⅢ 12番 ストロングタイタン 7番人気 3着

Cy120811

単勝
7
370円
1人気
複勝
7
190円
1人気
10
1030円
11人気
12
540円
9人気
馬連
7-10
15830円
枠連
5-6
2090円
馬単
7-10
23420円
3連複
7-10-12
46690円
3連単
7-10-12
264000円

Cy120811a

複勝 540円
購入額 5万3000円 払戻額 10万8000円


(土曜・中京12R 犬山特別 3番 グロワールシチー 12番人気 2着

Cy120812

単勝
11
2330円
10人気
複勝
11
700円
10人気
3
830円
12人気
15
440円
7人気
馬連
3-11
18140円
枠連
2-6
5650円
馬単
11-3
31660円
3連複
3-11-15
79760円
3連単
11-3-15
467170円

Cy120812a

複勝 830円 馬連(3-11) 18140円
購入額 5万7000円 払戻額 34万7400円


(日曜・阪神9R オリオンS 3番 アルメリアブルーム 5番人気 2着

Ha120909

単勝
8
290円
1人気
複勝
8
120円
1人気
3
210円
5人気
5
140円
3人気
馬連
3-8
1750円
枠連
馬単
8-3
1550円
3連複
3-5-8
1740円
3連単
8-3-5
7160円


Ha120909a

Ha120909b

複勝 210円 3連複(3-5-8) 1740円 馬連(3-8) 1750円
購入額 7万8000円 払戻額 10万4900円



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年12月10日 (月)

自己ベスト+ A評価(阪神JF)

【 3連勝で「2歳女王」の座へ 】

先週は阪神で2歳女王を決める一戦、「阪神JF・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのがダノンファンタジー。

前走後も「栗・坂路」でしっかりと乗り込まれながら2週前の金曜日には、4F52.5-1F12.2と自己ベストとなる好時計をマーク(追い切り日外につき指数は未算出)。

さらに、1週前には「栗・CW」で「A評価 & 順位5位」となる高指数を叩き出し、仕上がりは万全。前走時の追い切りではS評価 をマークしたように持てる能力は高く、デキの良さと能力の違いで「2歳女王」に輝くと確信した次第。


2

レースでは、後方をじっくりと進み直線で外に出すと楽々と後方一気の差し切り勝ち。新馬戦では今週末に登場する同世代の怪物に土をつけられてしまいましたが、再戦までは負けられんとばかりに3連勝でGⅠ制覇。

そして、「相手候補」の1頭が、11番・ビーチサンバ。こちらも1週前には「栗・CW」で《86.2》・A評価をマークしており、好仕上がりを確信できた1頭。


1

レースでは、中団から馬群を捌いてキッチリ3着を確保。


土曜は楽しみにしていた「コラム推奨馬」が出走取消となってしまい残念でしたが、その分を「調教から狙える好配当馬」にピックアップしたうちの3頭が好配当を連発。溜飲をいくらか下げてくれる走りを披露してくれた次第。

Photo

出走取消となってしまった「コラム推奨馬」にはS評価馬 の巻き返しに期待しつつ、次回の出走を待ちたいと思います。

馬券の詳細に関しては週中にでも。
 

Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年12月 6日 (木)

危険な人気の関東馬(阪神JF)

【 上昇一途の木村厩舎。そして、巻き返しをはかる池江厩舎 

Tk1202

先週の勝ち星数は
「32勝」

「早速のV字回復」
とまではいかずとも先々週に続きA評価馬B評価馬の活躍(取り分けB評価馬は単勝回収率・複勝回収率が共に100%超となるなど成績優秀)↑により新目標「30勝以上」をクリア。

ただ、これまた先々週に続き
T評価馬の成績がイマイチでしたので、残り2週となった中京開催で「ローカルを得意とするT評価馬」の本領を発揮して"勝ち星量産"を大いに期待する次第。


ところで、今年も残すところ「3週半」(開催日ベースで7日間)となりましたが、調教師部門のリーディング争いでは異変?が生じており、一時期は「勝利数・勝利数・連対率・複勝率・賞金獲得額」の5部門全てで独走態勢に入り「5冠王」の名をほしいままにしていた藤原厩舎が勝率が第4位まで下落し、賞金獲得額も1位の座から陥落↓。

更にリーディングの対象となる勝利数までも第2位の矢作厩舎に「4勝差」まで詰め寄られていますので(ちなみに先々週が終了した時点では「2勝差」にまで詰め寄られており)、その矢作厩舎はこと出走頭数の多さでは他厩舎の追随を許さないレベルにあるだけに今後の成り行きに目が離せません。

そして、そのリーディング争いとは別に当方が注目しているのが木村厩舎池江厩舎

木村厩舎は11/22のブログでも取り上げましたが、その後の成績も勝率に関しては堂々の「第1位」へ浮上するなど上昇一途。

また、昨年は第2位の藤原厩舎に8勝という大差をつけてトップトレイナーの座に輝いた池江厩舎も「勝利数~」の5部門で全て「トップ10入り」を果たすなど今年に入ってからの不振を脱却しつつありますので、多くの出走馬が馬券圏内を賑わすこの2厩舎には要注目です。

■ 2018年12月2日終了時点 ■

Ttop1020181202
(注)↑の表において太い赤字で記載した「角居厩舎」は現在「休業中」であり、その管理馬全頭が赤字で記載した「中竹厩舎」へ転厩しています。




【 2週続けて負荷の軽い「美・ポリ」追い(阪神JF) 】

今週は阪神で「阪神JF・GⅠ」が行われます。

関東馬の大半は「美・W」組で追い切りを消化。グレイシアは5F66秒後半の好タイムをマーク。1Fは13秒前半を要しているものの、
B評価 以上の可能性アリ。前走は大敗したものの、侮れない1頭である可能性あり。


アフランシール
美・南W 5F70秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
ウインゼノビア
美・南W 5F68秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
グレイシア
美・南W 5F66秒後半-1F13秒前半 ⇒
調教指数《??》・?評価
トロシュナ
美・南W 5F--秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価


人気の一角は関東馬のシェーングランツ。1週前・好調教馬に該当していませんでしたが、今週も含めて2週続けて負荷の軽い「美・ポリ」追い切り。初めての長距離輸送を考慮して、軽めの調整内容。今回に関しては"危険な人気馬"の可能性大。


関西馬に関しては明日、あさってのブログででも。

尚、「阪神JF・GⅠ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。




【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がコンビニでも 】


Eps201605a

コンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス)に設置されています
マルチコピー機を利用いたしまして「調教サイト 高中式」(PC版 携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。

Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年12月 5日 (水)

距離延長と力のいる馬場で西陽を背負って?巻き返し(ケイティブレイブ)

相手なりに走れる強味を活かし(アドマイヤエイカン) 

先週の「コラム推奨馬」は次の2頭。

先週半ばにコラムニストの勝谷誠彦氏がご逝去。同氏は出身が同じ阪神間であり、何と言っても"同じ年生れ"と云うことで当方が一方的に親近感を抱いていた人物の一人(当方が「2月生れ」であるのに対し、同氏は「12月生れ」ですので、所謂「学年は1つ違い」ということになりますが)。

昨年3月まで放送されていたこの番組で同氏の姿を見るにつけ「えらい老けてしもて大丈夫かいな?」と気にはなっていたのですが、「まさかこんなに早くに…(絶句)」と云ったところであり、同じ年の者として無念の急逝に胸を痛めた次第。ご冥福を心からお祈り申し上げます(合掌)。

なお、同氏のスタッフの方のお話によればこの8月に生死を彷徨う重篤な状態に陥り奇跡的な回復を遂げたものの、その後もお酒が止められなかったとのこと。

11月の半ばから既に○件もの忘年会をこなし、更に年末までに○件もの予定が入っている当方ですので(今年は6月以降の地震・酷暑・台風等々の影響により平素の"お付き合い"が激減していていただけに、ここに来て宴席が集中した感)、己の年齢を重々に意識した振る舞いを心掛けたいと存じます(←と云いながら昨夜も2軒でお開きの予定が3軒、4軒と…汗)。

《土曜日》
Co1201

《日曜日》
Co1202

(土曜・中山11R ステイヤーズS・GⅡ 12番 アドマイヤエイカン 2番人気 2着

前走で勝ち味の遅さを払拭しアルバートを除けば手薄なメンバーを相手に連勝が期待できましたが、残念ながら勝ち馬に完敗の2着。

ただ、今回は古馬になってから3年ぶりとなる重賞挑戦だったことを鑑みれば健闘の部類に入るレースぶりでしたので、今後は相手なりに走れる強みを活かして馬券圏内を賑わせて貰いたいところです(←「アタマ(1着=単勝)を狙うには・・・」ですが"相手候補&ヒモ候補"には最適!?)。

Na120111

単勝
11
390円
1人気
複勝
11
150円
2人気
12
140円
1人気
3
160円
3人気
馬連
11-12
760円
枠連
7-7
730円
馬単
11-12
1430円
3連複
3-11-12
1490円
3連単
11-12-3
5760円


Na120111a

3連複(3-11-12) 1490円 馬連(11-12) 760円
購入額 7万3000円 払戻金 3万0100円


(日曜・中京11R チャンピオンズC・GⅠ 8番 ケイティブレイブ 2人気 11着)

JRA・GⅠと相性が悪いのか?今年2月のフェブラリーSに続いて11着に大敗。

月曜日のブログでもふれましたとおり鞍上によれば「返し馬が終わっても物見をしていたし、4コーナーで西陽も気にしていた」とレースに全く集中していなかったようですので、年末の東京大賞典(大井・ダート2000m)では距離延長と力のいる馬場を味方に西陽を背負って?巻き返しを。

Cy120111

単勝
2
190円
1人気
複勝
2
110円
1人気
12
440円
7人気
9
200円
3人気
馬連
2-12
3000円
枠連
2-7
2250円
馬単
2-12
3890円
3連複
2-9-12
6090円
3連単
2-12-9
27310円


Cy120211a

購入額 6万8000円 払戻金 0円


そして、先週は「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」は8頭が馬券圏内を確保。

そのうち儲けを出せたのは↓の3頭のみと他の5頭では"取りがみ&歯軋り"を連発しましたが、多くの「調教から・・・」たちが馬券圏内を賑わせてくれタラレバながら「もうちょっと頑張ってくれていれば馬券の方も…(涙)」と云った状況でしたので、この週末に登場する好調教馬たちにはその「もうちょっとの頑張り」でもって状況一変を!

(土曜・中京6R 3歳上500万下 14番 アプルーヴァル 2番人気 2着

Cy120106

単勝
6
1000円
3人気
複勝
6
410円
6人気
14
230円
2人気
12
300円
4人気
馬連
6-14
4280円
枠連
3-7
2870円
馬単
6-14
9680円
3連複
6-12-14
11780円
3連単
6-14-12
88670円

Cy120106a

複勝 230円 馬連(6-14) 4280円
購入額 5万7000円 払戻額 8万8800円


(土曜・中京7R 3歳上500万下 14番 アプルーヴァル 2番人気 2着

Cy120107

単勝
3
2360円
9人気
複勝
3
610円
9人気
7
550円
8人気
11
340円
4人気
馬連
3-7
8340円
枠連
2-4
1710円
馬単
3-7
27290円
3連複
3-7-11
40770円
3連単
3-7-11
433640円

Cy120107a

複勝 340円
購入額 5万5000円 払戻額 6万8000円


(日曜・中京2R 3歳上500万下 5番 エイシンセラード 1番人気 1着

Cy120202

単勝
5
240円
1人気
複勝
5
140円
3人気
3
130円
2人気
9
220円
4人気
馬連
3-5
700円
枠連
3-4
300円
馬単
5-3
950円
3連複
3-5-9
2340円
3連単
5-3-9
6460円


Cy120202a

単勝 240円 馬連(3-5) 700円
購入額 6万2000円 払戻額 12万7000円



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年12月 3日 (月)

相手の2頭が馬券絡み(チャンピオンズC)

【 チャンピオンズCの回顧 】

日曜は中京で「チャンピオンズC・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのがケイティブレイブ。今回は1週前に「栗・CW」で《88》・A評価順位6位となる高指数をマーク。「中3週」のローテながら弛めることなく乗り込まれながら、ハードな攻めを消化。

1

レースでは、人気馬を見ながら8番手を進んだものの直線では伸びが見られず。鞍上による敗戦の弁にはよもやの「西陽を気にした」とのコメントまで。西陽を背負う形でゴールを目指す大井の舞台でのリベンジに期待と云ったところでしょうか。

そして、「相手候補」に指名したのがB評価馬のサンライズソア、そしてT評価馬 のウェスタールンド。2頭はそれぞれ、3・2着に健闘。断然人気馬との組み合わせでも3連単配当を2万馬券に押し上げた次第。


2

勝ったルヴァンスレーヴは、中間に目立つ調教指数をマークしておらず。まだまだ上昇の余地を大いに残す仕上げで、前走ではゴールドドリームを、今走ではケイティブレイブを破って、3歳にして国内ダートのトップ2を倒して頂点に立ちました。

末恐ろしい同馬の成長には今後も注目している次第。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年11月29日 (木)

昨年の「コラム推奨馬」のゴールドドリームに替わる「栗・坂路」組は??(チャンピオンズC)

【 今年も残すところ「4週半」 

Tk1124

先週の勝ち星数は
「17勝」ですが、先週は2場開催でしたので、この17勝を3場開催ベースに換算すると「25勝」(17勝÷2場×3場=25.5勝)。

先週はT評価馬の成績不振もあって残念ながら新目標「30勝以上」をクリアできませんでしたが、A評価馬B評価馬については↑のとおり好成績を維持しており(連対率と複勝率が高率だったのに対し、勝率が共に10%を若干割っているには少々不満ですが・汗)、また、この週末からはT評価馬の巻き返しが期待できるローカル開催(中京開催)もスタートしますので、ここは「早速のV字回復」でもって「師走競馬」の開幕を飾ることにいたしましょう。


さて、この土曜日からいよいよその「師走」(12月)へ突入し、中央競馬の方は残すところ「4週半」(最後は12/28のみの1日開催)となりましたが、現時点における好調教馬たちの今年の"通知簿"(成績表)は↓のとおり。

先月末と同様に勝率・連対率・複勝率」については昨年の実績を上回る数字をキープしていますが、「勝利数」については6月末から「33勝」と昨年の実績を1つ下回る数字を続けていますので、ここから迫る来る年末に向け文字通りのラストスパートでをかけ、一気に「34勝」を抜き去って?キッチリと通年の目標として掲げる「昨年は『一昨年以上』。そして、今年は『昨年以上』」を達成し、この目標を来年へと繋げていきたいと存じます。

■ 2018年10月28日終了時点 ■

Tds20181028

■ 2018年11月25日終了時点 ■

Tds20181125



【 今週の「栗・坂路」組は平凡??(チャンピオンズC) 】

今週は中京でダート界の王座を決める「チャンピオンズC・GⅠ」が行われます。

昨年は、当週に「栗・坂路」S評価にも迫る《93.5》・A評価をマークしたゴールドドリームを「コラム推奨馬」に指名。"それなり"の払戻金(儲け)を手中に納めることに成功。


(日曜・中京11R チャンピオンズC・GⅠ 9番 ゴールドドリーム 8番人気 1着

Cy120311

単勝
9
1300円
8人気
複勝
9
500円
8人気
13
230円
2人気
1
560円
9人気
馬連
9-13
4140円
枠連
5-7
1570円
馬単
9-13
9400円
3連複
1-9-13
27350円
3連単
9-13-1
158490円

Cy120311a

Cy120311b

単勝 1300円 複勝 500円 馬連(9-13) 4140円
購入額 7万7000円 払戻金 40万1400円


今年も期待していましたが、残念ながら大事をとって出走回避とのこと。

「栗・坂路」組ではJBCクラシックで健闘した3歳馬のオメガパフュームが追い切りを消化。尚、基準となる「20番時計」は4F51.9秒。4F52.8秒が基準を下回っている上に、1F13.3秒も平凡。

ケイティブレイブ、サンライズノヴァは1Fこそ12秒台ではあるものの、基準を1秒以上も下回っており該当するかは微妙なライン。全体的に平凡な時計が並んでおり、1週前までの調教指数をご確認下さいマセ。


インカンテーション
栗・坂路 4F54.3-1F13.3 ⇒調教指数《??》・?評価
ウェスタールンド
栗・坂路 4F53.1-1F12.5 ⇒調教指数《??》・?評価
オメガパフューム
栗・坂路 4F52.8-1F13.3 ⇒調教指数《??》・?評価
ケイティブレイブ
栗・坂路 4F53.6-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価
サンライズノヴァ
栗・坂路 4F53.5-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価
ヒラボクラターシュ
栗・坂路 4F52.8-1F13.1 ⇒調教指数《??》・?評価


ゴールドドリームの回避で伏兵にも3着以内のチャンスは十分。

尚、「チャンピオンズC・GⅠ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。




【 お知らせ 】

当方も常日頃から注視している「調教師=厩舎」について、今般、赤木一騎師匠橋浜保子社長が率いるJRDBさんの村山弘樹氏が↓の単行本を発刊されました。

Kyusya201811a

「『1強』と呼ばれる生産者」「外厩」と云った現在の厩舎を取り巻く環境にもふれ厩舎(調教師)や調教に関する様々な事項が詳細なデータに基づき分かりやすく解説されていますので、(毎度のフレーズで恐縮ですが)馬券を検討される際の一助となること必定です。皆様におかれましては是非にお買い求めのうえご一読下さいマセ!

ちなみに、同書の出版社は「競馬王」でお馴染みのガイドワークスさん。そして、ご担当なさったのは当方も懇意にさせていただいているAさんとのこと。

Aさん、当方との長年の懸案である「まりちゃん企画」に進展がありましたらご一報下さいマセ!何をさておいても上京させていただきますから!?

 ■ 厩舎力 陣営のクセを掴めば馬券は面白いように当たる! 


hyou1_1026


⇒「amazon」さんからのご購入はコチラ

●発売日
11月7日(水)

●著者
村山弘樹 JRDB監修

●価格
1944円(税込)

●出版社から
最新の厩舎事情から全厩舎のデータまで網羅した厩舎本です。データの頁では、リーディング順ではなく、特徴(=クセ)が強い厩舎を優先的に取り上げています。 各厩舎に対する、意外な発見が見つかるはずです!



【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がコンビニでも 】


Eps201605a

コンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス)に設置されています
マルチコピー機を利用いたしまして「調教サイト 高中式」(PC版 携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。

Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年11月28日 (水)

再び"コメント不要"の圧勝劇(アーモンドアイ)

この週末は気分良く地元・阪神での「師走競馬」へ 

先週の「コラム推奨馬」は次の2頭。

先週のブログで某大手自動車メーカー(以下「A社」といいます)のカリスマ経営者(以下「B容疑者」といいます)が「金融商品取引法違反」などの容疑で逮捕された件を取り上げましたが、当方の周りにいる論客の諸先生方から非難が集中したのは意外なことにB容疑者でなくA社自体の方。

ただ、その後、B容疑者のあきれるばかりの公私混同ぶりが次から次へと発覚するに至り「さすがにB容疑者を擁護?してきた先生方も…」と思っていたところ、彼ら曰く「A社の誰がどんな内容で検察と司法取引したか知らんけど、所詮、今の社長以下の連中も『B容疑者に逆らえば自分の地位と収入が・・・』てな保身しか頭にないからB容疑者の不正や超のつく我が儘を見て見ぬ振りし、場合によっては揉み手をしながら積極的に加担してきたんとちゃうんかぁ(怒)」とB容疑者そっちのけでA社の経営に携わる幹部たちを徹底非難。

更に、先般、A社の社長が社員向けに行った説明会についても「社員にしても『うちのトップにいる連中は今まで一体何をしてきたんや!?』との思いがあるから『社長から説明された事件の内容は報道の方が詳しいくらい。(説明会に)何の意味があったのか』なんて言われるんや」と先生方の勢いは増すばかり。

兎にも角にも、この事件については捜査も始まったばかりであり、(B容疑者だけでなく某国の自動車メーカーを通じた某国との国際問題?を含め)今後の進展を見守りたいところですが、A社の社員もぼやいていたとおり「表に出てくる事実・情報は氷山の一角であり、真実は藪(闇)の中」は世の常ですので…(←これに関しては時代を問わず万国共通!?よって競馬界・競馬業界も???)。

《土曜日》
Co1124

《日曜日》
Co1125

(土曜・京都11R 京都2歳S・GⅢ 6番 ブレイキングドーン 4番人気 2着

3コーナー過ぎにマクリ気味に上がって行き、直線入り口では前を行く各馬を一飲み・・・と云うところまでは良かったのですが、同馬の背後から忍び寄っていた?1番・クラージュゲリエ(B評価馬にして相手候補)が内からスルスルと伸びて来て、その後はこの2頭によるマッチレースとなるも同馬はマジックマンに?半馬身の後れを取って2着

ただ、3着以下については3馬身以上もチギりましたので、次走、そして、今後も引き続き注目したい1頭です(←ただし、このレースは頭数も揃わず出走各馬のレベルも…汗)。

Ky112411

単勝
1
280円
1人気
複勝
1
120円
2人気
6
140円
4人気
2
130円
3人気
馬連
1-6
730円
枠連
1-6
810円
馬単
1-6
1300円
3連複
1-2-6
720円
3連単
1-6-2
3840円

Ky112411a

3連複(1-2-6) 720円 馬連(1-6) 730円
購入額 7万6000円 払戻金 2万9100円


(日曜・東京11R ジャパンC・GⅠ 1番 アーモンドアイ 1人気 1着

前走時の回顧記事「コメント不要の圧巻を走りを披露し…」と書きましたが、今回は牡馬を含めた古馬の一流どころを相手にその"コメント不要の走り"が再現されることに。

そして、前走時以上に「早く次のレースを見てみたい」との強い衝動をかき立てらることにはなりましたが、彼女はまだまだ成長途上にある乙女ですので、これからも心躍らされるレースを期待しつつ何をさておき「無事これ名馬」であらんことを心から願う次第です(←類い稀なる高性能エンジンを搭載した彼女のこと故に杞憂に終わるものと思われますが、高速馬場における"大レコード駆け"による反動も少し気になりますし…)。

To112511

単勝
1
140円
1人気
複勝
1
110円
1人気
8
160円
4人気
11
150円
2人気
馬連
1-8
590円
枠連
1-5
600円
馬単
1-8
700円
3連複
1-8-11
960円
3連単
1-8-11
2690円


To112511a

To112511b

3連複(1-8-11) 960円 馬連(1-8) 590円
購入額 9万2000円 払戻金 7万8200円


そして、先週は「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」は6頭が馬券圏内を確保し、↑の推奨馬と同様に取りガミも多かったものの↓の3頭では"そこそこ"の儲けを手にしましたので(93万円弱の払戻と75万円強の儲け)、この週末からスタートする地元・阪神での「師走競馬」へ気分良く向かうことに(←重賞、取り分けGⅠでしっかりと儲けを叩き出すことを肝に据え!)。

(土曜・京都12R 3歳上1000万下 14番 エントシャイデン 4番人気 1着

Ky112412

単勝
14
950円
4人気
複勝
14
280円
5人気
13
130円
1人気
7
350円
7人気
馬連
13-14
1210円
枠連
8-8
1280円
馬単
14-13
3070円
3連複
7-13-14
4210円
3連単
14-13-7
26660円

Ky112412a

単勝 950円 複勝 280円 馬連(13-14) 1210円
購入額 5万3000円 払戻額 25万8100円


(日曜・京都2R 2歳未勝利 15番 テルモードーサ 7番人気 1着

Ky112502

単勝
15
1020円
7人気
複勝
15
290円
7人気
6
450円
8人気
10
180円
1人気
馬連
6-15
8840円
枠連
3-7
4670円
馬単
15-6
15160円
3連複
6-10-15
11750円
3連単
15-6-10
76790円


Ky112502a

単勝 1020円 複勝 290円 馬連(6-15) 8840円
購入額 5万7000円 払戻額 35万0400円


(日曜・京都12R 京阪杯・GⅢ 3番 ダノンスマッシュ 1番人気 1着

Ky112512

単勝
3
340円
1人気
複勝
3
180円
1人気
6
1080円
12人気
8
1230円
16人気
馬連
3-6
14990円
枠連
2-3
3550円
馬単
3-6
23220円
3連複
3-6-8
90040円
3連単
3-6-8
541480円

Ky112512a

単勝 340円 馬連(3-6) 14990円
購入額 6万7000円 払戻額 31万9900円



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年11月26日 (月)

レベルの高い「2週連続の好調教」(ジャパンC)

従来のレコードをも大幅に更新 】

日曜は東京で今年最後の大一番、「ジャパンC・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが1番・アーモンドアイ。

前走は"コメントいらず"の圧巻の走りを披露しアッサリと「3冠」を達成した同馬。そして、一週前・当週と、その前走時をしのぐ抜群の追い切りをこなし「S評価A評価」とレベルの高い「2週連続の好調教」

今回は牡馬を含めた初の古馬一線級との戦いになるが、3冠全てで圧勝劇を演じた同馬の実力をもってすれば心配に及ばず。ここを制して「世代の女王」から「競馬界の女王」へと称号を塗り替えるであろうと確信した次第。


1

レースでは、懸念された最内枠でも難なく好位を確保し、キセキの刻むハイラップを2番手で追走。直線半ばで先頭に立つと、驚異的なスピードで古馬を圧倒。その称号のみならず、従来のレコードをも大幅に塗り替える完勝劇。

そして、「相手候補」の1頭が、8番・キセキ(B評価馬)。遠征しつつ「中二週」→「中三週」のハードなローテを歩みながらも、今回も好調教馬に該当していた点を評価した次第。


2

レースでは、果敢に先頭を奪ってハイラップを刻み、大いに見せ場のある2着に健闘。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年11月22日 (木)

牝馬3冠馬が更に状態アップ??(ジャパンC)

【 木村哲也厩舎 

Tk1117

先週の勝ち星数は
「32勝」

これで
新目標「30勝以上」については「3週連続」してクリアしましたが、最近、くどいくらい申し上げている「大台(40勝)到達」については又しても達成出来ませんでしたので、勝ち星を量産して「昨年は『一昨年以上』。そして、今年は『昨年以上』」を達成すべくこの週末から年末にかけて登場する好調教馬たちへは「鞭の入れ方」を強化したいと存じます(←"鞭を入れる"と云っても「データ」の上からですが。となると鞭を入れるべきは好調教馬へではなくデータを作成している当方!?・笑)。


ところで、先週の「マイルCS・GⅠ」で見事に戴冠を果たした3歳馬のステルヴィオは美浦の木村哲也厩舎の管理馬。

同厩舎については9/20のブログにおいて「 ~ 藤原厩舎の勝率が若干低下気味なのに対し(それでも超ハイレベルな数字であることは間違いありませんが)、中内田厩舎は現状を下げることなくキープし、しかも、「勝率部門・第3位」木村厩舎もこの上位2厩舎を猛追。 ~ 今週末に登場するこの抜群の成績を誇る3厩舎の管理馬を要チェックです!」と当方が注目する厩舎として取り上げましたが↓、

■ 2018年9月17日終了時点 ■

Ttop1020180917

このところの成績が若干下がり気味だったこともあり、先週のブログでは同厩舎のことを全く触れずじまいだったところ↓、当方の浅はかさを嘲笑うかのようにいきなりの初GⅠ制覇(木村先生、大変失礼いたしました・汗)。

■ 2018年11月11日終了時点 ■

Ttop1020181111
この木村厩舎に関しては↓で紹介する「厩舎力」においてもノーザンファームとの関わりが非常に深いことから「ノーザンFの申し子」として今後の飛躍が期待される厩舎に取り上げられており、また、マイルCSを制したことで賞金獲得高も「トップ10入り」を果たして「勝利数・勝利数・連対率・複勝率・賞金獲得額」の5部門全てでトップ10に名を連ねるに至りまましたので(5部門全てで「トップ10入り」は同厩舎と藤原厩舎、藤沢厩舎、友道厩舎の4厩舎だけ)↓、先週は"ノーマーク"にしておきながら誠に恐縮ですが(汗)、同厩舎の管理馬には要注目です。

■ 2018年11月18日終了時点 ■

Ttop1020181118
(注)↑の表において太い赤字で記載した「角居厩舎」は現在「休業中」であり、その管理馬全頭が赤字で記載した「中竹厩舎」へ転厩しています。




【 「美・南W」の時計が掛かる馬場では好時計(ジャパンC) 】

今週は今年の東京では最後の大一番、「ジャパンC・GⅠ」が行われます。

今年の注目は何と言っても史上5頭目の牝馬3冠を達成のアーモンドアイ。オークス以来の実戦となった秋華賞は「美・坂路」「美・南W」を併用して、「2週連続好調教」に該当。


1

大幅な相手強化だけに、いくら同馬とは云え秋華賞と互角、或いはそれ以上の仕上がりが必要になる一戦。

今回は「美・南W」で追い切って、6F83秒前半は一見すると平凡なタイムですが、今週は全体的に時計の掛かる馬場状態。恐らくは好調教馬に該当。


アーモンドアイ
美・南W 6F83秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価


その他の関東馬はサトノクラウンが最終追い切りを消化。ただし、こちらは負荷の軽い4F追い切り。休み明けで仕上がりが重要、中間の調教指数をご確認下さいマセ。

ミッキースワローは6F追い切りですが、85秒前半はいくら時計の掛かる馬場状態とは云え、あまりにも目立たない時計。この2頭はどちらも平凡。


サトノクラウン
美・南W 5F--秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
ミッキースワロー
美・南W 6F85秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価


アーモンドアイは高指数の可能性を秘めていますので、B評価以上か、A評価に届くのか、そして古馬相手に通用の内容と云えるのか、注目しています。


尚、「ジャパンC・GⅠ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。




【 お知らせ 】

当方も常日頃から注視している「調教師=厩舎」について、今般、赤木一騎師匠橋浜保子社長が率いるJRDBさんの村山弘樹氏が↓の単行本を発刊されました。

Kyusya201811a

「『1強』と呼ばれる生産者」「外厩」と云った現在の厩舎を取り巻く環境にもふれ厩舎(調教師)や調教に関する様々な事項が詳細なデータに基づき分かりやすく解説されていますので、(毎度のフレーズで恐縮ですが)馬券を検討される際の一助となること必定です。皆様におかれましては是非にお買い求めのうえご一読下さいマセ!

ちなみに、同書の出版社は「競馬王」でお馴染みのガイドワークスさん。そして、ご担当なさったのは当方も懇意にさせていただいているAさんとのこと。

Aさん、当方との長年の懸案である「まりちゃん企画」に進展がありましたらご一報下さいマセ!何をさておいても上京させていただきますから!?


 ■ 厩舎力 陣営のクセを掴めば馬券は面白いように当たる! 


hyou1_1026


⇒「amazon」さんからのご購入はコチラ



●発売日
11月7日(水)

●著者
村山弘樹 JRDB監修

●価格
1944円(税込)

●出版社から
最新の厩舎事情から全厩舎のデータまで網羅した厩舎本です。データの頁では、リーディング順ではなく、特徴(=クセ)が強い厩舎を優先的に取り上げています。 各厩舎に対する、意外な発見が見つかるはずです!




【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がコンビニでも 】


Eps201605a

コンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス)に設置されています
マルチコピー機を利用いたしまして「調教サイト 高中式」(PC版 携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。

Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年11月21日 (水)

「これも競馬のうち」として再び"底を見せていない存在"へと(モズアスコット)

もう一頑張りして気分良く「師走競馬」へ! 

先週の「コラム推奨馬」は次の2頭。

この月曜日の夜、瀕死の状態に陥っていた某大手自動車メーカー(以下「A社」といいます)で「奇跡のV字回復」を成し遂げたカリスマ経営者(以下「B容疑者」といいます)が「金融商品取引法違反」などの容疑で逮捕されると云うショッキングなニュースが飛び込んできました。この一報を入った途端、当方の周りにいる論客の先生方からはB容疑者が"強欲な外国人経営者"として格好の的になるものと思ったところ、昨日の早い段階で皆さん方の非難が集中したのはB容疑者でなく、A社の社長が行った記者会見の内容。

皆さんによれば「『残念をはるかに超えて強い憤り、落胆を覚える』なんて他人事にみたいに言いやがってアンタらも同罪や」とか「不正が阻止できなかったのは『権限が集中しすぎていた』とか言い訳しとったけど、どこかのボ○シング協会で起こった出来事やないねんから日本を代表するトップ企業の社長が記者会見と云う公の場で口にするレベルの話やないで」と云うことであり、話を聞いているとB容疑者よりもA社の方へ矛先が向いているようでしたが、その後、現段階においてはこの事件の背景としてB容疑者指導の下にA社の筆頭株主である某国の大手自動車メーカー、ひいてはその会社の筆頭株主である某国自体がA社を取り込もうと画策していたことがクローズアップされるようになりましたので、論客の先生方がこれまでの持論をどのように展開されるか見物です(←これまでのB容疑者擁護から一変し…失礼・笑)。

ただし、早くも月末も近づきつつありますので、当方相手に講演会?を催される際は先般から申し上げておりますとおり茶飲み話の範疇でお願いできましたら大変助かります(笑笑)。

ちなみに当方の同窓生(同級生)がそのA社に就職していたのですが、彼と親しい友人から聞いた話によると、B容疑者が会社のトップに就任し、大規模な工場閉鎖やリストラを断行して「コストカッター」の名をほしいままにしていた時、彼はその実行部隊として所謂「首切り役」に抜擢され社内の人間からは「ゲシュタポ」と呼ばれ恐れられるまでに至ったところ、(その職務に耐えかねた否かは定かでありませんが)彼は早い時期にA社を去ったとのことでした。

B容疑者の元で「V字回復」の一端を担ってきた彼故にこの度の事件ついては様々な思いがあるのではないかと察せられますので、一度彼からは茶飲み話ではなくジックリと時間を取って話を聞いてみたいところです。

《土曜日》
Co1117

《日曜日》
Co1118

(土曜・東京11R 東スポ杯2歳S・GⅢ 5番 ヴァンドギャルド 4番人気 3着

直線で馬群の中から抜け出した時は「よっしゃー!」と云ったところでしたが、そこからの伸びが案外で内と外の2頭に競り負けて3着

ただ、「2戦でいきなりの重賞」と云う状況を鑑みれば健闘の部類に入る結果でしたので、3走目で更なる上積みが見込める次走が楽しみです。

なお、相手に据えたもう1頭のS評価馬、7番・ヴェロックスは直線半ばで他馬に思い切っりぶつけられながらも上位3頭と差がない4着。こちらも当然のことながら巻き返しが十二分に期待出来ますので、今後もこのS評価馬2頭には注目です。

To111711

単勝
2
3840円
8人気
複勝
2
760円
8人気
4
670円
7人気
5
280円
4人気
馬連
2-4
24750円
枠連
1-2
4510円
馬単
2-4
57730円
3連複
2-4-5
58480円
3連単
2-4-5
593030円


To111711a

複勝 280円
購入額 9万4000円 払戻金 7万円


(日曜・京都11R マイルCS・GⅠ 8番 モズアスコット 1人気 13着)

月曜日のブログでもふれましたとおり「(他馬にぶつけられて)もう少しで落ちるくらいでした」(鞍上の談)と云う大きな不利があっての13着大敗(鞍上のルメール騎手は土曜日↑に続いて不利を受け"ツイてない週末"・泣)。

よって、今回は「参考外」ですので(レース中のアクシデントや大敗による精神的ダメージが少々心配ですが)、「これ(不利)も競馬のうち」として次走以降では再び"底を見せていない存在"であることを大いにアピールする走りを披露して貰いたいところです。

Ky1118111

Ky1118112

単勝
8
380円
2人気
複勝
8
170円
2人気
14
130円
1人気
6
650円
12人気
馬連
8-14
580円
枠連
5-8
590円
馬単
8-14
1170円
3連複
6-8-14
7470円
3連単
8-14-6
28690円

Ky111811a

Ky111811b

購入額 7万6000円 払戻金 0円


そして、先週は「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」は8頭が馬券圏内を確保し、↓の5頭では"それなり"の儲けがありましので(112万円強の払戻と83万円強の儲け)、この週末で最後となる京都開催でもう一頑張りし気分良く「師走競馬」へ向かうことにいたしましょう!


(土曜・福島4R 2歳未勝利 12番 レターオンザサンド 12番人気 1着

Fu111704

単勝
15
740円
5人気
複勝
15
240円
4人気
14
170円
2人気
10
760円
10人気
馬連
14-15
1090円
枠連
7-8
670円
馬単
15-14
2360円
3連複
10-14-15
9760円
3連単
15-14-10
39650円

Fu111704a

単勝 780円 複勝 300円 馬連(5-12) 3900円
購入額 5万5000円 払戻額 25万5000円


(土曜・福島9R 3歳上500万下 13番 ヒロイックアゲン 1番人気 1着

Fu111709

単勝
13
420円
1人気
複勝
13
150円
1人気
9
160円
2人気
5
160円
3人気
馬連
9-13
1240円
枠連
5-7
770円
馬単
13-9
2410円
3連複
5-9-13
1620円
3連単
13-9-5
9240円


Fu111709a

単勝 420円 馬連(9-13) 1240円 3連複(5-9-13) 1620円
購入額 6万円 払戻額 10万4500円


(日曜・京都5R 2歳新馬 4番 リーガルメイン 5番人気 2着

Ky111804

単勝
1
380円
2人気
複勝
1
260円
2人気
4
610円
5人気
7
380円
4人気
馬連
1-4
3050円
枠連
1-4
3230円
馬単
1-4
5070円
3連複
1-4-7
5040円
3連単
1-4-7
25770円


Ky111805a

複勝 610円 馬連(2-5) 3050円
購入額 5万6000円 払戻額 18万3000円


(日曜・京都」10R 衣笠特別 1番 テーオービクトリー 2番人気 1着

Ky111810

単勝
1
340円
2人気
複勝
1
210円
2人気
3
1350円
6人気
馬連
1-3
9870円
枠連
馬単
1-3
12180円
3連複
1-3-5
8070円
3連単
1-3-5
67640円


Ky111810a

単勝 340円 馬連(1-3) 9870円
購入額 6万5000円 払戻額 41万6750円


(日曜・福島6R 3歳上500万下 13番 フュージョンロック 1番人気 1着

Fu111806

単勝
13
300円
1人気
複勝
13
170円
2人気
14
490円
9人気
15
340円
6人気
馬連
13-14
2580円
枠連
7-8
1010円
馬単
13-14
4040円
3連複
13-14-15
9910円
3連単
13-14-15
35030円


Fu111806a

Fu111806b

単勝 300円 馬連(13-14) 2580円 3連複(13-14-15) 9910円 
購入額 5万6500円 払戻額 16万5350円



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年11月15日 (木)

間隔が詰まっても攻めの調整(マイルCS)

【 厩舎力 

Tk1110

先週の勝ち星数は
「31勝」。3週前には8/11・8/12以来となる「30勝割れ」を喫しましたが、その直後から早速のV字回復を見せ新目標「30勝以上」については先々週に続いてクリア。

ただ、先週も
「大台(40勝)」が十分に狙える強力な布陣で臨んだにも拘わらず勝ち星数が伸び悩んでしましいましたたので(ローカルを得意とするT評価馬たちノルマ?を達成できなかったこともあり・汗)、くどいようですが「今週こそは!」と云ったところです


さて、今年も残すところ1ケ月半となりましたが、調教師部門におけるリディーング争いについては、「勝率部門」中内田厩舎とデットヒートを繰り広げる藤原厩舎「勝利数・連対率・複勝率・賞金獲得額」の4つ部門でトップの座を維持し現時点で「4冠王」

ただ、勝利数及び賞金獲得額の2部門についても猛追する2位以下の厩舎に若干ながら差を詰められつつありますので、リーディング争いをする成績上位厩舎の動向には要注目です。

■ 2018年9月17日終了時点 ■

Ttop1020180917


■ 2018年11月11日終了時点 ■

Ttop1020181111
(注)↑の表において太い赤字で記載した「角居厩舎」は現在「休業中」であり、その管理馬全頭が赤字で記載した「中竹厩舎」へ転厩しています。


ところで、↑のとおり当方も常日頃から注視している「調教師=厩舎」について、今般、赤木一騎師匠橋浜保子社長が率いるJRDBさんの村山弘樹氏が↓の単行本を発刊されました。

Kyusya201811a

「『1強』と呼ばれる生産者」「外厩」と云った現在の厩舎を取り巻く環境にもふれ厩舎(調教師)や調教に関する様々な事項が詳細なデータに基づき分かりやすく解説されていますので、(毎度のフレーズで恐縮ですが)馬券を検討される際の一助となること必定です。皆様におかれましては是非にお買い求めのうえご一読下さいマセ!

ちなみに、同書の出版社は「競馬王」でお馴染みのガイドワークスさん。そして、ご担当なさったのは当方も懇意にさせていただいているAさんとのこと。

Aさん、当方との長年の懸案である「まりちゃん企画」に進展がありましたらご一報下さいマセ!何をさておいても上京させていただきますから!?


 ■ 厩舎力 陣営のクセを掴めば馬券は面白いように当たる! 


hyou1_1026


⇒「amazon」さんからのご購入はコチラ



●発売日
11月7日(水)

●著者
村山弘樹 JRDB監修

●価格
1944円(税込)

●出版社から
最新の厩舎事情から全厩舎のデータまで網羅した厩舎本です。データの頁では、リーディング順ではなく、特徴(=クセ)が強い厩舎を優先的に取り上げています。 各厩舎に対する、意外な発見が見つかるはずです!




【 「栗・坂路」組は快調(マイルCS) 】

今週は京都で秋のマイル王を決める、「マイルCS・GⅠ」が行われます。

昨年は、1週前に「栗・CW」で《90.4》・A評価 をマークしていたペルシアンナイトが、絶好調の鞍上を背に戴冠。3歳馬での勝利は00年アグネスデジタル以来でした。


1

今年の注目はロジクライ。攻め駆けする同馬ですが、今回は1週前に「栗・坂路」A評価 の高指数をマーク。そして、今週も同コースでの最終追い切り。尚、今週の「栗・坂路」の基準となる「20番時計」は4F52.2秒。

基準を上回る4F51.4秒に加えて1F12.2秒も優秀。「2週連続好調教」に該当は確実。「中3週」でも加減なく攻め抜かれており、当週の調教指数がどこまで伸びるか注目している次第。


ロジクライ
(1週前)
栗・坂路 4F51.4-1F12.2 ⇒調教指数《90》・A評価
(当週)
栗・坂路 4F53.9-1F12.0 ⇒調教指数《??》・?評価


その他の「栗・坂路」組ではエアスピネルが基準を1.0秒上回る4F51.2秒をマーク、1Fも12.5秒でまとめており、A評価 以上の可能性大。

モズアスコットも基準を上回る4F51.5秒。さらに1F12.0秒が優秀で、こちらもA評価 以上の可能性は十分。

ジュールポレールも4F51.4秒に加えて、1F12.1秒も優秀。前走を叩いて上向いている印象が強く、状態は上向き。


アルアイン
栗・坂路 4F52.5-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価
エアスピネル
栗・坂路 4F51.2-1F12.5 ⇒調教指数《??》・?評価
ケイアイノーテック
栗・坂路 4F53.6-1F12.8 ⇒調教指数《??》・?評価
ジュールポレール
栗・坂路 4F51.4-1F12.1 ⇒調教指数《??》・?評価
モズアスコット
栗・坂路 4F51.5-1F12.0 ⇒調教指数《??》・?評価
レッドアヴァンセ
栗・坂路 4F52.7-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価


臨戦過程から注目を集めそうなアルアインも4Fは基準並み。B評価以上の可能性は十分、「中2週」でもしっかりとした攻めをこなしている点は好印象が持てます。


尚、「マイルCS・GⅠ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。




【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がコンビニでも 】


Eps201605a

コンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス)に設置されています
マルチコピー機を利用いたしまして「調教サイト 高中式」(PC版 携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。

Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年11月14日 (水)

お手馬の頑張りと"マジックマン"の手腕に感謝!(リスグラシュー)

"窮屈な競馬"を避け巻き返しを(ウェスタールンド) 

先週の「コラム推奨馬」は次の2頭。

東京で一番有名なお鮨屋さん(東京で一番=日本で一番?)が老舗のホテルを相手に①テナント料(賃料)の減額、②メインエリアから片隅に追いやられ「高級飲食店の格を著しく貶めた」との理由による損害賠償を求めた裁判を起こしている件が話題になっており、民放各社は今朝のワイドショーでこれを大きく取り上げていました。

勿論、この両当事者並びにこの事案に全く無関係な当方ですが、競馬外の仕事ではこれに類似する事例に関わることがあるので、多少なりとも興味を持ってそれぞれのワイドショーを視聴したのですが、その際にふと思い出したのが↑のお鮨屋さんに纏わる"○○さん"の逸話。

その○○さんと云うのは競馬外の仕事で取引もある当方の知人ですが、某業界で大成功を収めた知る人ぞ知る的な方。それでもって、聞き及んだ話から推察しても同氏の収入と保有する資産は想像を絶するものであり、当方は「ナニワの○○王」と呼んでいるくらい(←これに関してはいつもような大袈裟でも何でもなく・笑)。

そして、○○さんはその風貌もさることながら日頃の行動(仕事も遊びも)も超ド派手であり破天荒なのですが、ある時、仲間内で黒門市場の近くにある○○鮨と東京の○○○(↑のお鮨屋さん)やったらどっちの鮨が美味いんやろ?」との話になり、○○さんは早速、↑のお鮨屋さんがテナントとして入っている大阪の某ホテルのスイートルームを予約し、そこへ黒門のお鮨屋さんからは出前を(←○○さんは常連中の常連ですのでどんな無理でも聞いてくれる?)、↑のお鮨屋さんからはルームサービスを取ってそれぞれのお鮨を食べ比べてみたところ、(どちらとは言いませんが)一方の圧勝劇だったとのこと。

この話を聞いた当方が「○○さんは普段からええモン食べてはるからその違いが分かったやろうけど、俺やったらどっちも『ええネタを使った美味しいお鮨』と云うレベルやと思いますわぁ」と云ったところ、○○さんはすかさず曰く「それぞれを別々に食べてたらそんなモンかもしれへんけど、同時に食べ比べたら参加者皆んながビックリしたくらい違いがあったんですわぁ。高中さんかてきっとビックリしはるはずやから近いうちに"食べ比べ会"しましょうや!いつがよろしい?」(←○○さんはこの"違い"について更に過激なことを言われてましたが、さすがにここで書くのは…汗)。

勿論、○○さんからのお誘いは丁重にお断りし「食べ比べ会」は実現しませんでしたが(今にして思えば残念至極・笑)、この話を思い出しながら今回の裁判が何故起こったか(裁判に至った事情背景)が何となく分かったように思えた次第です。

どちらのお鮨がどうであったかは言いませんが…(半分くらい「こっちのお店のお鮨は…」と言っているのと同じ!?)。

《土曜日》
Co1110

《日曜日》
Co1111

(土曜・東京11R 武蔵野S・GⅢ 15番 ウェスタールンド 3番人気 7着)

「3コーナーで他の馬にぶつけられてハミを噛んでしまいリズムが悪くなった。スムーズだったら…」と鞍上は悔やんでいますが、そもそもさほどのロスなく外へ持ち出せたところをわざわざ内へ進路を取って不利を招いた感。

ダートへと路線を変更したここ3戦のレースぶりからも伸び伸びと走らせさえすれば最後は必ず良い脚を使う同馬ですので、次走(「チャンピオンズC・GⅠ」を予定しているとのこと)は"窮屈な競馬"を避けて巻き返しを(=今回は「参考外」。よって、ダートでは底を見せていませんので)。

To111011_2

単勝
13
1230円
6人気
複勝
13
310円
6人気
4
190円
3人気
1
190円
2人気
馬連
4-13
3350円
枠連
2-7
4240円
馬単
13-4
8630円
3連複
1-4-13
4730円
3連単
13-4-1
35370円

To111011a

購入額 7万1500円 払戻金 0円


(日曜・京都11R エリザベス女王杯・GⅠ 12番 リスグラシュー 3人気 1着

攻め駆けする故にこれまで幾度となく「コラム推奨馬」に取り上げてきたお手馬の同馬が遂にGⅠ制覇

相手候補に挙げた4頭が馬券に絡めず残念ながら3連複の的中はなりませんでしたが、お手馬の頑張りと「単勝470円」を確保してくれた"マジックマン"(モレイラ騎手)の手腕に感謝!

Ky1111111
Ky1111112

単勝
12
470円
3人気
複勝
12
170円
3人気
9
570円
9人気
7
150円
1人気
馬連
9-12
9800円
枠連
5-6
7480円
馬単
12-9
12450円
3連複
7-9-12
8660円
3連単
12-9-7
56370円


Ky111111a

Ky111111b

単勝 470円 複勝 170円 馬連(9-12) 9800円
購入額 9万3000円 払戻金 25万8000円


そして、先週は「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」に取り上げた計12頭の成績は1着×1頭、2着×4頭、3着×2頭、4着×2頭、5着×2頭」と7頭が馬券圏内を、11頭が掲示板を確保する頑張りを見せてくれましたが、↓の3頭では"そこそこ"の儲けがあったものの"取りガミ"も多く「もうちょっと頑張ってくれてたらなぁ~」"タレレバ"を連発してしまいましたので、この週末は好調教馬たちのその"もうちょっとの頑張り"でもって大儲けを!

(土曜・京都9R 宝ヶ池特別 2番 メイショウオワラ 4番人気 1着

Ky111009

単勝
2
600円
4人気
複勝
2
200円
4人気
5
450円
6人気
1
170円
3人気
馬連
2-5
4460円
枠連
2-5
4130円
馬単
2-5
7810円
3連複
1-2-5
5510円
3連単
2-5-1
41810円

Ky111009a_2

単勝 600円 馬連(2-5) 4460円 3連複(1-2-5) 5510円
購入額 5万8000円 払戻額 26万4300円


(土曜・福島11R 福島放送賞 15番 ヒルノサルバドール 7番人気 2着

Fu111011

単勝
13
500円
3人気
複勝
13
190円
3人気
15
290円
6人気
5
180円
2人気
馬連
13-15
2840円
枠連
7-8
1950円
馬単
13-15
5050円
3連複
5-13-15
3970円
3連単
13-15-5
22560円

Fu111011a

複勝 290円 馬連(13-15) 2840円
購入額 5万4000円 払戻額 8万6400円


(日曜・京都9R 黄菊賞 2番 オールイズウェル 6番人気 2着

Ky111109_2

単勝
4
450円
3人気
複勝
4
230円
3人気
2
320円
6人気
馬連
2-4
1300円
枠連
馬単
4-2
2470円
3連複
2-4-5
1110円
3連単
4-2-5
6540円

Ky111110a

複勝 320円 馬連(2-4) 1300円
購入額 6万円 払戻額 10万6000円


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年11月 8日 (木)

今年の「栗・坂路」組は微妙??(エリザベス女王杯)

【 「大台(40勝)」ならずも早速のV字回復 

Tk1103

先週の勝ち星数は
「38勝」

先々週は8/11・8/12以来となる
「30勝割れ」を喫し、新目標「30勝以上」については「10週」で連続記録がストップしてしまいましたが、先週の好調教馬たちは当方の鞭に応えて?早速のV字回復

ただ、ここ数週と同様に先週も
「大台(40勝)」が十分に狙える状況にありながら「一歩及ばず」の結果に終わってしまいましたので、この週末に出走する好調教馬たちへは先週以上に鞭を連打し約半年ぶりとなる「大台到達」を期したいと存じます。


ところで、先日来取り上げているトップ・ジョッキー2人(ルメール騎手&Mデムーロ騎手)の「格差」の件ですが↓、「JBCスプリント・JGⅠ」を制するなど先週も絶好調だったルメール騎手が更に格差を広げて「1強」ぶりをまざまざと見せつけることに(この2人の賞金獲得額の差は約10億3千万円と遂に10億円を超えることに!)。

ただ、今週の重賞を騎乗予定を見るとルメール騎手が「土曜→武蔵野S・ナムラミラクル、日曜→エリザベス女王杯・ノームコア」であるのに対し、Mデムーロ騎手は「土曜→デイリー杯2歳S・アドマイヤマーズ、日曜→エリザベス女王杯・モズカッチャン」と同ジョッキーの方に若干"分がある"ように思えますし、また、JRA所属になって以降、GⅠレースでもって「4勝→4勝→6勝」と毎年"戴冠"を積み重ねてきた彼が今年に限って"1勝ポッキリ"で終わるとは思えませんので、ここから先の「Mデムーロ騎手の巻き返し」には再々ながら要注目です。

■ 2018年10月14日終了時点 ■

T220181014

■ 2018年10月21日終了時点 ■

T220181021
■ 2018年10月28日終了時点 ■

T220181028

■ 2018年11月4日終了時点 ■

T220181104



【 カンタービレは状態維持に成功(エリザベス女王杯) 】

今週は京都で牝馬の頂点を決める一戦、「エリザベス女王杯・GⅠ」が行われます。

初GⅠ制覇を狙うのがリスグラシュー。

今回は「栗・坂路」での最終追い切り。尚、基準となる「20番時計」は4F51.8秒。4Fは水準並みの52.0秒をマーク。ただし、1Fは12.9秒を要している点が微妙。


リスグラシュー
栗・坂路 4F52.0-1F12.9 ⇒
調教指数《??》・?評価


秋華賞で3着のカンタービレも人気の1頭。今週は
終い重点で軽めの内容に終始。ただし、1週前には「栗・坂路」A評価 をマーク。秋3走目となりますが、デキ落ちは感じられません。


カンタービレ
(1週前)
栗・坂路 4F53.4-1F12.3 ⇒調教指数《85》・
A評価
(当週)
栗・坂路 4F54.1-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価


その他の「栗・坂路」組ではスマートレイアーが、基準並みの4F51.9秒をマーク。1F12.2秒も優秀でA評価 以上の可能性も十分。8歳秋になり白さを増していますが元気一杯。

その他は平凡な時計が並んでいますので、中間の調教指数をご確認下さいマセ。


クロコスミア
栗・坂路 4F54.2-1F13.7 ⇒調教指数《??》・?評価
スマートレイアー
栗・坂路 4F51.9-1F12.2 ⇒調教指数《??》・?評価
ハッピーユニバンス
栗・坂路 4F52.6-1F12.3 ⇒調教指数《??》・?評価
モズカッチャン
栗・坂路 4F54.4-1F12.5 ⇒調教指数《??》・?評価
レイホーロマンス
栗・坂路 4F53.8-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価


「栗・CW」組、関東勢に関しては明日、あさってのブログででも。

尚、「エリザベス女王杯・GⅠ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。




【 お知らせ 】

先般、発刊されましたハイブリッド新聞でお馴染みのK氏こと久保和功氏による↓の単行本に続き、

Ks20181004a

  京大式 印(シルシ)の打ち方 

Photo_14


⇒「amazon」さんからのご購入はコチラ


●発売日
10月5日(金)
●著者
久保 和功
●価格
1728円(税込)



今般、赤木一騎師匠橋浜保子社長が率いるJRDBさんの安井涼太氏が↓の単行本を発刊されました。

Sr20181024a

同書の発刊に際しましては久保氏の↑の単行本と同様に当方もこれまで散々お世話になってきた元○○社の編集長・Hさん(先の7月に「株式会社秀和システム」さんへ移籍)、そして、馬券しくじり先生こと敏腕ライターの野中香良さんのお二人もご尽力をされており、それにより本書も馬券検討の一助となる一冊に仕上がっておりますので、皆様におかれましては是非にお買い求めのうえご一読下さいマセ!


■ 超穴馬の激走を見抜く! 追走力必勝法 ■

Photo_5


⇒「amazon」さんからのご購入はコチラ


●発売日
10月23日(火)

●著者
安井涼太

●価格
1836円(税込)

●出版社から
15年ヴィクトリアMで18頭中の18番人気で3着に激走、GⅠ史上最高の2070万馬券の立役者ミナレット。今年のダービー、16番人気で3着に入って285万馬券を演出したコズミックフォース……。GⅠや重賞などで突如大駆けする馬たち。一方、ガチガチの1番人気を背負いながらも惨敗する馬たち。その謎を解くカギは、「追走力」にあった! 「追走力」という新たな概念が、秋のGⅠ戦線を勝利へ導く。追走力算出の簡単方程式も公開!

→刊行記念 書店・キャンペーンはコチラから
→刊行記念アマゾン・キャンペーンはコチラから





【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がコンビニでも 】


Eps201605a

コンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス)に設置されています
マルチコピー機を利用いたしまして「調教サイト 高中式」(PC版 携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。

Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年11月 7日 (水)

2歳GⅠへ向けて視界良好(ダノンファンタジー&ファンタジスト)

6歳でも復活なった「ダートGⅠ馬」に「S評価馬の巻き返し」を(モーニン) 

先週の「コラム推奨馬」は次の2頭。

先週のブログにおいて隣国で発生した"とある出来事"について週中から週末にかけてバタバタ必至の状況になることを理由に"戦線離脱"を宣言したところ、約1時間に亘り電話を切らせて貰えなった○○さんを除けば多くの「論客」の皆さん方には当方の意を汲んでいただけた模様でしたが、週が明けてからのその反動は凄まじく自称・政治評論家と時事評論家の諸先生方は勿論のこと、何故かしら普段は業務に関わる話オンリーで雑談すらしたことがなかった取引先の方までもワイドショーのコメンテーター如くに変身。

その理由として考えられるのは冒頭でふれた徴用工問題を含めフリージャーナリスト氏の解放を巡る"自己責任論&英雄論"やアメリカの中間選挙等などの論客として弁の振い甲斐があるテーマが盛り沢山だったから(お一人だけ中国の長江にかかる橋の上からバスが転落した件を執拗に話されていましたが、この件を全く知らなかった当方故に会話が全く成り立たず・汗)。

そして、皆さん方から貴重なお話をお聴かせいただくことにより当方の知識・見識が広がったのは間違いありませんので、これには大変感謝しているのですが、如何せんそれぞれの方が仕事そっちのけで時間の方も無制限で話をされるので業務にも多少の影響が生じることに(泣)。

つきましては、これから年末にかけて「秋のGⅠ戦線」も佳境を迎えますので、お話しいただく際は茶飲み話の範疇でお願いできれば大変助かるのですが…。

《土曜日》
Co1103

《日曜日》
Co1104

(土曜・京都11R ファンタジーS・GⅢ 4番 ダノンファンタジー 1人気 1着

ダノン"ファンタジー"と云う自身の名前を冠した?レースだけに負けられないところでしたが、S評価を叩き出した攻め通りの走りを披露して完勝。

そして、新馬戦で後塵を拝した強い1頭(グランアレグリア)が「鞍上の都合」により「朝日杯フューチュリティS・GⅠ」へ向かうことになり、2歳女王決定戦「阪神ジュベナイルF・GⅠ」へは最有力候補として出走することになりましたので、ここは「中4週」でも今回並みのしっかりとした稽古を積み万全を期して女王の座を目指して貰いたいところです。

Ky110311

単勝
4
150円
1人気
複勝
4
110円
1人気
1
180円
4人気
3
260円
6人気
馬連
1-4
700円
枠連
1-4
600円
馬単
4-1
930円
3連複
1-3-4
2370円
3連単
4-1-3
5890円


Ky110311a

3連単(4-1-3) 5890円 3連複(1-3-4) 2370円 馬連(1-4) 700円
購入額 7万4000円 払戻金 万7850円


(日曜・京都10R JBCスプリント・JGⅠ 14番 モーニン 3人気 4着)

好スタートを切って先行するのかと思いきやズルズルと後方まで下がり、直線に入ってからは大外をブン回すことに。

「もう少し距離があれば突き抜けていた」と鞍上がコメントしているとおりエンジンがかかってからはいい脚を使っていただけに勿体ないレースでした。

ただ、今回の「稽古ぶり&レースぶり」からして「ダートGⅠ馬が6歳にして復活!」と云ったところですので、次走は「距離延長」「S評価馬の巻き返し」を。

Ky110410

単勝
6
1200円
4人気
複勝
6
310円
6人気
5
130円
1人気
4
290円
5人気
馬連
5-6
1260円
枠連
3-3
1300円
馬単
6-5
3770円
3連複
4-5-6
3520円
3連単
6-5-4
23510円

Ky110410a

Ky110410b

購入額 8万7000円 払戻金 0円


そして、土曜日に行われたもう1つの2歳重賞では「小倉2歳・GⅢ」でお世話になってファンタジストを勝利し、同馬は重賞2勝馬として「朝日杯フューチュリティS・GⅠ」の最有力候に。

なお、↑でふれましたとおりこのレースへは強い牝馬が"ハンパない鞍上"(=ルメール騎手←JBCクラシックでの福永Jの弁)を背にして参戦してきますが、他馬云々よりも同馬自身がこれまでと同様にしっかりとした攻めさえこなしていれば「何をも恐れるに足らず」ですので、こちらは「中5週」での攻め過程に要注目です。

(土曜・東京11R 京王杯2歳S・GⅡ 1番 ファンタジスト 2人気 1着

To110311

単勝
1
370円
2人気
複勝
1
120円
2人気
5
110円
1人気
6
220円
6人気
馬連
1-5
270円
枠連
馬単
1-5
710円
3連複
1-5-6
1170円
3連単
1-5-6
4400円


To110311a

単勝 370円 馬連(1-5) 270円 3連複(1-5-6) 1170円
購入額 6万5000円 払戻金  16万5100円


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年11月 5日 (月)

師走の中京でリベンジ(JBCクラシック)

【 JBC三競走の回顧 】

日曜は地方競馬の祭典・JBC三競走が行われました。例年は地方競馬場の持ち回り開催ですが、今年はJRA・京都競馬場で行われた特別版。

その中で当方が「コラム推奨馬」に指名したのが「JBCスプリント・GⅠ」の14番・モーニン。韓国遠征(コリアカップ優勝)後は「名門外厩」(ノーザンFしがらき)を経て10/10に帰厩し、直ぐさま「栗・坂路」で乗り込みを開始。そして、10/18から「B評価 A評価 S評価」と高指数を連発して「3週連続の好調教」

2

レースでは、ハイペースで追走が忙しく後方から。直線は大外を猛然と追い込んだものの、残念ながら4着まで。

そして、「相手候補」に指名したのが5番・マテラスカイ、8番・ナックビーナス、9番・セイウンコウセイ、13番・レッツゴードンキのA評価馬4頭。

1

レースでは、その「相手候補」の筆頭としたマテラスカイが果敢に逃げて粘ったものの、絶好位で同馬をマークした6番・グレイスフルリープに捕まり惜しくも2着。

尚、その6番・グレイスフルリープもA評価馬の1頭。今回は好調教馬の取捨てに失敗してしまったことを痛く反省している次第。


「JBCクラシック・GⅠ」では「調教から狙える好配当馬」として12番・アポロケンタッキーを推奨。今回は中間に「栗・坂路」「2週連続の好調教」をマーク。

しかし、レースでは後方まま見せ場なく13着と大敗。鞍上のM.デムーロ騎手も首をひねるばかりで実質ノーコメント。せめてアクシデントでなければいいのですが…。


Photo

「JBCレディスクラシック・GⅠ」では「単複で狙えるT評価馬」として3番クイーンマンボを指名。こちらは、中団から進出を試みたものの、ゴール前で力尽きて4着。馬券圏内も確保できず。

3

名勝負が続き、レースの見所は充実した三競走でしたが、好調教馬が思ったような結果を残せず。このリベンジは師走の中京で果たしたいと思います。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年11月 1日 (木)

残り2ケ月で「昨年以上」を達成するべく早めにラストスパートを!

【 勝利数を除いて昨年の実績を上回る数字をキープ 

Tk1027

先週の勝ち星数は
「28勝」先般のブログ「ここ4週では『31勝→31勝→32勝→31勝』と数字的に少々物足らなさを感じる」と書きましたが、その理由としては単に数字が低いと云うだけでなく、何れの週も「大台(40勝)」が十分に狙える好調教馬の出走状況だったにも拘わらず勝ち星数が30勝そこそこと伸び悩んだから。

更に
「今週こそは間違いなく『大台』や!」と云う強力な布陣?で臨んだ先週も歯軋りを連発するほど勝ち切れない好調教馬が多く、大台どころから新目標「30勝以上」さえも達成することが出来ず連続記録は「10週」でストップ。

ただ、↑のとおりもどかしい思いも味わった10月でしたが、「勝利数・勝率・連対率・複勝率」については先月の実績を下回ることなく(連対率と複勝率は若干アップ)勝利数を除いて昨年の実績を上回る数字をキープしていますので↓、ここからの残り2ケ月で通年の目標として掲げている「昨年は『一昨年以上』。そして、今年は『昨年以上』」を達成すべく好調教馬たちへ鞭を入れながら"早めのラストスパート"と参りたいと存じます(今週末はJBCの「JGⅠ3連発」が初めて京都競馬場で行われるなど「秋のGⅠ戦線」も次第に煮詰まってきましたので)

■ 2018年10月2日終了時点 ■

Tds20181002

■ 2018年10月28日終了時点 ■

Tds20181028



【 「栗・坂路」は1Fを要する馬場状態(JBCクラシック) 】

今週は京都で、地方交流競走の祭典、「JBCクラシック・JPNⅠ」が行われます。

人気が予想されるケイティブレイブ、オメガパフュームは1週前・好調教馬に該当しておりません。中間の調教指数をご確認下さいマセ。

「栗・坂路」組ではアポロケンタッキーが最速タイの4F51.8秒をマーク。尚、基準となる今週の「20番時計」は4F52.4秒。1Fは13.4秒を要していますが、B評価以上の可能性は十分。

クリソライトも同じく4F51.8秒をマーク。こちらも1F13.2秒は平凡ですが、4Fは優秀。

全体的にラスト1Fで失速している馬が多く、そこまで大きなマイナス材料にならない可能性も。1番人気に支持される可能性が高いケイティブレイブは4F52.7秒が水準並み。今週は好調教馬に該当するかご注目下さいマセ。

3歳馬のオメガパフュームも同水準の時計をマーク。


アポロケンタッキー
栗・坂路 4F51.8-1F13.4 ⇒調教指数《??》・?評価
オメガパフューム
栗・坂路 4F52.7-1F13.2 ⇒調教指数《??》・?評価
クリソライト
栗・坂路 4F51.8-1F13.2 ⇒調教指数《??》・?評価
ケイティブレイブ
栗・坂路 4F52.7-1F13.3 ⇒調教指数《??》・?評価
サンライズソア
栗・坂路 4F55.7-1F13.5 ⇒調教指数《??》・?評価
テーオーエナジー
栗・坂路 4F52.4-1F12.9 ⇒調教指数《??》・?評価


「栗・CW」組ではテイエムジンソクが6F81秒後半をマーク。基準を僅かに下回っていますが、B評価以上に該当するかどうか。中間の調教指数も併せてご注目下さいマセ。


テイエムジンソク
栗・CW 6F81秒後半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価


尚、「JBCクラシック・JPNⅠ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。




【 お知らせ 】

先般、発刊されましたハイブリッド新聞でお馴染みのK氏こと久保和功氏による↓の単行本に続き、

Ks20181004a

  京大式 印(シルシ)の打ち方 

Photo_14


⇒「amazon」さんからのご購入はコチラ


●発売日
10月5日(金)
●著者
久保 和功
●価格
1728円(税込)



今般、赤木一騎師匠橋浜保子社長が率いるJRDBさんの安井涼太氏が↓の単行本を発刊されました。

Sr20181024a

同書の発刊に際しましては久保氏の↑の単行本と同様に当方もこれまで散々お世話になってきた元○○社の編集長・Hさん(先の7月に「株式会社秀和システム」さんへ移籍)、そして、馬券しくじり先生こと敏腕ライターの野中香良さんのお二人もご尽力をされており、それにより本書も馬券検討の一助となる一冊に仕上がっておりますので、皆様におかれましては是非にお買い求めのうえご一読下さいマセ!


■ 超穴馬の激走を見抜く! 追走力必勝法 ■

Photo_5


⇒「amazon」さんからのご購入はコチラ


●発売日
10月23日(火)

●著者
安井涼太

●価格
1836円(税込)

●出版社から
15年ヴィクトリアMで18頭中の18番人気で3着に激走、GⅠ史上最高の2070万馬券の立役者ミナレット。今年のダービー、16番人気で3着に入って285万馬券を演出したコズミックフォース……。GⅠや重賞などで突如大駆けする馬たち。一方、ガチガチの1番人気を背負いながらも惨敗する馬たち。その謎を解くカギは、「追走力」にあった! 「追走力」という新たな概念が、秋のGⅠ戦線を勝利へ導く。追走力算出の簡単方程式も公開!

→刊行記念 書店・キャンペーンはコチラから
→刊行記念アマゾン・キャンペーンはコチラから





【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がコンビニでも 】


Eps201605a

コンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス)に設置されています
マルチコピー機を利用いたしまして「調教サイト 高中式」(PC版 携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。

Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2018年10月31日 (水)

鞍上と共に巻き返しを(スワーヴリチャード)

続・止まることを知らない快進撃(ルメール騎手) 

先週の「コラム推奨馬」は次の2頭。

自称・政治評論家の先生方を筆頭とし(「俺は政治以外のことにも精通しているから、これから俺のことは『時事評論家』と呼んでくれ」と仰る方も・笑)、当方の周りには所謂「論客」と云われる方が沢山おられますが、昨今は①某産油国のトルコ総領事館においてジャーナリストが殺害された件、②某国の武装集団に身柄を拘束されていたジャーナリストが解放され帰国した件、③某大手住宅メーカーが「地面師」に50億円以上の大金を詐欺された件・・・と話のネタが尽きない状況にあり、特に競馬関係外の仕事では不動産に関わる仕事をされている方との付き合いが多いこともあって、先般のブログでも取り上げた③の事件については結構な盛り上がりを見せています。

だだ、その③の事件にしても"それなりの距離"がある内容だけに話をされる皆さんにしても茶飲み話程度で済まされており、聴いている当方にしても息抜きには丁度よいくらいでしたが、昨日、隣国において"とある出来事"が。

この件はその事情背景からして昨日今日に始まったことではなく、冒頭で述べた自称・政治評論家や時事評論家の先生方にとっては由々しき事態の発生であり、今後、彼らから極めてディープな話を長時間に亘って拝聴?することになることは必至。

しかしながら当方と云えば本日から「月末(本日)→月初(明日)→週末(金~日)」とバタバタになる状況にあり、残念ながら皆様方からレクチャーを受ける時間は捻出できませんので、誠に申し訳ありませんが先ほどこの件からの"戦線離脱""を宣言した次第です(←そもそも当方が"参戦"しなければならない理由もないのですが、悪しからずご了承下さいマセ・笑)。

《土曜日》
Co1027

《日曜日》
Co1028

(土曜・東京11R アルテミスS・GⅢ 8番 エールヴォア 2人気 3着

馬群の中で窮屈な競馬を強いられた節もありますが、前走で圧勝劇を演じさせた鞍上が同馬のことを「長くいい脚を使えるタイプ」と把握していただけに、ここは決め手比べの展開とならないよう早めに動く積極的な競馬を心がけて貰いたかったところです。

なお、その鞍上の浜中騎手ですが、デビューした翌年の2008年から昨年まで10年連続して「重賞勝ち」を収めてきたものの(この間にGⅠも8勝)、