本文へジャンプします。



« 大混戦ムードの皐月賞!仕上がりでリードの人気馬&伏兵は⁉ | トップページ | メンバー中「最短ローテ」ですが(皐月賞) »

2024年4月12日 (金)

攻めの動きも格段に良化し(アーリントンC)

【 お知らせ 】

先年の7月に発売されました「月刊誌 競馬の天才!2023年8月号」掲載以来、同月刊誌で連載されていますハイブリッド競馬新聞を主宰する久保和功氏が新たに提唱するシン・馬券戦術「純正3ハロン」ですが↓、

競馬の天才!2023年8月号  

Tensai202308b

⇒「amazon」さんからのご購入はコチラ

この度、単行本として次のとおりに発刊される運びとなりました。同書は皆様が馬券検討をされる際のお役に立てる一冊となっていますので、是非にお買い求めのうえご一読下さいマセ!

京大式 純正3ハロン 

Jk-junsei


⇒「amazon」さんからのご購入はコチラ

【 発売日 】 2024年4月16日(予定)
【 価 格 】 2090円(税込み)
【 内 容 】
競走馬の能力を示すといわれる「上がり3ハロン(ゴール前の600m)」のタイム。しかしJRAから公式発表される上がり3ハロンは、正しく価値を表しているのだろうか?

特にラスト3ハロン目(残り600~400mの区間)は、直線の短い小回りコースの場合、3~4コーナーの部分にあたる。一方、大回りコース、例えば東京を例に取ると、残り600mの地点は4コーナーの出口に近い部分にあり、直線が525.9mもある。3~4コーナーでマクリを打つ馬など稀で、馬群の隊列はそのままで直線へ向くケースがほとんど。
つまり、必然的にラスト3ハロン目のラップは逃げ馬が刻んだものであることが多く、差し馬がその後ろでもの凄い脚を繰り出していたとしても、上がり3ハロンの時計には反映されない。

ならば、その馬の真の瞬発力を測るにはどうすべきなのか。

そこで京大卒の頭脳・久保和功が考案したのが「ラスト3ハロン目は軽視、ラスト2ハロン目(400~200m)とラスト1ハロン(200m~ゴール)に絞る」⇒「純正3ハロン」である。本書掲載のカンタン方程式によって、真のレースレベルと瞬発力を導く。「純正3ハロン」がラップ予想の歴史を変える!
「純正3ハロン」によるクラシックと2、3歳戦攻略、JRA10場のコース攻略、厩舎・騎手と「純正3ハロン」の注目関係を徹底分析。そして2023~2024年のGI~1勝クラスのレースレベルを完全網羅!

春競馬、クラシックを「純正3ハロン」で狙い撃つ!

なお、ハイブリッド競馬新聞につきましては↓のサイト等をご覧いただければ幸いです。

サイト:https://cyber-mm.jp/
ブログ:https://blog.cyber-mm.jp/
Twitter:https://twitter.com/hybridshinbun/
Instagram:https://www.instagram.com/hybridshinbun/



【 調教サイト「高中式」の「出馬表」がコンビニで! 】

Eshinnbuna



セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ等に設置されています
マルチコピー機を利用して「調教サイト 高中式」PC版内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけます

Ha091511cs
Ha092211cs

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)の詳細につきましてはコチラをご覧下さい。

Eshinnbunb



ちなみに明日は阪神競馬場で「アーリントンC・GⅢ」が行われますが、このレースからは今回の放牧により攻めの動きも格段に良化し、切れ味抜群の末脚に更に磨きかけてGⅠ行きのチケット獲りを狙うA評価馬
「コラム推奨馬」に指名しましたので全レースの調教指数などと併せて会員ページ(PC版)内にてご確認下さい。




【 牝馬による「戴冠」は?(レガレイラ) 】

明後日の日曜日は中山競馬場で牡馬クラシックの第一戦「皐月賞・GⅠ」が行われます。

レガレイラは牝馬ながら「ホープフルS・GⅠ」を制して注目を集める1頭。今週の最終追い切りは「美・南W」「6F追い」を消化し「6F83秒前半」は目立ちませんが「1F11秒前半」は優秀。好調教馬に該当するかどうか?を含め、昨年末以来のレースですので1週前を含めた「中間」の調教指数も併せてご注目下さいマセ。

レガレイラ
美・南W 6F83秒前半-1F11秒前半 ⇒調教指数《?》・?評価


そして、アーバンシックは京成杯2着以来となる実戦。こちらもレガレイラと同じく「美・南W」「6F追い」を消化し、「1F11秒前半」は優秀ながらも「6F87秒前半」では好調教馬に該当せず。
ただし、1週前に「美・南W」A評価をマークして1週前・好調教馬に該当していますので、既に態勢は整っている様子が窺えます。

アーバンシック

美・南W 6F87秒前半-1F11秒前半 ⇒調教指数《?》・?評価


弥生賞を人気薄ながら快勝した
コスモキュランダは1週前には大台に乗せとなる《90》・A評価の高指数をマーク。

トップページ→「今週の好調教馬」→「美・南W」

Photo_20240406180902

そして今週は先の2頭と同様に「美・南W」「6F追い」を消化。こちらも終い重点で軽めに止めていますので、1週前までの「中間」の調教指数と併せて他馬と比較も要検討です。

コスモキュランダ
美・南W 6F87秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《?》・?評価


関東の有力馬は全体的に1週前にしっかりやって今週は軽めの印象。関西勢に関しては明日のブログででも。


なお、「皐月賞・GⅠ」
「コラム推奨馬」については明日の夕刻に会員ページ(PC版)内において公開させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。




【 明日の3歳未勝利戦 】

明日の3歳未勝利戦の中から「未勝利戦では人気最上位の好調教馬は買い」に該当する1頭を紹介させていただきます。

(阪神6R 3番 ベイステート)

Fu041306





【 明日の「調教から狙える好配当馬」 】

中山12R 1番 クリノアルバトロス
4月3日(水)  美・南W《86.0》(A評価




【 明日の「T評価馬」 】


出走頭数が多い「T評価馬」の中にあって、単複を含め軸馬として狙える馬は次に該当する場合(これに関する記事はコチラを)。

① 過去に「コラム推奨馬」(その相手候補を含む)又は「調教から狙える好配当馬」に抜擢したことがある馬
② 過去に高い指数(
S評価又はA評価)をマークしたことがある2歳馬、3歳馬(あるいは常にB評価又はB評価近くの指数を叩き出す準A評価馬的な2歳馬、3歳馬)

そして、明日の「T評価馬」の中で①に該当する1頭を紹介させていただきます。

(①に
該当)

阪神4R 7番 ポッドロイ

↑で紹介した以外の「明日の調教から狙える好配当馬」「明日のT評価馬」については、会員ページ(
PC版)内でご確認下さい 。




「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

前日予想など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。