本文へジャンプします。



« 鞍上も重賞初制覇???(スプリングS) | トップページ | 高松宮記念の1週前追い切りではS評価一歩手前の高指数をマークした馬が!? »

2024年3月18日 (月)

ファルコンS・スプリングSはともに「コラム推奨馬」が快勝!

【 3連複&単勝の一撃で儲かった週末 】

日曜日の中山では「スプリングS・GⅡ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが4番・シックスペンス

今回は2月半ばに帰厩し、「美・坂路」で入念に乗り込まれながら追い切りは速い時計を4本。そして、2週前には坂路で「A評価順位1位」、1週前は「美・南W」で「A評価順位4位」、当週は再び坂路で「A評価順位1位」と相次いで高指数を叩き出し「3週連続のA評価。3ケ月ぶりの実戦でも臨戦態勢は文句なく、同馬だけでなく何と鞍上も重賞初制覇(←勿論、鞍上は「今年の~」ですが)。


Capd20240317_2

そして、「相手候補」は5番・チャンネルトンネル(A評価馬)、7番・アレグロブリランテ(A評価馬)、8番・ログラール(B評価馬)、9番・コスモブッドレア(A評価馬)の好調教馬4頭。 

Capd20240317_3

4番・シックスペンスは遅い流れを3番手で折り合うと、直線半ばでゴーサインに鋭く反応。一気にカタを付けて3馬身半差の大楽勝。まさに攻めどおりの走りで単勝290円は十分な好配当と呼べるラインでした。

そして、2着には「相手候補」の中でも人気薄の7番・アレグロブリランテ(A評価馬)が逃げ粘って3連複9100円の好配当を本線で的中。




一方土曜日の、中京では「ファルコンS・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが15番・ダノンマッキンリー

2月の末に帰厩してから3/1(金)と3/10(日)の追い切り日外を含め速い時計を4本。そして、今回は調教パターンを「栗・CW」中心に変更し、2週続けて乗り役(北村J)を背に好時計・高指数を連発して「2週連続のA評価。先般の短期放牧により攻めの動きも一変し、1番人気に支持されながら5着に敗れた前走の汚名を返上して重賞初制覇を達成するシーンに期待した次第。



レースでは、後方待機策を選択して4コーナーから徐々に追い出していくと直線は外から一頭だけ違う脚色で一気に浮上。ゴール前でキッチリと前を捉えて1着でゴールイン。

最終オッズは13.6倍、単勝1360円は望外の好配当。複勝でも410円で、”それなりの儲け”を計上することができました。


尚、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」から土曜日1頭、日曜日1頭が好走。


(土曜 中山6R 3歳1勝クラス 8番 グローリーアテイン 5人気 3着 複勝 290円)

Capd20240317
(日曜 中京9R Fウォーク賞 2番 モアニ 6人気 2着 複勝 320円)

Capd20240317_1

「コラム推奨馬」以外が振るわなかったのは残念でしたが、収支そのものは上々となった週末でした。馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。