本文へジャンプします。



« ここをステップにクラシック戦線へ(共同通信杯) | トップページ | フェブラリーSは1週前・好調教馬に該当したのも大穴!? »

2024年2月12日 (月)

共同通信杯で3連複2万馬券を大的中!

【 土日の推奨馬がどちらも馬券圏内 】

日曜日は東京で「共同通信杯・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが9番・ジャンタルマンタル

今回は1月下旬に帰厩し、「栗・坂路」で乗り込まれながら2週前はB評価となる好指数をマーク。そして、1週前は4F52.4-1F11.6と自己ベストを更新する好時計を叩き出し、指数の方は「A評価順位4位」。昨年の「2歳王者」(最優秀2歳牡馬)がここをステップにクラシック戦線へと向かうとジャッジした次第。


Capd20240211_1

そして、「相手候補」は1番・ベラジオボンド(A評価馬)、4番・ミスタージーティー(B評価馬)、5番・ショーマンフリート(A評価馬)、8番・ジャスティンミラノ(A評価馬)の好調教馬4頭。 

Capd20240211_2

Capd20240211_3

レースでは、7番・パワーホールの逃げで超の付くスローペース。9番・ジャンタルマンタルは宥められながら4~5番手を追走して直線勝負へ。外から脚を伸ばして2着は確保したものの、勝ち馬には及ばず。

尚、勝ったのは「相手候補」の8番・ジャスティンミラノ(A評価馬)で、馬券は本線で的中。しかも、ブービー人気だった7番・パワーホールが3着に粘って3連複は20,370円の高配当に!




一方土曜日、東京では「クイーンC・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが8番・ルージュスエルテ

放牧先(ノーザンF天栄)でしっかりと乗り込まれていた様子で1月の半ば過ぎに帰厩した後、2週前(1/24)には「美・坂路」で4F53.2-1F12.1と好時計をマークし、指数の方は「A評価順位3位」。そして、1週前は「美・南W」で「A評価順位2位」となる高指数を叩き出し、3ケ月半ぶりの実戦でも臨戦態勢に抜かり無し。重賞ウイナーを兄に持つ素質馬が3連勝で重賞初制覇を達成するシーンに期待した次第。


Capd20240210_2

レースでは、スタートで出遅れたものの直線では外から追い込んで最低限の馬券圏内を確保。


尚、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」から土曜日3頭、日曜日1頭が好走。


(土曜 京都9R こぶし賞 7番 ラヴァンダ 3人気 3着 複勝 200円)

Capd20240210

(土曜 東京10R 雲雀S 8番 ミシシッピテソーロ 7人気 2着 複勝 570円)

Capd20240210_1

(土曜 小倉12R 4歳以上1勝クラス 16番 リシャールケリー 2人気 1着 単勝 460円)

Capd20240210_3
(日曜 小倉6R 3歳未勝利 8番 プレイソフトリー 3人気 3着 複勝 250円)

Capd20240211


馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。