本文へジャンプします。



« 並み居るGⅠ馬たちを凌駕する実力で「戴冠」!(有馬記念) | トップページ | ホープフルSは東西の大将格に要注目!? »

2023年12月25日 (月)

ドラマチックな有馬記念はT評価馬のワン・ツーも⁉

【 好調教馬同士の決着ながら完敗の有馬記念 】

日曜日の中山では「有馬記念・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが15番・スルーセブンシーズ

今回は11月末に帰厩し、2週前の木曜日(12/7)を皮切りに「美・南W」で「A評価順位1位」→「A評価順位1位」→「A評価順位2位」となる高指数を相次いで叩き出し3週連続のA評価。海外遠征帰りだが外厩(ノーザンF天栄)と自厩舎で万全の仕上げが施されて状態に関しては文句無し。宝塚記念では"あの絶対王者"にクビ差まで迫り、次いで凱旋門賞では世界の強豪相手に4着と好走した実力は並み居るGⅠ馬たちをも凌駕し、頼もしいグランプリ男(池添J)のエスコートにより(4-1-2-0)と抜群の成績を誇るホームグラウンドで「戴冠」に期待した次第。

Capd20231224_2

そして、「相手候補」は1番・ソールオリエンスと13番・タスティエーラの今年のクラシックウイナー&A評価馬の2頭。 

Capd20231224_3

Capd20231224_4
15番・スルーセブンシーズはそろっと出して後方待機策に見えましたが、掛かってしまい1周目4コーナーで外から進出。何とか鞍上が宥めたものの、その後も外々を回らされたのが堪えたのか、勝負所での手応えはイマイチ。見せ場を作れぬまま、12着と残念な結果に終わりました。

今回は、「相手候補」の2頭も不利があったにせよ掲示板にすら載れず。完敗の有馬記念となりました。



馬券の詳細に関しては週中にでも。

尚、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」から土曜日1頭、日曜日1頭が好走。

(土曜 中山12R キャンドル賞 8番 タツダイヤモンド 3人気 2着 複勝 200円)

Capd20231224
(日曜 阪神12R ジングルベル賞 4番 ジョウショーホープ 1人気 2着 複勝 160円)

Capd20231224_1

泣いても笑っても年内の開催はあと1日のみ。変則日程ではありますが、中間も含めて好調教馬をピックアップし、良いかたちで今年を終えたいと思っております。



Photo_4

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。