本文へジャンプします。



« 世界№1へ挑むS評価馬2頭(宝塚記念) | トップページ | 「CBC賞」・「ラジオNIKKEI賞」今週末は当方が得意とする2つのハンデ重賞 »

2023年6月26日 (月)

宝塚記念は10番人気の「S評価馬」スルーセブンシーズが2着に激走!

【 人気薄のS評価馬があわやのシーン 】

今週は日曜日、阪神で「宝塚記念・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが8番・ヴェラアズール

関西の「虎の穴」(ノーザンFしがらき)でしっかりと乗り込まれていた様子で5月下旬に帰厩した後、6/7(水)には「栗・CW」
で秀逸の時計を叩き出し、指数の方は自身初となるS評価順位1位)。その後も1週前、当週と「栗・CW」で高指数・好時計を連発して「3週連続の好調教」S評価A評価B評価)。海外遠征帰りでもデキに関しては文句なく、「ワールドランキング1位」と云う強敵もいるが、2戦2勝と相性が良い阪神コースで2度目の「戴冠」を!相手はその"世界№1"の5番・イクイノックス(A評価馬)。そして、もう1頭のS評価馬の6番・スルーセブンシーズを「穴で一考」。

Capd20230625_2

8番・ヴェラアズールは急かさず後方から運び、直線もジワジワと脚を伸ばしたものの8着まで。同じく後方待機の1・2着馬と近いポジションにいましたが、勝負所で動けず後手に回ったのが残念でした。

勝ったのは、「相手候補」の筆頭であった5番・イクイノックス。4コーナーでは7~8頭分、もっとあろうかという大外をブン回し、それでも勝利を収めたように、さすが「ワールドランキング1位」と云うべき勝ちっぷり。

そして2着は「穴で一考」としたS評価馬の6番・スルーセブンシーズ。S評価馬ゆえ単勝も押さえていましたが、クビ差及ばずの2着で単勝5570円の高配当は惜しくも手に入らず。それでも、高指数に違わぬ走りを見せてくれた点には満足しています。

馬券はタテ目の決着で、快勝とは云えない結果となりましたが、上半期の最後にそれなりに役立つ情報を提供できていれば幸いです。


尚、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」から日曜日2頭が好走。

(日曜・阪神9R 舞子特別 8番 テーオーダヴィンチ 1人気 2着 複勝 120円)

Capd20230625

(日曜・阪神4R 3歳未勝利 9番 エイシンレジューム 2人気 2着 複勝 120円)

Capd20230625_1

土日とも、本数・配当のどちらも物足りない結果となってしまった点については反省しきり。今週末からは東西の主場もローカル場に遷しての本格的な夏競馬シーズンの到来。切り替えていきます。

馬券の詳細に関しては週中にでも。



Photo_4

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。