本文へジャンプします。



« 秋華賞は無念の結果も、土曜の大爆発に続いて日曜後半で大マクリ⁉ | トップページ | "絶好調コンビ"により〇つ目のタイトルを!(富士S) »

2022年10月18日 (火)

波乱の可能性を孕む菊花賞の1週前・好調教馬

【 関東馬の有力馬が好仕上がりをアピール 】

今週の日曜日は阪神で、牡馬クラシック最終戦の「菊花賞・GⅠ」が行われます。

人気の一角となるアスクビクターモアは木曜の「美・南W」A評価をマークして1週前・好調教馬に該当。最後の一冠獲りに懸けて順調な仕上がりが窺えます。

トップページ→「調教ランク」→「今週の好調教馬」→「美・南W」
Photo_20221015205201

ドゥラドーレスは春クラシックこそ間に合わなかったものの期待を集めた1頭。こちらも木曜の「美・南W」で1週前追い切りを消化し、B評価をマーク。「2週連続の好調教」に該当するか注目しています。


トップページ→「調教ランク」→「今週の好調教馬」→「美・南W」
Photo_20221015205202

関西馬ではプラダリアが「栗・CW」B評価をマーク。前哨戦は不本意な結果に終わりましたが、次を見据えて軽めの調整過程でしたので、今週の追い切り次第では巻き返しの可能性も十分でしょう。

トップページ→「調教ランク」→「今週の好調教馬」→「栗・CW」
Photo_20221015205203

春クラシックの勝ち馬が不在で波乱の可能性も大いにある一戦。今週の追い切り次第も楽しみにしています。

全レースの調教指数に関しては、金曜昼頃から会員ページ にて公開させて頂きます。



Photo_4


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

1週前・好調教馬」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。