本文へジャンプします。



« お手馬で連勝なるか⁉七夕賞&プロキオンS | トップページ | S評価を叩き出し"〇年ぶりとなる勝利の美酒"を!(明日の推奨馬) »

2022年7月 5日 (火)

CBC賞的中!夏競馬本番でスタートダッシュに成功

【 「コラム推奨馬」は土日ともに本線的中! 】

日曜日の小倉では「CBC賞・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが2番・アネゴハダ

今回はこれまでの稽古では目立つところがなかった同馬だが、今回は乗り役(藤懸J)を背に1週前の「栗・坂路」で4F50.9-1F12.1と自己ベストを更新する好時計を叩き出し、指数の方は「A評価&順位3位」。

攻めの動きが良化した今回は「軽斤量・49kg」を味方に重賞初制覇を達成するシーンに期待した次第。

Capd20220703_3_20220703180301

そして、「相手候補」が5番・テイエムスパーダ(B評価馬)、8番・タイセイビジョン(A評価馬)、12番・スマートリアン(A評価馬)、17番・ファストフォース(A評価馬)の好調教馬4頭。 

Capd20220703_4_20220703180301

Capd20220703_5_20220703180302

Capd20220703_6_20220703180301

レースでは、デキの良さを活かして好位を確保したものの、先に抜け出した「相手候補」の5番・テイエムスパーダ(B評価馬)に突き放されてしまい、3着を確保するのが精一杯。それでも馬券圏内は確保してくれたうえ、2着にも「相手候補」の8番・タイセイビジョン(A評価馬)が入り、3連複は本線で的中することができました。


一方土曜日は、函館10Rの「洞爺湖特別・2C」を取り上げました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが7番・クライミングリリー

今回は6月半ばに函館入りし、「函・W」での乗り込みは入念。そして、1週前、当週と相次いで好指数をマークして「2週連続の好調教」A評価B評価)。攻めの動きから体質強化をうかがわせる好素質馬がここを通過点として秋には重賞戦線へと。

Capd20220702_3

そして、「相手候補」は8番・オプデュモンド(T評価馬)と10番・デルマセイシ(B評価馬)の好調教馬2頭。

Capd20220702_4

7番・クライミングリリーは結果的に断然人気になってしまったものの、見立てどおりの完勝劇。加えて、名伯楽・国枝栄調教師に通算1000勝のメモリアルをプレゼントするオマケ付き。2着にも「相手候補」の8番・オブデュモンドが入り、馬券の方は本線で的中となりました。

尚、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」から土曜日3頭、日曜日3頭が好走。

(土曜・小倉4R 3歳未勝利 8番 アスクビギンアゲン 6番人気 1着 単勝 1040円)

Capd20220702_1

(土曜・小倉8R 3歳以上1勝クラス 2番 シゲルイワイザケ 3番人気 3着 複勝 140円)

Capd20220702_2

(土曜・福島11R TUF杯 10番 ジャスパージャック 3番人気 2着 複勝 190円)

Capd20220702

(日曜・福島3R 3歳未勝利 10番 ニシノラーナ 2番人気 1着 単勝 530円)

Capd20220703

(日曜・小倉2R 3歳未勝利 13番 クリオミニーズ 2番人気 3着 複勝 160円)

Capd20220703_1

(日曜・小倉9R 国東特別 3番 ゼンノインヴォーグ 5番人気 3着 複勝 180円)

Capd20220703_2

本数も上々でしたが、土曜・小倉4Rでは、「調教から狙える好配当馬」に指名したアスクビギンアゲンが勝利。6番人気で単勝1040は文字通りの好配当でした。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。