本文へジャンプします。



« 「関東の若武者」に導かれ重賞ウイナーの仲間入り!(中山記念) | トップページ | 「チューリップ賞」&「弥生賞」には春クラシックを目指す3歳馬の中枢がスタンバイ »

2022年2月28日 (月)

土日ともに「コラム推奨馬」&「相手候補」での決着!中山記念&すみれS

【 土日ともに馬券圏内は確保 】

日曜日は中山で「中山記念・GⅡ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが12番・アドマイヤハダル。

攻め駆けする同馬だが、「中3週」となる今回もしっかりとした攻めが施されて「2週連続の好調教」A評価B評価)。取り分け1週前は「栗・CW」で秀逸の動きを披露し、指数の方は「A評価&順位2位」。状態に関しては文句なく、休養明け後から手綱を任される関東の若武者(横山武史J)がここ2走の鬱憤を晴らして同馬を重賞ウイナーへと導くと予想した次第。

Capd20220227_20220227233801

「相手候補」は3番・ガロアクリーク(A評価馬)、4番・ヒュミドール(A評価馬)、5番・パンサラッサ(A評価馬)、15番・ダノンザキッド(T評価馬)の好調教馬4頭を指名。

Capd20220227_1_20220227233901

Capd20220227_2_20220227233901

12番・アドマイヤハダルは馬群が縦長になる中で中団で脚を溜めて枠なりにロスの小さい立ち回り。直線勝負に懸けましたが、離れた2着争いに加わるのがやっと。それでも最低限の馬券圏内は確保してくれました。

そして、勝ったのが「相手候補」の1頭とした5番・パンサラッサ。ハイペースで飛ばして後続に影をも踏ませぬ逃げ切り勝利。見事、2つ目の重賞タイトルを手中に収めました。馬券の方は人気サイドではありましたが3連複を本線的中。



また、土曜日の阪神では「すみれS・L」を取り上げました。。

「コラム推奨馬」に指名したのは7番・ヴェローナシチー

前走後も自厩舎に残り、「栗・坂路」「栗・CW」を併用しながらの乗り込みは入念。そして、2週前と1週前は「栗・CW」、次いで当週は「栗・坂路」でしっかりとした追い切りをこなし、1週前には「A評価&順位3位」と高指数をマーク。未勝利勝ちから「いきなりの重賞3着」の実力馬がここを制してクラシック戦線へコマを進めると考えた次第。

Capd20220227_2

そして、「相手候補」は4番・ポットボレット(T評価馬)と5番・セレシオン(A評価馬)の好調教馬2頭。

Capd20220227_3

レースでは、7番・ヴェローナシチーはスタートで寄られるような態勢になり最後方から。直線勝負に懸けましたがペースが上がらず前残りの展開では3着を確保するのが精一杯。対して、「相手候補」の4番・ポットボレットが2番手から最後に逃げ馬を捕えて1着に。人気決着にはなりましたが、3連複は本線で的中。

尚、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」から土曜日2頭、日曜日3頭が好走。

(土曜・中山9R 水仙賞 9番 オウケンボルト 4番人気 2着 複勝 440円)

Capd20220227

(土曜・阪神3R 3歳未勝利 5番 ハイパーストーム 2番人気 3着 複勝 160円)

Capd20220227_1

(日曜・阪神7R 4歳以上1勝クラス 3番 アサケレディ 3番人気 2着 複勝 170円)

Capd20220227_1_20220227234102

(日曜・阪神10R マーガレットS 11番 ショウナンマッハ 4番人気 2着 複勝 240円)

Capd20220227_2_20220227234102

(日曜・小倉11R 下関ステークス 4番 オメガラヴィサン 3番人気 2着 複勝 320円)

Capd20220227_20220227234102

残念ながらあと一歩のところで勝ち切れなかったものの、馬券圏内に好走した5頭のうち3頭が複勝200円以上という点は良かったところ。馬券のお役に立てていれば幸いです。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。