本文へジャンプします。



« 指数は「B評価止まり」ですが…(共同通信杯) | トップページ | 競馬の天才!2022年3月号 »

2022年2月14日 (月)

クイーンC&共同通信杯は底知れぬ大器!?が勝利

【 勝ち馬はともに該当しておらず 】

今週は日曜日の東京で「共同通信杯・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが11番・ダノンスコーピオン

今回は1月初旬に帰厩し、「栗・坂路」「栗・CW」を併用しながらの乗り込みは入念。そして、2週前は「栗・坂路」で自己ベストとなる好時計を、次いで1週前には「栗・CW」で「長め6F」をしっかりと追い切られて「6F81.8-1F11.3」と抜群の時計を叩き出し、デキは絶好。指数の方は「B評価止まり」ながらもここを目標にした攻め過程に好感が持て、GⅠ3着の実力馬がクラシック制覇へ向けて好発進を切るとジャッジした次第。


Capd20220213_1

そして、「相手候補」は2番・アサヒ(B評価馬)、3番・アバンチュリエ(B評価馬)、5番・ジオグリフ(T評価馬)の好調教馬3頭を指名。

Capd20220213_2

レースでは、勝ち馬を見ながら中団の位置を確保しましたが、どうやらレース中に前の馬の蹴り上げた芝の塊が顔に当たるアクシデントがあったとか。その影響で怯んで後退。直線はいくらか巻き返してきていましたが、本来の走りは発揮できず。

残念な結果でしたが、今回のレースが同馬の実力ではないはずですので、巻き返しに期待したいと思います。

尚、勝ったダノンベルーガはこの中間に好調教馬に該当しておらず。それでいてあのレース振りですから末恐ろしい存在。次走も含め、同馬の調教指数には大変興味があります。



また、土曜日の東京では「クイーンC・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが9番・スターズオンアース

前走後も自厩舎で「美・坂路」「美・南W」を併用しながらしっかりと乗り込まれ、今週は「美・南W」で鞍上(横山武J)を背に絶好の動きを披露。指数の方は《88》(A評価&順位1位)と自己ベストを更新し、状態は更にアップ。前走は勝負所で少々モタついて(内にササって)惜しくも2着に敗れたが、今回は走り慣れた左回りで自慢の末脚を炸裂させ重賞初制覇を達成すると予想した次第。


Capd20220212_3

そして、「相手候補」は2番・ベルクレスタ(B評価馬)、7番・ロムネヤ(T評価馬)、8番・モカフラワー(A評価馬)、15番・スタティスティクス(T評価馬)の好調教馬4頭。

Capd20220212_4

Capd20220212_5

レースでは、好位5番手で折り合いに専念し、直線は仕掛けを待つ余裕も。満を持して坂上で抜け出しましたが、最後は勝ち馬の決め手に屈する形で極めて惜しい2着…。

尚、こちらについても勝ったプレサージュリフトは中間に好調教馬には該当しておらず。大舞台に向けて、どのような調整が施されるのか、楽しみにしています。


尚、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」から土曜日3頭、日曜日1頭が好走。

(土曜・阪神8R 4歳以上1勝クラス 15番 ヴァーサ 1番人気 2着 複勝 130円)

Capd20220212_1

(土曜・阪神10R 4歳以上1勝クラス 5番 エアサージュ 1番人気 3着 複勝 110円)

Capd20220212

(土曜・小倉12R 4歳以上1勝クラス 4番 ヤマニンルリュール 1番人気 2着 複勝 180円)

Capd20220212_2

(日曜・東京8R 4歳以上2勝クラス 8番 ユキノファラオ 8番人気 3着 複勝 430円)

Capd20220213
やや低調な結果に終わってしまい、反省しきり。今週末は今年最初のGⅠですので、しっかりと準備を進めていきたいと考えています。

馬券の詳細に関しては週中にでも。



Photo_4

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。