本文へジャンプします。



« 「禍」に終止符を打つ1頭(有馬記念) | トップページ | 〇戦全勝と抜群の実績を誇る舞台で「戴冠」(ホープフルS) »

2021年12月27日 (月)

有馬記念は「コラム推奨馬」・「相手候補」が圏内確保!

【 ”有終の美”とはならなかったものの意地を見せて圏内確保 】

日曜は中山で年末の風物詩であるグランプリ「有馬記念・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが7番・クロノジェネシス

海外遠征から戻り関西の「虎の穴」でキッチリと臨戦態勢を整えられ、12/2の帰厩後は「栗・CW」で速い時計を4本。そして、今週は「A評価&順位3位」となる高指数を叩き出し、ラストランへ向けての仕上げに抜かりは無い。観客もほとんどいない中でグランプリを制し続けた記録にも記憶にも残る名牝が「4連覇」と云う偉業を達成して「禍」に終止符を打つとジャッジした次第。


Capd20211226_3

そして、「相手候補」には2番・パンサラッサ、5番・ディープボンド、14番・アサマノイタズラ、16番・タイトルホルダーのA評価馬4頭を指名。 

Capd20211226_4

Capd20211226_5

Capd20211226_6

7番・クロノジェネシスは先行各馬を見ながらのレース運び。折り合いもスムーズでしたが、勝負所で仕掛けのタイミングが遅れた分もあってか届かず。それでも最低限の3着を確保したように意地は見せてくれました。そして、2着に好走したのが「相手候補」の1頭とした5番・ディープボンド(A評価馬)。デキの良さに加え、鞍上も好枠を生かす立ち回りを見せてくれました。

尚、勝ったエフフォーリアは中間も含めて好調教馬には該当せず。今回は陣営のコメントにもあったように前走と比較すると見劣る仕上がりでしたが、それでも横綱相撲で危なげない勝利。来年の飛躍も楽しみにしている次第。


一方土曜の阪神では「阪神C・GⅡ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが1番・タイセイビジョン

攻め駆けする同馬だが、「中3週」となる今回も弛められることなく「栗・CW」でしっかりとした追い切りをこなし、今週は「90台」に乗せる高指数(A評価&順位2位)をマーク。デキに関しては久々に重賞で2着に好走した前走以上。重賞2勝の実力馬が(2-0-0-1)と実績のある距離、そして、(2-2-0-1)と相性抜群の舞台で復活の狼煙を上げると予想した次第。


Capd20211225_1
 
レースでは、控えて後方からの競馬でしたが直線では空いたスペースを突いて鋭い伸び脚。馬券圏内に届くかに見えましたが、惜しくも4着まで…。この無念は次走以降、また好調教馬に該当した際に晴らしたいと思います。

 

尚、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」から土曜日1頭、日曜日は3頭が好走。

(土曜・阪神5R メイクデビュー 7番 ジャスティンカツミ 4番人気 1着 単勝 870円)

Capd20211225

(日曜・阪神3R 2歳未勝利 9番 ヴェローナシチー 2番人気 1着 単勝 350円)

Capd20211226_1

(日曜・阪神8R 3歳以上1勝クラス 2番 シャイニングフジ 8番人気 3着 複勝 510円)

Capd20211226_2

(日曜・中山9R グッドラックハンデC 14番 ブレークアップ 3番人気 3着 複勝 200円)

Capd20211226

中でも土曜・阪神5Rのジャスティンカツミは単勝870円の好配当をもたらしてくれました。これを含め、単勝が2本。日曜・阪神8Rではシャイニングフジが8番人気の低評価を覆して3着に好走。複勝でも510円の好配当となりました。

今年のJRA開催は残り1日、最後までいい結果を出せるよう準備していきたいと思います。



Photo_4

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。