本文へジャンプします。



« 渾身の仕上げで2週連続して指数《90越》(ジャパンC) | トップページ | アイドルホースの参戦は!?実績馬の復活!?チャンピオンズCの1週前追い切りは? »

2021年11月29日 (月)

ジャパンC&京阪杯を大的中!コントレイルの引退レースは最高の思い出に

【 鉄板も大穴もバッチリ!? 】

日曜日は東京での今年最後の大一番、「ジャパンC・GⅠ」が行われました。


当方が「コラム推奨馬」に指名したのが2番・コントレイル

今回は「中3週」ながら前走後も「栗・坂路」でしっかりと乗り込まれ、1週前には「栗・CW」、そして、当週は「栗・坂路」でいずれも《90超》となる高指数を叩き出し「2週連続A評価」(A評価&順位1位A評価&順位2位)。トップトレーナーにより最後を締め括るに相応しい渾身の仕上げが施された「無敗の3冠馬」が5つ目の栄冠(GⅠ制覇)と共にターフを去ると確信した次第。

Capd20211128_8 

そして、「相手候補」は4番・シャフリヤール、5番・キセキ、9番・アリストテレス、11番・シャドウディーヴァのA評価馬4頭を指名。

Capd20211128_9

Capd20211128_10 

レースでは、2番・コントレイルはスタートを決めると先行各馬を見ながら中団の前、8番手の位置をキープ。直線でスムーズに外に出すと、末脚を爆発させて先頭に立ち、2馬身差の快勝。3連敗(と云っても全て馬券圏内)の鬱憤を晴らし、見事に有終の美を飾りました。

そして、3着には「相手候補」の1頭である4番・シャフリヤールが入り、堅い本命決着ながら馬券は本線で。


一方土曜日、阪神では「京都2歳S・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが7番・フィデル

今回は10月下旬に帰厩し、「栗・坂路」での乗り込みは入念。そして、2週前に「栗・CW」B評価となる好指数をマークしたのに次いで、1週前にも同じく「栗・CW」で絶好の動きを披露し、指数の方は「A評価&順位2位」。新馬勝ち後の「夏休み」で一段とパワーアップした感のある素質馬が連勝で重賞制して「春」を見据えるとジャッジした次第。


Capd20211127_2 

そして、「相手候補」は1番・ポッドボレッド(B評価馬)、5番・トゥデイイズザデイ(B評価馬)、6番・ライラック(B評価馬)、9番・キャンデセント(A評価馬)の好調教馬4頭。 

Capd20211127_3

Capd20211127_4

Capd20211127_5 

7番・フィデルは3番手追走から最低限の馬券圏内は確保したものの、「相手候補」が軒並み馬券に絡まず残念な結果に。

勝った8番・ジャスティンロックは好調教馬に該当しておらず、伸びしろに期待が持てます。



尚、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」から土曜日2頭、日曜日は2頭が好走。

(土曜・東京3R 2歳未勝利 12番 トーセンシエロ 4番人気 2着 複勝 150円)

Capd20211127

(土曜・東京12R 3歳以上2勝クラス 16番 チアチアクラシカ 3番人気 2着 複勝 160円)

Capd20211127_1

(日曜・東京8R ベゴニア賞 1番 アバンチュリエ 3番人気 3着 複勝 180円)

Capd20211128_6

(日曜・阪神12R 京阪杯 2番 エイティーンガール 10人気 1着 単勝 2250円)

Capd20211128_7

苦戦が続いていましたが、最後の最後、日曜・阪神12Rの京阪杯では「3週連続の好調教」に該当していた2番・エイティーンガールが快勝。馬券収支の方も大どんでん返しでの大マクリとなり、気持ちよく11月の競馬を終えることができました。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。