本文へジャンプします。



« 衰え知らずのS評価馬(北九州記念) | トップページ | 8月最後の2重賞には上位人気の1週前・好調教馬が多数!? »

2021年8月23日 (月)

超ハイレベルな「3週連続の好調教」に違わぬ快速ぶりを披露も惜しくも3着

【 地力はアピールするも馬場が味方せず 】

日曜日の小倉では「北九州記念・GⅢ」が行われました。


当方が「コラム推奨馬」に指名したのが12番・モズスーパーフレア

攻め駆けする同馬だが、今回も「栗・坂路」で同馬らしい秀逸の動きを披露し、指数の方の「S評価&順位1位」→「S評価&順位1位」→「A評価&順位2位」と超ハイレベルな「3週連続の好調教」。取り分け2週前は4F49.0-1F11.9と自己ベストに迫る猛時計を叩き出しており、6歳にして衰えは全く無し。2着に敗れた昨年以上のデキをもってGⅠ馬が久々となる勝利の美酒に酔うとジャッジした次第。

Capd20210822_2 

そして、「相手候補」としたのはもう1頭のS評価馬の7番・ジャンダルム。同馬もハイレベルな「3週連続の好調教」に該当。

Capd20210822_3 

レースでは、12番・モズスーパーフレアがスピードの違いでハナへ。そのまま直線に向いて、一度は完全に後続を振り切ったかに見えましたが、ゴール前では馬場状態の良い外を通った1・2着馬に捕まってしまい惜敗。それでも最低限の馬券圏内は何とか確保してくれました。

尚、「相手候補」の7番・ジャンダルムは大外から追い込むも届かず7着まで。ただし、これが実力でないことは明らかですので次走以降、”S評価馬の巻き返し”に期待したいと思います。



また、土曜日は小倉9R「都井岬特別・3歳以上1勝クラス」から10番・シャイニングフジ「コラム推奨馬」に指名。

今回は7月下旬に帰厩し、「栗・坂路」「栗・CW」を併用しながら乗り込みは入念。そして、1週前は「栗・坂路」で4F50.2-1F11.8と自己ベストを1秒以上も短縮する絶好の時計を叩き出し、指数は自身初のS評価順位2位)。更に今週は「栗・CW」A評価となる好指数をマークし(2週連続の好調教)、仕上りに関しては万全。2ケ月半の短期放牧を経て成長著しい3歳牝馬がここで貴重な2勝目を上げ「秋」を見据えると予想した次第。

Capd20210821_3 
 
レースでは、好位3番手を追走して直線も一旦は先頭に立ったものの、勝ち馬のキレに屈して3着争いが精一杯に。ただし、最低限の馬券圏内を確保してくれました。

尚、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」から土曜日3頭は、日曜日は2頭が馬券圏内に好走。

(土曜・小倉2R 3歳未勝利 10番 ベクルックス 5番人気 3着 複勝 310円)

Capd20210821

(土曜・小倉8R 3歳以上1勝クラス 11番 ダノンバジリア 2番人気 1着 単勝 390円)

Capd20210821_1

(土曜・札幌12R 千歳特別 4番 アルママ 1番人気 1着 単勝 290円)

Capd20210821_2

(日曜・新潟9R 閃光特別 17番 レオハイセンス 4番人気 1着 単勝 760円)

Capd20210822_1

(日曜・札幌8R 3歳以上1勝クラス 2番 オメガロマンス 2番人気 2着 複勝 140円)

Capd20210822

馬券圏内の好走が多く、1着も2頭。中でも日曜・新潟9Rではレオハイセンスが4番人気ながら勝利を挙げ、単勝760円の好配当をもたらしてくれました。

馬券の詳細に関しては週中にでも。



Photo_4

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。