本文へジャンプします。



« 成長ぶりが目を引くハイレベルな「2週連続の好調教馬」(ユニコーンS) | トップページ | 上半期最後の大一番に向けて伏兵が逆転を目論む!? »

2021年6月21日 (月)

”らしからぬ”大波乱のユニコーンSは”S評価馬の巻き返し”に期待

【 上半期最後のGⅠに向けて弾みを付けたかったところですが… 】

日曜日の東京では3歳ダート重賞の「ユニコーンS・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが1番・ゲンパチフォルツァ

前走後も自厩舎でしっかりと乗り込まれており(美浦・坂路)、追い切りは「美・南W」で速い時計を3本。そして、1週前には秀逸の動きを披露し、指数の方は自身初となるS評価順位1位)。次いで今週も「A評価&順位2位」となる高指数をマークしてレベルの高い「2週連続の好調教」。元々攻め巧者の同馬にしてもここに来ての成長ぶりには目を引くものがあり、実績上位(3勝馬は同馬を含めて2頭のみ)の今回は超抜のデキを活かして重賞初制覇を達成するシーンに期待した次第。

Capd20210620_1 

レースでは、スタートを決めて好位で流れに乗ったかに見えましたが直線では早々に手応えがなくなってしまい脱落。今回は力を発揮できませんでしたが、攻めの内容と前走のOP勝ちからも実力とデキ以外に敗因がある可能性が高いと考えますので、関係者等のコメントを見つつ、”S評価馬の巻き返し ”の機会を待ちたいと思います。


尚、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」からは、日曜1頭が馬券圏内に好走。

(日曜・札幌9R 3歳1勝クラス 9番 ハリウッドヒルズ 3番人気 2着 複勝 250円)

Capd20210620

「コラム推奨馬」の結果を含め惨憺たる結果となってしまいましたが、今週末には上半期最後の大一番が控えていますので、倍々返しとなるよう週末に向けての準備を整えていきたいと考える所存です。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。