本文へジャンプします。



« 唯一のA評価馬が稽古通りの走りで重賞初制覇!(きさらぎ賞) | トップページ | クラシックに直結しやすい「3歳重賞」が2戦!きさらぎ賞からの3連続的中を目指して・・ »

2021年2月 8日 (月)

目論みどおりにしっかりと攻められた「コラム推奨馬」がクラシックに向けて勝ち名乗り!

【 得意の「3歳重賞」は本線でバッチリ 】


日曜日は中京で「きさらぎ賞・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが2番・ラーゴム

今回は1月初旬に帰厩してから「栗・CW」で入念に乗り込まれ、当週は「A評価&順位5位」となる高指数をマーク。軽めの追い切りが目立つ中にあり、しっかりとした攻めをこなした同馬が稽古通りの走りを披露し重賞初制覇を果たすと判断した次第。

Capd20210208_20210208023601 

そして、「相手候補」はGⅠ3着馬の3番・ヨーホーレイク(T評価馬)を筆頭に1番・ジャンカルド(B評価馬)の好調教馬2頭。 

Capd20210208_1

Capd20210208_2 

2番・ラーゴムはスタートを決めると他馬の出方を見ながら3番手内を確保。掛かる素振りを見せるところもありましたが、何とか我慢して直線に向いて早めに抜け出すと、大外から追い込んだ3番・ヨーホーレイクをクビ差凌いで勝利。

結果、「コラム推奨馬」「相手候補」のワン・ツーで決着。馬券の方も本線でバッチリと仕留めることができました。



一方土曜日は中京12Rの「4歳以上2勝クラス」を取り上げました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが13番・ピアシック。

攻め駆けする同馬が、「中2週」ながら当週も「栗・坂路」で4F50.8-1F12.3と好時計を叩き出し、指数の方は「A評価&順位2位」。7ケ月半ぶりを1度使われた上積みも大きく、ここは自慢の末脚を炸裂させ待望の3勝目をもぎ取ると判断した次第。

Capd20210206_1 

そして、「相手候補」は5番・バドカトル、6番・スズカカナロア、9番・サイモンハロルドのT評価馬3頭。 

Capd20210206_2 

レースでは、「相手候補」の1頭とした9番・サイモンハロルドが果敢にハナを切るとその勢いのまま粘り込み。内から浮上した5番・パドカトルを、中団から内を捌いて伸びて来た6番・スズカカナロアが捕えて2着に浮上。しかし、肝心の13番・ピアシックが追い込むも5着まで…。ここは、「相手候補」のワン・ツー・スリー決着となってしまいました。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


尚、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」からは土曜3頭、日曜1頭が馬券圏内に好走。

(土曜・中京10R エルフィンS 9番 サルファーコスモス 5番人気 1着 単勝 840円)

Capd20210206

(土曜・小倉6R 3歳未勝利 15番 ニホンピロタイズ 2番人気 3着 複勝 150円)

Capd20210206_3

(土曜・東京9R 春菜賞 3番 グローリアスカペラ 6番人気 3着 複勝 280円)

Capd20210206_4

(日曜・中京5R 3歳未勝利 11番 リーブルミノル 4番人気 1着 単勝 540円)

Capd20210208

曜は注目のレースであったエルフィンSで「調教から狙える好配当馬」 として取り上げたサルファーコスモスが快勝。単勝840円は文字通りの好配当となりました。

馬券の詳細に関しては週中にでも。



Photo_4

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。