本文へジャンプします。



« 更に磨きのかかった末脚を武器にタイトル奪取!(根岸S) | トップページ | 好メンバー集うきさらぎ賞、キャリアの浅い馬同士の比較には調教指数が最適!? »

2021年2月 1日 (月)

土日ともに「コラム推奨馬」が勝利!最高の締め括りとなった1月

【 混戦を征した「コラム推奨馬」たちに感謝! 】


日曜日は中京でフェブラリーSの前哨戦である「根岸S・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが3番・レドルゼル

攻め駆けする同馬が当週は輸送を考慮してか"終い重点"だったものの2週前・1週前はこれまでと同様に「栗・坂路」で好時計・好指数(A評価B評価)をマークし、好調を持続。今回は実績馬との斤量差をも利し、ここに来て更に磨きのかかった末脚を武器にGⅠ参戦へ向けタイトルを奪取すると判断した次第。

Capd20210131_3 

そして、「相手候補」は8番・スマートセラヴィー(A評価馬)と9番・ヘリオス(B評価馬)と12番・テイエムサウスダン(B評価馬)の好調教馬3頭。

Capd20210131_4 

「コラム推奨馬」のレッドルゼルは中団で構えると、直線は馬群を割いて末脚を伸ばし、先に抜け出した6番・タイムフライヤーを差し切り。大外から差を詰めた1番・ワンダーリーデルの追撃を凌いで見事に勝利。ただし、「相手候補」の各馬はデキの良さを活かせず馬券は単勝のみ。



一方土曜日は、東京12Rの「4歳以上1勝クラス」から11番・ヤシャマル「コラム推奨馬」に指名。

今回は、12月下旬に帰厩した直後から「美・坂路」で休みなく乗り込まれ、2週前には「美・南W」で「A評価&順位2位」となる高指数をマーク。そして、1週前と当週は「美・坂路」で自己ベストを更新する好時計を連発し、指数の方も「A評価&順位5位」 →「A評価&順位2位」 と高指数(3週連続のA評価)。4ケ月ぶりの実戦でも臨戦態勢に関しては文句なく、(1-2-1-1)と得意とする東京コースで手薄なメンバー相手に圧勝劇を演じると確信した次第。


Capd20210130 

レースでは、好位から楽に抜け出すと後続の追撃を悠々振り切って完勝。今後も楽しみな1頭。

土日ともに「コラム推奨馬」が勝利を収め、良い形で1月を終えることができ、安堵している次第。


尚、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」からは土曜2頭、日曜3頭が馬券圏内に好走。


(土曜・東京3R 3歳未勝利 7番 トーセンインディゴ 4番人気 1着 単勝 690円)

Capd20210130_3

(土曜・東京10R クロッカスS 8番 ニシノアジャスト 3番人気 3着 複勝 130円)

Capd20210130_4

(日曜・小倉3R 3歳未勝利 11番 クリオズナ 2番人気 1着 単勝 360円)

Capd20210131

(日曜・中京9R 刈谷特別 6番 ペールエール 6番人気 2着 複勝 370円)

Capd20210131_1

(日曜・中京11R シルクロードS 2番 ライトオンキュー 2番人気 2着 複勝 220円)

Capd20210131_2

土曜の朝イチに単勝690円の好配当でもって、楽勝ムードで勢いづいたものの、その後のひと押しは地味なものに。更なる結果を求めて今週も調教指数の研鑽を進めていく次第。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。