本文へジャンプします。



« 記録を塗替えるべく現役最強馬が2週連続して「A評価&順位1位」(天皇賞・秋) | トップページ | GⅠは中休みも高中式が得意とする「2歳戦」・「ハンデ重賞」を含む4重賞が行われるアツい週末の到来! »

2020年11月 2日 (月)

「コラム推奨馬」が史上初となるGⅠ8勝目を達成!土曜スワンSではT評価馬の単勝万馬券&3連複で大儲け!?

【 天皇賞は堅い決着も土曜重賞で大爆発!? 】


日曜の東京では秋の古馬中距離王決定戦である「天皇賞(秋)・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが9番・アーモンドアイ

放牧先でしっかりと乗り込まれて10月初旬に帰厩。そして、「美・南W」で1週前、当週と2週連続して「A評価&順位1位」となる高指数を叩き出し、仕上りは万全。これまで休養明け初戦は「6戦6勝」と今回の臨戦過程(臨戦態勢)にも何らの不安はなく、現役最強馬がその実力を遺憾なく発揮し史上に残る8つ目のタイトル(GⅠ制覇)を獲ると確信した次第。


Capd20201102

そして、「相手候補」に指名したのは4番・ダノンキングリー(A評価馬)と7番・クロノジェネシス(B評価馬)と10番・スカーレットカラー(A評価馬)の好調教馬3頭。

Capd20201102_1

Capd20201102_2

Capd20201102_3

レースでは、3番手の外で折り合うと直線では持ったまま先頭に並びかけて行き追い出すとあっという間に抜け出し。迫った後続を振り切って着差以上の完勝。そして、3着には「相手候補」の7番・クロノジェネシス。人気サイドの決着で配当は渋いものになりましたが、歴史的瞬間を的中とともに迎えることができた点には満足しています。


一方土曜の京都では「スワンステークス・GⅡ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが2番・アドマイヤマーズ。

今回は10/1に「栗・CW」B評価となる好指数をマークしたのを皮切りに「B評価(坂路)→A評価(CW)→S評価(CW)→B評価(坂路)」と好指数・高指数を連発し、滅多にお目にかかることがない「5週連続の好調教」。5ケ月ぶりの実戦でもハードな攻めにより覚醒したGⅠ3勝馬が久々(約1年半ぶリ)となる国内での勝利を実力通りの走りでもぎ取るとジャッジした次第。

Capd20201031_8_20201031174401 

そして、「相手候補」相手候補は1番・サウンドキアラ(A評価馬)と16番・ステルヴィオ(B評価馬)の実績上位の好調教馬2頭。 

Capd20201031_9_20201031174401

Capd20201031_10_20201031174401 

レースでは、アドマイヤマーズは荒れた内を避けながら好位を立ち回るも直線で内に押し込められる展開。それでも盛り返して最低限の3着(馬券圏内)は確保。そして、「相手候補」のステルヴィオは外から差し脚を伸ばして2着に好走。

勝ったのはT評価馬の4番・カツジ。今回は人気がなく単勝14370円の万馬券。3連複も同馬のおかげで43000円の高配当になりました。


尚、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」からは土曜4頭、日曜1頭が馬券圏内に好走。

(土曜・京都2R 2歳未勝利 10番 レベルタウン 3番人気 1着 単勝 440円) 

Capd20201031_8

(土曜・京都9R 萩ステークス 3番 シュヴァリエローズ 3番人気 1着 単勝 620円) 

Capd20201031_9

(土曜・福島6R 3歳以上1勝クラス 10番 シルバーエース 4番人気 2着 複勝 200円) 

Capd20201031_10

(土曜・福島11R フルーツラインカップ 9番 ベレヌス 3番人気 2着 複勝 180円) 

Capd20201031_11

(日曜・福島7R 3歳以上1勝クラス 10番 アスカリ 3番人気 2着 複勝 230円) 

Capd20201102_4

日曜は一歩及ばなかったものの土曜に好配当の単勝が2本。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。