本文へジャンプします。



« "史〇初"へ向け高指数を連発(秋華賞) | トップページ | 2週連続で”無敗の三冠馬”誕生なるか!?伏兵も虎視眈々と菊花賞の1週前・好調教馬 »

2020年10月19日 (月)

「コラム推奨馬」による史上初の牝馬三冠達成が現実のものに!2着馬は〇評価馬で・・

【 人気でも信頼の「コラム推奨馬」と美味しい「相手候補」が噛み合わなかった土日・・ 】


今週は京都で牝馬クラシックの最終戦、「秋華賞・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが13番・デアリングタクト

今回は9月初めに帰厩してから「栗・坂路」で休みなく乗り込まれており、追い切りは坂路とCWで速い時計を6本。そして、2週前と1週前は「栗・CW」で「A評価&順位4位」→「A評価&順位9位 」となる高指数を連発。オークス以来の実戦でも臨戦態勢に何らの不安もなく、ここは他馬を圧倒する力の違いを見せつけ史上初となる「無敗の3冠女王」の座を射止めると確信した次第。


Capd20201019_2

レースでは、後方外の位置を確保すると3角手前から進出する正攻法の競馬。直線半ばでは一瞬、他馬に迫られるシーンもありましたが、終わってみれば2着に1馬身1/4差をつけての完勝。堂々、無敗での牝馬三冠を達成。

そして、「相手候補」に推奨していたのは、1番・ミヤマザクラ(A評価馬)と5番・ウインマイティー(A評価馬)と18番・アブレイズ(B評価馬/元・S評価馬)の好調教馬3頭。 

Capd20201019_3

Capd20201019_4 
しかし、「相手候補」に取り上げた3頭はいずれも見せ場を作れず。2着マジックキャッスルはT評価馬ではあっただけに、今回は取捨を失敗。馬券的には悔やまれる結果となってしまいました。


なお、土曜日の東京では「府中牝馬S・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが2番・ダノンファンジー

今回は9月半ばに帰厩し、「栗・坂路」での乗り込みは入念。そして、2週前には「栗・CW」B評価となる好指数をマークし、当週は「4F追い」ながら破格の動きを披露して指数の方は「A評価&順位5位」。今週の一追いで目覚めの時を迎えた元・2歳女王(2018年)が1年1ケ月ぶりとなる勝利の美酒に酔うと予想した次第。


Capd20201017_2 

そして、「相手候補」は1番・シゲルピンクダイヤ(T評価馬)と4番・サラキア(A評価馬)と5番・ラヴズオンリーユー(A評価馬)の好調教馬3頭。

Capd20201017_3
Capd20201017_4 

2番・ダノンファンタジーはスタートを決めて2番手を追走したものの、水分を多く含んだ重馬場が堪えたのか直線はまるで伸びず。「相手候補」の1頭、サラキアが勝って単勝2020円の好配当を演出したものの、肝心の「コラム推奨馬」が圏外では・・・。


尚、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」からは土曜2頭、日曜2頭が馬券圏内に好走。

(土曜・京都8R 3歳以上2勝クラス 3番 セウラサーリ 3番人気 3着 複勝 140円) 

Capd20201017

(土曜・東京2R 2歳未勝利 13番 アカイトリノムスメ 番人気 3着 複勝 140円) 

Capd20201017_1

(日曜・京都9R もみじステークス 4番 アスコルターレ 2番人気 1着 単勝 300円) 

Capd20201019

(日曜・京都10R 大原ステークス 13番 サトノウィザード 2番人気 2着 複勝 120円) 

Capd20201019_1

日曜・京都9Rは得意の「2歳戦」でアスコルターレが勝ってくれたものの、全体的にはやや低調な結果に。


馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。