本文へジャンプします。



« 悲願の"GⅠ獲り"へ向け「3週連続の好調教」(セントウルS) | トップページ | 春の”準・主役級”が反撃に向けて好仕上がりをアピール(ローズS&セントライト記念の1週前・好調教馬) »

2020年9月14日 (月)

「3週連続の好調教馬」と人気薄の好調教馬によるワン・ツーで馬連&3連複がともに万馬券となったセントウルS

【 伏兵ながら好調教馬に該当の2着馬により万馬券をゲット! 】


日曜の中京では当方が得意とする「千二」の重賞、「セントウルステークス・GⅡ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが16番・ダノンスマッシュ

攻め駆けする同馬だが、今回も「栗・坂路」で好時計・高(好)指数を連発して「3週連続の好調教」A評価A評価B評価)。"放牧先&自厩舎"でキッチリと仕上げられた現役屈指のスプリンターが悲願の「GⅠ獲り」へ向け力の違いをで前哨戦を制すると確信した次第。

Capd20200913_2

レースでは、内を見ながら好位4番手を確保すると終始唸るような行きっぷりを見せて進出。直線半ばで楽々抜け出すと、当地でGⅠ勝ちを挙げたライバルを寄せ付けずに堂々の押し切り勝ち。同馬の実績に加えて今回の調教指数を考慮すれば単勝300円は十分な好配当。

そして、「相手候補」は7番・ミスターメロディ(T評価馬)、9番・シヴァージ(A評価馬)、11番・ビアンフェ(A評価馬)、15番・クリノガウディー(B評価馬)の好調教馬4頭。

Capd20200913_3

Capd20200913_4

Capd20200913_5

Capd20200913_6
このうち、7番・ミスターメロディが勝ち馬の直後から進出。振り切られた上にゴール前で外から突っ込んできた穴馬に差されてしまったものの、3着は確保。尚、2着には人気薄の3番・メイショウグロッケが入り3連複は13680円の万馬券に。

そのメイショウグロッケも当週の「栗・CW」B評価をマークしていた好調教馬。人気薄ながらデキの良さを以て激走し、終わってみれば好調教馬によるワン・ツー・スリー決着となりました。


尚、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」からは土曜2頭、日曜2頭が馬券圏内に好走。

(土曜・中山8R 3歳以上1勝クラス 3番 サトノワールド 3番人気 2着 複勝 170円) 

Capd20200912_20200912162501

(土曜・中山10R セプテンバーステークス 8番 ケープコッド 1番人気 1着 単勝 350円) 

Capd20200912_1_20200912162501
(日曜・中京4R メイクデビュー 3番 ピーアイフェリペ 1番人気 2着 複勝 110円) 

Capd20200913

(日曜・中京6R 3歳以上1勝クラス 8番 メイショウベッピン 2番人気 2着 複勝 150円) 

Capd20200913_1

全体としては打率の方がイマイチでしたが、肝心の日曜メインを的中、それも高配当を獲ることができ、秋競馬緒戦を逆転劇で終えることに成功。ホッと胸をなで下ろした、という内容でしたが、次週はもう少し楽に勝ちを確定したいとも思う次第。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。