本文へジャンプします。



« 8つ目のビッグタイトルに挑む名牝(安田記念の1週前・好調教馬) | トップページ | 得意のコースと相性抜群の鞍上で「S評価馬の巻き返し」を!(鳴尾記念) »

2020年6月 4日 (木)

東京の「5週連続GⅠ」を締め括るのは関東馬???(安田記念)

【 現役最強馬には「中2週」も問題なし!?(アーモンドアイ) 】

今週は東京で春の古馬マイル王決定戦「安田記念・GⅠ」が行われます。

前走の「ヴィクトリアM・GⅠ」で牝馬相手とは云え衝撃的来な強さを披露し、断然の人気が予想されるのが「GⅠ8勝目」を狙う現役最強馬のアーモンドアイ。


「中2週」の今回はいつもどおり「美・南W」での5F追い切り。66秒後半は目立ちませんが、1F12秒前半は上々。全体としては軽めの内容ですが、好調教馬に該当するかご注目下さいマセ。


アーモンドアイ
美・南W 5F66秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《?》・?評価


グランアレグリアは「美・南W」での6F追い切り。80秒前半は水曜の同コースでは一番時計」。1F12秒後半はまずまずと云ったところですが、A評価以上に該当する可能性大。


グランアレグリア
美・南W 6F80秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《?》・?評価


ダノンキングリーも同コースでの6F追い切り。81秒前半は二番時計」にあたり、1F12秒前半はグランアレグリア以上 。こちらもA評価以上に該当する可能性があり、どちらの調教指数が高く出るかご注目下さいマセ。


ダノンキングリー
美・南W 6F81秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《?》・?評価


関東馬は上位人気馬が好仕上がりをアピール。関西馬に関しては明日以降のブログにて。

なお、「安田記念・GⅠ」 を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ にて公開させて頂きます。




【 書籍発刊のお知らせ 】

当方がこれまで大変お世話になってきた元○○社の編集長・Hさん。

そのHさんは2018年に「株式会社秀和システム」さんへ移籍された後、そこで新たに「競馬部門」を立ち上げられ数々の書籍を出版されてきましたが、今般、発刊の運びとなった最新作がコチラ↓。皆様におかれましては是非にお買い求めうえご一読下さいマセ。

■ №1の馬券術 エースを狙え! ■

An20200414a


⇒「amazon」さんからのご購入はコチラ


●発売日
4月14日(火)

●著者
織本一極

●価格
1800円+税

●出版社から
近代競馬では「上がりの脚がある(最後の直線でのスピード能力が高い)先行馬」が最も勝利に近いと言われている。これを競馬新聞の馬柱に喩えると、「上がり1位」、「3角(コーナー)1番手」ということになる。この2大エッセンスに着目したのが本馬券術「エースを狙え!」。「脚がキレる馬」も「先行馬」も一杯いるが、ほとんどが人気になってしまい、実際に儲かる馬は一握り。近5走以内で、いずれかの項目に該当した馬を著者独自の評価表に照合し、「確度の高い一握りの穴馬」を選び出すのが本馬券術だ!

2019年11月号~20年1月号まで月刊誌「競馬の天才!」で集中連載、反響を呼んだ馬券術がGⅠ戦線の真っただ中、JRA91コースの織本式評価表を搭載、満を持して登場!




「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。