本文へジャンプします。



« 前走は「調教代り」!?(安田記念) | トップページ | 夏競馬シーズンのオープニングカードはお得意の”ハンデ戦” »

2020年6月 8日 (月)

「相手筆頭」が「コラム推奨馬」を逆転!?の安田記念

【 相手筆頭+コラム推奨馬+相手候補で的中も… 】

日曜は東京で豪華メンバーが集まった一戦、「安田記念・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが5番・アーモンドアイ

レース間隔を十分に開けながら使われてきた同馬故に今回は自身初の「中2週」が最大の課題となるが、当週は「美・南W」B評価となる好指数をマークし、間隔云々が杞憂に終わるのは間違いなし(←前走は「調教代り」!?)。

現役最強馬が"普通"にレースへ臨める状態であれば搭載しているエンジンの違いでGⅠ馬多数のライバルたちを退け8つ目の「勲章」を手中に収めると判断した次第。


Capd20200607_20200607200601

レースでは、スタートで後手を踏み後方から。直線で外から猛然と追い込んだものの2着まで。


そして、「相手候補」攻めの動きが格段に良化した11番・グランアレグリア(A評価馬)が筆頭。

 Capd20200607_1

次いで前走時に引き続いて「攻め強化」の2番・ダノンキングリー(A評価馬)。そして、昨年のマイル王の6番・インディチャンプ(B評価馬「3週連続の好調教馬」)と鞍上含みで1番・ダノンプレミアム(A評価馬「2週連続の好調教馬」)とした次第。
 


Capd20200607_2
Capd20200607_3
Capd20200607_4 

レースでは、スタートを決めて中団で流れに乗った11番・グランアレグリアが直線半ばで抜け出すと後続を突き放して完勝。

アーモンドアイは敗れたものの「相手候補」の筆頭であるグランアレグリアが勝ち、3着も「相手候補」のインディチャンプ。人気馬同士での堅い決着となったものの、馬券は本線で的中できた次第。




一方、土曜阪神では「鳴尾記念・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが13番・レッドガラン

「中3週」とあって今回は「栗・坂路」で軽めの調教に終始したが、それでも2週続けて"そこそこ"の指数をマークし、デキ落ちはないと判断。前走は「栗・CW」で超抜の動きを披露し(指数は自身初となるS評価)、1番人気に支持されながらも消極的な競馬で6着に敗退(「流れに乗れなかった」とのことですが…)。今回はGⅠ馬(ラヴズオンリーユー)も参戦してきたが、ここは(4-0-0-2)と大の得意とする阪神コースで(2-0-0-0)と相性抜群の鞍上を背にS評価馬の巻き返し」を達成すると判断した次第。


Capd20200607

レースでは、3番手から一旦は見せ場を作ったものの伸びきれず5着。
今回は残念な結果に終わりましたが、重賞で勝負になる馬であるという評価は変わらず。今後とも注目していく次第。

尚、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」からは土曜が2頭、日曜に1頭が馬券圏内に好走。

土曜東京4Rのフジコウキは3着でしたが、断然1番人気馬が圏外に消えたことで複勝でも750円の好配当に。

(土曜・東京4R 3歳未勝利 11番 フジコウキ 5番人気 3着 複勝 750円)

Capd20200606

(土曜・東京9R 国分寺特別 13番 カナロアガール 4番人気 2着 複勝 160円)

Capd20200606_1

(日曜・東京10R  14番 ロンドンテソーロ 6番人気 2着 複勝 300円)

Capd20200607_20200607234501

日曜東京10Rのロンドンテソーロはあと一歩のところで差し切られてしまい、惜しくも2着…。
勝ち馬が出なかったことは残念ですが、結果を求めて今週も作業を進めていく次第。


馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

 

 

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 

 

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。