本文へジャンプします。



« 夏競馬シーズンのオープニングカードはお得意の”ハンデ戦” | トップページ | "普通?の〇〇〇〇特別勝ち"を手土産に「いざ重賞戦線へ!」(明日の推奨馬) »

2020年6月11日 (木)

漸くの「梅雨入り」。暫くの間は「お天気&馬場状態」に要注意!

【 一昨年の勝ち馬<昨年の2着馬!?(エプソムC) 】

5月の第1週目からスタートした「6週連続GⅠ」も先週で終了し、今週と来週はGⅠの「中休み」

そして、コロナ禍により季節感の薄い日々を強いられてきましたが、気が付けば漸くの「梅雨入り」

それでもって、暫くの間は週末毎にお天気と馬場状態に気を遣うことになりますが、この日曜日の東京競馬場では「エプソムC・GⅢ」が行われます(←毎年ように悪天候と道悪の中でレースが行われているイメージが…)。



まずは「栗・坂路」組ですが、昨年の2着馬・サラキアが最終追い切りを消化。なお、基準となる「20番時計」は4F51.8秒でしたが、同馬のマークした4F52.3秒は水準並みながらも1F12.2秒は優秀でしたので、好調教馬に該当する可能性は十分。

レッドヴェイロンの4F52.4秒は上々ですが、1F12.7秒はやや物足りない時計。中間の調教指数もご確認下さいマセ。

そして、人気が予想される一昨年の勝ち馬・サトノアーサーは4F54.3秒が示すように平凡な内容。1週前までの調教指数にご注目下さいマセ。


アイスストーム
栗・坂路 4F53.5秒-1F12.2秒 ⇒調教指数《?》・?評価
サトノアーサー

栗・坂路 4F54.3秒-1F12.7秒 ⇒調教指数《?》・?評価
サラキア

栗・坂路 4F52.3秒-1F12.2秒 ⇒調教指数《?》・?評価
レッドヴェイロン
栗・坂路 4F52.4秒-1F12.7秒 ⇒調教指数《?》・?評価 


アイスストームは1F12.2秒は優秀ですが、4F53.5秒が微妙なところ。B評価に該当するかどうか。

その他のコースに関しては明日以降のブログででも。


なお、「エプソムC・GⅢ」 を含む全レースの調教指数や「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ にて公開させてただきます。




【 書籍発刊のお知らせ 】

当方がこれまで大変お世話になってきた元○○社の編集長・Hさん。

そのHさんは2018年に「株式会社秀和システム」さんへ移籍された後、そこで新たに「競馬部門」を立ち上げられ数々の書籍を出版されてきましたが、今般、発刊の運びとなった最新作がコチラ↓。皆様におかれましては是非にお買い求めうえご一読下さいマセ。

■ №1の馬券術 エースを狙え! ■

An20200414a


⇒「amazon」さんからのご購入はコチラ


●発売日
4月14日(火)

●著者
織本一極

●価格
1800円+税

●出版社から
近代競馬では「上がりの脚がある(最後の直線でのスピード能力が高い)先行馬」が最も勝利に近いと言われている。これを競馬新聞の馬柱に喩えると、「上がり1位」、「3角(コーナー)1番手」ということになる。この2大エッセンスに着目したのが本馬券術「エースを狙え!」。「脚がキレる馬」も「先行馬」も一杯いるが、ほとんどが人気になってしまい、実際に儲かる馬は一握り。近5走以内で、いずれかの項目に該当した馬を著者独自の評価表に照合し、「確度の高い一握りの穴馬」を選び出すのが本馬券術だ!

2019年11月号~20年1月号まで月刊誌「競馬の天才!」で集中連載、反響を呼んだ馬券術がGⅠ戦線の真っただ中、JRA91コースの織本式評価表を搭載、満を持して登場!




「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。