本文へジャンプします。



« 芝が青々と輝く京都&東京開催の始まり | トップページ | 待望の〇勝目を重賞勝ちで飾るべく「A評価&順位1位」(福島牝馬S) »

2020年4月23日 (木)

急遽、参戦のGⅠ馬の当週は?(マイラーズC)

【 好調教馬揃いにつき「取捨」が難解!? 】


今週から京都開催が開幕。日曜に
「マイラーズC・GⅡ」が行われます。

一昨日のブログで書きましたとおりGⅠ馬にして昨年の最優秀短距離馬であるインディチャンプが香港遠征を取りやめての参戦したきましたが、今回は1週前に「栗・坂路」で《80.5》・B評価をマーク。


トップページ→「調教ランク」→「今週の好調教馬」→「栗・坂路」
1_20200419191801 


そして、今週も「栗・坂路」で最終追い切りを消化。4F50.8秒は水曜の二番時計」にあたりますが、1Fが13.6秒を要している点がどうか。A評価以上に該当するかご注目下さいマセ。


栗・坂路 4F50.8秒-1F13.6秒 ⇒調教指数《?》・?評価 


ヴァンドギャルドは「栗・CW」での最終追い切りで、1F12秒前半は上々ですが、今週は負荷の軽い4F追い切りで該当せず。


ヴァンドギャルド
栗・CW 4F51秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《?》・?評価


ただし、「栗・CW」で1週前にA評価の高指数をマーク。既に態勢は整っている様子。



トップページ→「調教ランク」→「今週の好調教馬」→「栗・CW」

3_20200419191801

その他の関西の有力馬は「栗・坂路」での追い切り。尚、基準となる今週の「20番時計」は4F52.2秒。

フィアーノロマーノは基準並みの4F52.3秒に加え、1F12.5秒も同日の馬場状態を考慮すれば優秀な部類。

レッドヴェイロンは4Fが基準を上回る51.4秒ですが、1Fは13.2秒を要しています。

2頭は好調教馬に該当するか、またどちらの調教指数が高く出るかにご注目下さいマセ。


フィアーノロマーノ
栗・坂路 4F52.3秒-1F12.5秒 ⇒調教指数《?》・?評価
レッドヴェイロン
栗・坂路 4F51.4秒-1F13.2秒 ⇒調教指数《?》・?評価


上位人気馬がいずれも1週前か当週に好調教馬に該当。食い込める伏兵はいるのか、また、上位人気馬の取捨をどうすべきかがポイントとなりそうです。


なお、「マイラーズC・GⅡ」 を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ にて公開させていただきます。

| | コメント (0)


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。