本文へジャンプします。



« 〇馬勢をも蹴散らしタイトルを奪取!(大阪杯) | トップページ | いよいよ始まるクラシックロード、一週前好調教馬は? »

2020年4月 6日 (月)

本線的中の大阪杯に加えて、推奨馬が激走ラッシュ

【 「コラム推奨馬」は惜しい2着も… 】


日曜は阪神で「大阪杯・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが12番・クロノジェネシス

今回は放牧先で相当しっかりと乗り込まれていたようで、帰厩して間もない3/18には「栗・CW」で"B評価一歩手前"の好指数をいきなりマーク。そして、先週は同じくCWで「S評価&順位1位」となる高指数を叩き出し、仕上りは万全。

心身共に充実一途の同馬が強力な牡馬勢をも蹴散らし2つ目のタイトルを奪取すると判断した次第。


Capd20200405_1 
レースでは、前の2頭を見ながら離れた3~4番手の外を追走。ほぼ完ぺきな流れで直線に向いてきたかと思いましたが、追い比べで突き抜けきれずに惜しくも2着。

そして、「相手候補」としたのが、攻め強化の8番・ダノンキングリーを筆頭に3番・ブラストワンピースと5番・ラッキーライラックのA評価馬3頭。そして、高指数連発の6番・レッドジェニアル(A評価馬)を穴で一考。


Capd20200405_2
 
Capd20200405_3

ダノンキングリーは不本意ながら逃げる競馬になったものの、粘って馬券圏内を確保。絶好のポジションをキープしたラッキーライラックが直線で2頭の間を割って差し切り勝ち。

3連複は3番人気の堅い決着となったものの、大本線で的中することができました。欲を言えば単勝も欲しかったところですが、この点は残念。



一方、土曜の中山では「ダービー卿CT・GⅢ」が行われました。

当方が「調教から狙える好配当馬」に指名したのが。4番・クルーガーA評価馬)。

Capd20200404_27 

レースでは、好位内を起用に立ち回ると先に抜け出した3番人気馬を捕らえて突き抜け、2馬身差の完勝。単勝1020円は文字どおりの好配当となりました。


先週の「調教から狙える好配当馬」&「単複で狙えるT評価馬」からは土曜に2勝、日曜は4勝の固め打ち。

(土曜・阪神4R 3歳未勝利 13番 ユピテルルークス 2番人気 1着 単勝360円)

Capd20200404_28

(土曜・阪神9R アザレア賞 3番 ディープボンド 4番人気 2着)

Capd20200404_29

(日曜・中山1R 3歳未勝利 1番 クリノテルチャン 6番人気 2着)

Capd20200405_4


(日曜・中山6R 4歳以上1勝クラス 7番 ダンシングプリンス 1人気 1着 単勝170円)

Capd20200405_5

(日曜・中山9R 山吹賞 5番 エヴァーガーデン 1番人気 1着 240円)

Capd20200405_6

(日曜・阪神10R 難波ステークス セラピア 3番人気 1着 540円) 

Capd20200405_7

まさに好配当づくしとなりました。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

 

 

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 

 

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。