本文へジャンプします。



« 「自己ベスト&S評価」で汚〇返上!(高松宮記念) | トップページ | 明日は中山競馬場で「続行競馬」 »

2020年3月30日 (月)

「コラム推奨馬」と大穴「相手候補」が悲喜交々の高松宮記念

【 好調教馬が上位独占のGⅠ&毎日杯 】


土曜の阪神で「毎日杯・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが。8番・サトノインプレッサ。

今回は放牧先でしっかりと乗り込まれていた様子で帰厩して直ぐさま「栗・坂路」で"それなり"の時計を連発。そして、今週は「栗・CW」で絶好の動きを披露し、指数の方は「A評価&順位2位」。「道悪の鬼」(=2戦2勝は共に「重馬場」)が重賞も制して連勝街道を驀進すると確信した次第。


Capd20200328_16 

レースでは、出遅れて最後方からの競馬。直線半ばまで進路が狭くなる不利のオマケ付きだったものの、一瞬の隙をついて突き抜けて終わってみれば完勝。

そして、「相手候補」相手候補は2番・アルジャンナと5番・ダノンアレーのT評価馬2頭。

Capd20200328_19

2番アルジャンナはサトノインプレッサに捕まってしまったものの、2着は確保。そして、ダノンアレーも3着に入り、馬券の方は単勝及び、相手本線でキッチリ仕留めることができた次第。




一方、日曜の中京では「高松宮記念・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが。3番・ダイアトニック。

攻め駆けする同馬だが、今回も先週に「栗・坂路」で4F49.9-1F11.9と自己ベストをコンマ5秒も更新する猛時計を叩き出し、指数は前走時に続いて「S評価」をマーク。「中3週」でもしっかりとした攻めをこなした栗東屈指の坂路巧者がその前走時での「汚名」(2位入線ながら降着処分を受け3着へ)をGⅠ制覇と云う大金星で一気に返上すると判断した次第。


Capd20200329_2

レースでは、前走と同様にスタートを決めて好位を追走。直線も突き抜ける勢いで伸びましたが、ゴール前で痛恨の不利を受けて4位入線。結果的に、1位入線馬の降着で繰り上がり馬券圏内は確保できた次第。


そして、「相手候補」としたのが6番・ダノンスマッシュ(T評価馬、元・S評価馬)、8番・グランアレグリア(A評価馬)、11番・クリノガウディー(A評価馬)、12番・セイウンコウセイ(A評価馬)の好調教馬4頭。

Capd20200329_6
Capd20200329_7

このうち、グランアレグリアが後方から直線で凄まじい脚を繰り出して追い込み、3位入線(2着)に入り、「コラム推奨馬」が3着に繰り上がったことに伴い、3連複22830円が的中となった次第。

尚、「相手候補」の1頭とした11番クリノガウディーは15番人気の低評価ながら1位入線。4着降着は残念でしたが、好調教馬の破壊力は示してくれた点には納得しています。

尚、
先週の「調教から狙える好配当馬」&「単複で狙えるT評価馬」からは土曜に2頭が勝利。

(土曜・阪神10R 天神橋特別 3番 カイザーミノル 1番人気 1着)

Capd20200328_13

(土曜・中山6R 3歳1勝クラス 10番 ウインカーネリアン 2番人気 1着)

Capd20200328_12


馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

 

 

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 

 

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。