本文へジャンプします。



« "持ち味"を遺憾なく発揮すべく「3週連続のA評価」(シルクロードS) | トップページ | マイル重賞は「栗・坂路」組に要注目(東京新聞杯) »

2020年2月 4日 (火)

調教巧者が初ダートで覚醒(根岸S)

【 「コラム推奨馬」&「相手候補」がワン・ツー 】

日曜は東京でフェブラリーSの前哨戦である「根岸S・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのがコパノキッキング。

近走の攻めでは目立った動きを見せることがなかったが、当週は「栗・CW」で「A評価&順位4位」となる高指数をマーク。「GⅠ獲り」を意識しハードな攻めが敢行された同馬が「実力&実績」の違いを見せつけ連覇を達成するとジャッジした次第。


Capd20200202_2

レースでは、2番手を進み直線は抑えきれない手応えで早め先頭に。押し切れるかと思いましたが、芝GⅠ馬の豪脚に屈して惜しくも2着。


そして、「相手候補」の1頭に取り上げたのが11番・モズアスコット。 今回は1週前に「栗・坂路」で《92》・A評価の 高指数をマーク。当週もB評価となり「2週連続の好調教」に該当。


Capd20200202_3 


レースでは、スタートで後手を踏んだものの、外目をスムーズに進み直線でもしっかりと脚を伸ばして快勝。新たな活躍の場を見出し、今後が楽しみになる内容。尚、同馬は間隔を詰めてもしっかりと攻めるタイプですので、次走に向けてもその点に注目している次第。

結果、好調教馬のワン・ツーで、3着に人気薄のスマートアヴァロンが好走したために3連複は
万馬券に。


一方、京都ではシルクロードS・GⅢが行われました。


当方が「コラム推奨馬」に指名したのがモズスーパーフレア。栗東屈指の坂路巧者だが、今回も「A評価&順位9位」→「A評価&順位4位 」→「A評価&順位1位 」と好時計・高指数を連発し「3週連続のA評価」、2ケ月半ぶりでも仕上りは万全。調教師先生が言うとおり前走は"溜め逃げ"で持ち味を出せずに大敗(1番人気で8着)を喫したが、同馬を良く知る所属騎手に乗り替わった今回はスピードを活かす競馬に徹し"圧逃劇"を演じると判断した次第。


Capd20200202_4

レースでは、果敢にハナを切って快調な逃げを披露。直線半ばでは押し切りを信じたものの、ゴール前の数十メートルで捕まってしまい、痛恨の4着。



■ 先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」 ■

尚、土曜の推奨馬は勝ち馬が出なかった点こそ残念でしたが、推奨6頭のうち計4頭が馬券圏内に好走。



(土曜・京都5R 3歳未勝利 6番 ダノンカオス 3番人気 2

Capd20200202_5


(土曜・京都10R 花見小路特別
 6番 カイザーミノル  3番人気 2

Capd20200202_6


(土曜・東京5R 3歳未勝利
 15番 ロジアイリッシュ  4番人気 3

Capd20200202


(土曜・東京10R クロッカスS
 1番 ゼンノジャスタ  4番人気 3

Capd20200202_1


あと一歩のところで勝ち切れずに歯がゆいレースが続きましたが、日曜の小倉7Rでは「調教から狙える好配当馬」 に推奨したイルヴェントドーロが快勝。


(日曜・小倉7R 4歳以上1C
 1番 イルヴェントドーロ  2番人気 1

Capd20200202_2_20200202185701
単勝410円は文字通りの好配当となりました。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

 「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。