本文へジャンプします。



« マイル重賞は「栗・坂路」組に要注目(東京新聞杯) | トップページ | 「伸び盛りの重〇ウイナー」が勝ち星を積み重ねるべく(明日の推奨馬) »

2020年2月 6日 (木)

"モズ"は"モズ"でも…(シルクロードS&根岸S)

 "スーパーフレア"ではなく"アスコット" 

2月に入ってからも収束どころか発症者や死亡者が増え続けている新型ウィルスですが、先週のブログでは「この状態が悪化していけば中国からの観光客云々に留まらず、諸々の経済活動にも影響が出かねませんので」と書いたところ、身近のところで同窓の面々による「還暦祝いの会」が中止(延期?)となり"影響"が現実化(←その還暦祝いの会はとあるホテル内にある中華料理店で行う予定でしたが、そのホテルの宿泊者の8割以上が中国の方であるとの話を聞いた会の幹事氏は即刻…)。

それ以外でも「君子危うきに近寄らず」とばかりに旅行や出張を取り止めにした話は頻繁に耳にしますし、実際にインバウンドで活況を呈していたお取引先の飲食店は「さっぱりワヤですわぁ」と嘆くことしきり


災害が起こった際、過大に危機意識を喚起し過ぎるとデマや風評、そして、差別と云った良からぬ事象の横行を招きかねませんが、この度の新型ウィルスによってもたらされる様々な出来事が「対岸の火事」でないことは確かですので、可能な限りの感染防止対策をこうじながら事の成り行きを注視したいところです。

(この冬一番の寒波に見舞われた本日はお天気は良くとも臨む景色も寒々と)

Kanpa20200206a


■ 先週の「コラム推奨馬」 ■

(土曜・京都9R 梅花賞 4番 キングオブドラゴン 4番人気 5着)

Co0201

 

Ky020109

 

Ky020109a


購入額 6万9000円 払戻金 0円


(日曜・京都11R シルクロードS・GⅢ 3番 モズスーパーフレア 2番人気 4着)

Co02021

 

Ky0202111

 

Ky0202112

 

Ky020211a


購入額 6万9000円 払戻金 0円


(日曜・東京11R 根岸S・GⅢ 5番 コパノキッキング 1番人気 2着

Co02022

 

To0202111

 

To0202112

 

To020211a

 

To020211b


3連複(5-7-11) 14510円 馬連(5-11) 1400円
購入額 7万5000円 払戻金 28万7650円



■ 先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」 ■

(土曜・京都5R 3歳未勝利 6番 ダノンカオス 3番人気 2着

Ky020105

 

Ky020105a


複勝 170円 馬連(6-12) 3130円 3連複(6-8-12) 1390円
購入額 6万1000円 払戻金 7万9200円


(日曜・小倉7R 4歳上1勝クラス 1番 イルヴェントドーロ 2番人気 1着

Ko020207

 

Ko020207a


単勝 410円 複勝 190円 馬連(1-2) 6920円
購入額 5万5000円 払戻金 18万9200円




【 「2月攻勢」で"勝ち星量産"! 】

先週の勝ち星は「32勝」と3週間ぶりに目標としている「30勝以上」を達成。

Tk0201_20200206143601


先々週の「221頭」ほどではないにせよ先週もS~T評価馬までの全好調教馬の出走頭数が「248頭」と少なかったにも拘わらず、A評価馬B評価馬の頑張りもあってその勝率が「12..9%」(8頭に1頭以上が勝利)と高率を収め目標の「30勝以上」を達成することができましたが、この週末からはクラシックを意識する3歳馬たちによるレースが増え、それに伴い(好調教馬たちの)出走頭数の増加も見込まれますので(+「春競馬」へ向けて始動する古馬も増えてきますので)、好スタート切った勢いそのままに「2月攻勢」でもって"勝ち星量産"を目指したいと存じます。




【 坂路は「ラスト1F」に大注目(東京新聞杯) 】


今週は東京で「東京新聞杯・GⅢ」が行われます。

注目を集めるレッドヴェイロンは「栗・坂路」での最終追い切り。なお、基準となる「20番時計」は4F51.5秒。

レッドヴェイロンは基準を大きく上回る4F50.6秒。1Fこそ12.7秒を要していますが、A評価以上に該当する可能性は十分ですので、最終的な調教指数にご注目下さいマセ。


レッドヴェイロン
栗・坂路 4F50.6秒-1F12.7秒 ⇒調教指数《?》・?評価


その他ではクリノガウディーの1F11.7秒が秀逸。4F52.5秒は基準を下回っていますが、「2週連続好調教」に該当する可能性も十分。

クルーガーも4F52.5秒はクリノガウディーと同等も、1F12.1秒はこちらが下。

なお、高中式では、全体時計とラスト1Fを考慮して調教指数を算出しておりますので、調教指数的にはクリノガウディーの方が上。


クリノガウディー
栗・坂路 4F52.5秒-1F11.7秒 ⇒調教指数《?》・?評価
クルーガー
栗・坂路 4F52.5秒-1F12.1秒 ⇒調教指数《?》・?評価
ケイアイノーテック
栗・坂路 4F53.1秒-1F11.9秒 ⇒調教指数《?》・?評価
ロワアブソリュー
栗・坂路 4F55.2秒-1F12.5秒 ⇒調教指数《?》・?評価


高中式では他にも以下の4つのポイントを考慮して、数値化しています。 

【調教判断の重要な4ポイント

・レース当週の調教は重要だが、1週前&2週前も考慮する
・日別、コース別に調教内容の優劣を判断する
・全体時計、ラスト1ハロンを併せて判断する
・「馬なり」「強め」「一杯」の追い方も考慮する


ケイアイノーテックは1F11.9秒が優秀ですが、4F53.1秒では該当するか微妙なライン。

関東勢に関しては明日、あさってのブログででも。

なお、「東京新聞杯・GⅢ」 を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ にて公開させていただきます。




⇒ 調教サイト「高中式」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。