本文へジャンプします。



« 栗東・CWで高指数を連発し休養明けでもイキナリから(明日の推奨馬) | トップページ | コンマ2秒負けは斤量差の分!?(ダイアトニック) »

2020年1月 7日 (火)

「推定・2週連続の好調教」で乾杯なる?!

【 「A評価&順位4位」+「推定」B評価 】

日曜は京都で新年一発目のJRA重賞、「京都金杯・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのがダイアトニック。

攻め駆けする同馬だが、今回も1週前に「栗・坂路」で「A評価&順位4位」となる高指数を叩き出したのに次いで、当週は1/2(木)に4F52.5-1F12.0と好時計をマーク。この日は追い切り頭数が少なく指数こそ作成していないものの、通常通り算出していれば間違いなくB評価以上と「推定・2週連続の好調教」。

昨年のリーディング・トレーナーがここに照準を合わせてキッチリと仕上げた同馬により更なる飛躍を求めて好発進を切ると確信した次第。



Capd20200105_9 

レースでは、中団内を追走して直線でも進路を確保。上がり最速となる末脚を発揮したものの、先に抜け出した軽ハンデの牝馬を捕らえることができず、惜しくも2着。

尚、14番人気の低評価ながら3着に好走して、馬券の肝となったのが7番・ボンセルヴィーソ。今回は、1週前にあたる年末に「栗・CW」で《89.9》・A評価 の高指数をマークしていました。結果、2番手追走から粘りこんで低評価を覆す走りを披露。

尚、同じく日曜の中山10R・サンライズSで「調教から狙える好配当馬」に指名したのがエンゲルヘン。

今回は、2週前に「栗・坂路」B評価 をマークしたのに続き、1週前には同コースで《90.1》・A評価 の高指数。デキは万全と判断した次第。


中山10R 5番 エンゲルヘン 1着 2番人気

Capd20200105_8  

レースでは、好スタートを決めると軽快なダッシュで先頭に立ち、テン良し・中良し・終い良しの逃げ切り勝ち。結果的に、翌日の月曜に同コースで行われたオープン特別を上回るタイムでの勝利となっており、次走以降も今回のような高い調教指数を記録していれば楽しみな存在となります。

大幅な馬体増で出走する馬も多い変則日程の正月競馬はもう1週続くこととなります。難儀な時期ではありますが、調教指数を頼りに結果を求めていきます。


馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

 

 

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 

 

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。