本文へジャンプします。



« 「ダート王」の座へ返り咲くべく「2週連続のA評価」(チャンピオンC) | トップページ | ダート界の「超新星」に屈し(ゴールドドリーム) »

2019年12月 3日 (火)

S評価馬が単勝1810円の好配当

 【 6歳馬でも年齢的な衰えなし 】

今週は中京で秋のダート王決定戦、「チャンピオンズC・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのがゴールドドリーム。

今回は11月初旬に外厩から戻り、「栗・坂路」「栗・CW」を併用しての乗り込みは入念。そして、先週は「栗・CW」 で「A評価&順位4位」、今週は坂路で「A評価&順位1位 」となる高指数を連発して「2週連続の好調教」A評価 ×2)。年齢的な衰えを全く感じさせない一昨年の覇者がここを勝って2年ぶりに「ダート王」の座へ返り咲くと判断した次第。

レースでは、好位5番手を進み、直線でも無事に進路を確保。外からインティを交わして突き抜けたと思いきや、間を突いた無敗の3歳馬にゴール前で交わされてしまい、惜しくも2着。


Capd20191201_5

そして、「相手候補」の1頭として取り上げたのが、その無敗の3歳馬こと5番・クリソベル(B評価馬)。 

レースでは、逃げ馬の直後を進み、直線でも落ち着いた捌き。550キロの巨漢馬ながら、好調教が示すとおり重苦しさのない走りで古馬を相手に戴冠。


尚、今週は「調教から狙える好配当馬」に指名した中から、土曜に2頭が勝利。土曜中山12Rのタイセイアベニールは中間に3本の好調教A評価×1、B評価×2)をマーク。この調整過程に加えて、欧州の若き名手が騎乗と盤石の態勢ながら単勝400円は十分な好配当。


中山12R 1番 タイセイアベニール  1着

Capd20191130_5_20191201175701


土曜中京9Rには、S評価馬のキャッチミーアップが登場。

中京9R 7番 キャッチミーアップ 1着

Capd20191130_4_20191201175701


レースでは、直線で馬場のど真ん中から抜け出して、ゴール前では大外から脚を伸ばした伏兵をクビ差押さえての勝利。調教指数的には断然の存在でしたが、単勝は1810円の好配当となりました。

S評価馬 は断然人気のケースも多々ありますが、時折このような人気薄が現れることがあり、その破壊力は抜群。
今後も引き続きご注目下さいマセ。
  
 
馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

 

 

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 

 

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。