本文へジャンプします。



« A評価→S評価のハイレベルな「2週連続好調教」(アルゼンチン共和国杯) | トップページ | 攻め巧者が攻め通りの走りで快勝(ムイトオブリガード) »

2019年11月 6日 (水)

6F80秒を切って、1F12秒前半なら、A評価に該当(エリザベス女王杯)

【 「栗・CW」組に好調教馬が多数(エリザベス女王杯)】

今週は京都でうら若き少女と歴戦の熟女が覇を競う「エリザベス女王杯・GⅠ」が行われます。

昨年はA評価馬のリスグラシューを「コラム推奨馬」に指名。当方の見立てどおりマジックマンの手綱捌きを以て「GⅠ惜敗」に終止符を打つ走りで快勝。その後の大躍進に向けての足掛かりとしました。


1_20191030010001


今年の注目はラヴズオンリーミー。

オークスでは中間に「栗・CW」で《88.4》・A評価となる高指数をマーク。1週前・当週と軽めでしたが、中間に好調教があったことで大舞台でも好走できたと見ている次第。今回は頓挫明けだけにその仕上がりが重要。1週前の調教指数に関しては、会員ページ にてご確認下さいマセ。


2_20191030010101


「栗・CW」組ではラッキーライラックが、6F78秒前半の好タイムをマーク。1Fも12秒前半 でまとめており、《91》・A評価 の高指数。前哨戦を叩いて上昇ムードと見えます。


ラッキーライラック
栗・CW 6F78秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《91》・A評価


クロノジェネシスも6F79秒前半は優秀。1Fも12秒前半 なら上々で、調教指数は《87》・A評価 。休み明けの前走で初の戴冠。さらに今回も好調をアピール。


クロノジェネシス
栗・CW 6F79秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《87》・A評価


トップページ→「当週調教」→「栗・CW」
Photo_20191104185201

1週前の時点では上位人気が予想される2頭が好仕上がりをアピール。

伏兵陣に食い込む余地はないのか?当週の追い切りにご注目下さいマセ。


尚、「エリザベス女王杯・GⅠ」 を含む、全レースの調教指数に関しては、金曜昼頃から会員ページ にて公開させて頂きます。


Photo_4

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

1週前・好調教馬」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。