本文へジャンプします。



« 大儲けまであと一歩(安田記念) | トップページ | 推定?5馬身の不利(アーモンドアイ) »

2019年6月 4日 (火)

ハンデ戦こそ儲かるレース(マーメイドS)

【 格上挑戦の好調教馬が狙い目 】

今週から2週間はGⅠの中休み。阪神では「マーメイドS・GⅢ」が行われます。

以前にも申し上げましたとおり、ハンデ戦はゴールラインで横一線になるようにつけられています(この件に関してはコチラを)。過去の成績で横一線にされる訳ですから、「絶対能力に掛かる比重が少なく、今回のデキが良い馬」(=好調教馬)に有利な条件といえます。

尚、1週前追い切りでは1週前・好調教馬に複数頭が該当。

「栗・CW」組ではモーヴサファイアが6F80秒前半の好タイムを計時。1F11秒前半も優秀で《91》・A評価 の高指数をマーク。

その他にも条件クラスに在籍しているクィーンズベスト、ダンサールがそれぞれA評価 をマーク。格上挑戦でも通用するハンデ戦だけに、好調教馬には有利。ハンデ差と調教指数にご注目下さいマセ。


カレンシリエージョ
栗・CW 6F80秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《87》・A評価
クィーンズベスト
栗・CW 6F80秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《86》・A評価
ダンサール
栗・CW 6F80秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《85》・A評価
モーヴサファイア
栗・CW 6F80秒前半-1F11秒前半 ⇒調教指数《91》・A評価


「美・坂路」組ではレーツェルが4F52.5秒の好タイムに加えて、1F11.8秒も秀逸。でもって調教指数は《88》・A評価 。こちらも3勝クラスに在籍する条件馬であり、今回は格上挑戦となりますが、調教指数的には注目の1頭となります。


レーツェル
美・坂路 4F52.5-1F11.8 ⇒調教指数《88》・A評価


東西ともに多数の1週前・好調教馬が出ていますので、何頭が「2週連続好調教馬」に該当するか楽しみにしている次第。

その他にS評価馬が2頭も該当。こちらについては会員ページ(PC版 携帯版)内にて、ご確認下さいマセ。


一方、東京では日曜に「エプソムC・GⅢ」が行われます。

今年の注目はダノンキングダム。今回が初のオープン昇級戦となりますが、「栗・坂路」で《80》・B評価 に該当しており好仕上がりをアピール。1週前にはその他に目立った調教指数をマークした馬がいなかっただけにアドバンテージとなり得ます。


ダノンキングダム
栗・坂路 4F53.0-1F12.3 ⇒調教指数《80》・B評価


その他の有力馬は当週の追い切りに注目。また、中間に好調教馬に該当している馬がいたかどうかも併せてご確認下さいマセ。

「エプソムC・GⅢ」「マーメイドS・GⅢ」 を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。


Photo_4


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

1週前・好調教馬」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。