本文へジャンプします。



« 「コラム推奨馬」が2着で馬連&3連複は万馬券(阪急杯) | トップページ | 7歳牝馬と思えぬ攻めとレースぶり(レッツゴードンキ) »

2019年2月26日 (火)

クラシックへ繋がる2重賞

【 お得意の3歳の2重賞の1週前・好調教馬 】

今週は中山で皐月賞トライアルの要衝である「弥生賞・GⅡ」が行われます。

昨年は、2週前・1週前にA評価 をマークしていたワグネリアンが2着。3着にはT評価馬のジャンダルムが好走。

2

 

 




今年の注目はニシノデイジー。1週前には「美・南W」で6F81秒前半をマーク。1Fも12秒後半にまとめて《88》・A評価 に該当。久々でも好仕上がり。

ラストドラフトも同コースで1週前追い切りを行い、《83》・B評価 に該当。攻め駆けするタイプではないだけに好印象。

関西馬ではメイショウテンゲンが「栗・CW」で《88》・A評価 となる指数をマーク。「2週連続の好調教」に該当するようなら穴で一考も。


ニシノデイジー
美・南W 6F81秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《88》・A評価
メイショウテンゲン
栗・CW 6F81秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《88》・A評価
ラストドラフト
美・南W 6F81秒後半-1F13秒前半 ⇒調教指数《83》・B評価


一方、阪神では桜花賞の最重要ステップである「チューリップ賞・GⅡ」が行われます。

昨年は唯一のA評価馬 であったラッキーライラックが完勝。2着にはB評価馬のマウレアが入り、好調教馬のワン・ツー。堅い決着もキッチリ。


1

 

 



ブランノワールが「栗・坂路」での1週前追い切り。4F52.9秒は目立ちませんでしたが、1F11.9秒が優秀で《85》・A評価に該当。前走時も注目した一頭ですが、今回も好仕上がりをアピールしており、当週の追い切りが楽しみです。

ドナウデルタも同コースで1F11.9秒をマーク。こちらは4Fも52.3秒と上々で《86》・A評価


ドナウデルタ
栗・坂路 4F52.3-1F11.9 ⇒調教指数《86》・A評価
ブランノワール
栗・坂路 4F52.9-1F11.9 ⇒調教指数《85》・A評価


人気が予想されるダノンファンタジー、シェーングランツの仕上がり途上の可能性あり。当週の追い切りにご注目下さいマセ。

「弥生賞・GⅡ」「チューリップ賞・GⅡ」「オーシャンS・GⅢ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。


Photo_4

 


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

 


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

1週前・好調教馬」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。