本文へジャンプします。



« 出世の遅れを取り戻すべく「3週連続の好調教」(東京新聞杯) | トップページ | 2歳GⅠの勝ち馬、2着馬の年明け初戦 »

2019年2月 4日 (月)

「栗・坂路」で培った瞬発力+過去最高のデキで(東京新聞杯)

【 「3週連続の好調教」(B評価→B評価→A評価) 】

日曜は東京で「東京新聞杯・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのが2番・インディチャンプ。

今回は1/8に帰厩してから「栗・坂路」で乗り込まれており、1/17から2回自己ベストを更新する好時計をマークし、指数の方は「3週連続の好調教」B評価B評価A評価)と攻め駆けする同馬にしてもこれまで以上に絶好の動きを披露。

昨春の「毎日杯・GⅢ」では後の有馬記念馬にして最優秀3歳牡馬のブラストワンピースと好戦していることからも同馬の持てる能力は高く、ここで出世の遅れを取り戻すべく重賞初制覇を成し遂げると確信した次第。


1

レースでは、スタートこそ出遅れたもののラチ沿いを通って徐々にポジションを挽回。直線で空いたスペースへと導かれ、ゴーサインが出ると一瞬で抜け出して勝負を決める完勝。

まさに「栗・坂路」で培った瞬発力と過去最高のデキを如何なく発揮しての勝利。

2

そして、「相手候補」の1頭に取り上げたのが、1番・サトノアレス(B評価馬)。決して攻め駆けするタイプではない同馬が、今回は「美・坂路」好調教馬に該当していた点に注目していた次第。


レースでは、後方のラチ沿いを進むと直線では2着に好走した昨年をなぞるような競馬で鋭く伸び、2着争いに加わる走りを披露。結果は3着でしたが、馬券圏内は確保。


一方の京都では「きさらぎ賞・GⅢ」が行われました。

こちらでは「栗・CW」「3週連続の好調教」B評価×3)に該当していたダノンチェイサーが完勝。3着にも人気薄ながらB評価に該当していたランスオブプラーナが入り、8頭立てながら3連複は23670円の高配当に。

3

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。