本文へジャンプします。




« "渾身の仕上げ"で正○正○のJRA・GⅠを(チャンピオンズC) | トップページ | 「栗・CW」で追い切ってスタミナ強化は好印象(阪神JF) »

2018年12月 3日 (月)

相手の2頭が馬券絡み(チャンピオンズC)

【 チャンピオンズCの回顧 】

日曜は中京で「チャンピオンズC・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのがケイティブレイブ。今回は1週前に「栗・CW」で《88》・A評価順位6位となる高指数をマーク。「中3週」のローテながら弛めることなく乗り込まれながら、ハードな攻めを消化。

1

レースでは、人気馬を見ながら8番手を進んだものの直線では伸びが見られず。鞍上による敗戦の弁にはよもやの「西陽を気にした」とのコメントまで。西陽を背負う形でゴールを目指す大井の舞台でのリベンジに期待と云ったところでしょうか。

そして、「相手候補」に指名したのがB評価馬のサンライズソア、そしてT評価馬 のウェスタールンド。2頭はそれぞれ、3・2着に健闘。断然人気馬との組み合わせでも3連単配当を2万馬券に押し上げた次第。


2

勝ったルヴァンスレーヴは、中間に目立つ調教指数をマークしておらず。まだまだ上昇の余地を大いに残す仕上げで、前走ではゴールドドリームを、今走ではケイティブレイブを破って、3歳にして国内ダートのトップ2を倒して頂点に立ちました。

末恐ろしい同馬の成長には今後も注目している次第。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。