本文へジャンプします。




« 「これも競馬のうち」として再び"底を見せていない存在"へと(モズアスコット) | トップページ | 「アクシデントも何のその」で自身初のA評価(京都2歳S) »

2018年11月22日 (木)

牝馬3冠馬が更に状態アップ??(ジャパンC)

【 木村哲也厩舎 

Tk1117

先週の勝ち星数は
「32勝」

これで
新目標「30勝以上」については「3週連続」してクリアしましたが、最近、くどいくらい申し上げている「大台(40勝)到達」については又しても達成出来ませんでしたので、勝ち星を量産して「昨年は『一昨年以上』。そして、今年は『昨年以上』」を達成すべくこの週末から年末にかけて登場する好調教馬たちへは「鞭の入れ方」を強化したいと存じます(←"鞭を入れる"と云っても「データ」の上からですが。となると鞭を入れるべきは好調教馬へではなくデータを作成している当方!?・笑)。


ところで、先週の「マイルCS・GⅠ」で見事に戴冠を果たした3歳馬のステルヴィオは美浦の木村哲也厩舎の管理馬。

同厩舎については9/20のブログにおいて「 ~ 藤原厩舎の勝率が若干低下気味なのに対し(それでも超ハイレベルな数字であることは間違いありませんが)、中内田厩舎は現状を下げることなくキープし、しかも、「勝率部門・第3位」木村厩舎もこの上位2厩舎を猛追。 ~ 今週末に登場するこの抜群の成績を誇る3厩舎の管理馬を要チェックです!」と当方が注目する厩舎として取り上げましたが↓、

■ 2018年9月17日終了時点 ■

Ttop1020180917

このところの成績が若干下がり気味だったこともあり、先週のブログでは同厩舎のことを全く触れずじまいだったところ↓、当方の浅はかさを嘲笑うかのようにいきなりの初GⅠ制覇(木村先生、大変失礼いたしました・汗)。

■ 2018年11月11日終了時点 ■

Ttop1020181111
この木村厩舎に関しては↓で紹介する「厩舎力」においてもノーザンファームとの関わりが非常に深いことから「ノーザンFの申し子」として今後の飛躍が期待される厩舎に取り上げられており、また、マイルCSを制したことで賞金獲得高も「トップ10入り」を果たして「勝利数・勝利数・連対率・複勝率・賞金獲得額」の5部門全てでトップ10に名を連ねるに至りまましたので(5部門全てで「トップ10入り」は同厩舎と藤原厩舎、藤沢厩舎、友道厩舎の4厩舎だけ)↓、先週は"ノーマーク"にしておきながら誠に恐縮ですが(汗)、同厩舎の管理馬には要注目です。

■ 2018年11月18日終了時点 ■

Ttop1020181118
(注)↑の表において太い赤字で記載した「角居厩舎」は現在「休業中」であり、その管理馬全頭が赤字で記載した「中竹厩舎」へ転厩しています。




【 「美・南W」の時計が掛かる馬場では好時計(ジャパンC) 】

今週は今年の東京では最後の大一番、「ジャパンC・GⅠ」が行われます。

今年の注目は何と言っても史上5頭目の牝馬3冠を達成のアーモンドアイ。オークス以来の実戦となった秋華賞は「美・坂路」「美・南W」を併用して、「2週連続好調教」に該当。


1

大幅な相手強化だけに、いくら同馬とは云え秋華賞と互角、或いはそれ以上の仕上がりが必要になる一戦。

今回は「美・南W」で追い切って、6F83秒前半は一見すると平凡なタイムですが、今週は全体的に時計の掛かる馬場状態。恐らくは好調教馬に該当。


アーモンドアイ
美・南W 6F83秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価


その他の関東馬はサトノクラウンが最終追い切りを消化。ただし、こちらは負荷の軽い4F追い切り。休み明けで仕上がりが重要、中間の調教指数をご確認下さいマセ。

ミッキースワローは6F追い切りですが、85秒前半はいくら時計の掛かる馬場状態とは云え、あまりにも目立たない時計。この2頭はどちらも平凡。


サトノクラウン
美・南W 5F--秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
ミッキースワロー
美・南W 6F85秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価


アーモンドアイは高指数の可能性を秘めていますので、B評価以上か、A評価に届くのか、そして古馬相手に通用の内容と云えるのか、注目しています。


尚、「ジャパンC・GⅠ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。




【 お知らせ 】

当方も常日頃から注視している「調教師=厩舎」について、今般、赤木一騎師匠橋浜保子社長が率いるJRDBさんの村山弘樹氏が↓の単行本を発刊されました。

Kyusya201811a

「『1強』と呼ばれる生産者」「外厩」と云った現在の厩舎を取り巻く環境にもふれ厩舎(調教師)や調教に関する様々な事項が詳細なデータに基づき分かりやすく解説されていますので、(毎度のフレーズで恐縮ですが)馬券を検討される際の一助となること必定です。皆様におかれましては是非にお買い求めのうえご一読下さいマセ!

ちなみに、同書の出版社は「競馬王」でお馴染みのガイドワークスさん。そして、ご担当なさったのは当方も懇意にさせていただいているAさんとのこと。

Aさん、当方との長年の懸案である「まりちゃん企画」に進展がありましたらご一報下さいマセ!何をさておいても上京させていただきますから!?


 ■ 厩舎力 陣営のクセを掴めば馬券は面白いように当たる! 


hyou1_1026


⇒「amazon」さんからのご購入はコチラ



●発売日
11月7日(水)

●著者
村山弘樹 JRDB監修

●価格
1944円(税込)

●出版社から
最新の厩舎事情から全厩舎のデータまで網羅した厩舎本です。データの頁では、リーディング順ではなく、特徴(=クセ)が強い厩舎を優先的に取り上げています。 各厩舎に対する、意外な発見が見つかるはずです!




【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がコンビニでも 】


Eps201605a

コンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス)に設置されています
マルチコピー機を利用いたしまして「調教サイト 高中式」(PC版 携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。

Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。