本文へジャンプします。




« 「3週連続の好調教」で"貫録"を見せつけ(JBCスプリント) | トップページ | 波乱ムードの女王決定戦(エリザベス女王杯) »

2018年11月 5日 (月)

師走の中京でリベンジ(JBCクラシック)

【 JBC三競走の回顧 】

日曜は地方競馬の祭典・JBC三競走が行われました。例年は地方競馬場の持ち回り開催ですが、今年はJRA・京都競馬場で行われた特別版。

その中で当方が「コラム推奨馬」に指名したのが「JBCスプリント・GⅠ」の14番・モーニン。韓国遠征(コリアカップ優勝)後は「名門外厩」(ノーザンFしがらき)を経て10/10に帰厩し、直ぐさま「栗・坂路」で乗り込みを開始。そして、10/18から「B評価 A評価 S評価」と高指数を連発して「3週連続の好調教」

2

レースでは、ハイペースで追走が忙しく後方から。直線は大外を猛然と追い込んだものの、残念ながら4着まで。

そして、「相手候補」に指名したのが5番・マテラスカイ、8番・ナックビーナス、9番・セイウンコウセイ、13番・レッツゴードンキのA評価馬4頭。

1

レースでは、その「相手候補」の筆頭としたマテラスカイが果敢に逃げて粘ったものの、絶好位で同馬をマークした6番・グレイスフルリープに捕まり惜しくも2着。

尚、その6番・グレイスフルリープもA評価馬の1頭。今回は好調教馬の取捨てに失敗してしまったことを痛く反省している次第。


「JBCクラシック・GⅠ」では「調教から狙える好配当馬」として12番・アポロケンタッキーを推奨。今回は中間に「栗・坂路」「2週連続の好調教」をマーク。

しかし、レースでは後方まま見せ場なく13着と大敗。鞍上のM.デムーロ騎手も首をひねるばかりで実質ノーコメント。せめてアクシデントでなければいいのですが…。


Photo

「JBCレディスクラシック・GⅠ」では「単複で狙えるT評価馬」として3番クイーンマンボを指名。こちらは、中団から進出を試みたものの、ゴール前で力尽きて4着。馬券圏内も確保できず。

3

名勝負が続き、レースの見所は充実した三競走でしたが、好調教馬が思ったような結果を残せず。このリベンジは師走の中京で果たしたいと思います。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。