本文へジャンプします。




« 師走の中京でリベンジ(JBCクラシック) | トップページ | 2歳GⅠへ向けて視界良好(ダノンファンタジー&ファンタジスト) »

2018年11月 6日 (火)

波乱ムードの女王決定戦(エリザベス女王杯)

【 人気馬が1週前・好調教馬に該当せず 】

今週は京都で「エリザベス女王杯・GⅠ」が行われます。

今年の注目は連覇を狙うモズカッシャン。札幌記念で牡馬相手に2着と健闘。昨年と同様、今年も1週前・好調教馬には該当しておりません。その他のリスグラシュー、ノームコアの人気馬も同様。調教指数的には波乱が期待できるレース。

秋華賞で3着のカンタービレが「栗・坂路」B評価 をマーク。秋3走目となりますが、デキ落ちは感じられません。


カンタービレ
栗・坂路 4F53.4-1F12.3 ⇒調教指数《85》・A評価


「栗・CW」では"お手馬"のキンショーユキヒメが A評価 をマーク。近2走は七夕賞で7着、小倉記念で9着ですが、牡馬に揉まれた経験は活きるはずです。


キンショーユキヒメ
栗・CW 6F78秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《88》・A評価
レイホーロマンス
栗・CW 6F76秒後半-1F12秒後半 ⇒調教指数《90》・A評価


関東馬では「美・坂路」でフロンテアクイーンが A評価 をマーク。重賞で4走続けて3着以内に入っており、目下の充実ぶりが伝わってきます。


フロンテアクイーン
美・坂路 4F50.6-1F12.8 ⇒調教指数《86》・A評価


尚、「エリザベス女王杯・GⅠ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

1週前・好調教馬」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。