本文へジャンプします。




« S評価連発の実力を遺憾なく発揮して贖罪???(金鯱賞) | トップページ | 人気馬が上々の仕上がり »

2018年3月12日 (月)

S評価馬に軍配(金鯱賞)

【 今回は仕上がりの差 】

日曜は中京で「金鯱賞・GⅡ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのがスワーヴリチャード。

2週前には「栗・CW」で「A評価順位2位」、そして1週前には「S評価順位1位」という高指数を叩き出すハードな攻めをこなしており仕上がりは上々。今回は得意の「左回り」で持てる力を遺憾なく発揮し、大阪杯に向けた始動戦を楽々クリアするシーンに期待した次第。

2

レースでは、下級条件並みの超スローペースとなった中、鞍上の好判断もあり早めに動き出し、逃げ馬を測ったように差し切り。前哨戦でもしっかりと結果を出してくれました。


そして、「相手候補」B評価馬のサトノダイヤモンド。攻め駆けする同馬としては最低限の調教指数ではあったものの、ここでは実力が断然。動ける態勢にある以上は、簡単に圏外に消えることはないと判断した次第。


1

レースでは、中団を進み直線では上がり最速の末脚で3着を確保。2着に逃げ粘ったサトノノブレスが馬券のカギでしたが、同馬は中間にB評価 をマーク。休み明けと年齢を不安視されてか人気はありませんでしたが、走れる態勢にありました。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。