本文へジャンプします。




« 「中3週」でも「2週連続の好調教」(シンザン記念) | トップページ | 稽古通りの走りで早速の巻き返しを(テトラドラクマ&カフジバンガード) »

2018年1月 9日 (火)

好調教馬のワン・ツー・スリー(中山金杯)

【 1キロのハンデ差が響いて2着まで 】

先週の土曜は中山で「中山金杯・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのがウインブライト。

最近、やたらと時計がかかる「美・南W」で、それを物ともせずに2週前と1週前はB評価となる好指数、そして、当週には「A評価順位2位」となる高指数をマークして「3週連続の好調教」。ここを目標に年末年始もしっかりとした攻めをこなした同馬が「重賞連勝」により自らで新年を祝うと判断した次第。


Photo

レースでは、3番手の内をピタリと回り、ロスを最小限に抑える完璧なレース運びでしたが、同じ明け4歳ながらハンデ差が1キロあった1番人気馬に僅かに捕まって2着に惜敗。

その1着馬が、「相手候補」の6番・セダブリランテス。

今回は「美・南W」で1週前にB評価 を、当週にA評価をマークして「2週連続好調教」に該当。同馬も十分に力を出せる仕上りであることは明白だった1頭。


Photo_2

レースでは、馬なりで2番手を確保して終始スムースな競馬。ゴール寸前で、先に抜け出したウインブライトを捕らえて勝利。「2週連続好調教」に相応しい走りを見せてくれました。

そして、3着が10番人気のストレンジクォーク。今回は人気がありませんでしたが、当週には「美・坂路」B評価をマークしており、状態面は良好と見て取れました。


Photo_3

結果、好調教馬のワン・ツー・スリー。人気サイドの決着ではありましたが、それなりのお年玉を得た次第。その他の重賞、馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。