本文へジャンプします。




« メンバー中、最高指数を叩き出し(エリザベス女王杯) | トップページ | 今年は3歳勢が通用の下地あり(マイルCS) »

2017年11月13日 (月)

上がり最速タイをマークも(エリザベス女王杯)

【 デキのよさが結果に結びつかず 】

今週は京都で「エリザベス女王杯・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」に指名したのがリスグラシュー。

攻めの良さがレース結果に直結する同馬だが、当週も「栗・坂路」で4F51.4-1F12.2と好時計をマークし、メンバーの中で最高となる《92.7》・A評価順位2位と「中3週」でもデキは前走以上。古馬相手にも好勝負になると判断した次第。

1

レースでは、スタートのタイミングが合わずに後方から。ラストは上がり最速タイの末脚を発揮したものの8着に敗戦。残念ながらデキの良さが結果に結び付かず。

「相手候補」の1頭に指名したのがミッキークイーン。

宝塚記念以来の休み明けとなった今回は、「栗・坂路」「3週連続の好調教」A評価×2・B評価×1)に該当。同じ休み明けでも昨年以上のデキにあると判断した次第。


2

レースでは、終始外を回りながら抑えきれない手応えで浮上。直線は上がり最速の末脚で先行した2頭にクビ+頭差まで迫る、惜しい3着。昨年より状態は上を証明する伸び脚を発揮してくれました。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。