本文へジャンプします。




« 上がり最速タイをマークも(エリザベス女王杯) | トップページ | 願わくばもう少しだけ早めにエンジンの点火を(リスグラシュー) »

2017年11月14日 (火)

今年は3歳勢が通用の下地あり(マイルCS)

【 1週前・好調教馬が多数 】

今週は京都で秋のマイル王決定戦、「マイルCS・GⅠ」が行われます。

昨年は、「栗・坂路」「2週連続好調教馬」に該当していたミッキーアイルが逃げ切り。2着もB評価馬のイスラボニータで、好調教馬のワン・ツー。

1

今年も注目は「栗・坂路」好調教馬

ウインガニオンは、1週前に4F50.8秒の好タイムでもって、《87》・A評価 をマーク。サマーマイルシリーズは最終戦を待たずに秋に備えた同馬ですが、その効果もあってか!?仕上りは良好な様子。

クルーガーは、《81》・B評価に該当。二度の休み明けを経て、前走でようやく復調気配を見せていましたが、今回も上々な仕上りを見せており、完全復活の予兆も。


ウインガニオン
栗・坂路 4F50.8-1F12.6 ⇒調教指数《87》・A評価
クルーガー
栗・坂路 4F52.4-1F12.2 ⇒調教指数《81》・B評価


「栗・CW」ではレーヌミノルが、6F81秒後半もさる事ながら、優秀な1F11秒後半をマーク。でもって、《87》・A評価に該当。桜花賞以降は結果が出ていませんが、久々の適条件を前に好仕上がりをアピール。

ペルシアンナイトも同水準のタイムで、《90》・A評価をマークしており、3歳クラシックの上位馬が好状態で挑んでくる様子。

人気落ちが確実なガリバルディが、S評価 寸前の《94》・A評価 をマーク。スプリント路線で不本意な競馬が続いたメラグラーナも、高指数でもって《91》・A評価に該当。

調教指数的にも、かなり濃いメンバーが揃っている模様。


ガリバルディ
栗・CW 5F64秒前半-1F11秒前半 ⇒調教指数《94》・A評価
ジョーストリクトリ
栗・CW 6F79秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《87》・A評価
ペルシアンナイト
栗・CW 6F81秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《90》・A評価
ムーンクレスト
栗・CW 6F82秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《81》・B評価
メラグラーナ
栗・CW 6F80秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《91》・A評価
レーヌミノル
栗・CW 6F81秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《87》・A評価


関東勢ではイスラボニータが、いつもの「美・南W」で前走時を大きく上回る《92》・A評価 をマーク。同レースは三度目の挑戦となりますが、今年が最も良い状態にある可能性も。

レッドファルクスは5F追い切りを消化し、66秒前半の好タイムをマーク。でもって、調教指数の方は《86》・A評価。二階級制覇に乗り出す同馬も、好調をアピール。

マルターズアポジーも《86》・A評価 をマーク。敗戦で人気を落としている逃げ馬ですが、当週も高指数をマークするようならば、穴で一考!?。


イスラボニータ
美・南W 6F80秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《92》・A評価
グランシルク
美・南W 5F67秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《82》・B評価
マルターズアポジー
美・南W 6F82秒後半-1F12秒後半 ⇒調教指数《86》・A評価
レッドファルクス
美・南W 5F66秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《86》・A評価


尚、「マイルCS・GⅠ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

1週前・好調教馬」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。