本文へジャンプします。



« 好仕上がりを活かしての連覇達成(スプリンターズS) | トップページ | 次走は今まで通りの競馬で「仕切り直し」を(セイウンコウセイ) »

2017年10月 3日 (火)

3日間開催こそ調教指数の威力倍増

【 3重賞の1週前・好調教馬 】

今週は東京で「毎日王冠・GⅡ」が行われます。

今年の注目は3歳牝馬のソウルスターリング。

今回は「美・南W」で1週前追い切りを消化し、《83》・B評価 をマーク。藤沢和雄厩舎としては珍しく、ハードな攻めを課しており、休み明けながら仕上りは良好。


ソウルスターリング
美・南W 5F67秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《83》・B評価


マカヒキも秋はこのレースから始動。1週前は「栗・CW」で《86》・A評価 の高指数をマーク。大阪杯以来ですが、仕上りに大きな不安はなさそう。


マカヒキ
栗・CW 6F83秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《86》・A評価


その他にもS評価馬など、1週前・好調教馬が3頭。少頭数ですが、濃いメンバーだけに楽しみな一戦。今週の調教指数にもご注目くださいマセ。


土曜の東京では当方が得意とする2歳重賞の「サウジアラビアRC・GⅢ」が行われます。

人気が予想されるステルヴィオは、「美・南W」で6F81秒前半の好タイムをマーク。でもって調教指数の方は《90》・A評価

シュバルツボンバーが「栗・坂路」で4F52.4秒の好タイムをマークし、《85》・A評価に該当。

ダノンプレミアムは「栗・CW」で《86》・A評価 をマーク。新馬戦の勝ちっぷりが強烈だった1頭だけに人気は必至。今回は休み明けですが、状態は良さそうです。


シュバルツボンバー
栗・坂路 4F52.4-1F12.5 ⇒調教指数《85》・A評価
ステルヴィオ
美・南W 6F81秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《90》・A評価
ソイルトゥザソウル
美・南W 6F83秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《81》・B評価
ダノンプレミアム
栗・CW 6F82秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《86》・A評価


そして、月曜の京都では「京都大賞典・GⅡ」が行われます。

昨年はキタサンブラックが、休み明けながら2週前・1週前と立て続けにA評価をマーク。力を出せる状態で挑み、危なげなく勝利を収めました。

そして、アドマイヤデウスが、2週前と当週にA評価をマーク。6番人気と、やや評価を落としていたものの、デキの良さでキタサンブラックに迫りました。

5_2

サウンズオブアースは「栗・CW」で6F82秒後半をマーク。1Fも12秒前半でまとめており、《85》・A評価に該当。秋の初GⅠ制覇へ向けて、初戦から好仕上がり。

スマートレイアーも同コースで《86》・A評価に該当。7歳の秋ですが、老いを感じさせない調教指数をマークしている点に好感が持てます。

ラストインパクトも《84》・B評価に該当。「2週連続好調教」に該当するようならば、3年前に征した同レースで復活が見られる可能性も!?


サウンズオブアース
栗・CW 6F82秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《85》・A評価
スマートレイアー
栗・CW 6F81秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《86》・A評価
ラストインパクト
栗・CW 6F81秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《84》・B評価


3重賞を含めて、全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

1週前・好調教馬」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。