本文へジャンプします。




« 攻めの動きが一変し○歳の夏にして「本格化」(函館記念) | トップページ | 一年で最初の得意の「2歳重賞」を攻略 »

2017年7月17日 (月)

A評価馬の2頭が波乱を演出

【 A評価馬のタマモベストプレイ、ヤマカツライデン 】

日曜の函館ではサマー2000シリーズの第2戦、「函館記念・GⅢ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」へとりあげたのがステイインシアトル。

「これまでは中々使い込めなかったが、今は脚元もスッキリ」と陣営がコメントしたとおり、2週に亘りハードな追い切りが敢行され、1週前には「栗・CW」で「A評価順位2位」、次いで当週は「函・W」で「A評価順位1位」となる高指数を連発。


2

レースでは、先手を主張した同型を行かせて好位外を追走したものの、力む走りで鞍上との折り合いが付かず。勝負所を前に、ズルズルと後退。

今回はデキの良さを生かすことができず、残念でしたが、逃げ馬が負ける時はこのような大敗も仕方なし。むしろ、この敗戦により人気が落ちれば、次走以降の巻き返し時に配当妙味も伴うことが期待できます。


1

「相手候補」は6番・アングライフェン(T評価馬)と11番・ツクバアズマオー(A評価)に、北海道入りしていきなり高指数を叩き出し(1-0-1-1)と洋芝にも実績がある13番・パリカラノテガミ(A評価)を穴で一考としましたが、馬券に絡んだのは別のA評価馬

その2頭が、14番・タマモベストプレイ(A評価)と、15番ヤマカツライデン(A評価)。結果的には、5頭いたA評価馬のうちの2頭が馬券絡みを果たし、3連複15万馬券、3連単91万馬券に貢献。さらに2頭のワイドも万馬券。

今回は取捨に失敗してしまいましたが、やはりハンデ戦においては好調教馬が有利であると再確認した次第。夏競馬の期間中はハンデ重賞も多数ありますので、引き続きご注目下さいマセ。

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。