本文へジャンプします。




« 戴冠に向けて意気込みを感じるメリハリの利いた攻め(皐月賞) | トップページ | 1週前からA評価馬が多数 »

2017年4月17日 (月)

桜花賞に続いての的中とはならず(皐月賞)

【 皐月賞の回顧 】

日曜は中山で「皐月賞・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」へとりあげたのがスワーヴリチャード。

この中間は「栗・坂路」で休みなく乗り込まれ、3週前からは「栗・CW」でしっかりとした追い切りをこなし「2週連続のA評価。陣営の意気込みを感じるメリハリの利いた攻めが施された同馬が「黄金のローテ」(共同通信杯から直行)を経てクラシック参戦を目前にリタイアした兄(バンドワゴン)の無念を晴らして戴冠するシーンに期待した次第。

6

レースでは、中団の内を進んだものの、道中は思い通りの進路を得られず。直線で外に出し、最後は前との差を詰めたものの6着まで。

「相手候補」に選んだのは6番・アウトライアーズと17番・ウインブライトの中山コースを得意とするA評価馬2頭。次いで今回初めてB評価となる指数をマークしたメンバー中唯一の重賞2勝馬の4番・カデナと「怪物の娘」ではなく自身が"怪物"である可能性十分な8番・ファンディーナ(B評価馬)。そして、推奨馬と同様に「2週連続のA評価」だった9番・プラチナヴォイスを穴で一考。


7

ただし、いずれも今回は掲示板に載ることができず。桜花賞に続いての的中とはならず、今回は完敗。馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。