本文へジャンプします。




« 桜花賞に続いての的中とはならず(皐月賞) | トップページ | ダービーでは頂点を極めるに相応しい攻めを »

2017年4月18日 (火)

1週前からA評価馬が多数

【 GⅡの2レースの1週前・好調教馬 】

今週は東京で「フローラS・GⅡ」が行われます。

当方の注目はアドマイヤローザ。新馬戦2着後に2戦目で勝ち上がり。エルフィンSでは、惜しくも2着に敗れましたが、これまで連対率はパーフェクト。無理に桜花賞の権利を取ろうとせずに、ここを目標としたローテーションは好印象。

今回は1週前に「栗・CW」で《87》・A評価 をマーク。間隔は開きましたが、仕上がりは順調。「2週連続好調教」に該当するかご注目下さいマセ。


アドマイヤローザ
栗・CW 6F81秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《87》・A評価


関東馬ではホウオウパフューム。2戦目で勝ち上がると、寒竹賞では牡馬を撃破。早くからオークスを目標に掲げ、このレースに向けて調整されてきた様子。今回は1週前・好調教馬に該当しておらず。当週の調教指数にご注目くださいマセ。


その他では、ヤマカツグレースが「栗・CW」で6F79秒後半でもって、《90》・A評価 の高指数をマーク。

ビルズトレジャーも、「美・南W」でマークした5F66秒前半が優秀。1Fは13秒前半を要したものの、《86》・A評価 に該当。


ビルズトレジャー
美・南W 5F66秒前半-1F13秒前半 ⇒調教指数《86》・A評価
ヤマカツグレース
栗・CW 6F79秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《90》・A評価



一方、阪神では「マイラーズC・GⅡ」が行われます。

このレースには当方の"お手馬"のエアスピネルが出走。

今回は1週前に「栗・坂路」で《83》・B評価 をマーク。元来が"稽古駆けするタイプ"ですので、この馬としては水準程度。「2週連続好調教」に該当するかご注目下さいマセ。


エアスピネル
栗・坂路 4F54.7-1F12.5 ⇒調教指数《83》・B評価


クルーガーは、昨年の同レースを勝って以来1年ぶり。今回は「栗・CW」で、6F80秒後半の好タイムでもって、《92》・A評価 の高指数をマーク。長期休養明けで人気を落とすようであれば、馬券的には絶好の狙い目となります。

ダッシングブレイズは、6F81秒前半は上々。さらに、1F11秒後半が秀逸で、《87》・A評価をマーク。待望の重賞制覇に向けて、好仕上がり。


クルーガー
栗・CW 6F80秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《92》・A評価
ダッシングブレイズ
栗・CW 6F81秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《87》・A評価


関東馬ではプロディガルサンが、「美・南W」で《87》・A評価 をマーク。今回はマイル戦に戻り、状態面も巻き返せる態勢にある様子。

ヤングマンパワーは「美・坂路」で、《80》・B評価をマークしており、「2週連続好調教」に該当するようならば、穴で一考。


プロディガルサン
美・南W 6F82秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《87》・A評価
ヤングマンパワー
美・坂路 4F53.1-1F12.4 ⇒調教指数《80》・B評価


マイル戦のGⅡらしく、好調教馬に多数が該当。このうち何頭が「2週連続好調教」に該当するか、当週の追い切りで高い調教指数をマークする馬がいるかどうか、楽しみにしている次第。


尚、「フローラS・GⅡ」「マイラーズC・GⅡ」「福島牝馬S・GⅢ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

1週前・好調教馬」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。