本文へジャンプします。




« S評価馬・レーヌミノルが好配当を演出(桜花賞) | トップページ | 「S評価馬(レーヌミノル)&元・S評価馬(ジョーストリクトリ)」が快勝 »

2017年4月11日 (火)

高中式調教指数の原点(皐月賞)

【 キャプテントゥーレが制した皐月賞こそ 】

今週は、中山で牡馬クラシック第一弾の「皐月賞・GⅠ」が行われます。

当方のデビュー作にあたる、単行本「調教指数で獲る!高中の方程式」に書きましたとおり、私が「これで馬券で儲けられる!」と思い、真剣に調教分析を始めたきっかけとなったレースが2008年の皐月賞。

《高中式調教理論の説明文から引用》


本命の7番人気キャプテントゥーレが勝利して、2頭軸の相手に指名したタケミカヅチとで、3連単は827.5×500円=41万3,750円。合計で100万円近い払い戻し。


Photo_6
単勝   17.1×20,000円=34万2000円
複勝    4.3×30,000円=12万9000円
3連単 827.5×  500円=41万3750円
払い戻し 88万4750円


キャプテントゥーレは弥生賞(3着)後は「栗・坂路」で、2週前に51.8秒-12.1秒、1週前に52.5秒-11.9秒の好時計を連発。

特に1週前の時計、栗東・坂路で1F11秒台は秀逸。そして皐月賞の当週も51.0秒-12.0秒を叩き出し、「3週連続の好調教」。しかしながら、7番人気という低評価。

大きな理由としては競馬専門紙には中間の調教が掲載されていますが、一般のスポーツ紙には掲載されていない場合がほとんど。

だからこそ中間に好時計を連発していたキャプテントゥーレでさえ、これだけ人気がなかったのでしょう。これらの背景が、私の調教理論をさらに有利 にしてくれている、という実感を得て、自分の馬券術に確信が持てた2008年の皐月賞は、ある意味、高中式調教理論の原点という訳なのです。当方にとっては、思い入れの強いレース。


尚、昨年の勝ち馬ディーマジェスティは当週に「美・坂路」で《84》・B評価 をマーク。


Na0417112

そして、当方が「コラム推奨馬」に指名していたのがマカヒキ。

当時は、1週前に「栗・CW」S評価をマーク、当週にも「栗・坂路」A評価 をマークしており、ハイレベルな「2週連続好調教」に該当。調教指数では他馬を圧倒していました。順調ならばダービーでの「S評価馬の巻き返し」が叶うと見ていた次第。


(日曜・中山11R 皐月賞・GⅠ 3番 マカヒキ 3番人気 2着

Na0417111

「S評価馬の巻き返し」
毎度、申し上げておりますとおり、S評価をマークすること自体、重賞級(GⅠ級)の能力を秘めている証拠。次走以降で巻き返しすケースは多いので(=「S評価馬の巻き返し」)、一度や二度の敗戦で見限るのは損。


ちなみに、先日のニュージーランドTで、12番人気・単勝5100円の人気薄で快勝した、ジョーストリクトリも、「S評価馬の巻き返し」に該当していた次第。




【 桜花賞に続いて、危険な1番人気?? 】

今年は3戦無敗の牝馬・ファンディーナが参戦することが大きな話題を呼んでいます。ただし、1週前・好調教馬には該当せず。桜花賞より1週先延ばしのローテーションだけに、当週も該当しないようだと桜花賞のソウルスターリングと同様、"危険な人気馬"の可能性は大いにあり。


「栗・CW」組で注目は共同通信杯の勝ち馬スワーヴリチャード。

今回は、6F81秒後半に加えて1F11秒後半も優秀。でもって《88》・A評価 をマーク。近年の皐月賞において好成績を収めているローテになりますが、同馬もゆとりを持って、しっかりと調整できている様子が伺えます。

アダムバローズは、1F12秒前半こそ上々といったところですが、6F79秒前半が秀逸。調教指数の方も《90》・A評価 をマークしており、侮れない存在。

伏兵では、トラスト・プラチナヴォイスもA評価 をマークしており、「2週連続好調教」に該当するようならば、穴で一考。


アダムバローズ
栗・CW 6F79秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《90》・A評価
スワーヴリチャード
栗・CW 6F81秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《88》・A評価
トラスト
栗・CW 6F80秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《87》・A評価
プラチナヴォイス
栗・CW 6F81秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《87》・A評価


「栗・坂路」組ではダンビュライトが《86》・A評価 をマーク。きさらぎ賞以来の実戦となる、同厩のアメリカズカップも《84》・B評価 に該当しています。

人気の一角が予想されるカデナも《80》・B評価 をマーク。攻め駆けするタイプではなく、前走時は好調教馬に該当していなかっただけに、叩かれた上積みはあります。


アメリカズカップ
栗・坂路 4F51.5-1F13.0 ⇒調教指数《84》・B評価
カデナ
栗・坂路 4F51.6-1F13.3 ⇒調教指数《80》・B評価
ダンビュライト
栗・坂路 4F51.3-1F12.9 ⇒調教指数《86》・A評価


そして、関東馬で注目しているのがウインブライト。

スプリングSでは、同馬を「コラム推奨馬」に指名。


(日曜・中山11R スプリングS・GⅡ 10番 ウインブライト 5番人気 1着

当時は、唯一の「2週連続の好調教馬」B評価A評価)該当。3コーナーを過ぎた辺りから長く良い脚を使い、前を行く3着馬を捉え2着馬の猛追を凌ぎ切って1着

Na031911

単勝
10
810円
5人気
複勝
10
250円
5人気
8
160円
2人気
7
440円
7人気
馬連
8-10
1350円
枠連
7-8
260円
馬単
10-8
3330円
3連複
7-8-10
6670円
3連単
10-8-7
34730円

Na031911a

Na031911b

Na031911c
単勝 810円 複勝 250円
3連複(7-8-10) 6670円 馬連(8-10) 1350円
購入額 6万7000円 払戻金 19万1350円


そして、今回も1週前に「美・南W」で《87》・A評価 をマーク。今回も順調な仕上がりを見せているので、当週の調教指数に注目しています。


美・南W 5F66秒後半-1F12秒後半 ⇒調教指数《87》・A評価


ただでさえ混戦模様な上に人気馬に不安がないわけではありません。よって、先週の桜花賞&前述のキャプテントゥーレの皐月賞と同様、大儲けを狙っている次第。


尚、「皐月賞・GⅠ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

| | コメント (0)

1週前・好調教馬」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。