本文へジャンプします。




« サトノダイヤモンドの相手探しの一戦??(阪神大賞典) | トップページ | 人気2頭の一方に死角アリ(阪神大賞典) »

2017年3月15日 (水)

「史上最短の連覇」を達成し狙うは本番での大金星(ヤマカツエース)

【 先々週の会員様からの的中報告 】

本日、前納一括払いとしまして、20,000円をお振込みしました。お手空きの際にご確認をお願い致します。さて、先週土曜日の小倉9R、11Rにて、好調教馬を頼りに3連単を2レース的中いたしました。


Photo_2

昨今、1Rに好調教馬が3頭以上該当する際は、自分なりに3頭をピックアップして追加でボックス3連単を購入している次第でございますが、これがなかなか回収率が芳ばしくあります。ブログ、調教データ共に日々楽しみにしております。今後とも、よろしくお願い申し上げます。


1

2




【 川田騎手の巻き返しに期待

先週の「コラム推奨馬」は次の2頭。

某大国の大統領の存在が薄らぐくらいアジアの諸国では次から次へと事件が勃発し、また、当方の大阪の事務所と自宅の中間に位置する大阪のT市(タクシーで帰宅する際は必ず通過)で起こった出来事が一国の首相をも巻き込み国政レベルの問題にまで発展する等々、所謂「ワイドショーのネタ」が尽きない昨今。

ただ、その中にあって当方が最も気を引いた話題が「アラブの王様」(サウジアラビアのサルマン国王)の来日。そのお姿を見るにつけ想いは早くもそのお隣りの国で開かれる大イベント↓。

Sa201703

《土曜日》
Co0311

《日曜日》
Co0312

(土曜・中京11R 金鯱賞・GⅡ 6番 ヤマカツエース 1番人気 1着

4/2(日)に行われる大阪杯がGⅠへと格上げされ、その前哨戦(1着馬には優先出走権)として師走から"ここ"へ移行されたこのレース。

そして、昨年12月に同レースを制した同馬は、斤量が1kg増え、加えて々メンバーも少々骨っぽくなったにも拘わらず前走以上の強い勝ち方でもって「史上最短の連覇」を達成。

本番では年度代表馬(キタサンブラック)を筆頭として更に強力なメンバーが揃いますが、このところの充実ぶりをもってすれば大金星も十分に期待できますので、「中2週」でも同馬らしいしっかりとした追い切りをこなして貰いたいところです。

なお、月曜日のブログでも書きましたとおり、相手候補に上げた3頭がいずれも6着以下に敗れ、馬券に関しては反省一頻りのレースとなりました。取り分けここ2走はGⅠで連続して3着と好走し、追い切りでもヤマカツエースと遜色がない指数をマークしていた9番・ステファノスは「逆転されるすればこの馬かも」と思えたほどでしたが、残念ながら掲示板すら確保できず。

ちなみに、ステファノスに騎乗していた川田騎手は当方が厚い信頼を置くジョッキーの一人ですが、今年は落馬事故による負傷・休養もあって未だにJRAでの重賞は未勝利。

そして、「ステファノスが馬券で絡めなかった"埋め合せ"は日曜日に」と同騎手が中山牝馬Sで騎乗していたパールコードを「調教から狙える好配当馬」に取り上げたころが4着。


(日曜・中山11R 中山牝馬S・GⅢ 16番 パールコード 2番人気 4着

Na03121116

同騎手は約1ケ月に及ぶ戦線離脱がありながらも「勝率・18.7%」「連対率・34.7%」「複勝率・46.7%」といずれもMデムーロ騎手に次いで「全国・第2位」となる大変優秀な数字をマークしていますが、そのMデムーロ騎手が6週連続して日曜日のメインレースを勝利しているのに対し(しかも6勝のうち5勝が重賞勝ち)、川田騎手は今年に入ってからのメインレースでの勝ち星は"0"(土日で合わせて11のメインRに騎乗)。

よって、これまで大レースで無類の勝負強さを発揮してきた彼としては(昨年もダービーを含めて重賞勝ちは「12」)、数字面で如何に優秀な成績を収めようとも"物足らなさ"を感じざるを得ませんが、戦列に復帰して1ケ月が経過し、そろそろ「勝負勘」も戻ってくるものと思われますので(これから暖かくなるにつれ落馬による傷も更に癒えることでしょうし)、今後は同騎手の"巻き返し"によりしっかりと稼がせて貰うことにいたしましょう。


Cy031111

単勝
6
360円
1人気
複勝
6
170円
1人気
15
660円
9人気
8
1090円
14人気
馬連
6-15
3800円
枠連
3-8
2920円
馬単
6-15
5570円
3連複
6-8-15
56390円
3連単
6-15-8
192050円

Cy031111a

単勝 360円
購入額 6万8500円 払戻金 10万8000円


(日曜・阪神11R フィリーズR・GⅡ 15番 レーヌミノル 1番人気 2着

このメンバーにあっては格上的存在?の同馬。ここは実力の違い(スピードの違い)で他馬を圧倒してくれものと読んでいましたが(距離を考えれば桜花賞よりもここが"本番"!?)、直線半ばから他馬の進路を妨害しながら大きく内に切れ込み、ゴール前では"味方にすれば頼もしいが敵にすれば怖いMデムーロ騎手"が騎乗する16番・カラクレナイにアッサリと交わされて2着。次いで、相手候補の筆頭に取り上げた11番・ヤマカツグレースは11番人気の低評価を覆す見せ場十分の走りを披露したものの5着止り。

そして、レーヌミノルは騎乗していた浜中騎手が↑の件でもって「実質4日間の騎乗停止」となり、ヤマカツグレースも4角で外側に斜行し騎乗していた国分優作騎手が「10万円の過怠金」と云う重い制裁を科せられることになり、共にうら若き乙女としては"お行儀"が悪いところを露呈してしまいましたが、その辺り(気性面)が改善されれば、より稽古通りの走りが出来るものと思われますので、今後の成長を見守りたいところです。

Ha031211

単勝
16
380円
2人気
複勝
16
140円
2人気
15
110円
1人気
13
310円
5人気
馬連
15-16
450円
枠連
7-8
390円
馬単
16-15
1070円
3連複
13-15-16
2220円
3連単
16-15-13
9570円

Ha031211a

馬連(15-16) 450円
購入額 7万3500円 払戻金 4500円


そして、先週の「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」は8頭が馬券圏内を確保し、↓の3歳馬2頭は"それなり"の払戻金があったものの↑の推奨馬2頭を含めて馬券的には反省すべき点の多い週となりました。

ただ、先週はA評価馬が極めて優秀な成績を収めるなど好調教馬たちは依然として高いレベルで好調を持続しておりますので(この件は明日にでも)、月末から再スタートするGⅠ戦線に向けこの週末は「好調教馬の取り捨て」に関する諸作業(儲けを叩き出せる好調教馬を抽出する作業)により注力する所存です。


(土曜・阪神6R 3歳500万下 11番 マテラスカイ 2番人気 1着

Ha031106

単勝
4
690円
3人気
複勝
4
260円
4人気
1
120円
1人気
10
320円
6人気
馬連
1-4
1170円
枠連
1-2
660円
馬単
4-1
2910円
3連複
1-4-10
5230円
3連単
4-1-10
27940円

Ha031106a

単勝 660円 馬連(9-11) 2700円 3連複(9-11-12) 6920円
購入額 6万1000円 払戻金 25万9600円


(土曜・中京10R フローラルウォー 10番 スズカメジャー 1番人気 1着

Cy031110

単勝
10
300円
1人気
複勝
10
140円
2人気
6
230円
5人気
7
180円
3人気
馬連
6-10
1820円
枠連
6-8
230円
馬単
10-6
2320円
3連複
6-7-10
2280円
3連単
10-6-7
10590円


Cy031110a

単勝 300円 馬連(6-10) 1820円 3連複(6-7-10) 2280円
購入額 5万4000円 払戻金 13万1000円



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。