本文へジャンプします。




« "史上最短の連覇"で再び馬券に貢献(金鯱賞) | トップページ | 「史上最短の連覇」を達成し狙うは本番での大金星(ヤマカツエース) »

2017年3月14日 (火)

サトノダイヤモンドの相手探しの一戦??(阪神大賞典)

【 今週の重賞の1週前・好調教馬 】

今週は阪神では「阪神大賞典・GⅡ」が行われます。

今年の注目は、このレースから始動するサトノダイヤモンド。有馬記念の当時は、「栗・CW」で2週前にA評価を、そして1週前にはS評価をマーク。

同様にS評価を含む高指数を連発していたゴールドアクターと双璧でしたが、攻め自体もさることながら「斤量+騎手力+厩舎力+外厩力?」の差からサトノダイヤモンドを上位に見立てた次第。

結果、サトノダイヤモンドが勝利し、3着にゴールドアクター。でもって、大本線の単勝とワイドを的中し、23万円の払い戻しを得た次第。


(日曜・中山10R 有馬記念・GⅠ 11番 サトノダイヤモンド 1番人気 1着

Na122510

単勝
11
260円
1人気
複勝
11
120円
1人気
1
120円
2人気
2
200円
4人気
馬連
1-11
440円
枠連
1-6
330円
馬単
11-1
770円
3連複
1-2-11
1050円
3連単
11-1-2
3940円

Na122510a Na122510b

単勝 260円 ワイド(2-11) 450円 3連複(1-2-11) 1050円
購入額 10万円 払戻金 23万500円


今年初戦の今回も、1週前には「栗・CW」で《85》・A評価 をマーク。休み明けでも走れる態勢にあります。


サトノダイヤモンド
栗・CW 6F81秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《85》・A評価


その他ではレーヴミストラルが、同じくで「栗・CW」で《88》・A評価 をマーク。

スピリッツミノルとワンアンドオンリーの2頭もB評価 に該当。当週の内容次第では、「相手候補」として注目。


スピリッツミノル
栗・CW 6F80秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《83》・B評価
レーヴミストラル
栗・CW 6F78秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《88》・A評価
ワンアンドオンリー
栗・CW 6F81秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《80》・B評価


そして、土曜の中京では「ファルコンS・GⅢ」が行われます。

昨年は、勝ったトウショウドラフタが当週にA評価 をマーク。2着のブレイブスマッシュは、2週前にB評価 を、1週前にA評価 を立て続けにマーク。そして、3着がT評価馬のシゲルノコギリザメ。S評価のシュウジこそ12着と大敗してしまいましたが、好調教馬によるワン・ツー・スリー。


1

今年はナイトバナレットが1週前に「栗・坂路」で《87》・A評価 をマーク。前走でオープン特別を勝ち、今回は人馬ともに重賞初制覇が懸かる一戦ですが、仕上がりは順調。

朝日杯FSで逃げて3着に粘ったボンセルヴィーソは「栗・CW」で《81》・B評価 をマーク。


ナイトバナレット
栗・坂路 4F51.1-1F12.4 ⇒調教指数《87》・A評価

ボンセルヴィーソ
栗・CW 6F81秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《81》・B評価



月曜の中山では「フラワーC・GⅢ」が行われます。

注目を集めるファンディーナは「栗・坂路」で《88》・A評価 の高指数をマーク。3連勝での重賞初制覇に向けて、順調な調整過程にある様子。


ファンディーナ
栗・坂路 4F50.9-1F12.2 ⇒調教指数《88》・A評価


尚、今週は3日間で4重賞が行われます。日曜の中山の「スプリングS・GⅡ」に関しては会員ページ(PC版 携帯版)内にてご確認下さいマセ。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

1週前・好調教馬」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。