本文へジャンプします。




« "○○"でクラシックへ向かうべく攻めの動きが一変(弥生賞) | トップページ | 2重賞は注目は"ヤマカツ"の2頭に注目 »

2017年3月 6日 (月)

調教指数的にも牝馬の方がハイレベル

【 先週の3歳重賞の回顧 】

今週は東西でクラシックの前哨戦の2重賞が行われました。

皐月賞の前哨戦の「弥生賞・GⅡ」はカデナが、1番人気に応えて勝利を収めました。ただし、京都2歳S当時に続いて、今回も中間にはB評価 以上の該当はなし。調教指数的には、未だGⅠ級の能力は示しておらず。伸びしろがあるとも言えますが、本番では伏兵馬が台頭する余地は十分。

尚、当方が期待したダイワキャグニーは9着に敗れました。今回は、「2週連続好調教」に該当していたように、状態は良かったものの、直線で失速。調教指数的には重賞級ですので、今後の巻き返しに期待している次第。

ただし、全体的に見渡しても、調教指数的には低レベル。


2


一方、桜花賞の前哨戦である「チューリップ賞・GⅢ」では、阪神JFの1・2着馬が激突。

勝ったソウルスターリングは、今回は「美・南W」「2週連続好調教」B評価×2)に該当。休み明けをものともせずに楽勝。無敗のまま桜花賞にリーチをかけました。

2着に激走したのが、7番人気のミスパンテール。この中間には、《86.4》・A評価 をマークしてあり、フロックではない好走。

全体的に見て、調教指数的には牡馬よりハイレベル。


1

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

p>

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。