本文へジャンプします。




« 明日のS評価馬には必勝を期して | トップページ | 昨年のモーニン、ビッグアーサーに続く今年の好調教馬は?? »

2017年1月23日 (月)

12番人気・モルトベーネの激走(東海S)

【 2重賞の「調教から狙える好配当馬」 】

先の週末には2重賞が行われましたが、「コラム推奨馬」はなし。

その代わり、中京の「東海S・GⅡ」「調教から狙える好配当馬」にとりあげたのがモルトベーネ。

1

今回は、当週に「栗・坂路」で《87.1》・A評価・順位3位をマーク。全体的に好調教馬が少ない中にあって、見所のある指数をマーク。「調教から狙える高配当馬」としてご紹介した次第。


2

レースでは好位の内で息を潜め、直線では"やったか"という手応えを見せたものの、グレンツェントに屈し、惜しくも2着。それでも、複勝1160円、1番人気との馬連12560円でもって、"それなり"の儲けが。

尚、土曜のブログに書きましたとおり、アスカノロマンは"調教指数と結果が直結するタイプ"。今回は好調教馬に該当する指数をマークしておらず、"危険な人気馬"と判断した次第。


一方の「AJCC・GⅡ」はシングウィズジョイが、故障を発症して競走中止。程度は重く予後不良。非常に残念な結果になってしまいました。

その一方で、勝ったタンタアレグリアは、当週に「美・南W」B評価に該当。元来、目立って攻め駆けするタイプではないだけに、今回の好調教には価値がありました。


3

そして、2着のゼーヴィントも、同様に「美・南W」B評価に該当。2頭は休み明けでも好仕上がりと判断できた次第。結果としては、多くなかった好調教馬の中から、B評価馬のワン・ツーとなりました。馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。